いまか さん プロフィール

  •  
いまかさん: バラバラ園芸
ハンドル名いまか さん
ブログタイトルバラバラ園芸
ブログURLhttp://sindrini.blog.fc2.com/
サイト紹介文ベランダで11種類のバラを育てる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 29日(平均11.3回/週) - 参加 2018/04/22 01:33

いまか さんのブログ記事

  • プロテア咲き進む
  • 順調に咲き進んでる。蕾があと2つあるけど、写真のような規模の開花になったら、その後ガクッと調子落とすのでは・・・。う〜ん・・・植え替えは焦らないほうがいいかな。ただ今やらないと真夏もこのまま越すことになりそうな気がする。やっぱりこの花が終わったら植え替えるべきか。植え替えるなら土は全て落としたいなぁ。 [続きを読む]
  • サボテン
  • 今年うちで最も大きな変化が見られるのは、サボテンと多肉。初めて腐植質なしの用土に植えたら、多くの株が見たことがないような変化を見せている。ちなみにうちには、昔風に言えば駄物と言われてたものしかない。紫太陽だけまだ変化が見られない。ただほんの少し太くなったような。特に金晃丸は体幹の強い感じのマッチョに。ホームセンターの100円獅子王丸は短い期間に軽く2倍の大きさになった。オベサのメスはやっと緑色が戻 [続きを読む]
  • イワヒバの寄せ植えを植え替える
  • 菊鉢に4株植わってる。最後にいつ植え替えたのかも忘れた・・・よく見たら赤玉土が結構な割合で混じってる・・なんで赤玉・・くん炭まで入ってやがる。底の方まで伸びてない。包丁でザクザク切って・・・4分割。赤玉を落とす為に洗った。新しい土は、なぜか硬質鹿沼土の大粒2、日向土の細粒3(処分に困ってる土)これをよく洗って混ぜた。あとイソライト少々。イワヒバにイソライトってのも聞いたことないけど。↑これは、日向 [続きを読む]
  • アブラムシと、てんとう虫、イモムシ、鳥
  • コンスタンツェ・モーツァルト新芽がアブラムシだらけに。うちの株で一番酷かった。この後、てんとう虫に一掃された。成虫も幼虫も、結構いる。1匹居ればかなりの勢いでアブラムシが減っていく。さなぎも・・・抜け殻があったので3匹くらい羽化した。イモムシの類もいて、あえて無視してたら今は見当たらず。鳥も多く来るから、多分食われた。 [続きを読む]
  • 白檀
  • バラの木陰の白檀。そろそろ雑草が生えるスペースが無くなるので、白檀の勝ち。去年までは負けそうだったので雑草は抜いてた。植え替えしてないし無施肥だけど、今年はバラと同じく花弁の質が良いような。冬に軒下に移して、軽く防寒したのが効いたっぽい。このままにしてたらどうなるのか。いじるとポキポキ折れちゃう。 [続きを読む]
  • サボテン、多肉のつぼみ
  • 金晃丸全体的に刺が長くなった理由は何?BGなのか土なのか。カルシウムなのか。伸びるより、むしろずんぐりし始めたけど充実感がある。獅子王丸っぽいなにかこれも全体的に大きくなってる理由が色々やり方変えすぎて特定できない。多分腐植質なし用土にBGの相乗効果かな。金星やっとしわがなくなってきた。ホリダ?花?紫太陽やり方変えて他が調子出てるからこれも根張りを期待していいのかな。うちのサボ多肉の中で一番腐植質の多 [続きを読む]
  • 雨上がりの散布 去年までと別物の花
  • 除菌のみ。明日から晴れ&気温が上昇。ドフトボルケのこれほど瑞々しい花は、3年間で初めてみた。こんなものすごい蛍光色っぽい朱赤とは・・・別の品種かってくらい違う。去年の花との大きい違いは、色もそうだけど、一輪が大きい。去年は肥料の効果だと思うが今年より小さめが多かった上に、土の保水性が足りてなかった。開花のエネルギーが分散して水分も足りてないっていう。去年も今年も管理がそのまんま、枝葉だけでなく花に [続きを読む]
  • プロテアの栽培に挑戦
  • 以前から育ててみたかったプロテアが手頃な値段で売ってた。下の方の葉が痛んでるけど、この程度で致命的になるほど弱いなら、そもそも無理だろうなぁ。ということで購入。なんかネットで論文とか読んでたら、性質が少し分かってきた。普通に育てられるかはさておき、ルールさえ守れば思ったほどの難物ではなく、木の割に寿命が短いことがわかった。今植えられてる土は、おそらくピートモス主体にパーライトを混ぜたものと思われる [続きを読む]
