fontoknak さん プロフィール

  •  
fontoknakさん: タイのニュース
ハンドル名fontoknak さん
ブログタイトルタイのニュース
ブログURLhttp://fontoknak-ayutthaya.blogspot.com/
サイト紹介文タイの最新のニュースと話題のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 97日(平均8.6回/週) - 参加 2018/04/23 16:06

fontoknak さんのブログ記事

  • 洞窟の12人の得度式
  • 7月25日にメーサーイのワット・プラタートドーイワオにてチェンラーイ知事が催す洞窟の12人の得度式が行われた。もう一人のアドゥン少年はキリスト教徒ということで得度には参加しなかった。11人の少年たちは沙弥になり9日間、寺で修行するということでエークコーチは勇気がある者というウィサーントーを言う僧名をもらい1パンサーを寺で修行するということである。主催者の話では彼らは普通の子供達と同じく遊びとして洞 [続きを読む]
  • BTSには何故トイレがないのか
  • 結論から言うと実に簡単なんことで頭のない人が作った電車で人がトイレに行かなければならないということを考えていなかっただけで、それはエレベーター問題に現れている。マスコミで年寄りや障害者はどのようにあの山に登るようなホームに上っていけるのかと告発されやっとエレベーターを設置し始めたが歩道の半分以上を占めるBTSの建築物にエレベーターを設置する余裕はなく困っているようである。今回のトイレ問題が今になって [続きを読む]
  • 洞窟の13人はタイ北部の様式に従って得度
  • 7月24日にはメーサーイのワット・プラタートドーイワオにてタイ北部ランナー様式の????????????(招魂の儀式)が行われ、ワット・プラタートサーイムアンのルアンプークルーバーセーンラー僧により????????ナークになる剃髪式が行われ白い衣装に変えてワット・プラタートドーイワオで仏法修業をする。7月25日には朝の7時から得度式のためのナーク行列が洞窟近くのワット・プラタートドーイトゥンに向か [続きを読む]
  • 洞窟の13人 病院退院報告会
  • 7月18日に洞窟の13人は病院を退院してチェンラーイの役所で報告会を行った。子供12人、エークコーチ、パーク軍医、医者3人、新しいチェンラーイ知事と彼らと洞窟で付き添ったシールズ3人が参加して司会は元ネーション紙のスティチャイ、彼が選ばれたのはやはり報道関係の長老ということがあったのだと思う。その通りの巧みな進行で大変良かったと思うが、もう少し若い同じくネーション紙出身でタイラット紙にいるジョーム [続きを読む]
  • 洞窟の12人の子供を助けたエークコーチ
  • 洞窟の13人のうち25才の青年であるエークコーチ本名エーカポン・ジャンタウォンはタイヤイ族で小さい頃に両親が亡くなり、それからは10才でラムプーンにあるお寺で修行していたがシャン州にいるおばあさんの面倒を見るために還俗してムーパーサッカーチームのコーチとなり、現在でもおばあさんの面倒を見るためにタイとシャン州を行き来しているということである。これまではエークコーチの親族はシャン州にいるおばあさんと [続きを読む]
  • 洞窟の13人の救助法
  • South China Morning Postに載った洞窟の13人の救助方法で子供とAir tankをFlex stretcherに乗せて運んだ様子がよく分かる。救助期間中に洞窟からポンプで排出した水量を2億4,300万リットルと見積もってサッカー競技場で34mの高さになるとした絵である。 [続きを読む]
  • 13人のインタビューは控えるようにと首相
  • 洞窟の13人が無事に救出されたことで現地では引揚げと整理が行われている。首相の指示によるとできるだけ早い目に元通りにして水の問題に関しては重大な課題になる考えているということである。また13人が病院を出た後の報道の対応については、少年たちは報道への対応には慣れていないので彼らが元通りの学業とスポーツに専念できるように考えるべきだと注文をした。また世界中から来てくれた救助者については感謝状を送り、い [続きを読む]
  • 洞窟の13人の18日間
  • 洞窟の13人の救助18日間を振り返ってみた。おそらくであるがこの現場にいたのは約3,000人、かかった費用は分からず。タイはもちろん世界中が見つめたのは生命の大切ということだと思う。6/23 09:00 ムーパーサッカーチームはバーンジョン競技場で練習         午後には洞窟に入る     15:00 ルアン洞窟国立公園係官が洞窟前にある11台の自転車を発見して見に行くが見つからず。保護者に連絡すると子供に [続きを読む]
  • 洞窟の13人全員を無事救出
  • 洞窟内に7月23日から18日間閉じ込めたれていた13人は無事に洞窟から救出されチェンラーイの病院に搬送された。とにかく洞窟での救助がどれほど大変なのかと言われているが、困難だったのは洞窟の込み入った道もあるが、13人は自転車で洞窟まで来て歩いて洞窟に入っていったというのを忘れてはいけないと思う。雨が降り水が洞窟を防ぎ彼らは出ることができなくなった。当初からこの事実を的確に把握できる指導者がいて排水 [続きを読む]
