k_ht さん プロフィール

  •  
k_htさん: The Journey
ハンドル名k_ht さん
ブログタイトルThe Journey
ブログURLhttps://eyoimork.blogspot.jp/
サイト紹介文京都大学経済学部。ソロツーリングの記録など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 122日(平均3.9回/週) - 参加 2018/04/25 14:06

k_ht さんのブログ記事

  • 立山
  • ずっと行きたかった立山黒部アルペンルートへ。今回は富山側(立山)からのアプローチ。紅葉シーズンとはいえ平日だし空いてるでしょう…と高を括っていたら外国人&シニア層で想定外の大混雑…。黒部湖までの往復きっぷ(¥10790也)を買ったものの約1時間後のケーブルカーまで空いていないという事態。。(アルペンルートは最初のケーブルカー(立山駅〜美女平)のみ時間指定を受ける必要アリ)駅前で時間を潰していざ出発。なお [続きを読む]
  • 白山
  • 「とにかく山頂に立ちたい」でガスと雪のなか駆け登ったあの日のリベンジ。今度はちゃんと景色も見たいと思って、破れるほど天気予報を見つめて日程を合わせる。ベストタイミングの紅葉も見れるんじゃないかとワクワクしながら…。の前にまずは美浜の海へ。敦賀まで来たついでに同週の月曜日に放置していってしまった停車時用のかまぼこ板を回収。市ノ瀬ビジターセンター周辺は早くも落葉気味この日もまたビジターセンター直下の野 [続きを読む]
  • 水晶浜
  • 今年は、夏の始まりも夏の終わりも、美浜の海が教えてくれました三連休最終日、パラパラと海水浴客の姿も岩の中にある祠へ、少し遅くなっちゃったけど就職活動のお礼参り青くて高い空に感謝雲のお陰でこれ以上なくドラマチックな夕陽だったベアリング交換から帰ってきたvtくん ようやく夏の冒険が終わった実感を得る燃えるように赤い空太陽の沈んだ西の空を眺める…風を浴びると寒く、いつの間にかすっかり秋になっていたんだなと [続きを読む]
  • R"59" きっとまた旅に出る
  • "59"日目。夏の冒険のダイジェスト版です。2018年8月8日 道道106号線(日本海オロロンライン)ーーーーーーーーーー0日目「夏休みがはじまった」1日目「出発」 7/21 617.0キロ2日目「ラスボスは関田峠」7/22 292.2キロ3日目「熱帯夜」 7/23 422.7キロ4日目「白鴎ラプソディー」7/24 294.6キロ5日目「佐渡にアルプス!?」7/25 103.1キロ6日目「ワインディングが止まらない」7/26 369.1キロ7日目「一週間がたった」7/27 451 [続きを読む]
  • EXTRA R55 先輩とイージー★ライダー
  • 55日目。ついに京都(げんじつ と読む)に帰る日がやって来てしまいました。『イージー★ライダー』は想像と実際がかけ離れてた映画ナンバーワン。?????西の方から青空が広がってきそう なお目指すのは東の方角三保の松原 しれっと世界遺産 松原越しに富士山がバッチリ見えない大崩海岸経由で御前崎まで南下 この辺りから青空に追い付いてもらえて、一気に暑くなるなぜか大荒れだった太平洋何と!実は今日は初めての複数人ツ [続きを読む]
  • EXTRA R54 蘇生
