miyabi4444 さん プロフィール

  •  
miyabi4444さん: 週末里親(進行中)&養育里親(検討中)日記
ハンドル名miyabi4444 さん
ブログタイトル週末里親(進行中)&養育里親(検討中)日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/miyabi4444/
サイト紹介文現在、週末里親やってます。養育里親も検討中です。 ぼちぼち思ったことを綴っていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 165日(平均1.4回/週) - 参加 2018/04/21 02:37

miyabi4444 さんのブログ記事

  • 安い、高い、もったいない。
  • 最近のモジモジ君のマイブーム。いろいろな物の値段を見ては、片っ端から「安〜い」、「高〜い」と価格チェック。少しでも無駄を見つけると、「もったいな〜い」とエコチェック。スーパーへ行っても、街の看板を見ても、価格チェックとエコチェックをするモジモジ君。今、絶賛社会勉強中。安い・高いを判断して購入を考えたり、もったいないという心で物を大切に使おうとするのは、生きていく上で重要な事。そんな姿を頼もしく、微 [続きを読む]
  • モジモジ君の風邪。
  • 先日のお泊りの前日のこと。ホームから連絡があり、モジモジ君が咳をしているとのこと。「明日は朝から病院へ連れて行きたいので、午前ではなく午後のお迎えにしてください」との連絡。ひどい咳ではないけれど、休日前なので念のための通院。「はーい。 では午後にお迎えに行きまーす」と軽く返事をして電話を切ったものの、ちょっと釈然としない思い・・・・・・。モジモジ君、風邪気味なのかい?風邪気味でうちに来ちゃうのかい [続きを読む]
  • モジモジ君の初詣。
  • あれは、モジモジ君と交流を始めた直後の年明けのこと。モジモジ君は長い間、休暇を過ごした施設の先生のお宅で、最後の年末年始を迎えていました。それからの長期休暇は、私たちの家で過ごすことになっていたので、先生のお宅とも、これでお別れです。年が明けて数日後、モジモジ君が、私たちの家にやって来ました。1泊2日間のお泊りです。通い慣れた先生のお宅でのお正月。きっと一通り、お正月らしいことは済んでいるのだろうけ [続きを読む]
  • 里親会の出来事。
  • 先日、里親会に行ってきました。週末里親をやっている方のみの里親会なので、小じんまりとしていました。参加者は、何と私たちともう一組の方だけ。まだ週末里親を始めたばかりで、特にお話されることもないよう。私たちと言えば、何となくダラダラと丸2年。この9月で3年目を迎えようとしています。・・・・・・・・・・。 話すことない・・・・・? (*´Д`)結局、モジモジ君の近況を先生方と共有すべく、ホームでの様子と、私 [続きを読む]
  • そんな日もある。
  • 先日の交流日のこと。妻は少し具合が悪かったのです。親が突然入院してしまい、気がかりだったこととか、心も身体も疲れていて、気もそぞろだったこととか。理由はいろいろあります。モジモジ君を迎えに行って、とある博物館に行っても、何となく身体がダルくて、ぼんやりしていました。いつも以上に気だるそうにしている妻。夫に、妻の具合が少し悪いことを告げられて、不穏な空気?を感じたモジモジ君。一緒に家に帰ってからも、 [続きを読む]
  • 続・海釣り施設。
  • 前回、モジモジ君の初釣り体験の話を書きましたが、その際、こんなことがありました。 ちょうどモジモジ君が、魚が何匹も食いついている竿を抱えて、例の「取って〜。取って〜」を連発してた時。 海釣り施設を巡回して、「本日の釣果」を施設のHPに発表する係員の方が、大騒ぎのモジモジ君を見て、足を止めました。 「坊や、写真、撮っておく? 帰り際に受付で今日の釣果を教えて。 そしたらHPに載せてあげるから」 そう言われて [続きを読む]
  • 海釣り施設。
  • 去年の春のこと。 私たちはお気に入りの、とある海釣り施設へモジモジ君を連れて行きました。海にせり出した沖桟橋にシートを敷いて、行き交う貨物船を横目に、ゆったり海を眺めながらの釣りは格別です。 モジモジ君、初の釣り体験。かねてから釣りに興味津々だったようで、釣り具を抱えて、本当に楽しそう。子ども用のライフジャケットを借りて、準備を整えました。まずは竿にリールを付けて、それから仕掛けも付けなくちゃね。竿 [続きを読む]
  • メリットとデメリット。
