天然男 さん プロフィール

  •  
天然男さん: 天パバンドマンの日記
ハンドル名天然男 さん
ブログタイトル天パバンドマンの日記
ブログURLhttp://paraparaki.hatenablog.com/
サイト紹介文天パバンドマンが頭を抱えながら生きてるみたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 59日(平均2.4回/週) - 参加 2018/04/22 20:48

天然男 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • #コンパス【戦闘摂理解析システム】にはまった
  • 起業から内定を頂き就職活動を終える決心をしたあの日。「毎日好きなことができる!プログラミングの勉強ができる!バイトしてお金稼げる!」と抑えきれない好奇心を胸に背伸びをしたあの日。残念ながら私はあの日からバイトもプログラミングの勉強もしていなければほとんど家からも出ていない。どうしたんだあの日の好奇心よ。どこに行ってしまったんだあの日の好奇心よ。唯一家から出たのは大学のバンド仲間たちと徹夜で麻雀卓を [続きを読む]
  • #コンパス【戦闘摂理解析システム】にはまった
  • 起業から内定を頂き就職活動を終える決心をしたあの日。「毎日好きなことができる!プログラミングの勉強ができる!バイトしてお金稼げる!」と抑えきれない好奇心を胸に背伸びをしたあの日。残念ながら私はあの日からバイトもプログラミングの勉強もしていなければほとんど家からも出ていない。どうしたんだあの日の好奇心よ。どこに行ってしまったんだあの日の好奇心よ。唯一家から出たのは大学のバンド仲間たちと徹夜で麻雀卓を [続きを読む]
  • 絶望して挫けそうな時に見てほしい映画
  • つい先週就職活動が終了しました。無事に第一志望のIT系のベンチャー企業へのエンジニア就職が決定しハッピーです。しかし、日本の就活システムは糞だと就活を始める前から度々耳にしていました私でしたが、実際に経験してみるとめちゃくちゃ糞でした。糞みたいなシステムとそこに乗っかる糞みたいな企業。どこまで行っても糞でした。どのへんが糞かという話については後日腰を据えて記事として書かせていただく所存です。とま [続きを読む]
  • 本質を理解せずに行動できる人間はすごい(皮肉)
  • 実は私は大学生になってからかなりの数のアルバイトを経験してきた。私の記憶が間違えていなければ現在の職場は9つ目にあたるはずだ。我ながらたった3年間の短い間にこれだけの数の職場を渡り歩いてきたことは誇りにも近い誉だ。 しかし、どうやら世間様はそうは思ってくれないらしい。それだけの短期間でこの数の転職を経験している、という事は私の人間性には問題があると捉えるには十分なようだ。新しく見つけたアルバイトをす [続きを読む]
  • 【おすすめバンド紹介】エモすぎるバンド 【climbgrow】
  •  今日もしっかり天パバンドマンらしい記事を更新していきます。現役バンドマンとして「絶対に聞くべき!!」「これは絶対に売れる!!」そんなバンドをご紹介していきます。 できる限り誰でも知っているような当たり前なバンド紹介は避けて、みんながあまり知らない、でもめっちゃいけてバンドを紹介していきたい所存。このブログだけ見てれば最近の音楽業界の動きは把握出来ちゃいます、なんてレベルのブログになりたい。clim [続きを読む]
  • 正直モーガンフリーマンめっちゃ好きだった
  • 久しぶりの更新の内容がまさかの憧れの俳優のセクハラ記事ってどうよ 私が彼に出会ったのはまだ小学生だったころだったはず。夏休みのある日、扇風機に当たりながらwowowで放映されていた洋画をなんとなく見ていた。「ブルースオールマイティ」 今では私の大好きな映画の一つだ。その中でも一番好きなシーンを。(モーガンフリーマンは映ってない)www.youtube.com この映画に神様役として登場する彼を見たときから、私はその [続きを読む]
  • やりたいことが見つからない時
  • 今日は朝から非常にタメになる話を聞いた。やりたいことが見つからない人達には是非読んでもらいたい内容だ。あまりだらだら前置きをすると内容の価値が下がると最近気付いたのでさっそく本題に入る。やりたいことが見つからない人は『忙しくしろ』これだ。何を言ってるんだと思われるかも知れないがこれは案外的を射ている、というか最早正解だろうと個人的には思っている。具体的かつ簡単に説明しよう。人間とは本来必要でないと [続きを読む]
  • 人生にはいくつかのレールしかないと考えている人へ
  • 自分は何かハプニングがあるとすぐに最悪の状況に陥った場合を想定する性格だ。いわばネガティブである。後になって振り返ってみると本当にしょうもないような事でも必要以上に悩み感情を乱す。しかもそれが顔に出るタイプであると同時に衝動的に行動してしまうような性格なので状況を悪化させてしまうようなことも多い。アルバイトで性悪ババア社員にぐちぐち文句を言われた時にはバイトを飛ぶか匿名で本社にクレームを入れクビに [続きを読む]
  • 恋愛に生きるということ
  • 人は本質的に意味のないことを進んですることはない。どんなに自堕落な人間でも必要以上に退廃的な生活を続けると気持ちが滅入ってくるものだ例えば、社会人の人や学生など規則正しい生活を強制的に強いられてる人々は、長期休暇に入ると喜んで堕落した生活を送るようになり。しかしそれが続くのは精々1ヶ月から2ヶ月。どんなに特殊な人でも1年が限界だろう。自堕落な生活に飽き飽きし、刺激を求めて何かしらの行動を起こすよう [続きを読む]
  • 人は子孫繁栄の為に生きているのか?
