kazuyoshisan さん プロフィール

  •  
kazuyoshisanさん: 雑読書、フットサル、獣医でお父さんのブログ
ハンドル名kazuyoshisan さん
ブログタイトル雑読書、フットサル、獣医でお父さんのブログ
ブログURLhttp://dokusyojuuisyoukigyousyatyou.hatenablog.jp/
サイト紹介文読書とフットサルと人生相談が趣味の獣医です。毎日の出来事や思った事などを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 24日(平均13.4回/週) - 参加 2018/04/25 00:13

kazuyoshisan さんのブログ記事

  • 立川にはかなりの味がある
  • 全国の皆さんは、東京都に23区外の地域があるのをご存知でしょうか?東京都ではなく、埼玉県でもない。時に多摩県とも揶揄される地域です。私は一番最初に立川を訪れた時、とても大きな失敗をしました。それは、西武立川駅で降りてしまったことです。立川駅近辺では、様々なデパートが立ち並び、とても充実しています。一方、西武立川駅近辺は閑散としています。そんな事実を知らなかった当時の私は、立川も西武立川も近くでそん [続きを読む]
  • 命や魂や思いは、ある
  • 人の生と死を扱った本にとても興味深いことが書いてありました。ラットを用いた研究の内容です。生きている時と死んだ後の体重を比較すると、とっても微妙なのですが一万分の一だけ、体重が減ったという報告があるそうです。ところで生物からは常に水分が失われています。これを蒸散といいます。具体的には、汗をかいたたり、唾液などから水分が失われていく現象です。当然体重は減ります。最初にこの記述を読んだときに、私 [続きを読む]
  • 彼は銀座に行っているのだろうか
  • 銀座でママをやっている著者。ホステスの給与や仕事にかかる経費、お客さんがお店で飲んだらかかる費用などを丁寧に書いてくれています。ホステスの階級にはいくつかあります。まずはヘルプで本人の売り上げはありません。そして売り上げが月に百万円に届くようになったら、売り上げホステスと呼ばれます。さらに売り上げがあがると、ナンバーになります。ナンバーワン、ナンバーツー、ナンバースリーなどと言うアレです。そして [続きを読む]
  • 上手い迷惑メール
  • ここ最近、迷惑メールが多く届いています。当然全て、開いて読まずに捨てています。・ 8億円当選おめでとうございます。・融資の審査が通りました。早急に300万円を送りたいので、口座番号教えてください。・久しぶり! アドレス変えました。連絡下さい。とまあ、こんな具合でとても読む気になれません。どれも怪しさ満点です。そんな中、少し目を引く迷惑メールがありました。これあなたですよね。↓http: //www 〇〇〇〇 [続きを読む]
  • 一ヵ月以上ぶりの再会
  • 「今日は何を着て行こう?」普段洋服を選ぶときは、そんなに悩んだりはしません。しかし、一ヵ月以上ぶりの再会を思い、靴下から上下の着る物や靴にまで何にするかをワクワク楽しみながら選んでいます。仕事が終わってからの再会を思うと、仕事の最中でさえ胸が高鳴ります。しかし、それを何とか抑えつつ集中して仕事をして行きます。すると不思議な事にいつもよりも良い仕事が出来たりします。精神的に良い状態だからでしょうか? [続きを読む]
  • 最愛の相手に捧げられる物がありますか?
  • ある作家さんの奥さんが体調を崩して病院にかかりました。その結果、余命数年の状態であることがわかりました。それを知った作家であるご主人は、毎日一話、短いお話を奥さんのために書くことに決めました。それもただ奥さんのために書くだけではなく、作家として読者に対してしっかりしたお話を書こう、つまりちゃんとした作品を書こうと決意して創作を始めました。そうしてできた作品集です。帯を見て、泣ける本なんだろうなと [続きを読む]
  • 10年後の仕事図鑑
  • これからAIなどによって、世の中はどんどん変わっていきます。仕事も経済も、もっと言うとお金だって国家そのものだって変わっていくのではないかと思わされる内容でした。さてこれから10年後、新しくできる仕事、機械に置き換わってなくなる仕事、今ある状態から形を変える仕事、などが書かれています。未来は、やらなければいけない仕事が減り、自分たちが好きなことどんどん出来る様になっていきます。そのため、好きなことや [続きを読む]
  • おとな観察図鑑
  • 私は自分が典型的な会社と言う組織に所属したことがないので、とても興味津々でこの本を手に取りました。ネクタイをしてスーツを着てさっそうと会社に向かう、大勢の人が集まって会議をする、プロジェクトチームを立ち上げ仕事をする、などに憧れがあります。さて、こちらの大人観察図鑑は、いわゆる典型的な会社で見られる様々な人たちの生態を紹介した本です。パパとそれを取り巻く会社の人たち。その絡みを息子の視点から説明 [続きを読む]
  • 高校受験の面接が人生の転機だったかも知れない
  • 現在私は動物病院で獣医として働いています。犬や猫やウサギや鳥やハムスター、時にはハリネズミやフクロモモンガやチンチラなどの診療を行っています。時には噛まれ、はたまたオシッコをかけられ、挙句の果てに動物からは嫌われたりして、少し悲しい事もあります。それでも!ずっとなりかった職業について、やりたかった事を日々出来ているので、とても充実しています。何だったら毎日昔からの夢をかなえ続けているので、とても恵 [続きを読む]
  • 心理学が板についてきたかも?
  • レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらかドリル形式で書いてある心理学書です。二択や三択で問題を解いていきます。例えば、男性の似顔絵が書いてあり、ABC 3人の女性の似顔絵も書いてあります。この中で誰が男性の奥様かを答えるという問題。また、3人の女の子が書いてあって、この中でどの子がクラスで一番の人気者かを答える問題などです。自慢ですが、ほとんど正解でした。実は私は仕事のため、動物医療の事だけではなく、 [続きを読む]
  • Touch IDを使えないという職業病
  • iPhoneを使おうとした時に、指紋を全く認証してくれずTouch IDを使えないと言う現象がおきました。なぜだろうと思いながら、何回もやり直しました。しかし、結局全く認識されず、パスワードを入れて使用しました。そういえばボタンに置いた中指がズキズキすることに気がつき、昨日のことを思い出しました。1日最後の診療で、デグーと言う動物を診ました。もともとは温厚な動物なのですが、その子はとても気が立っていました。 [続きを読む]
  • 大人の男
  • ある著名な作家さんが、その著作の中で「大人の男は10人中1人か2人くらいしかいない」と言っていました。先日、娘の小学校の先生が、あまりにえこひいきをしたり担任のクラスがうまくまとめられないため、児童の母親から苦情を言われたらしいです。その時の態度もあまりよろしくなく、苦情を言った母親はさらに不満を募らせたと言うことです。担任の先生は新卒なので22〜23歳のはずです。今の社会ではその年で大人の男になって、 [続きを読む]
  • 億男を読みました
  • 主人公がお金について、とても深く考えるという内容の本でした。この本には何人もお金持ちが出てきます。その人たちはたくさんお金を持っていますが、有効に使うことが出来なかったり、使い道に困ったりしています。そのため、お金を持っているのに持っていないのと変わらないような暮らしをしています。そして必ずしも幸せそうには見えません。見ようによってはお金がもったいないような気もするのですが、人はまとまった額の [続きを読む]
  • 最後の恋
  • 最近はもっぱらビジネス書ばかり読んでいたので、久しぶりに読んだ小説です。様々な作家さんによる短編集。老夫婦が、実は小さい頃から運命的な出会いをしていたと言う話。高校生の元気な男の子とシャイで大人びた女の子との、不器用で切ない恋愛の話。家族から反対されて、世間的な幸せは手に入れられないとわかっている男女の話。数日後に同棲している部屋から出て行くため、荷物の整理をしている男女の話。過去の恋愛で立ち直 [続きを読む]
  • メンバーのメンディー
  • 「山口達也さんって、メンバーって名前だったんだ!」スマホを見ていた妻が、急に大きな声をあげました。どうやら、今話題となっているニュースを見ていたようです。TOKIOのメンバーの山口達也さんが、事件を起こしてしまったと言うものです。通常だと容疑者と言う言葉を使うのでしょうけど、職業柄イメージが大切なため、このような言い回しになっているのだと思います。メンバーって、確かに聞きなれないし、よくわからない名称で [続きを読む]
  • 同じものを見て同じ音を聞いているのに
  • 西加奈子さんの文章で、ある若い年代の頃はオノマトペで溢れていた、というような物がありました。ガラガラ、さらさら、ツンツン、グワーッ。確かに自分にも覚えがあります。北海道に住んでいた、学生の頃です。キャンプで横になって夜空を眺めていたときに、ヒューッと言う音とともに流れ星が流れていったこと。たまに行くカフェの店員さんはツンツンしていたし、冬は雪がしんしんと降っていました。雪が降っていなくて人も歩いて [続きを読む]
  • オシャレ過ぎるのも困りものかも
  • 先日、とても素敵な雰囲気のお店に行きました。食べ物も飲み物も美味しく、緩やかで優雅な時間を過ごしました。さて、そんなに素敵なお店ですが、1つだけ困ってしまったことがありました。それはトイレがおしゃれすぎたことです。お店はトイレの中も素敵な雰囲気でした。壁や床がキレイなだけでなく、照明も明るすぎず暗すぎず、ふわふわとした心地よいBGMが流れていました。さらには便座までシャープなデザインで、トイレの時間 [続きを読む]