  • モジモジ君はとても慎重派。 そして素直で純粋。規律を守ることを何よりも大事にしています(たぶん・・・・・)。一緒に横断歩道を歩いていると、信号が青であっても、右腕を正しくぴんと上げて、左右を確認して渡ります。( `ー´)ノ青信号の横断歩道で、ここまできちんと手を上げるなんて、自分ならせいぜい小学1年生くらいまでだったなあ・・・・・と妻は感心しています。5年生でここまでやる子は、そんなにいないのではない [続きを読む]
  • 花火と騒音。
  • 花火が好きなモジモジ君。今年は思いっきり花火を堪能させてあげようと、先日、モジモジ君を花火問屋の街へ連れて行きました。そこは夫が学生時代、打ち上げ花火を買いに来たことがある街。 コンビニで売っている花火セットもいいけれど、一度、好きな花火を自分で選ぶ楽しみを味わせてあげたいと思いました。花火問屋の中に入ると、線香花火から打ち上げ花火まで、大小、色とりどり。たくさんの花火が所狭しと並んでいます。目を [続きを読む]
  • 妻の怒りとモジモジ君の我慢③
  • ・・・・・・・・・・②よりつづき。 施設の行事からの帰り道、夫と妻は思い出していました。前回会ったモジモジ君、ちょっと様子がおかしかったことを。1泊2日間過ごした内、初日はゲラゲラ笑っていました。いつものように楽しそうにして、別段変わった様子はありませんでした。 けれど2日目の夕方。ある些細なやり取りの後、突然モジモジ君が顔を歪めて、床にうっぷしてしまいました。そのやり取りは、夫と妻からのちょっとした [続きを読む]
  • 妻の怒りとモジモジ君の我慢②
  • ・・・・・・・・・・①よりつづき。 〜新年度からモジモジ君のホームにやって来た新一年生のちんまい君。「オラ、モジモジ君のとなりがいい〜〜〜(≧◇≦)(≧◇≦)(≧◇≦)」熱烈なラブコールを送るちんまい君に対して、されるがままのモジモジ君。ただただボーゼンと遠くを見つめています・・・・・・ ( ̄д ̄)゜゜゜ぽ〜 先生の話によると、この3か月、ずっとこの調子。どこへ行くにも、バタバタ後をついて歩いて。モジモジ君 [続きを読む]
  • 妻の怒りとモジモジ君の我慢①
  • 先日、モジモジ君がある事をやらかしまして、後から気が付いた妻は烈火のごとく怒り、次回泊まりに来た時は、説教部屋でシメてやる〜!と吼えておりました。 夫はと言うと、男の子は多かれ少なかれそういうところはあるからなと、割と冷静。自分も似たような事、やってきてるんですな、おい・・・・。 私が怒る時は、援護射撃して一緒に注意してね!と頼む妻。それは分からない。注意すべきことなのか、その場の状況を見て考える、 [続きを読む]
  • 現在の私たち 〜 モジモジ君と夫の関係。
  • 以前の記事で、モジモジ君と妻の関係を書きました。 妻には、随時いたずらを仕掛けてくるモジモジ君。言うことも素直に聞かないことも多い。それにイチイチ、腹を立てる妻・・・・。 でも、このモジモジ君。夫に対しては、全然態度が違う・・・・・。 夫は普段、ニコニコしているだけで、多くを語りません。自分から話しかけることもないし、何か注意することも少ない。どちらかというと放任主義。 でもそんな寡黙な夫に対して、 [続きを読む]
  • モジモジ君のいたずら。
  • モジモジ君のいたずら。 妻に仕掛けるいたずら。 ちっちゃすぎて分かりにくい、いたずら。 しかも、そのままやりっぱなし、オチなしで、 それがいたずらだったと分かりにくい、いたずら。 「またあいつ、いたずらしてたよー」。 ホームに帰った後に、夫にバラされて、 「ばっかじゃないの? どうせやるならもっと堂々とやれ! きぃ〜〜〜」 本人、知らないところで妻に罵倒されている、ちっちゃいいたずら。 でも、ちっちゃすぎ [続きを読む]
  • 物語の朗読。
  • ある日のことでした。 何かのきっかけで、ふと、ある童話を思い出した妻。モジモジ君に聞いてみました。 「童話でね、小人の靴屋の話、知ってる? 小人が靴を作ってくれる話」「知らない」「そっかー。 確かグリム童話だったかなー。 なら、モジモジ君はどういう物語が好き?」「分かんない」 よく聞いたら、モジモジ君、あまり童話や昔話を知らないようでした。図書室に自発的に行くこともないようですし、読書の習慣もないよ [続きを読む]
  • キャンプに行って来ました。
  • ゴールデンウィークに、キャンプに行ってきました。去年に引き続き、モジモジ君、2回目のキャンプです。妻の母も加わって、総勢4名です。 去年は、初めての事ばかりで、見るもの、するもの、全てが新鮮。目をキョロキョロ、興奮して始終、落ち着かないご様子。 初めてのテント張りも、夫の指導を受けつつ、立ったり、座ったり、あっちへ行ったり、こっちへ行ったり・・・・・。 無駄な動きも多いけれど、真剣なまなざしで取り組ん [続きを読む]
  • 去年の里親会②
