snow36 さん プロフィール

  •  
snow36さん: 野の書ギャラリー 村上翔雲の書
ハンドル名snow36 さん
ブログタイトル野の書ギャラリー 村上翔雲の書
ブログURLhttps://snow36.hatenablog.com/
サイト紹介文現代詩書 書家村上翔雲の作品を少しずつご紹介しています。時々作品に関係のないことも書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 173日(平均2.3回/週) - 参加 2018/04/22 12:20

snow36 さんのブログ記事

  • 高原を歩いてみれば・砥峰高原
  • こんにちは。日曜日に、砥峰(とのみね)高原と 峰山高原に行って来ました。兵庫県神河町(かみかわちょう)にある 美しい高原です。砥峰高原は、この季節に 次第に すすきの原へと変貌していきます。すすきは、正確には 茅(もしくは萱・かや)とのことです。まむしには 出会いませんでしたが、蛇はいました。映画などの撮影に使われて、かなり有名になった高原です。確かに 独特の空気がありました。標高は 800mほどと それほど高く [続きを読む]
  • 書の展覧会に伺う
  • こんにちは。昨日も 小雨が降りました。終わり頃の金木犀が 湿った夜に柔らかく漂います。今年は 咲く時期が早かったように思います。娘から 大学の建物沿いに 育てられているコスモスの写真が 送られてきました。どなたが世話をされているのでしょうか。メルヘンだなと思い 聞いてみると。「おじさん。」 「 ……。学校の?」「世話をされてるのを 遠目で見かけただけ。」水曜日に 父が生前 主宰していた書道家グループ [続きを読む]
  • 小さな思い出
  • こんにちは。時々 強い風が 吹いています。台風の直撃を 心配しています。京都国立近代美術館に 東山魁夷展を観に行きました。生誕110年の記念回顧展ですね。お彼岸の連休なのと 開催されるのが久しぶりだったためか、かなりの人出でした。「道」や「白い馬」の作品が 有名ですね。昼の絵は 仄かに明るむ灰色の色味のある 柔らかな薄曇り。夜の絵の ぼんやりと滲む月明かりは、優しく森を包み込んでいます。手前には [続きを読む]
  • 秋の贈り物
  • こんにちは。こちらは、火曜日と水曜日は 晴れましたが、その後 お天気が すっきりしません。近所の小学校の校庭は 雨混じりの中 入場門と 退場門が立ったままで、中学校は 先週 防災無線で 体育祭の延期を伝えていました。ご近所の方から 藤稔(ふじみのり)を いただきました。いつも 良い出来なのですが、出荷はされていないとのこと。 出荷するには、「まだ あかん」のだそうです。それでも 大粒の実で お味は ピオーネの [続きを読む]
  • 木槿 その小さな楽しみ
  • こんにちは今日は、蒸し暑い一日でした。暗くなってから ベランダに出てみると、涼しい風に りんごに似た爽やかで ほんのり甘い香りを感じました。最近は、秋の植物を見ることもあれば、夏の植物が ほうっと息をつくように、花を咲かせているのも見ることがあります。我が家では、見つけたら 丸まった葉ごと摘んで捨て続けてきたハマキムシとの戦い(暑かったものですから…)の夏を越えて、木槿が 再び花を咲かせ始めました。大雨 [続きを読む]
  • 印象派はお好きですか
  • こんにちは暗くなると 近くの藪から コオロギ+ちょっとマツムシその他の音が、家の中にいても 大きく聞こえてくるようになりました。季節ですね。そろそろ 美術館に 出かけてみたくなります。ちょっと 長くなりますが、よろしくご覧いただきますように。「プーシキン 美術館展」「プーシキン美術館展」は、今は 10月半ばまで 大阪の 国立国際美術館で開催されています。夏の始めから、ずっと行ってみたいと思っていた展覧会で [続きを読む]
  • お別れの後で
  • 台風21号の被害の大きさを ニュースで知りました。 広い範囲を ひどい強風と雨が、駆け抜けて行ったのですね。被害に合われた地域の方に お見舞い申し上げます。進路によっては 多少なりと台風の影響があるかもしれないとのことなので、前日に草花を室内へ取り込みました。朝晩には ひどい暑さが やっと引いてきたからか、最近になって夏の花が咲き始めました。でも、夏の初めペンタスは もっとくっきりとした色でした。液体 [続きを読む]
  • 義母の花 。父の山頭火。
