クラウド さん プロフィール

  •  
クラウドさん: 光のないセカイ
ハンドル名クラウド さん
ブログタイトル光のないセカイ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/zetsuboushikanai/
サイト紹介文絶望しかない
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 30日(平均14.9回/週) - 参加 2018/04/24 16:20

クラウド さんのブログ記事

  • 新卒者だけには売り手市場
  • 体力がないので事務系のバイトにおととい募集した。その企業の求人内容「アットホーム  週3日からok 誰でもできます。 曜日の相談も受け付けます 」などなど・・・・上記のような好条件を受けたが不採用理由はわかっている僕が中年の年齢だからだ。企業は若い人間しか... [続きを読む]
  • 誰とも会ってない
  • この2週間誰とも会ってない・・でもあまり寂しくないむしろ避けている僕はどっちかというとアツイ男(女)はキライ冷静で静かな人が好きだ [続きを読む]
  • 僕だけの場所
  • 遠い 遠い 場所に行きたいそこは綺麗な川が流れていて樹々には美味しい果物がある穏やかで静かで誰とも 争うことなく静かに 生きることができるそんな場所に僕は行きたい僕はもう誰とも話したくない [続きを読む]
  • 最近・・・
  • 体力の消耗が半端ないで、うつ病なので精神の狂いも半端ないなまじ健常者に見られるから誤解している人がいっぱいるがすさまじく苦しんでるんだよこの苦しみはうつ病の人にしか分からないだろう老衰してもいいかなもう・・・ [続きを読む]
  • 悲哀
  • 誰かと話すのは疲れた誰かと仕事をするのは疲れたお金もだんだんなくなっていく働こうにも仕事を拒絶している自分がいるもうだめかぁ・・・・ [続きを読む]
  • 8050問題
  • これって僕の事?・・・苦笑これから餓死者がたくさん出るだろうなぁ・・日本は働かない正確には働けなくなった人を助けてくれないからなぁ餓死は自分ではもう覚悟している誰も助けてくれない [続きを読む]
  • 職場までの道のり
  • 今は無職だから心配はないが毎朝、職場までの道のりは苦しかった「今日はどんな嫌なことがあるのか」「またムカツク奴と揉めるのか」「新たに覚えなければいけない業務があるのか?」「責任をまた押し付けられるのか」などなど休日も仕事の事を考えてしまうので休まらなかっ... [続きを読む]
  • 緑の樹
  • 緑はいい心を落ち着かせてくれる空はいい心を広げてくれるでも、仕事は何も心にくれない仕事に忙殺され人間関係で苦しむなら辞めたほうがいいそして国は助けてくれないからせめて誇りをもって自分の人生を肯定して山奥で一生を終えたい [続きを読む]
  • 会社員時代
  • 昔は、血気盛んだったので無能上司によく歯向かった僕のが正論だったので上司は引き下がったでも職場でケンカするといずらくなる・・結局、自分から辞める仕事を楽しいと思ったことは一度もなかったただつらかった [続きを読む]
  • 電車
  • 乗り物酔いをする僕が唯一乗れるものが電車だったガタンコトンという音がすきだったでも、今は乗れない1年に4回くらしか乗ってないどうしても乗らなければいけない時以外は乗ることができない・・・・ [続きを読む]
  • よく休めというが
  • 精神科でもカウンセラーでもなんでもいいが「今は精神的に疲れているので 休んでください」とよく言う。その善意はありがたい。でも、休めば就業していない空白の期間ができるそしてお金も入ってこないだから休みたくても休めないのであるでも、もう限界点だ体が動かないし... [続きを読む]
  • 今日で無職
  • 仕事はこの3年間で5回変えた・・・1回だけ人生はじめてクビを宣告された「失礼します」「すみません」「ありがとうございました」「お疲れさまでした」もうこの社交辞令は何万回と言った疲れた声が出ない誰にも会いたくない [続きを読む]
  • 無駄
  • 全て自分のしてきたことは無駄に感じるただ幸せをもとめて頑張ってきたのだがだめだった・・・・ [続きを読む]
  • ホームレス
  • 結構、真剣に考えていたりする都会でホームレスをするのでなく誰もいない田舎そこの田舎で、できれば誰とも会いたくないでも、どうやって生きていけばいいかわからない・・・山奥に住んでみたいまぁ、多分すぐに死ぬかもだけど [続きを読む]
  • いっぱい勉強はした
  • 僕なりに勉強したでもそれって仕事で有利になるための勉強であって本当の意味での勉強ではないと思うだから何のために勉強しているのか分からなくなっただからサラリーマンは辞めた本当は自分の好きな勉強をしたい世の中の事をもっと知りたいでもそれができない現実・・・ [続きを読む]