  • 54日目。深夜のキャンプ場でテンション上がっちゃった民のおかげで無事3時半起き まあ雨雲が近付いてたしちょうどいいかとテント撤収 真っ暗な山道を下りていく長谷の道の駅で雨宿りすることにした何とダラダラしてるうちに3時間近くここで過ごしていた おかげで少しだけ雨足も弱まり 南アルプスに沿って再び南進開始極低層の雲によって鉄塔だけ見えてたのはちょっと幻想的で良かった聞いてないよ〜 仕方ないのでR153方面まで一旦 [続きを読む]
  • EXTRA R53 女神の見えざる峰
  • 53日目。上洛開始。雨に打たれながら甲州裏街道へ 昔、まだ24インチのママチャリが翼だった頃、さいたまからヒイコラ言いながらやって来た奥多摩駅 あのときは尋常じゃない達成感だったけど バイクだとあっさり着いてしまう雲取山の登山届を出せるらしい小河内ダムと奥多摩湖道の駅たばやまで小休止 14日は晴れると聞いて出発日にしたのに どうしてこうなったR411は大菩薩嶺をぐるっと囲って甲州街道方面へ 柳沢峠付近は着込んでい [続きを読む]
  • R52 遠すぎた京浜(第Ⅲ部・完)
  • 52日目(9/12)。2日開いちゃったけどこれで東日本の行きたいところは一応全部制覇。でも埼玉から京都に戻るのにもう少し時間がかかります。養老渓谷は袋田と同じでパーキング地獄だったのでスルー気味 紅葉のタイミングで来たら凄そう紅葉シーズンと比べて人が少ないのは幸いか粟又の滝だけ見ておく 展望台のところに停められそうだったのでバイクはここに置いて下へなかなか迫力がある 別名は養老の滝 渓谷からは南に数キロ進ま [続きを読む]
  • R51 お金を払ってがんばった
  • 51日目。埼玉滞在1日目。明日は天候が良好とは言えなさそうなので実家でゆっくりすることになるでしょう。更新もしない予定です。おニューのタイヤを履いて帰ってきたよvtくん 深い深い溝に頼もしさを感じる 毎度車体も綺麗にしてくれて…本当にありがたやフロントもいい感じもう全身が限界に来てたvtくん ここで諸々総取っ替えして京都までの道に備える …一体おいくら万円したんでしょうかねぇ(吐血)せっかくなのでタイヤの慣 [続きを読む]
  • R50 あとには退けない冒険です!
  • 50日目。50日目!4時起きで八溝山行く算段はどこへやら…爆睡二度寝かまして6時頃に動き始めたキャンプ場の駐車場にて やたらvtくんに関心をもつ黒野良猫がいたスリスリし過ぎよ大子の道の駅で小休止 早くもガルパン聖地を感じるここの幟はみほ・華さん・秋山殿の3人という不思議なチョイス わたくしは華さん推し時間潰しに袋田へ 駐車場にお金払うとか絶対嫌だし往復3キロ歩いたるわ!と息巻いて行ったら結局入場料取られると知っ [続きを読む]
  • R49 渚 / Better Than Revenge
  • 49日目。ついに関東へ。雨音に目を覚まされてそのまま急転直下の予定変更。そもそも磐梯吾妻スカイラインの浄土平から北が走れないのを忘れていた。磐梯山はじめ、福島の山々はまたの機会に… ということで蔵王から亘理へ 一気に海側に出てしまうことにする(土下座神社…もとい白河神社もまたの機会に)何やら城っぽい派手な建物を見つけた何と 亘理駅だった正確には駅舎オンリーではなく むしろ駅に隣接する図書館と郷土資料館の [続きを読む]
  • R48 全分、青い。
  • 48日目。少しお寝坊して7時過ぎにホテルを出発 すっきり青い空に気分も上がる厳美渓 一応寄っておいた2008年の内陸地震で崩壊した祭畤大橋地震最大加速度なんてのは知らなかった 奇しくも今朝北海道で大地震が発生したばかり ほんの1週間前まで旅していた北海道で…今年の日本はどうなっちまったんだ…祭畤大橋は崩落した部分のすぐ手前まで見学可能 波打つコンクリート 見学ルートの横から既に地震の恐ろしい爪痕が残るもし運転中 [続きを読む]