  • TCブルードリーム社に捜査が入る
  • プーケットで転覆して犠牲者がでている事故で当初発表された乗客数と本当の乗客数の数字が合わず行方不明者の捜索に混乱が起こっている。夕方のニュースではフェニックス号の乗客数は89人で救助されたのが37人、犠牲者が41人、行方不明が11人ということであるがまた変わることがあるかもしれない。またフェニックス号の所有者であるTCブルードリーム社は中国人がタイ人を雇って設立したノミニー会社ということで、TCブルー [続きを読む]
  • プーケットの沈没船の犠牲者は41人で行方不明15人
  • 引き続き救出活動が続くプーケットの観光船の沈没での犠牲者は41人になり15人が未だに行方不明ということである。一方、プーケット警察では大雨と大波で転覆したフェニックス号とセレネター号の船長を操縦ミスで起訴しようとしているようだが、乗客がおもに海外からの観光客で証言が思うように集まらないようである。それとともに天候不順の状態で観光船の運行を許した船の持ち主とツアーの主催者の責任も考えているようである [続きを読む]
  • 救出D-デイ
  • 洞窟の13人を救出する本部の発表では、天気、水嵩、実行部隊、子どもたちの状態のすべてが整ったので8日10時から救出活動を始めたということである。昨夜降った雨は徐々に洞窟に迫っているのが大きな理由のようで、せっかく歩ける部分が増えた洞窟内が元の水嵩に戻るのを避けるようである。実行部隊は海外からの潜水専門家13人とシールズの潜水隊5人が一人の子供に2人が付き添い約5−6時間をかけて洞窟内を歩くか潜水す [続きを読む]
  • 洞窟前での新しい動き
  • 洞窟前では移転と整理が行われタイを含めた各国からの報道関係者が使っていたテント、テーブルや椅子また中継車も違う場所に移り始めている。現在のところ洞窟近くにいるのは救助隊と病院関係者に救急車13台ということである。また前日には内務大臣を含めた会議が6時間近くあり救出で新しい動きがあるようである。 [続きを読む]
  • 洞窟の救出に水中ドローン30台を投入
  • 13人の救出作業を続けている洞窟では雨が降り13人が避難しているナーンノムサーオでも水が増え救出が急がれている。一方今のところ考えられている潜水での救出法では洞窟内の構造をもっと詳しく知る必要があるようでテサラースペースエックス社が30台のドローンを洞窟に持ち込み調査を始めた。このドローンは水中でも動くことができ3次元の映像を見ることができ、13人が安全に出てこられるコースを探し出すようである。 [続きを読む]
  • タオ島のダイバーが救助活動に参加
  • 7月5日、タイのプーケットにあるヘー島の近辺で沈没したフェニックス号の死者は33人で23人が行方不明になっている。ヘー島周辺の海は水深が40mあり捜索が難航しているようで、スラータニーにあるタオ島で潜水を教えるダイバー13人が救援活動に参加した。13人のうち8人の外国人はインターナショナルダイバーで60mまで潜ることが出来ダブルボンベで長時間の潜水が可能だということである。 [続きを読む]
  • 洞窟の地図の制作者が救助隊に参加
  • “Thailand's Longest & Deepest Caves”という本でルアン洞窟を紹介したマーティン・エルリスと4人のチームが洞窟に到着した。マーティン・エルリスはタイの洞窟を紹介する英国人で2016年には水が浸かっていない洞窟を調査して地図を作った。現在、救助隊が使っている捜索のための地図は彼の地図で洞窟の最終地点には彼の名前がついている。そして洞窟の最終地点には大きな木が2本あり洞窟の上の穴と続いているのではないか [続きを読む]
  • タイのプーケットで船が転覆58人不明
  • 昨日の夕方、タイのプーケットで転覆したセレネター号には観光客35人、乗員5人、ガイド1人、カメラマン1人の42人で、そのうち海に落ちた40人は救助できエンジン技師1人と中国人観光客1人は不明である。一方フィニックス号は観光客93人、乗員とガイド12人の105人で観光客36人と乗員12人が救助されたがそれ以外は不明である。またロシア人2人のジェットスキーは漁船に救助された。現在のところ1人の死体が見 [続きを読む]
  • 南部のリボン島から来た洞窟専門家
  • タイ南部トランにあるリボン島にある洞窟でツバメの巣を採ることを職業としている8人は、洞窟のニュースを見て仲間からお金を集めてボランティアとして洞窟にやってきた。13人が発見されて今日は帰る用意をしていたようであるが、急に救助隊本部から洞窟に入る穴を探してほしいという要請があり飛行機をキャンセルしたということである。FBにのった彼らの写真を見ていると洞窟に入っていく時は普通の服の上に裸足で洞窟のプロな [続きを読む]
  • 洞窟の穴を使って救出
  • これまでの救出法で出ていたのは洞窟内を水に浸かり潜水もして救出するという方法であったが、いくら排水をしても水が入ってくるのか未だに天井まで水に浸かっている個所があり、子どもたちが潜水の練習をしても安全の確保が難しいと判断したのか、彼らがいる場所の近くにある穴を探して救出しようという新しい方法が出たようである。何日か前には北側にある水流をホースを使い洞窟とは違う場所に水の流れを変えるのは成功して、今 [続きを読む]