エイミー さん プロフィール

  •  
エイミーさん: リケジョ 40代から英語教師を目指す
ハンドル名エイミー さん
ブログタイトルリケジョ 40代から英語教師を目指す
ブログURLhttps://ameblo.jp/amymom-english/
サイト紹介文海外生活も気付けば15年。アメリカの大学(研究関連)→英語教師(見込み)バイリンガル育児や翻訳も
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 26日(平均8.1回/週) - 参加 2018/04/22 14:41

エイミー さんのブログ記事

  • 日本語でなんだっけ? 海外生活あるある
  • 海外に住んでいると、話している途中で あれ、英語でなんて言うんだっけ? これはしょっちゅうです(注:私の場合)。 聞いたら「そうそう、それ」なんけどまだ自分で使えるレベルまでには至っていない単語でこの現象がよく起こります。 先日かつての同僚たち(全員日本人)と久しぶりに会ったときに 英語だけじゃなく日本語もおかしくなってきている?現象が みんなでランチに行って近況報告などしている時に、TESOLの話にもなっ [続きを読む]
  • これで日本語もスラスラ読める?:D子の場合
  • 日本の学年では4年生のD子。 日本語維持のため、現在ワオスタディを受講しています。 この教材のいいところは何といっても 無学年制なので自分のレベルにあったものを受講でき 自分のペースですすめられるところ さらに理解度が十分でないところは繰り返しできるんです。 その他にも ・ 毎日10分程度でOK・ オンラインで提出し、翌日に回答が返却される(iPadが必要)・ 特殊なデジタルペンで手書きで回答用紙に記入するので書 [続きを読む]
  • 読書の弊害
  • 日本語大好きエイミーです。 なかなか英語が「これで大丈夫!」と思えるレベルに到達しないのは 今まであまりにも日本語で考えすぎたからだと信じて疑いません。 それなのに何の因果か15年も海外にいて英語が仕事にまでなってしまいました。 で、去年の話なのですが、久しぶりに1週間日本に帰国したんです。 仕事も入れず、のんびりしたかったのでここぞとばかりに大大大好きな佐藤正午の 「鳩の撃退法」を読み始めました。 こん [続きを読む]
  • インターナショナルスクールのリーディング
  • 本日はD子のスクールが取り入れているリーディング方法をご紹介します。 おそらくイギリス系の学校はこのシステムが多いのではないでしょうか。 ちなみにこの学校はESLがなく、両親のどちらかの母国語が英語の家庭が多いです。 Prep1(5歳になる学年、日本の年中)でフォニックスがある程度できるようになると毎日1冊本を読むカリキュラムがはじまります。 まず先生が一人ずつ生徒のレーディングレベルを見ます。子供たちは自分の [続きを読む]
  • 飴と鞭はもう使えなくなる
  • 仕事でモチベーションを上げるたのインセンティブやボーナスは当然のことだと思われていますよね。 でもそれが効かないどころか、マイナスになるんです。 クリエイティブな仕事では。 詳細はTEDの THe puzzle of motivation にあります。 飴と鞭はたしかに単純作業や明確な答えがある場合は有効です。 でも答えがなかなか見えないもの、答えのないもの何かを作り出す作業にはネガティブに働くことが50年以上前の実験で証明され、 [続きを読む]
  • 飴と鞭:ムチの方 モチベーションの上げ方
  • 昨日の記事ではあめちゃんの効果についてご紹介しました。 あめちゃんの方のリンク 今回は鞭の使い方について。 ※はじめに重要な点をいっておくと「恐怖を伴う」ムチは絶対におすすめしません。基本的にはネガティブなモチベーションなのでこれだけに頼るのはよくないです。 我が家には 食事中は日本語ルール があります。いただきますからごちそうさままでは100%日本語。といっても日本語の単語が出てこないときは英単語を混ぜ [続きを読む]
  • 飴と鞭:あめちゃんの方 モチベーションの上げ方
  • みなさん、お子さんのモチベーションを上げるために何を使いますか? panishment(罰)かreward(報酬)か D子は小学4年生なのですが、いまだにほとんどテストというものを受けたことはありません。(ちなみに板書も一度もやったことがない。授業のことについてはまた別の機会に) でも、ちょっとした英単語チェックはあります。毎週月曜日に10個単語を指定されて金曜日に書けるかチェックするというスタイル。 書けなきゃまずい、 [続きを読む]
  • 面接決定!!
