さとうさん さん プロフィール

  •  
さとうさんさん: 前略、さようなら。
ハンドル名さとうさん さん
ブログタイトル前略、さようなら。
ブログURLhttps://sugarnail.hatenablog.com/
サイト紹介文一文字一文字を記していくことですべてを過去にしていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 31日(平均3.6回/週) - 参加 2018/04/22 09:38

さとうさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 婚活を成功させたいと思うなら私のブログは参考にはならない
  • タイトルのまんまです。さとうさん自身も婚活系のブログを時々見ますが・婚活をした結果幸せな結婚ができた系・婚活のアドバイス系・婚活の様子を報告する系といろいろなタイプがあるみたいですね。で・す・がさとうさんのブログはどれにも当てはまりませんよ(苦笑)カテゴライズしなければいけないのなら・反面教師にして婚活しよう系・こういう人間にはならないでおこう系・さとうさんのよ [続きを読む]
  • mixiを出会い系サイトみたいに使ってんじゃねーよ
  • 話がアチコチに飛んでいる様子。きっと気のせいです。そう思い込んで書きます。今日の気温が10℃。きっとこれも気のせいだと思うんです。♪少しも寒くないわ♪って歌いながら書きます。mixiって今でもあるんですねー。私が始めた頃は、まだ招待制で当時の同僚に誘われて無理矢理入会させられました。3年くらいで飽きて退会しちゃいましたけど。私、SNSの類って長続きしません。mixi [続きを読む]
  • 懐かしのコンパニオン時代を振り返る
  • コンパニオン【companion】とは① 仲間。連れ。 ② 催し物などで、案内や接待に当たる女性。 ③ 手引き書。私が聞いた話では、パンを配る人って意味もあったんですがね。さとうさん、コンパニオンとしては遅咲きでした。ホステス歴は10代の頃と30代の頃に合計しても数年間。コンパニオン歴は足かけ10年。(20代後半から30代後半まで)コンパニオンをはじめたのは、派遣社員で働いていた頃に同僚に誘われたの [続きを読む]
  • 30代で未婚だと愛人へのお誘いが多かった②
  • 正直、愛人ってやってみたかったんです。このまま独身だったらそういうのもアリかなぁって。平屋の一軒家。子供を育てながら愛しい人を待つ生活。日陰の女ってやつをやってみたかった。でもさ、現代版がそんなにシビアな状況だって知らなかったし。何なら、愛人に買ってあげたマンション返してもらったとか言ってる人もいたし。子どもなんて産ませてもらえないし。っていうか、その前に愛せないわ [続きを読む]
  • 30代で未婚だと愛人へのお誘いが多かった
  • 〜愛人とは主に異性間において、深い性愛関係にある相手を指す。〜さとうさん、真剣に婚活を始めるまで水商売の世界にいました。やっていたのは、ホステスとコンパニオンです。その辺の話はまた今度改めて。当時は、年齢のサバ読みはもちろん本名すらも源氏名でした。コンパニオンはいくらでも誤魔化しがきくんですがホステスとなると同級生が来たりとかするので面倒になって年齢のサバ読みはやめたんで [続きを読む]
  • 結婚相談所に入会を決めたら
  • 〜本文の前に〜読者登録してくださった方々ありがとうございます。一気に読者が増えて驚いてしまったもので皆さんのページを訪問しきれていません。この場を借りて御礼申し上げます。そして、使い勝手のわからないままはてなブログを使っているので失礼があったら申し訳ありません。それでは、今後ともゆるりとお付き合いくださいませ。さとうさんの前々職は販売員でした。福利厚生がしっかりしている会社 [続きを読む]
  • 婚活しようと思ってやったことはHIV検査
  • 真剣に結婚して子供が欲しいと思った私がまずしたことは婦人科検診です。(子宮がん検診と乳がん検診)30才を過ぎても怖くて行けなかったけど思い切って行けたのは子供を産みたかったから。35才ではじめての婦人科検診は見事に再検査でした。子宮頸がんの一歩手前だったんです。それからは毎月の検査が続きました。医師からは子宮頸がんを発症するのを待つかその前に手術で切ってしまうかの二択だと言われ悩 [続きを読む]
  • 性別不明の紛らわしい同僚の話
