木村嘉代子 さん プロフィール

  •  
木村嘉代子さん: モロッコ美容あれこれ
ハンドル名木村嘉代子 さん
ブログタイトルモロッコ美容あれこれ
ブログURLhttp://bien-etre.site/
サイト紹介文天然素材を使った手作りコスメのレシピなど、美容大国モロッコの美容の情報と魅力を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 206日(平均7.6回/週) - 参加 2018/04/25 19:35

木村嘉代子 さんのブログ記事

  • ハーブのローションでオイリーヘアの抜け毛対策
  • 抜け毛は、髪の毛というより、頭皮の健康状態に関係しているそうです。過剰な皮脂の分泌も、抜け毛の原因になるといわれています。頭皮がベタつきがちであれば、皮脂分泌を調整する作用のあるハーブで抜け毛対策をしょう。今回は、オイリーな頭皮向けのお手入れ法を紹介します。乾燥した頭皮の抜け毛対策はこちらです。血行を促進させる頭皮のマッサージは、栄養素を頭皮にいきわたらせ、髪の成長をうながす効果があります。ネトル [続きを読む]
  • 塩レモンとアルガンオイルでネイル&ハンドケア
  • モロッコの調味料として話題になった塩レモン。この塩レモン手浴が、荒れた手をすべすべにするって、知ってました?塩レモン手浴1リットルのお湯に、あら塩(100g)とレモン汁(大さじ1)を入れ、手浴するだけ。最後にアルガンオイルをつけて仕上げます。1日の仕事が終わった夜のお手入れに、ぜひ。ちなみに、塩レモンですが、「モロッコ料理によく使われる」と聞き、「何だっけ?」と思い出してみたら、確かに「レモンの塩漬け」 [続きを読む]
  • オートミールで傷んだ肌を癒して透明感をアップ
  • 栄養満点のオートミールは、食べるだけでなく、スキンケアとしても優れものです。オートミールは、かゆみや皮膚の炎症を抑え、肌を清浄する働きがあるといわれています。オートミールの美肌効果は、こちらも参考にしてください。オートミールに美肌効果が! 糖化と酸化による肌老化を防ぐまた、オートミールの原料であるオーツ麦は、更年期の症状を軽減する働きもあります。モロッコ美容でも、オートミールは大活躍。今回は、乳液 [続きを読む]
  • モロッコ流のメロンの手作りコスメで美肌作り
  • 個人的には苦手で食べないのですが、メロンはビタミンA(カロチン)とビタミンCを含み、抗酸化作用で知られています。美容効果もばつぐんで、特に乾燥肌をうるおす働きがあるといわれています。チュニジアの女性たちは、スペイン産メロンの果肉をつぶしたてパックにして、水分補給するといいます。今回は、メロンと牛乳を使った、ローションとパックを紹介します。メロンと牛乳の保湿ローションは、ペルシャで古くから伝わるコスメ [続きを読む]
  • モロッコ流の米ぬかスキンケアでツルツル肌に
  • 糠(ぬか)は、穀類を精白したときに出る外皮。米の糠は「米ぬか」、小麦は「小麦ふすま」、オーツ麦は「オートブラン」と呼ばれています。モロッコ美容では小麦ふすまを、天然素材スクラブ(ゴマージュ)や毛穴の黒ずみを解消するパック、クレンジングローションなどに使いす。小麦ふすまは、ミネラルが豊富で、ビタミンEやビタミンB群といったビタミンを含み、肌の新陳代謝を促進し、血行を良くする作用があるといわれています [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く“美容”(9)
  • 前回のつつきです。12歳になったアジブは、祖父シャムセディンと母セット・エル・ホスンとともに、父ハサン・バドレディンを探しにバスラへ向かいます。しかし、ハサンの母親から、息子は姿を消したと知らされます。一向はエジプトへ戻るのですが、途中、シリアのダマスカスに宿泊します。ここでアジブは宦官をともない、スーク(市場)のなかの菓子屋に立ち寄ります。それはまさに、父親のハサン・バドレディンの店でした。息子と [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く“美容”(9)
  • 前回のつつきです。12歳になったアジブは、祖父シャムセディンと母セット・エル・ホスンとともに、父ハサン・バドレディンを探しにバスラへ向かいます。しかし、ハサンの母親から、息子は姿を消したと知らされます。一向はエジプトへ戻るのですが、途中、シリアのダマスカスに宿泊します。ここでアジブは宦官をともない、スーク(市場)のなかの菓子屋に立ち寄ります。それはまさに、父親のハサン・バドレディンの店でした。息子と [続きを読む]