  • あるポジションの面接が決まりました。 これからのキャリアのきっかけになればうれしい というポジションなのでこれから1週間で準備します。 ビザのことや家庭との両立もなんとかやっていきたいな。 ちなみに前職のコンサルティングファームはとってもフレキシブルで 夏休み1か月OK、インターの長い休みの間、在宅勤務もOKだったので 子供優先でやっていました。そのかわり家でも仕事しているので子供たちからは不評でした。 [続きを読む]
  • 好きな本:「大人問題」 五味太郎
  • ワタクシ 人と違う という言い回しがピンときません。 五味さんはそこら辺のことを憎らしいくらいにセンスよく表現できる方なんですよね。 例えば一番最初のトピック、NJの森林火災の影響でNYが煙につつまれたときの様子。大人たちはみな困った、なんとかならないのか、当局はなにしている、これじゃ商売あがったりだなど苦情、困惑、怒りの声。そんな中ニュースレポーターがある子供にマイクを向けて 「この煙、君はどう?」って [続きを読む]
  • そもそも日本で英語は必要なのか
  • TESOLのエッセーに取り組んでいるとなかなか答えが難しい問題にぶち当たります。 例えば日本人が苦手とするスピーキングとライティングを伸ばすためにはどうしたらよいかと問われた場合の私の答えは明確で、 大学入試で英語のスピーキングとエッセーをを必須にする です。 受験にかける熱量って凄まじいですからね。 先日アメリカ時代の友達がこちらに一家で遊びにきてくれたのですが、ちょうどお嬢さんんが高校受験を終えたばかり [続きを読む]
  • 終わった!!
  • TESOLの授業が今日で終了。 なんだかあっという間でした。 勉強熱が高まっている今のうちにエッセー6本仕上げなければ。 <5月の予定>1週間に2本完成させる最終週にレッスンプラン5本 初めて体系的に言語学に触れてもっともっと勉強したくなりました。今回はDipromaコースでしたが、その先も視野に入れるつもりです。 [続きを読む]
  • 英語の模擬授業が終わった!!
  • TESOLの授業もあとわずか。 今日はクラスメイトを相手に模擬授業をやりました。 レッスンプランを考えるのが 結構楽しい 設定はアドバンスド(大人)でニュースソースを使ってディスカッションしました。 先生やクラスメイトからのフィードバックも上々でした イェイ 授業が終わったら燃え尽き症候群になりそうです。 まだまだエッセー課題が残りまくっているんですけどね。 [続きを読む]
  • バイリンガルの難しさ:帰国子女のエピソードが泣ける
  • バイリンガルについていろいろ調べるようになって出会った記事を本日はご紹介したいと思います。 著者は立命館大学の田浦先生。元記事:みんなが知りたい! 「バイリンガル」の育て方 〜本当に大切なのは外国語ではなく「母語」〜 おそらく海外在住の日本人家庭の多くが一度は夢見る(本当か?)「日本語と英語(外国語)がどちらも母語レベル」ですが現状は (バイリンガルを)「第二言語や外国語を、母語と等しい高いレベルで使 [続きを読む]
  • リスニングのレンジが広いD子
  • ネイティブイングリッシュスピーカーはリスニングのレンジが狭い人が多いです。つまり自分が慣れている発音以外の発音が聞き取れないんです。  母語が英語の通訳の人はノンネイティブの英語の通訳に苦労するとか。(特にアジア人やインド人の英語) アメリカ時代に勤務していた研究室の美人学生ナタリーはニューイングランド出身。大学院からノースカロライナに来たのですが、「ノースカロライナ訛りが全然わからない」と憤慨して [続きを読む]
  • うちの子のバイリンガル度:夫の場合