  • R47 不屈の花
  • 47日目。雨が上がるまでホテルで待機 陸前高田に着く頃にはすっかり快晴になった陸前高田から一気に津波被災地の色が強くなる(1枚目の写真にクレーン車が多いのも復旧工事のため) 中を蹂躙された鉄筋の校舎やアパートがそのまま残っていて、道路にもいくつも被災の跡が残るもっと近くから見たかった、奇跡の一本松大谷海岸の道の駅から穏やかな海を眺める 前を走る線路はもう7年も使用されていない青くて高い空夏っぽい雲を追い [続きを読む]
  • R46 青くなったり 白くなったり
  • 46日目。まさか太陽に起こしてもらえるとは思ってなかったよ というキャンプ場 じゃなかった道の駅の朝 天気予報が嘘のように青空少し北に足を伸ばして普代水門へあの日、津波をはじき返した奇跡の水門それでも最大波高はこの15メートルの水門を越えていたという道路のとこから遡上しちゃうんじゃ?! なんて浅い考えでいたら災害時にはこの部分が閉まるそう黒埼展望台から ヤマセと呼ばれる海霧が陸地にすり寄ってきていい感じ黒 [続きを読む]
  • R45 ハヤチネ
  • 45日目。早池峰登山。夏の四天王(鳥海山・利尻岳・羅臼岳・早池峰)最終第四座。久しぶりの4時台起床 目を擦りながら空を見上げると綺麗な朝焼け こりゃあ山も期待できちゃう!?r25の宮古遠野の境にあたる小田越 ここが早池峰登山の出発点 峠周辺は駐車禁止のロープが張り巡らされている峠から少し下りたところに路肩駐車スペースがあるシンプルに小田越と山頂の往復コース(小田越コース)を行く05:40入山 どうやら今日の早池峰 [続きを読む]
  • R44 約束
  • 44日目(9/2)。朝は6時過ぎにキャンプ場を出発 快晴を信じてたのにすっぽりガスの中の岩手山R46から仙北市側へ。 Are you ready? 空が青く高くて〜♪ こんな何でもない風景も青空ってだけで特別な感じがしちゃう秋田駒ヶ岳 本気で登ろうかと思ったスケジュールを考えてここでの登山は断念 日本一の水深を誇る田沢湖へ「潜窪」…これは知らなかった けどこういうのめっちゃ好き青空を映す田沢湖 緑とのコントラストも良さ湖畔の周 [続きを読む]
  • R43 乱数調整その2?
  • 43日目。6時過ぎに鹿角花輪の道の駅を出発 よくよく見てみるとなかなか面白い場所で野営してた久々に晴れた朝が嬉しくて写真を撮りまくる 朝特有の低層の霧もいつだったかの南会津を思い出して嬉しいこれは聞いてないぞ…どうすんだ明日…今日のうちにワンチャンを…と期待してアスピーテラインへ(代わりに田沢湖を明日にまわした) 残念!よくガスっている!なにもみえませぇ〜ん!楽勝登山で有名な八幡平、時間もかからないし試 [続きを読む]
  • R42 雲の進軍 ―やはり…これは八甲田―
  • 42日目。十和田湖畔を発って朝の奥入瀬へ こんな時間(6時過ぎ)でもそこそこ人がいた銚子大滝 今日はシャッタースピード速め車通りが少ない朝のうちにいろいろ見尽くそうという算段木々生い茂る緑のトンネル道 時間帯・天候などによって表情を大きく変える道が好きだけども、こういう「いつ来ても同じです!等しく楽しいです!」っていう道も悪くない というかそっちの方が珍しいか雲井の滝 with vtくん奥入瀬川からもやもやと川 [続きを読む]
  • R41 素晴らしき尻屋、人生!