  • バラ HT ペルシカ系 ジャーマンアイリス等 開花中
  • ドフトボルケ根の多くを食われたことも考慮しても、やり方を替えた今年は、葉も花も瑞々しさがある。花数は5輪ほどと、少ないが。香りは他と比べて深いというか、複雑なんだけど・・・うちで一番良い。一方でほとんど食われなかったジャストジョーイは10輪くらい。天気予報では明日以降しばらく雨が降らなそうなので一斉開花が見れるかもしれない。この品種は、個人的には強香だけど好きな種類の香りじゃない。ジャーマンアイリ [続きを読む]
  • ドフトボルケ 現況
  • 大苗で購入、3年目。自分的に今の時点で去年の状態よりも圧倒的に良い。去年の記事には、適切な施肥をすればもっと良くなると書いているが、間違いじゃないけど正解でもない。一番大事なのは、基礎となる土・・・。それを飛ばして上手くいくわけない。施肥はもっと先のこと。とは言え、硬質赤玉細粒主体&小粒、バーク堆肥、牛ふん、くん炭しか入れてない。重要なのは十分な保水性と、余計なものが入っていないこと。去年は、普通 [続きを読む]
  • こんなん作ってみた
  • 寄せ植えというか、寄せ挿し?以前に挿し木したやつは根付きでそのまま植えた。爆風で倒れそうなため、安定させるために、いきなり水やり。大株が冬に雪で傷んで、枝の途中から枯れた部分があった為、無傷な部分より先を残して切って挿した。切ってみるとわかるが、正常に見えても枝の内部が傷んでいることがある。やっぱ冬は軒下じゃないとダメだなぁ。硬質赤玉土5、イソライト3、バーク堆肥1,5、牛ふん0,5、くん炭ちょっ [続きを読む]
  • 作業記録、てんとう虫、古株2種
  • 除菌&カルシウム1000倍散布。ドフトボルケ、コガネ幼虫にかなり根を食われてたのが、何もなかったかのような育ちぶり。どんどん増えてご協力下さい。ジャストジョーイはまんま横張り樹形なのが好きなので、かなりスペース食ってるけど、伸ばし放題。巨大輪だからこの方が似合うかな。強剪定しちゃうと本来の良さが台無し。ドフトボルケのように変な方向に太い枝伸ばしまくったりしないので助かる。鉢同士の間隔や、風当たり、 [続きを読む]
  • Tephrocactus alexanderi
  • Tephrocactus alexanderiテフロカクタスという、ウチワサボテンの仲間。和名は蛮将殿というらしい。買ってから数年、紆余曲折を経てやっと普通に育てることが出来るように。とはいえ、別に弱い品種ではないし、特別何かしなきゃいけないわけじゃない。挿し木も普通に成功する。ただ雑に扱ってただけ・・・なので、まだ花を見てない。今くらいの時期によく育つので水はジャンジャンやるが、真夏には停止するので控えめに。うちでは [続きを読む]
  • ムーンライトバビロン開花中だけど・・・
  • 何かおかしい。ほとんどの花が形が微妙に崩れてる。去年まではふつうに咲いていたんだけど。冬に思い切り根を崩した影響かな?・・・カルシウム剤?日照不足?用土か?カルシウムじゃないな。イソライトph中性のはずで赤玉も入ってるからアルカリに傾いてるということもなさそう。日照・・・アブラムシか?てんとう虫があと2倍活躍してくれたら何も心配する必要ないんだけど。シュートの発生は悪くない。 [続きを読む]
  • 開花状況2
  • 中国庚申薔薇ついに満開いいね〜オウギュストルノアールピンク系ではうちで最も肉厚の花弁。今年はボーリングしなそう。花弁が反り返るので開くのが楽しみ。クイーンエリザベスは見頃こんな感じ。この品種はもっと大きく咲かせるといい感じだろうなぁ。さて次はドフトボルケ、ヨハネパウロ二世、バビロン系辺りか。 [続きを読む]
  • コガネムシの産卵防止にメッシュ生地を使ってみた
  • あるブログの方がやってたので真似してみた。ポリエステル製のメッシュ生地(厚手)。水は普通に通る。まず正方形に切り、端1箇所から中央まで直線に切り、あとは適当にホッチキスで留めて、ぐるっと紐で縛って終わり。紐だと、置肥をやるときに面倒なので、ゴム製の「たばねバンド」のようなものか、大きな輪ゴムの方が良さそう。もしくはピンで留める。最大の問題は、この生地の劣化。どうなるか全然わからない。それと、根元か [続きを読む]