  • 受刑者の出所
  • 「出所者の現実」と言うルポを読みました。それによると受刑者の報奨金は時給5円から10円。数年間受刑して出所時には数万円の所持金のみになるそうです。受刑者は幼少期にきちんとした教育を受けられなかった人が多いそうです。そのため、学力が低かったり資格や働くための能力を欠いています。そんな人たちだから、犯罪を犯してしまう。そして、捕まってしまう。出所した後に受け入れてくれる人がいなければ、再犯を犯して捕ま [続きを読む]
  • ほぼほぼなんて95%言わない
  • 違和感を覚えています。ここ数年で耳にするようになった言葉。「ほぼほぼ」話し言葉だと思うので、こうして文字にするとさらに強めの違和感が。元来ほぼ、と言っていたところをほぼほぼと言っているようです。ほぼと違うのは意味がもう少し強いという事らしいのですが。ほぼ   → 95%ほぼほぼ → 99%ある資料では、上記のようなイメージだと解説されていました。宿題は、ほぼ終わった / 宿題は、ほぼほぼ終わった [続きを読む]
  • 離れてから一ヵ月
  • 逢えなくなってからもう一ヵ月。とても辛いけど、全て私のせいなのですよね。あの時私が軽はずみに一歩足を踏み出してしまったから。簡単には癒えない傷を負ってしまった。私が踏みとどまっていたら、こんな事にはならなかったかも知れない。でも、あの時はああするしかなかった。そして私はその選択に後悔はしていない。傍から見たら「もっと自分を大切にして」と言われてしまうのだとしても。さて、フットサルの大会でボールを [続きを読む]
  • 商店会長としての初仕事
  • 商店会長としての初めての仕事が入りました。スーツケースを2年間保管すると言うものです。前会長から引き継ぎをされたのですが、ご覧の通り怪しい代物です。中身はなんですか、と聞いてみたら「書類です」しかもたいした物では無いというお言葉。なんとも不思議な気持ちで中をあらためてみました。そうすると、15年前の領収書や10年前の会議の出欠表など、いらない書類しかありませんでした。あと、なぜかホッチキスが入ってい [続きを読む]
  • 犬や猫を何と呼んだら良いかという話
  • 動物病院で働いていると様々な動物が連れて来られます。そして犬、猫、兎、ハムスター、鳥、などです。かなりの愛情を持って大切にしている方は多いです。どれくらい大切にしているかと言うと、「ウチの○○ちゃんは、犬では無いんです」とか、「人の言葉を完全に理解しています」とか、目に入れても痛くない様子です。子育てが終わっている方はしばしば「実の我が子よりも可愛いです」などとおっしゃいます。そんな方々とお話しす [続きを読む]
  • 何弁当にするべきか、それが問題だ
  • 日々の昼食は近所のスーパーで売っているお弁当を食べています。から揚げ弁当肉みそ炒め弁当茸ご飯弁当海鮮チラシ丼ミニ天丼三元豚カツ重これにカレーフェアの曜日はキーマカレーポークカレー黒豚カツサンドも魅力的ですが、お値段が・・・。ブリ照り焼きも筍ご飯弁当も美味しいのですが、お値段が・・・。本当に美味しいのですけどね。スーパーのコンセプトが少し私の感覚よりも高級志向なのです。本当に美味しいのですけど [続きを読む]
  • リーダーの種類は四つ
  • 最近読んだ書籍にリーダーには4種類ある、という事が書かれていました。やる気と能力の有る無しによって分類しています。さて、一番駄目なリーダーはどんなタイプでしょうか?とっさに思いつくのは「やる気も能力も無いリーダー」ですよね。その本の答えはこうでした。「やる気があって能力が無いリーダー」納得してしまいました。理由は、私が現在関わっているプロジェクトのリーダーが、正にこのタイプだったからです。こん [続きを読む]
  • 新年度からの仕事たち
  • 新年度になりました。動物病院は四月からが忙しくなる傾向にあります。そんな中で新たな仕事をする事になりました。①商店会の会長②獣医師会の庶務どちらも立候補はしていません。出来ればやりたくない仕事、と言って良いかも知れません。が、折角やるからには何かを得られるはずなので、楽しんでやるつもりです。 [続きを読む]