前を向いて さん プロフィール

  •  
前を向いてさん: 前を向いて
ハンドル名前を向いて さん
ブログタイトル前を向いて
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/pecorina
サイト紹介文日々の暮らしの中で感じたことを思うままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 82日(平均6.1回/週) - 参加 2018/04/22 05:09

前を向いて さんのブログ記事

  • 7月11日
  • この社会は過酷だ。勝ち続けなきゃならない社会、戦い続けなきゃならない社会。支配がもうずっと続いているとして、人間は何をどうすればいいのか。世界が変わる可能性はある。それを選択するのは人間だ。どういう生き方をするか決めて行動することはできるはず。私の場合、収入は夫の仕事に頼っている。夫が超ブラック企業で精神を病むことなく肉体を病むことなく働き続けてくれているから今の生活が成り立っている。収入に頼らな [続きを読む]
  • 7月9日
  • この世界は不条理であることを当然と知った上で淡々と己のできることに取り組む人達がいる少数派は肩身が狭い昔 普通だったことが今じゃ 普通じゃなくなってる普通ってなんだろう変わっていく あやふやなものなら普通とか普通じゃないとか気にする必要はないってことだ娘の発表会無事終了。よかった。踊りも少しずつ成長しているね。豪雨のこと。経験したことないような災害が増えている。自分の家があんな風になってしまったら [続きを読む]
  • 7月4日
  • 私は今生で愛する人を失うという悲しみを経験していない実家の父母も 兄も義母も義姉も 姪も夫も子も友達も尊敬する先生も今影響を受けている大切な人も皆 生きている皆 生きてくれているそれは ただ それだけで希望である反面人生の後半で辛い別れが一気にやってくるのだろうかと怖くなる私なんかより苦しい思いをしている人は沢山いる私なんかきっとたいしたことない感情がなかった方がよかったと思うほどの心の痛みがいつ [続きを読む]
  • 7月3日
  • 私には心がある私の心はここにある痛みを 哀しみを感じる心がある歓びを感じる心があるどんな感情であれ何も感じないよりはずっとましだ痛みや哀しみを感じるがゆえ共感もできる例え経験しなくても誰かの辛さを想像することはできる私に心があってよかった今日も暑くなりそうだなぁ。図書館に本を返しに行かなきゃ。涙が出るほどのことってよっぽどだと思うんだけど、自分にも確かにあるんだな。乞い願う時。何かをしたいって思う [続きを読む]
  • 7月2日
  • 私の故郷はどこだろう北の大地確かに育った場所だけど望郷の念はさほどなく私の想いは遥か遠く 遥か遠くへ飛んでいく故郷星のことを待っている仲間たちのことを涙を流して見送ってくれた方たちのことをやり遂げるのだやり遂げて還るのだ故郷に還るのだ月曜日。娘は学校行きたくない…と言いながら登校。大丈夫かな。私も色々やる気なし。一気に掃除もしなくては。言葉で自分を現わしている人ってすごいなと思う。私はどこへ向かっ [続きを読む]
  • 6月29日
  • なんで土地を区切るんだよこっからこっちは誰の土地でこっからこっちは誰のものでとか境界線なんて見えないよ子どもにだって見えないよ子どもにとって近所の冒険や基地づくりは大事なことなんじゃないの子ども時代のワクワク体験なんじゃないの子ども達の自由でのびやかな発想や行動が制限されている子どもが子どもらしく生きられない時代完全に大人の責任今日はちゃんと病院行かなきゃ。リボトリールなくなっちゃった。買い出しも [続きを読む]
  • 6月28日
  • 幻聴は本当に幻聴なのだろうか幻覚は本当に幻覚なのだろうかボクはきっと人間じゃないだからこの社会にはなじめないボクはおそらく異星人だボクは社会との関わりというヤツが苦手だ中には好きなものもあるけどボクには心があるボクはよく失敗するボクはボーっとしているボクは時々周りの人間に迷惑をかけるボクは周りの人間からの批判に敏感になるそれが例え自分に向けられたものでなくてもボクは素のままでは人に会う事すらできな [続きを読む]
  • 6月27日