  • モロッコの希少ウチワサボテンオイルで肌を潤す
  • アルガンオイルにつづくモロッコの優れオイルとして注目されている、ウチワサボテンオイル。オイルは、この実の中の小さな種から抽出します。年に1回しか実が採取できず、種に含まれる油分はたったの5%ほど。1リットルのオイルを抽出するのに必要なサボテンの種子は、約8トン(約100万個)!しかも、手作業の工程も含まれるため、オイルができあがるまでには相当の時間がかかるのです。ウチワサボテンオイルが高価なのは、そうし [続きを読む]
  • モロッコ美容の植物(103種)一覧
  • モロッコ美容で用いられる103の植物の一覧表です。アイブライト : 眼のトラブル解消と毛穴引き締めアイリス : 根茎オリスルートには美白効果も?アグリモニー : 余分な皮脂を排出し毛穴すっきり赤ブドウ : 足のむくみを解消する強い味方アニス : 炎症を鎮めて傷んだ肌をなめらかに亜麻 : デトックスと保湿効果で潤うなめらか肌にアルガン : オイルで全身きれいにパワーアップアルニカ : 目の下のクマやむ [続きを読む]
  • モロッコが美容大国といわれるワケ
  • 自然の恵みを大切にし、自分の体と心に合わせてケアするモロッコ美容。このモロッコ美容は、アラブ地域で受け継がれているアラビアンビューティーのひとつです、「アラビアンビューティー」という言葉は耳慣れず、どんなものなのかピンとこないかもしれません。肌や髪のお手入れは、韓国垢すりやタイマッサージといった「アジアンビューティー」など、それぞれの文化圏によって多様な方法が根づいています。アラビアンビューティーの [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く“美容”(8)
  • 前回に引き続き、「大臣ヌーレディンとその兄大臣シャムセディンとハサン・バドレディンの物語」です。ハサン・バドレディンとセット・エル・ホスンは出会った瞬間に恋に落ち、ジニー(魔神)の計らいで、その夜結ばれます。しかし、このジニーは、イフリータ(女鬼神)にハサン・バドレディンを昔住んでいたバスラへ連れ去るよう告げます。イフリータは寝ている下着姿のハサンを肩に乗せて、飛び立ちましたが、途中のシリアのダマ [続きを読む]
  • オイリー肌を整えるハーブの手作りローション
  • オイリー肌をすっきりさせ、保湿するハーブのローションはこちら。ミントのローション鍋に水(250ml)とミント(20g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分ほどそのままにします。冷めたら茶こしでこして、容器にうつします。ミントの煎じ液を湯船に加えて入浴すると、活力が与えられ、器官が強壮されます。セージとフェンネルのローション鍋に水(250ml)、フェンネル(10g)とセージ(10g)を入れて沸騰させ、火を止めて15分ほどそ [続きを読む]
  • ビール酵母で皮脂量を調整して透明感のある肌に
  • ビタミンやミネラルが豊富なビール酵母とガスールのパックは、皮脂や水分バランスを改善させます。ビール酵母のガスールのパックガスール(大さじ1)に少量の水を注いでふやかします。ビール酵母(大さじ1)を加えて、よく混ぜます。これを顔につけて30分そのままにし、洗い流します。肌の古い角質を取り除く、軽いゴマージュ効果もあるパックです。もうひとつは、くすみのない透明な肌を作るパック。汚れを落とし、過剰な皮脂腺 [続きを読む]
  • アルガンオイルやガスールの全身パックで美肌に
  • モロッコ女性と美容の話になると、必ずといっていいほど全身パックが出てきます。垢すり、スクラブやゴマージュの後は全身パック。彼女たちにとって、全身パックは日常的なお手入れのようです。パック剤としては、ヘンナやガスールにフラワーウォーターやオイルなどを加えたものがポピュラーです。先日会った女性は、「ヘンナとクローブ、オリーブを混ぜて全身パックにする」と教えてくれました。このヘンナとクローブのパックは、 [続きを読む]
  • ハーブとアルガンオイルで乾燥肌にうるおいを
  • 乾燥が激しいモロッコには、肌の乾燥を防ぎ、潤いをよみがえらせる知恵がいっぱい。日常的なお手入れとしては、保湿効果が高いハーブを煎じて作るローションが手頃です。ドライスキンを改善するハーブのスキンケアを紹介します。ビルベリーのローションビルベリーの葉は、乾燥を防ぎ、老化を遅らせ、実は、傷んだ肌を癒す働きがあるといわれています。鍋に、水(250ml)とビルベリーの葉と実(15g)を入れて沸騰させ、15分煎じます [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く“美容”(7)