  • 41日目。復路本州編スタート!昨日「君が思い出になる前に」に乗せて晴れを祈ったのが通じたのか、GH出る頃にちらりちらりと青空が見え始めた函館嘘でしょ…?嘘だと言ってよ…(絶望)道内ラストにしておそらくこの旅ラストのセイコーマート 函館港町店にチェックイン雲をかきわけて太陽光が届いてくる いい感じ往路乗船便の折り返し便(09:30函館発)に乗って大間を目指すバイク多め みんな自走頑張るなぁ…さよなら北の大地…ま [続きを読む]
  • R40 冷たい風に吹かれながら (第Ⅱ部・完)
  • 40日目。長かった北海道編も今日が最終夜。明日からは25日ぶりの本州編(後編)。曇り空の道南を下っていく 室蘭の雨は夜半に止んで、幸いテントへの被害は少なかった大沼公園から駒ヶ岳へ七合目まで(五合目から七合目はダート)バイクで登れるカメ… 山登り好きか?駒ヶ岳は火山なので山頂(剣ヶ峯)には立ち入り不可 一般登山客は途中の馬ノ背までしっかり書いていこうやたら地学の地層分野の学習に力を入れられていた高校の頃 [続きを読む]
  • R39 もぉ、やだ‼
  • 39日目。R453支笏湖沿岸部を進んでいく 昨日に引き続いて死んだ空模様なので楽しくない喜茂別・京極からニセコへ ニセコアンヌプリも羊蹄山(画像)も雲の中…見えない羊蹄山8/6「輝く未来をキミと見たいから」の時にこんなことを書いてた リベンジねぇ…結局あの日の方がよっぽどよく見えたわけでござんした道の駅の展望台から洞爺湖を眺めるサイロ展望台 人が多くて敵わん敵わん…チキウ岬の少し手前、チャラツナイ展望所から奈 [続きを読む]
  • R38 ようこそ札幌へ!
  • 38日目(8/27)。ライハ周辺は晴れてたのに勇んで支笏湖周辺来たらドン曇りですよぉ 最高かよぉ 他に選択肢もないので樽前山登山スタートここは支笏洞爺国立公園七合目駐車場から登り始めて数分、支笏湖の展望が良い地点に出る登山客が多い山なので道もよく整備されてる西山と東山の分岐点 ここまでヒュッテ(七合目)から20分ほどまずは樽前山の最高峰である東山へそのまま外輪山一周コースへ 案の定ガスまみれなので眺望はほぼ無 [続きを読む]
  • R37 May the horses be with you (featuring with ゴールドシップ・グラスワンダー)
  • 37日目。低気圧の去った道央は低高二層の雲が青空に散らばっていた 晴れそうな予感r15で太平洋沿いへ 道路脇すぐそこで放牧されてるとビックリする広尾駅駅舎跡…があったはずなのだが 跡形も無くなっていた駅舎南側の駐車場ってそもそも駅舎が無いよぅ 一昨年は確かに駅舎残ってたと思うんだけどなぁ…広尾駅・広尾線はかつて国鉄隆盛の頃、日本全国一筆書き最長片道きっぷのスタートを飾る駅・路線だったのだ鉄道記念公園って言 [続きを読む]
  • R36 DAY「どん底」
  • 36日目。今日はどんな写真を撮ったかな〜?ってSD開いたら5枚くらいしか撮ってなくて笑った そんな雨との闘い、ほぼ移動オンリーの1日でした(昨日もそんな感じだったような…)今日はどこ行っても雨かぁ とのんびり支度してたらギリギリ堪えてた旭川も降り始めてしまう始末 レインウェアにザックカバーにフル装備で出陣余裕あったら丘巡りでもしよかな〜と悠長なことを考えてたけど、冷たい雨に打たれて全くそんな気持ちにはなら [続きを読む]
  • R35 ひとつ ふたつ みっつ よっつ 色を重ねれば
  • 35日目(8/24)。秘技!画像使い回し! 客車型ライハは8時前に出発 快適すぎてほんとに無料なんて信じられないところだった北海道の鉄道って廃線が多いのもあってあまり詳しくなかったけど、こんなとこにも線路が通ってたんだなぁ と思ってみてたら廃止になったのはめちゃくちゃ昔だった よく残してるなぁと感心足寄のホクレンで遂に緑フラッグを獲得し、無事4色揃い踏み 前日に標津のホクレンに寄ったときはもう売り切れてたので [続きを読む]