さとうさん さん プロフィール

  •  
さとうさんさん: 前略、さようなら。
ハンドル名さとうさん さん
ブログタイトル前略、さようなら。
ブログURLhttps://sugarnail.hatenablog.com/
サイト紹介文一文字一文字を記していくことですべてを過去にしていきたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 229日(平均2.3回/週) - 参加 2018/04/22 09:38

さとうさん さんのブログ記事

  • さとうさん組事務所にスカウトされた?
  • 前回から続きます。雀荘って暇な時間帯があるんです。私が10時に出勤して掃除したり、ドリンクの補充したりしても店内はガラガラです。午後の一時間くらいも暇なので私はひたすら掃除してましたね。何かしてないといられない性分でしてボーっと座って雑誌読むとか出来ないんですよ。(損な性格だと思う・・・)そんな暇な時間にマキグソさんが一人で来店です。足りない人数は従業員で補うのですが「誰か来るま [続きを読む]
  • 夜の繁華街でヤクザに絡むさとうさん
  • とある組の組長。マキグソさんとの話は続きます。マキグソさんとの印象深い出来事のひとつ深夜の繁華街でバッタリ遭遇したこと私は、彼氏と飲んだ帰りで千鳥足で磯辺焼き食べながらフラフラと歩道を歩いていたの。すると、目の前に歩道を埋め尽くす黒い集団が見えた。なんだ?あれ?と思ってジーッと見てると2〜30人の男性集団。その最前列にいたのがマキグソさんだった。「マキグ〜ソ〜さ〜ん!!! [続きを読む]
  • 893の組長さんへの淡い恋心? 
  • 私が雀荘で働いていた時のことです。組長さんの名前は知っていたけどあだ名か通名だと思っていたので本名を聞いてみました。さとうさん 「ねぇねぇー。マキグソさんって本名なんて言うの?」マキグソさん「は?本名だよ」さとうさん 「うそだぁー」マキグソさん「ほれ。」と名刺を見せてくれました。「名刺は見るだけだぞ。あげないからなぁ」と言われたのでマジマジと見ると何やら見慣れない家紋のよ [続きを読む]
  • 中学時代の同級生と再会。そして・・・
  • 中学時代の同じバレーボール部だった女友達とひょんなことから再会。さとうさんあるあるなんだけどこの女友達も私に同情(?)して近づいてきた人だった。自分より不幸な人と親しくなって心の中で私を馬鹿にする。結婚した彼女は独身のさとうさんを不憫に思っていた。「自分が夫と出会えたのはこのお守りのおかげだから」と言っては同じお守りをプレゼントしてきたり自分の都合だけで私の家に強引に上がり込み一日を過ごす [続きを読む]
  • アレのターゲットにされていたコンパニオン時代
  • ちょっと、軽く悲鳴があがる話でもしようかな。それは、さとうさんがコンパニオンだった時のお話し。宴会は楽しんでもらいたい。コンパニオンはそう思ってやってます。楽しい思い出にしてもらいたい一心です。私たちも盛り上げる努力はしてる。静かに飲みたい人達の時はリラックスして静かにやるしバカ騒ぎしたいなら、その更に上まで馬鹿になる(笑)宴会だとほとんどのお客様が浴衣姿なんです。脱ぎたがる人 [続きを読む]
  • 連絡先を交換して無視するってなに?
  • 昨日、ふと思い出した事があってね。これは男性陣に聞いた方がいいと思ったワケです!紹介とか飲み会で知り合って話も盛り上がって「今度、二人でデートしませんか?」「食事とかどうです?」「〇〇行きません?案内しますよ」なんて言われたらその気になって連絡先交換するじゃない?ワクワクしちゃうじゃない?・・・が、連絡きたことない!!一応、私から御礼のメールしたりしたこともありました。返信が [続きを読む]
  • さとうさんの武勇伝???シリーズ 
  • 今日は雨。先週、本気の風邪をひいてしまい二日間寝込んでしまいました。良くなってはぶり返しの今週はだるいながらも何とか動いてる。こんなにも暖かいのに風邪をひきやすい原因はただ一つ☆わたくしの素晴らしき寝相☆そんな私の武勇伝をご紹介でもしようかしらん♪①今の職場の初めての忘年会&送別会に参加した日久しぶりに大酒くらった私。(この日以来、禁酒生活してます)運転代行で帰宅し [続きを読む]
  • コンパニオン時代 〜お手上げだった宴会〜
  • 雀荘シリーズまたまたお休みします。ちょっと忘れられない宴会がありましてその時の事でも書こうかな・・・と。私のいたコンパニオンクラブはいろんな宿泊施設に出向くんですけど基本的にやる事は一緒なので気にしてませんでした。でも、たまにいるのが・団体なのに団体名がない(空白)・団体なのに個人名・団体の人数とコンパニオンの数が同じこれって少しやりにくいんだよね。蓋を開ければ同窓会みたいなのも [続きを読む]
  • さとうさん、雇われママにスカウトだってよ!