  • 私は人間は結局のところ遺伝子にコントロールされる動物にすぎないという考えには首を傾げてしまいます。理論的に正しいことは分かるのですが、そのような考えを認めてしまうと倫理というものの存在が一気に足元から崩れてしまう気がしてどうも釈然としません。まあ倫理すらも人間という動物が勝手に作り出したものに過ぎないという主張なんでしょうが。ちなみに何の話かサッパリという人のために簡単に説明します。これは私がモ [続きを読む]
  • 山口メンバぁぁ!どうしてぇぇ!
  • はい、今日は今話題の山口メンバーについて書きますね。TOKIO大好きな自分としては胸が張り裂けそうなほど悲しいです、、ほんとに。何よりも城島リーダーの悲しむ姿を見たくないってのが大きいです。リーダァ、、。まずは何があったか知らない人のために。biz-journal.jp山口容疑者は今年2月、自宅に女子高校生を呼び出し飲酒を勧めた上、無理やりキスなどの行為を行ったとされる。すでに示談が成立し、女子高校生は被害届を [続きを読む]
  • 念願のモテ男になってから
  • 男なら誰しも可愛い女の子と子孫繁栄しまくりたいと願ったことがあるだろう。理由は人それぞれだろうが、オスとして生まれた以上生殖欲求(特に優れた遺伝子を持つ女性と)からは逃れられない。普段は理性でこの欲求を抑えているが男は生涯この欲求に振り回されていきていく。ちなみに私は理性が完全に崩壊し、この欲求に支配されたことがある。二年付き合っていた彼女に浮気され、自殺しようかと思い悩む程追い詰められた末にたどり [続きを読む]
  • 昔に戻りたいと思う理由
  • みなさん過去に戻りたいと思った事はありませんか?人間だれしも昔のキラキラしていた頃の自分に戻りたいと思ったことがあるのではないでしょうか。かくゆう私も何度も「あーあの頃に戻りてぇー!」「もう一回学生生活やり直して―!」と思うことがありました。ありました、というのは最近は全くそう思うことがないからなんですね。どうして私がもう過去に戻りたいと思わなくなったのか。それは追々話していこうと思うのですが [続きを読む]
  • 面接を受けて
  • 2日連続の投稿になります。自分でもブログへのモチベーションの高さに驚いている次第です。昨日の記事は書きたい事を書き殴っただけのものだったので見てくれている人の中には不快な気分になった方もいるかもしれませんね。paraparaki.hatenablog.com基本的にこのブログでは自分が感じた事や学んだ事をアウトプットして社会に還元する。そしてそれを見た人が人生について少しでも考え、またアウトプットする。それを見て [続きを読む]
  • 就職活動という茶番劇を経験して思う事
  • 久しぶりの投稿になってしまいました。就職活動がとりあえずひと段落したので、以前からやってみたいと思っていたブログの執筆に本格的に取り掛かろうと思います。ちなみにこのブログの趣旨は「人生とは?」「生きるとは?」といった一見バカげたようにも思える、非常に抽象的かつ哲学的な問題に本気で取り組む、といったものになっています。「そもそも生きることに意味なんてねーよ!」「人生は死ぬまでの暇つぶしだ!」 [続きを読む]
  • 人生とは
  • 就活中に自分のやりたいこと、成し遂げたいことを聞かれて心底頭を抱えた。それなりに知名度があってスキルが学べて休みがしっかりある。そしていつか起業して本当に気の向くまま作りたい物を作る。これが満たせればどこでもいい、と言いつつもそんな企業なかなかない。それにやりたい事、という題目からは少し離れすぐているようだ、よくうちの企業でやりたいこと、成し遂げたいことを聞かれるがそれはとりあえずチャレンジしたい [続きを読む]
  • 初記事
  • 就活に疲れ、なんとなく刺激が欲しくなりブログを開設。某ナンパブログを見て自分も人生のアウトプットを行う場を設ければ、昔のように鋭い思考力を取り戻せるのでは、と考えたのも一つ。徒然なるままに感じたことを書き綴っていこう [続きを読む]
  • 過去の記事 …