  • こんにちはまだ暑い日が続いていますね。義母が 丁寧に育てている花です。浴衣の柄のような 日々草です。日当たりが良過ぎるからか、花がぐったりしている日もありましたが、根気よく毎日手入れを続けています。義母は足が悪いので 花の世話をしている時にでも ささっと花と一緒の姿を撮らせてもらいましょう。プリントして、写真立てに入れて渡してあげたいなと思います。石楠花の蕾。来年の春 咲くために、今からひっそりと [続きを読む]
  • 蓮を育ててみる(鉢に移してみました)
  • こんにちはちょっと古い話になりますが、23日の 6時過ぎ 台風20号が迫って来ていた時間です。重い灰色の空に架かった 薄い虹を見ました。暗ささえ感じる淡い虹は、みる間に 消えていきました。その後、まむしが 家の敷地に出てきて、部屋の中に入りそうになり大騒ぎに(多分 騒々しかったのは 私だけです)。 「ヤマカガシか?」それなら、以前バスタブで お休みになっているのを見たことがありますが、この度は そんなに長くは [続きを読む]
  • 奇跡の星に生きる植物
  • こんにちは兵庫県の淡路島は、本州と四国の間に位置する 国生みの神話のあるところです。山々は 緩やかな起伏を見せ、周りを取り囲む海は 日差しを受けて輝く美しい島です。23年前に起こった 明石海峡を震源とする 阪神淡路大震災の際には、 淡路島も かなりの被害を受けた被災地でした。大きく ずれた野島断層が、 北淡震災記念公園に保存されています。 私たちも 以前行ったことがあります。 建物の中に 盛り上がって崩 [続きを読む]
  • 蓮を育ててみる ( 種です)
  • こんにちは最近は、エアコンを使わずに眠れます。昼間は かなりの暑さですが。季節は 少しずつ進んでいるのですね。サギソウが 咲いています。確かに、小さな鷺が いくつも飛んでいます。いつまでも 眺めていたいかわいさです。??????連れ合いが、蓮の種を手に入れたので(どうやら買えるようです) 、育ててみると言い出しました。 お盆の頃の ことです。蓮の花が 好きだったらしく、以前から 時々その野望を語っていま [続きを読む]
  • 黒豆の畑に久しぶりの雨を見る
  • こんにちは一昨日の夕焼けです。夕焼けが とてもきれいだったから、昨日は 久しぶりの雨だったのでしょうか。 少しだけ降りました。台風の影響ですね。湿度は高いですが 風が涼しく感じます。止み間が長そうだったので、ウォーキングに出ると 近所の人から「散歩ですか?」と声をかけられました。いえ、ウォーキングですが… と言おうとしましたが、カメラを持って歩いていたのでした。夏のかかりに 麦畑だったところは、一 [続きを読む]
  • 元気を取り戻して。
  • こんにちは日中は、まだ 35度を越える暑さです。それでも 朝夕が 過ごしやすい日が増えて、今夜は、マツムシの ちょっと陽気にリズムを刻むような音が聞こえてきます。草花が 元気を取り戻してきました。少し前には、つぼみがついても そのまま枯れ続けていたアッツザクラです。 色が戻って咲き始めました。また、かわいい花を咲かせてくれて ありがとう。そして、自由過ぎる お嬢さん。メドーセージの夏。身長が伸びて [続きを読む]
  • 炎天に花咲く
  • こんにちはこちらは、お蕎麦屋さんです。先週 私たちが行った「あまご村」さんの近くにある 茅葺き屋根のお店です。車で 1時間ちょっとかかるのに、同じところに再び行くのはどうなのか… と思ったのですが、食通の知人のお薦めでした。おとなの雰囲気のお店です。お昼の予約をして 行きました。お店裏の庭が 素敵でした。こんな 百日紅が うちに咲いていたら… と 眺めます。途中ですが、お詫びと訂正をさせてください。 [続きを読む]
  • 静かな夜は
  • こんばんは此処のところ、夜は 過ごし易く思います。作業着や タオルなどは、なるべく夜のうちに洗うようにして、干し終わると しばらく空を眺めます。今は11時。月が出ていないので とても美しい星空が見えます。 白い雲が細く長く流れているのさえ見える冴えた夜です。キリギリスが鳴いています。夜空は 写せないので、写真はないのです。ごめんなさいね。あなたと あなたの大切な人が 明日も元気で過ごせますように。 [続きを読む]
  • ひこうき雲の空 女郎花の咲く谷
  • こんにちは日曜日の未明、雨風の音がすごくて 家が揺れるように感じたほどでした。内陸部にある我が家が こうでしたから、直撃した地域は どんなことだったでしょう。朝8時過ぎには、雨の止み間に 青空が見えるようになりました。ちょっと出かけたくなって、お昼前に 連れ合いと、なぜか2、3週間に一度帰って来る息子と3人で、車で1時間あまりの 兵庫県丹波市青垣町「あまご村」へ行って来ました。あまご村は、深い山に 囲まれ [続きを読む]
  • ルリヤナギ 夏に戻る