  • 雀荘シリーズに戻ります。お客さんは本当に様々な職種の方がいてサラリーマンの暇つぶしチンピラさんのたまり場組長さんの遊び場学生さんの遊び場など中でも多かったのがチンピラ風味の方々でした。働いている従業員はワケありの人が多くほとんどの人が借金から逃げてる住民票や身分証明を持たない人達でした。従業員寮とは名ばかりの汚いマンションの一室にむさくるしい男が二名づつ入居してました。プロ雀士のお [続きを読む]
  • 映画「ブルーハーツが聴こえる」は駄作なんかじゃない!
  • PVが絶賛二桁中です。雀荘シリーズ一回休みます。(書いてて飽きてきたw)先日、Twitterのトレンドに『警察クビになって〜』があり興味本意で読み始めたら一年分の記事読んでました!あれは辛いねー。よく耐えたなぁ。耐えるしか知らなかったんだよなぁ。虐待されて育ってくると、そういうターゲットにされやすいんだと思うんだ。いじめとか、DVとか、パワハラとか。ああいう人って、ターゲットを見つけるの上手いんだって。 [続きを読む]
  • 雀荘で告白されたり嫌われたり
  • 雀荘って本当に面白い人達の集まりでして働いてて、いちいち驚くのも面倒になるくらいでした(笑)プロ雀士って知ってます?麻雀のプロがいるんですよ。専門誌もあったりしてそういう人も雇っているお店でした。(勿論、サクラ扱いで従業員だという事は秘密でした)見た目はボロボロのおじいちゃんでしたが専門誌で取り上げられるくらい有名な人だった。ヤクザの親分さん達もお客さんにいて私を「ブス」とか「タイ [続きを読む]
  • 雀荘でのアルバイトで多種多様な人達と出会う
  • 以前に書いたパワハラ上司から逃げて私が向かった先は、前のバイト先の喫茶店でした。? 詳しくは過去記事で ?sugarnail.hatenablog.comその喫茶店は10時には開店準備で社員さんが来ているはずなんです。なのに、その日に限って開店していない・・・。たぶん、その時の私は心細くて前のバイト先を頼っていたんだと思う。逃げ出した私のお給料はきっともらえないだろうからとりあえず働かせてもらおうなんて甘い考えで [続きを読む]
  • やくざの親分とわたし 〜高校生編〜
  • 私がまだ地元で子供だった頃そちら系の組がたくさんあったんです。同級生の親が組長さんだったりもした。組長さんとはいっても普段は優しいおじさんなので怖いとも感じた事もなく私はすくすくと成長しました。はじめて組長さんとお知り合いになるきっかけは高校生の時のバイト。なんと、さとうさんホステスしてましたwww(時効ってことで許して??そして良い子は真似しちゃダメよ)高校一年の時のアルバイ [続きを読む]
  • 日常使いされている言葉への違和感
  • まず、はじめに読者様がじわじわと115人に増えていることに対して御礼を伝えたいです。本当にありがとうございます。まだまだ、はてなブログに不慣れな私ですが引き続きお付き合いいただけたら幸いです。さてさて、タイトルに書いた言葉への違和感なんですがよく愛のカタチとか未来のカタチなどと言われていませんか?「夫婦のカタチはそれぞれだからねぇー」とか。カタチのない物に対して使われる事 [続きを読む]
  • 生意気な年下くんとの恋のおはなし ②
  • こちら、前回の記事です。sugarnail.hatenablog.com続きを書きますね。その頃、私は失恋をして仕事を頑張るぞーって思ってはいてもどこか、やる気が出なくて落ち込んでる日の方が多かったんです。そこを、人知れずカバーしてくれたのがガクト。自分のドジした話とかメールしてきたり休みの日にカラオケに呼び出してきたり私がクスッと笑えるようなことをしかけてくるワケです。少しづつ元気を取り戻してきた [続きを読む]
  • 生意気な年下くんとの恋のおはなし ①
  • 前回、ポロっと話してしまった新入社員の事を書こうとおもう。彼は8才年下。あだ名はガクト(笑)職場では彼を陰でそう呼んでました。(以下、ガクトでいきます)ガクトには学生時代から付き合っている彼女がいたんです。私も一度会ったことがありました。大人しそうで控えめで小さな女の子でした。(私とは真逆のタイプね)でも、ガクトは浮気し放題だったようでセフレ的な人の他にもワンナイトでやっちまってる [続きを読む]