  • ・・・・・・・・・・①よりつづき。 里親会からの帰り道、改めて今日の先生のお話について、考えていました。 思えば、週末里親を始めた頃から、楽しみな気持ちと共に、その存在に懐疑的な気持ちもありました。 そもそも週末里親って、実際のところ、どれくらい役に立っているの・・・・・? 月に1-2回程度の交流なら、別に私たちじゃなくても、誰でも同じなんじゃない・・・・・・? もしかして、あんまり意味のない制度だった [続きを読む]
  • 去年の里親会①
  • 去年の今頃、初めて里親会に参加しました。 モジモジ君のいる児童養護施設主催なので、参加者は皆さん、週末里親進行中の方ばかりでした。 たまに施設の行事にも参加していましたが、なかなか他の週末里親の方とお会いする機会がなかったので、里親会開催のお話をいただいた時は、とてもうれしかったです。 当日の参加者は、私たちを含めて5組。もともと現在進行中の週末里親の数が少ないそうで、5組でも良い出席率だったようです [続きを読む]
  • 現在の私たち 〜 モジモジ君と妻の関係。
  • 週末里親を始めようと、期待半分、緊張半分。ドキドキしながら、児童養護施設に電話を掛け、書類提出、手続きを経て。縁あってモジモジ君と出会って、1年半。 小学3年生だったモジモジ君は、今年、小学5年生になりました。 仲良く交流しつつも、疲れることやイラっとすることがあったり、妻の中で、かわいい!と思う気持ちと、少し疲れた・・・・という気持ちと、その時々で、ちょっとした波があって、それでも月に1-2回の交流を [続きを読む]
  • 初めての宿泊体験③
  • ・・・・・・・・・・②よりつづき。 翌日は、朝早くから起きては、ガサガサ、ゴソゴソ。時計を見れば、朝6時。 早い・・・・・。 早いよ〜〜〜。  規則正しい生活が、しっかりと身についているモジモジ君。 私たちは、普段、夫が終電帰りなので、就寝は夜中の3時。起きるのは朝8時。休日は10時過ぎまで寝ています。それどころか、昼まで寝てる時もある・・・・・(-_-;) 規則正しい朝型の彼と、完全夜型の私たち。ちょっと大 [続きを読む]
  • 初めての宿泊体験②
  • ・・・・・・・・・・①よりつづき。 やがて、ホームの最寄駅に到着しました。 モジモジ君にお金を渡して、切符を買うように言います。何がどこまでできるのか分からないけれど、なるべく何でも自分でできるようにしてあげたい・・・・・。 意外に電車は、ホームの先生たちと乗り慣れているようで、切符もきちんと買えていました。 それから電車に乗って、私たちの最寄り駅へ。到着後、スーパーでお買い物。好きなお菓子も買って、 [続きを読む]
  • 初めての宿泊体験①
  • 日帰り外出から2週間後。1泊2日の宿泊体験の日がやってきました。 モジモジ君にとっては、ホームの先生宅を除けば、初めての家庭宿泊体験です。 私たちにとっても、初めての週末里親宿泊体験。この日の為に、布団一式、歯ブラシなどの宿泊セットを用意しました。 食事も、予め聞いていたアレルギー類はもちろんのこと、苦手な食べ物も除いて、メニューを考えました。 その日の土曜日は午前中に授業があるので、午後からのお迎え。 [続きを読む]
  • 初めての日帰り外出。
  • 前回の2回目の面会から2週間後。いよいよ交流が始まりました。早速、日帰り外出です。 夫とふたり、ホームへお迎えに。モジモジ君は、今度はモジモジすることなく、リュックを背負って、私たちの到着を待っていてくれました。 予め、好きだという情報を得ていたバトミントンをしに、3人で近くの大きな公園へ。 車に乗って、公園へ向かう道すがら、少しでも緊張をほぐそうと、妻はいろいろと話しかけるのですが、3年生の男の子は、 [続きを読む]
  • 2回目の面会、ホームにて。
  • 初めての面会から、1週間後。私たち夫婦は、2回目の面会をする為に、モジモジ君が住む、児童養護施設付属のグループホームへ向かいました。 グループホームというのは、地域の住宅を利用して、6人を基準に少人数の子どもたちと、数人の先生方が入居して(先生方は交代で宿泊する)生活するスタイルです。 従来の大舎制と呼ばれる施設(大きな建物内に玄関、食堂、浴室、各部屋がある)と違って、少人数の学年の異なった子どもたち [続きを読む]
  • いよいよ初めての面会②
  • 「こちらが、これからお出かけに連れていってくださる〇〇さんよ。 ご挨拶して」先生に促されて、何とか挨拶をするモジモジ君。身体もくねくね、下を向いてボソボソ。 「照れてる、照れてる〜(笑)」先生方は、そのモジモジ君の姿を見て、からかいます。 「これからちょっと○○さんと大事なお話をするから、一旦、他の部屋で待っていてね」先生にそう言われると、一目散にドアに駆け寄って、外に飛び出すモジモジ君。 「年齢より [続きを読む]