  • こんにちは時々 風が強くなります。挿し木でいただいた この植物。尋ねてみたり、調べてみたりしましたが、名前が わからなかったので、なかなか書けなかったのです。ルリヤナギ(ナス科)と いうのだそうです。調べ方が十分でなかったようでした。辺りのご近所も 挿し木でこの子の兄妹を育てておられます。挿し木を くださったお宅では、見た目を裏切る 鉢を割るほどの力強さで たくさんの花を付けていました。我が家のは、しばら [続きを読む]
  • 月桂樹の朝
  • こんにちは我が家の 月桂樹は、貝殻虫が ついて 幹も葉も 黒ずんでいました。ほったらかしにしていた私が悪いのです。 気になっていながら…3月頃に 農業をしている友人に お願いしたら、軽トラックでやって来て 「息止めとれよー!」と 肩に担いだ噴霧器で 実に景気よく しゃーっと撒いてくれました。今は この通りです。元気になってくれて よかった。カサブランカが しばらく楽しませてくれましたが、今はそれも終わりました。 [続きを読む]
  • ぽんす会 釣果を出す
  • こんにちは連れ合いは、釣りを好むので 時々 仲間内で出かけます。 このグループを 「ぽんす会」と勝手に呼んでいます。ぽんす とは、釣り好きが高じた人の 当地での呼称でして、私が こちらに来て 真っ先に覚えた言葉です。 土曜日に 連れ合いは、いつもと違うお仲間で 日本海を臨む兵庫県豊岡市の 竹野浜沖へ 船を仕立ててもらって出かけて行きました。竹野浜は、冒頭の新聞の写真にもあるように 日本海の美しい浜 [続きを読む]
  • 金ごまの花
  • こんにちは夕立さえもない この頃。昼間の表は 白く見えるほど眩しいですね。それでも 田んぼは 一面若い緑です。夕暮れに カメラを持ち出した時から、散歩と化す私のウォーキングですが、寄り道の多い人生も また楽し。溝の流れを覗くと、底には 小さい田螺がいます。この上を 小魚が 薄灰色の影のようにしゅっと、飛び去る素早さで泳ぎ回っています。写真には 写し取れない速さです。数日ぶりの 散歩ですが、辺りの植物 [続きを読む]
  • 緑陰の庭
  • こんにちは我が家の白いカサブランカが 咲き始めました。朝から眩しくて 目を細めてしまいます。一度に咲くと 日差しを受けて、そこだけが 輝いて見えます。凛とした顔で カメラを 見てきました。昨日 もりあおがえるの沼 (今や 勝手にそう呼んでいます) の家の人に 出会いました。彼女によると、たまごは この時期には 何度か生み付けられるとのことでした。それほど大きくはない木陰の沼に、あめんぼや ざりがに、とのさま [続きを読む]
  • 7月のヒグラシ
  • こんにちは虫の苦手な方 ごめんなさいね。玉虫を見たのは、初めてです。家の者が、和歌山の粉河寺の近くで見つけたそうです。榎や桜の葉を食べるとのことで やってみると言っていますが、どうでしょうか。珍しいと思いますが、玉虫は 住んでいたところが 一番良いように思います。最近 雑草の成長の早さがたいへんです。なるべく薬は使わないように気をつけて ひたすら抜いています。朝から暑いので、影があるところばかりを選 [続きを読む]
  • かざぐるまへのオマージュ
  • こんな話を書くのは どうだろうか。 とても迷いましたが…ご近所で、週末に お葬式が あります。5月のことです。 そのお宅の庭に、ごくかすかに 色味を感じる白い花が咲いていました。「かざぐるま」かもしれない と思いました。鉄線が 好きですが、我が家には ありません。好きだと言いながら、例によって 写真が雑で 悔やまれます。でも、手のひらを広げたほどの大きさのしっとりとした美しさ。野の印象を [続きを読む]
  • 石の上に宿る風
  • こんにちは風蘭(フウラン)が 咲いています。下さった方によると 植え付けられているのは、徳島県の剣山(つるぎさん)の石なのだそうです。「趣味の園芸」を見てみると、岩や木に着生するとのことで、いろんな形に 仕立てられていました。成長がとてもゆっくりなので 変化がないように感じられましたが、根が石の表面に しがみつくように貼りつき、絡まり合うような葉は いつも生き生きとしています。一生懸命 生きているんだ [続きを読む]
  • 雨の後
  • こんにちは豪雨の被害に会われた方々が、 そして 今たいへんな豪雨にあっておられる方々が、一日も早く 普段の生活を取り戻せますように。当地は、昨日の夜になって ようやく 川の増水が治まってきて、特別警報が解除になりました。連れ合いが 夕方 急ぎの用で外出しなければ ならなくなって、帰省していた息子が 心配して同行してくれました。 道沿いの川を撮っています。見たことのない有り様になっていました。さすがに 何 [続きを読む]