  • どっかに楽しいことはないかい楽しいことがボールのように転がっていたらいいのにな今日はこのボール明日はこっちってワクワクしながらボールを拾うのさみず地球に当たり前のようにある不思議な物質人間にとって一番大事といっても大袈裟ではないくらい大事なもの広報誌、ミス発覚。明日学校行ったとき、訂正のおたより出すべきか確認しよう。まだまだ広報の仕事は終わらない。楽にならないな〜。今日は雨。どこにも出かけたくない [続きを読む]
  • 6月26日
  • 管理とか所有とかまじ面倒ステロ ステロ自分がすごくダメだと感じる時もし比べる他の人間がいなかったら自分をダメだと判断できないよそこで人と比べてしまっている自分に気づくんだ広報誌、何か枚数足りなかったけど何とか発行できた。後でまた前部長さんに確認しなきゃな。学校の後、買い出しと図書館。雑誌読めて満足。買い物でアルコール買って、レジで年齢確認ボタンを押してくださいと言われ押した。なのに何回押しても反応 [続きを読む]
  • 6月25日
  • 君の声は大きくなって 大きくなってついには僕にも届いたよふだん音楽をあまり聴かない僕に君の声は切ない君の歌は時に大きなSOSで君に光がそそがれて君が穏やかに暮らせるようになるにはどうしたらいいんだろうって本気で考えてしまう本当の幸せを知ってそこから紡ぎ出される音楽もあると思うんだ色々変化もあるだろうでも君は本当に大切なものは何かを知っている人だ遥か昔 故郷の星で聴かせてくれたあの歌を もう一度 聴き [続きを読む]
  • 6月24日
  • もうぜんぶいやになるんだよぜんぶすててしまいたくなるんだよ今まで積み上げてきたものぜんぶなくなってなにもなくなってでもそしたらまたはじめから ひとつずつ 積み上げようとするのかな苦悩したくないだってめんどくさいじゃん楽に 楽しく生きたいよだって楽しそうじゃん色々の 煩雑な 雑多なやること やらなきゃいけないことが積み上げられて社会生活ってどうしてこんなにめんどうなんだろう楽しく生きたいだけなのに色 [続きを読む]
  • 6月23日
  • 目的がなく意味がなく人生を過ごすのはかなしいと思っていたでも そうではない目的や意味は時がくればわかるのだもしくは死んでからわかるのだだから今は目的もなく 意味もなく生きる力をつけなくちゃこの胸の苦しさはなんだろう言葉にしたいのに言葉にできないモヤモヤしてるグルグルしてる仕方ないから大きく息を吐いたよこの胸にある何か重いモヤモヤしたものが体の外に出るようにと一つまた一つ大きく 大きく息を吐いたんだ [続きを読む]
  • 6月22日
  • がまんしなくていい自分の気持ちにすなおにって自分に言い聞かせてたそしたら 以前なら普通に耐えれたようなことも嫌だと感じるようになってしまった昔の私だったらきっと思うよねそんなことで?って耐えられることの閾値がさがった私 わがままになっちゃったかな感情がそのまま出ちゃうこともある私 周りの人を傷つけてるかな気持ちにすなおに生きた方が楽なんだけどさこれでいいのか果たしてこれでいいのかって思ってしまうん [続きを読む]
  • 6月21日
  • 君の強さは繊細だけどしたたかでもあること弱さをさらすことで得る強さがあると知っていることココロは傷だらけカラダは薬漬け頭ん中ネガティブときどきポジティブ今日も生きてるただそれだけだけどスバラしい来週までに提出の原稿かかなきゃな。今日は買い出しと図書館とちらっと服も見てくるか。 [続きを読む]
  • 6月20日
  • 理由なんていらないと言う生きる理由などないと生きる目的などないとそれだとなぜ私はかなしいのだろう確かに生きる理由も目的もわからない今生きているから生きつづけることを選択して生きている私だ確かなものがほしいのかそれがあれば生きる上での力になるのかいつかみつかるなんて確信なんてなにもないでも知りたいんだよ自分のこと 世界のこと 宇宙のこと灰色の空地球さんの声は聞こえない聞き取れない人間に託された地球の [続きを読む]
  • 6月19日
  • 知るという事は責任を伴う見て見ぬふりは通用しないことがある目を背けたくなる現実目の前に容赦なく現れる現実逃げ出すか 向き合うかどちらが正しいということはなく唯一魂の選択があるのみ時には一生懸命時にはのんびり一休み人生ずっと突っ走ってたら息が切れちゃうから自分のペースでゆっくりしたりいそいだりして進んでいこう最近大きな地震が続く。とりあえす、自分の家の非常時の対策を確認。断水に備え風呂の水はいつもた [続きを読む]
  • 6月18日