  • いろいろと思った雑記と新入社員との話
  • 三連休最終日ですね。絶好のお出かけ日和ですが自宅に引きこもり中。家が大好きなんです。アクセス数が三桁に戻って安心していたらまたもや二桁(笑)ダイエットの停滞期みたいな私の人生グラフみたいなアクセスグラフが出来上がってました。面白いよね。ブログって何の記事がヒットするのかなんて分かんないんだもん。アメブロの時もそうで読者なんて数えるくらいしかいないのにランキング入りしてみたり。なん [続きを読む]
  • 超短編小説書いてみた。タイトル「社畜の木」
  • 23時。私はいつもここにやってくる。7階建てのビルの隅っこにある駐輪場だ。今日も3台ほどの自転車が置いてある。置いてあるというよりは放置されたままという感じだ。まるで私と同じだな。皮肉な笑みを浮かべてしまうが、すぐにいつもの表情に戻るとひざを抱える体勢で地面に座る。その駐輪場の隣には大きな木がある。その大きな大きな木は「社畜の木」と呼ばれている。「社畜の木」には一年中実がなる。誰にも手に取 [続きを読む]
  • これからの季節手抜きになりがちなムダ毛(苦笑)
  • いきなりですがさとうさん、ムダ毛が意外と濃いのです。わき毛とかはほとんどないのに腕とか脚がヒドイ!!しかも、密集型ではなくて、毛足が長いんですよ(苦笑)そんでもって、超敏感肌なのでカミソリまけが酷いんです(泣)でも、そこは女子(だった時代もある)奮発してソイエの脱毛器を買ったわよ。あまりの痛みに泣いたわ。脱毛=痛いこれ女性の間では常識だと思う!じゃあ、レディースシェー [続きを読む]
  • 出会い系サイトで知り合った自営業の男
  • 出会い系サイトの「恋人募集」の掲示板で知り合った男性と会ってみた時の話です。出会い系サイトって危険な時期もあったので防犯の意味も込めて車のナンバーはこっそり携帯で撮ってました。友達に頼んで2時間おきにメールもらったり。そのメールに返信がなかったら何かあったと思って電話すると決めてました。その辺は友達も出会い系サイトを使っていたので協力しあってたんです。会ってみた人は年下のハヤマ君。( [続きを読む]
  • 病院学級にいたクラスメイトの話 ②
  • 前回の続きです。sugarnail.hatenablog.comヒマワリちゃんは死んだ・・・。中学一年と二年の間だったそうです。享年13歳でしょうか。なんの病気だったのかは結局だれも知りませんでした。学校に登校したのはあの二日間だけだったそうです。お姫様みたいに可愛い女の子がなんで・・・。そういう思いを持っていたのも数年。私は、ヒマワリちゃんの事もすっかり忘れてどんどん大人になっていきました。 [続きを読む]
  • 病院学級にいたクラスメイトの話 ①
  • 今回はちょっと話題の毛色が違います。心のどこかに引っかかっていること。もう、真実は知る事ができないこと。そういう話です。さとうさんが小学生の頃クラスメイトに病院学級の女の子が一人いたの。(今は院内学級とか言うんだよね)クラス名簿に名前はあるけど机もなければ会った事もないクラスメイト。ある日担任の先生から「明日から一週間ヒマワリさん(仮名)が登校します」と言われた。何の病 [続きを読む]
  • 結婚を諦めるのやめようかな?素直になろうかな?の巻
  • 結婚も恋愛も諦めていたさとうさんです。きっと、もう誰のことも好きにならない。結婚はしない。相手を不幸にしてしまう。そう勝手に決めつけてた。なんで?どうして?そこまで頑なに決めつける必要があったのか?正直に言うね。もう傷つきたくなかったの。恋愛して”疲れ果てること”に疲れてしまったの。そんな私が結婚について考えている。この大きな心の変化は弟夫婦をみているからだと [続きを読む]
  • ラブホテルに入ったらまず何をする?
  • 「ねーねーみんなは、ラブホテルの部屋に入ったらまず何するの?」数年前、この話題で盛り上がったのを思い出しました。前回、ラブホテルでデリヘルに間違われた話をしたのでラブホテル繋がりってことで書きます。ほとんどの人が結婚しているので古い記憶だったり浮気の記憶だったりするのはご愛嬌ってことで(笑)まぁ、人ぞれぞれで意見がかぶったことがない話題です。友人A 「トイレ行ってガードル脱ぐ [続きを読む]