  • 我が家には2人の女の子がいます。 うちの子のバイリンガル度:D子の場合 うちの子のバイリンガル度:S子の場合 が、今日はかつてバイリンガルだった夫のご紹介。ちなみに夫と私は大学の同級生です。 <プロフィール>・ 日本生れ、職業大学教授(サイエンティスト)・ 3歳から6歳までの3年間アメリカ・ 帰国後日本の公立小学校・ 小学3年生の1年間マレーシア(日本人小学校)・ 帰国後日本の公立小学校 ⇒ 普通の日本人へ [続きを読む]
  • 心のふるさとワッフルハウス(Waffle House)で惨劇
  • 私がアメリカに着いたばかりのころ1週間滞在したモーテルの道を挟んだ向かい側にあったのがワッフルハウス(ナッシュビルではないけれど)。 日本から24時間以上かかってホテルについて疲れ切っていたときにはじめてアメリカで食べた夕食がワッフルハウス。 今考えると夜の10時に外を歩くなんて自殺行為です 知らないって怖いですね。 そこで食べたのがこんなのです。いきなり超ディープです。コーヒーを頼んだらコーラが来まし [続きを読む]
  • 仕事+プレイデート+アサイメント+体調不良
  • 先週末から続くめまいに悩まされ土曜は病院に極寒の待合室に3時間もいたら誰だって具合が悪くなると思う 一応専門医のアポイントをもらってこの日はめまいと頭痛の注射と薬をもらって帰りました。 こういう時に限って仕事も忙しい。今は英日翻訳。そんなに分量は多くないけれどもなるべく急ぎでといわれているので日曜日はめまいが治っていないけど3時間だけ仕事。 というのも、午後は上の子のプレイデートのホストだったので午前 [続きを読む]
  • 6歳で5か国語同時進行中の友達
  • 昨日は下のS子をご紹介しましたが、今日はS子の友達サラのお話。(ちなみに彼女は双子) 彼女は2歳から同じプリスクールでずっと同じクラスでした。 ベルギー人のお父さんとはオランダ語(フラマン語)、 トルコ人のお母さんとはトルコ語、 彼女の家には住み込みのメイドがいてその人とは英語。 プリスクールでは英語と中国語、 友達とは英語、 今年からインターの小学校に入りフランス語の授業も取っているそうです。 程度はあれ [続きを読む]
  • うちの子のバイリンガル度:S子の場合
  • うちの子のバイリンガル度:D子の場合 本日ご紹介するのは下のS子 <プロフィール>・ アジア某国生まれ、現在小学1年生・ 日本に住んだ経験なし・ 2歳までは家・ 生後2歳から5歳まで現地プリスクールで英語50%、中国語50%のイマ―ジョン教育・ キンダーから(6歳ちょっと前)からアメリカ系インターナショナルスクール・ 近い友達はアメリカ人、インド人、アジア系、日本人も一人・ 現在の先生はアメリカ人、前のスクール [続きを読む]
  • 「君はどう思うのか」が一番
  • すっごく久しぶりにこのブログの本筋TESOLネタです。今日は英語教育法の大家ジェレミー・ハーマー(Jeremy Harmer)先生の講演を視聴。 いくつかポイントを上げると・ 語学を学ぶには動機が大事You can lead a horse to water, but you can't make it drink を例に挙げて、先生の役割は「喉を乾かせること(=やる気にさせること)」それさえできれば後は勝手に水を飲む(=自ずと学習する) ・ 頭の中で英語で会話するのが一番 [続きを読む]
  • 慣れってこわい「パリ―ポッター(Harry Potter)全作」
  • また映画です。 ワタクシかつて映画ブログを書いていたほど映画好きなのでネタは尽きません。 なんとか英語と絡めて。 2週間ほど前にハリーポッターが全然聞き取れないというネタをアップしたのですが、 上の子が友達からハリーポッターセットを借りてきてしまい全作品に付き合わされることになりまして、 ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]9,980円Amazon 今のところ最後の作品となっている 「死の秘宝 [続きを読む]