  • 逃げてもいい逃げた方がいい場合もある逃げて離れることで冷静になれることもある心身の疲労が緩和されることもある逃げることで立ち向かうためのエネルギーを蓄えることだってできるんだ頭の中 逃げたい 逃げろの言葉が繰り返されているなら迷わず 逃げろぼーっとする時間大事な時間心をなくさないための時間今日もそんな時間をありがとう心にひっかかる 心配事や不安なことがあるときはうかうかぼーっとすることもできないよ [続きを読む]
  • 6月16日
  • いつもと変わらぬ地球の空変わらないことに安心するちっぽけな自分ちっぽけだけど確かに存在している自分私の中の色々な気持ちを知っているのは自分だけ死ぬまでずっとそばにいるのも自分だけ世の中 壮絶なことグロいことなんていくらでもある反対に 気高く清く美しいものもある [続きを読む]
  • 6月15日
  • 先祖が皆死んだように時代は過ぎゆく長いと感じた日々も過ぎてみればあっという間人の一生は長いようで短い何ができるんだろう気持ちに正直にやりたいことがあるならやるべきだ生まれて 生きて 死んでゆくその中で時に恋愛をして人を愛する気持ち切ない気持ちを感じたりして形を変えてなおずっと続く愛もあるそう考えると 私の一生はすでに幸せだったのだと思う家族に対する愛子のために生き延びようとする愛子に安心できる場を [続きを読む]
  • 6月14日
  • 今日も地球のどこかで飢え 悲しみ 苦しみに耐える魂がいる私にはその姿はみえないでもいるということは知っている声も出せず凍える魂独りぼっちで泣いている魂死にたい気持ちと戦っている魂君は今暗闇の中で 何の希望も持てないかもしれないでも 空をみて空はつながっているよ見えない君を思う仲間がいるよ見えない君を思う仲間がいると信じてほしい地球は残酷だけど時にやさしい星でもあるのだから調子ワルいときは調子ワルい [続きを読む]
  • 6月13日
  • 自分に生理的に苦手な人がいるという事を生理的に苦手な人は気づかせてくれた毒吐いてもいいやさしくなくてもいい私は私らしく嘘ついたっていい頭ん中何考えたっていい腹黒くなったっていいこれが人間だきれい事ばかりはうんざりだ今日は部会だった。無事終了。本当にこの薬、神だわ。落ち着いて色々話すことができた。部員のある人に対して、皆の不満が爆発し文句と愚痴がすごかった。確かに変わり者で非協力的で上から目線な感じ [続きを読む]
  • 6月12日
  • うつになると家事ができなくなる部屋が汚いと余計自己嫌悪に陥るうつになると風呂やシャワーにも膨大なエネルギーを消費し疲弊するその為身体の清潔を保つのが困難になるそうなると余計自分が人間以下のゴミみたいに思えてくるうつの時に部屋の掃除をして身体の清潔を保ってくれる小人さん達がいてくれたらしんどさも少しは軽減したのかも生きているだけでいいと言う生きているだけで意味があるとそう思える時もある自分の日記や詩 [続きを読む]
  • 6月11日
  • 人生はきっと変えることができる楽しく やりがいのあるものに絶望ばかりしていても仕方ないせっかく命を与えられたのだから楽しんでいいから楽しいっていう気持ちがある喜んでいいから嬉しいっていう気持ちがある目に映るもの 肌で感じるもの心のままに流れゆく死にたくなるよいいんだよそれで疲れたよいいんだよそれで何か飲むのも面倒なんだよいいんだよそれで哀しいよいいんだよそれで怠いし身体鉛だよいいんだよそれで何でも [続きを読む]
  • 6月10日
  • 不登校の子供たち今の学校システムがダメだという事を教えてくれる子供を大事にしろとにかく子供を大事にしろ罪悪感に苛まれて将来が見えなくてつぶされそうつぶされそうだ物を捨てるという事は地球を汚すということ彼はそういう思考に憑りつかれていたのでごみを出すことができなくなった家の中はゴミ屋敷になったがそういう人のゴミは勝手に処分できるものではない本人にとってはとても深刻で苦しくて大事なことだから日々色々な [続きを読む]
  • 6月8日
  • 働かざるもの食うべからず人に迷惑をかけてはいけない時に呪いにもなるこの言葉人の一生の中で働けなくなるときや人に迷惑をかけることがあってもいいんじゃないの社会はこんなんだけどだからこそ追い詰められたからこそ出会えた人や価値観があったあの時辛くて 辛すぎて藁をもすがる思いで辿り着いた場所があった明け方4時近くかな、娘が起きてしまい私も目が覚めてしまった。しばらくして娘は寝たけど、私はそのまま色々考え事 [続きを読む]