  • 婚活の話から若干それます。以前、役所の臨時職員を半年やってました。その時、配属されたところで一緒に働く人の中に男性なのか女性なのか判別がつかなかった人がいました。初日に挨拶して回ったのですがその人は(以後、加藤さん(仮))ペアで一緒に仕事をする人なんです。「はじめまして、さとうさんです。よろしくお願いします。」「あ、どうもー、加藤です」声を聞けば女性かどうか分かるだろうという私の浅は [続きを読む]
  • しつこい男に出会った飲み会
  • 薄々お気づきでしょうがさとうさん、男運がありません(泣)そして、これもお気づきかと思いますがさとうさん、奥さんに向いているタイプではありません。ある程度の年齢になって彼氏がいない。結婚していないとなると「なんでですか〜?」の質問が途切れませんね。実にめんどくさい状況です。これを10年間耐えた結果・・・さとうさん不倫してるらしいよ!さとうさん、人に言えないような人と付き [続きを読む]
  • 友達に恵まれなかったさとうさん③
  • 友達に恵まれなかった話が三回にわたるとは思っておらずどんだけ酷い友達と付き合ってきたんだよっ!と我ながらツッコミたくなります。前回のブログに書いた友達Aから紹介された男性。なんと、会ったその日にプロポーズしてきました。Σ( ̄□ ̄|||) マジか・・・さとうさんお茶を濁してダッシュで帰宅しましたwwwAからは「何でダメなのよ〜」 [続きを読む]
  • 友達に恵まれなかったさとうさん②
  • 団体行動がいつの間にか苦手になっていたさとうさんです。小・中・高とクラスの中心であろう女子グループにいました。しかし、いつの間にか仲間外れにされたり陰口を叩かれたり二人一組のペアになれなかっかり「なんだ、全然わたしたち仲良しグループじゃないじゃん!」という思いになって一対一での付き合いにシフトしました。小学校の同級生 A中学校の同級生 B高校の同級生 Cこの3人を順 [続きを読む]
  • 友達に恵まれなかったさとうさん
  • 婚活中、同じく婚活をしている人と友達になりました。彼女は一つ年上の美人。ん〜。正しくはキレイになったかな?はじめて出会ったときの彼女はとても暗く化粧もせず、服装は・・・パジャマ?中学から着てない?という感じだったんです。出会いの時は婚活とかの話ではなく一緒に通っていた研修の話ばかり。その後、再会したのは友達主催の合コン。お互いに婚活していることを知ったので一気に親し [続きを読む]
  • さとうさんの婚活物語 〜序章編〜
  • 私に結婚願望が芽生える前のことです。お酒が大好きだったさとうさん。今では一滴も飲みませんが30代までに一生分飲みほした感じが否めません。彼氏が欲しいというより楽しく飲みたい!!それだけの理由で合コンに参加してました。誘われたり、セッティングを頼まれたりで月に2回は合コンしてました。がっついていない為か楽しければいいという理由からなのか当時の合コンは楽しかったです。楽しい合コン [続きを読む]
  • 婚活市場に乗り遅れたさとうさんの話
  • 私は、子供の頃から「将来の夢」とかなくて「結婚」に憧れをもったことはないです。よく、卒業文集に「大きくなったらパン屋さんになる」「お花屋さんになりたい」なんて書いてありますが私は書けませんでした。どうして皆はお嫁さんになるとかデパートで働くとか決められるんだろう?いつも不思議でした。白紙で提出するわけにはいかないので友達の真似をして「パン屋さん」だったり「エレベー [続きを読む]
  • さとうさんの自己紹介というか自分語り
  • さとうさんのブログのタイトル「前略、さようなら。」これ、使い方としては間違いなんです。手紙で使われる頭語「前略」これは前文を略しますという意味です。その際に使われる結語は「草々」です。読み方は「そうそう」で「早々」でもいいそうです。急いでるからごめんなさいね。という感じで使います。それでも「前略、さようなら。」というタイトルにしたのは文字って書いてる最中にもう過去になっ [続きを読む]
  • はじめまして、さとうさんです。
  • はじめまして、さとうさんです。今日からブログを書いてみることにしました。「前略、さようなら。」なんてタイトルにしたのにはいろいろと思う所があってのことです。タイトルはいささか暗めですが日々の事、美容の事、健康の事、趣味のハンドメイドの事とか、本の話、映画やドラマのレビュー。他には断捨離とか、筋トレとか、更年期の事とかそんな日常のどうってことない事を書いていこうと思ってます。少し [続きを読む]
  • 過去の記事 …