  • 「大臣ヌーレディンとその兄大臣シャムセディンとハサン・バドレディンの物語」は親子2代にわたるお話。前回のつづきです。ヌーレディンの息子ハサン・バドレディンは、運命の糸に引き寄せられ、叔父シャムセディンの娘セット・エル・ホスンとめぐり逢います。しかも、セット・エル・ホスンの結婚式の日に。シャムセディンに憤慨した王は、彼女をせむし男に嫁がせる命令をしたのです。婚礼の準備を終え、花嫁姿のセット・エル・ホス [続きを読む]
  • ラベージ:入浴でリラックスし足のむくみも解消
  • ラベージはセロリに似た香りのハーブで、サラダやスープに用いられます。ラベージのの一番の効能は刺激作用です。この煎じ液をお風呂や足浴の湯に加えると、身体の器官がリラックスし、引き締まります。足のむくみや足首の浮腫が軽減させる働きでも知られています。ラベージには殺菌作用もあり、ニキビや湿疹のケアにも向いています。学名:Levisticum officinale.科名:セリ科使用部位:種子、葉、根開花時期:7月〜8月収穫時期: [続きを読む]
  • モロッコ流ヘアケアで傷んだ髪をサラサラに修復
  • 乾燥や紫外線で傷んだ髪は、ハーブで修復することができます。ハーブのなかには、ダメージヘアを元気にする働きをもつものがいくつかあります。そうしたハーブを使って、傷んでパサパサになった髪を、シルクのようなサラサラつややかな状態に改善しましょう。フユボダイジュのローションリンスシャンプー後に使うリンスです。フユボダイジュは、傷んだ髪と頭皮を修復し、ツヤツヤ輝く髪にするといわれています。鍋に水(1ℓ)とフ [続きを読む]
  • メリロート:肌を保湿して頭皮の皮脂分泌を調整
  • メリロートの和名はシナガワハギで、スイートクローバーとも呼ばれ、花はほのかにバニラの香りがします。メリロートは肌を保湿してなめらかにする作用で知られ、スキンケア製品などさまざまな分野で使用されています。メリロートはヘアケアに適し、特にオイリーな頭皮と傷んだ髪に効果を発揮し、根毛から強くし、髪を元気にします。目のトラブルを改善する働きでも知られ、メリロートの煎じ液で洗眼すると、目の炎症を鎮めます。ま [続きを読む]
  • ドライヘアをうるおすハーブの手作りローション
  • シャンプー後のトリートメントもハーブで。ドライヘアをしっとりさせる植物のなかから好きなものを選びましょう。基本的なトリートメントローションの作り方水(カップ1強)に好きなハーブ(ひとつかみ)を入れて火にかけ、沸騰したら火を弱め、15分煎じます。冷めたら茶こしでこし、容器にうつします。洗髪後、この煎じ液で髪と頭皮をマッサージし、10分ぐらいおいてから、お湯で流します。この煎じ液は、リンスとして使うことも [続きを読む]
  • セントーリー:荒れた肌を保湿してなめらかに
  • セントーリーは健胃作用で知られ、ハーブティーとして飲まれていますが、強い苦みが特徴です。セントーリーは、細胞の損傷を治し、癒着する働きで知られています。そのため、皮膚の修復や保湿用のクリームといったスキンケア製品やヘアケア製品などに配合されています。スキンケアでは、敏感肌に向いていて、荒れた肌を癒し、小さな傷をケアする効果があるといわれています。ヘアケアにも適していて、頭皮を引き締め、抜け毛を防ぎ [続きを読む]
  • ジャーマンカモミール:炎症を鎮めなめらか肌に
  • リンゴに似た独特の香りのジャーマンカモミールは、鎮静と殺菌作用にすぐれ、皮膚トラブルを改善する働きで知られています。ジャーマンカモミールの抽出液と精油は、スキンケアやヘアケアのさまざまな製品に配合されています。スキンケアでは、特に乾燥肌に適し、皮膚をなめらかにし、細胞を再生させる働きがあります。ジャーマンカモミールの煎じ液(半リットルの熱湯に20〜30gのジャーマンカモミール)は、ニキビや皮膚の炎症、 [続きを読む]
  • イスラム庭園9:オスキュラ&アロンソ(マラガ)
  • キリスト教国スペインとなった後も、イベリア半島南部は、ヨーロッパとは違う独特の文化を継承していく。そのヒスパノ・モレスク文化は、近代建築や庭園にも採用されている。マラガ市役所前に広がる庭園も、そのひとつだ。マリーナ広場から海沿いに、緑あふれる公園通りが続いている。この通りと、アルカサルのそびえる小高い丘の間に位置するのが、プエルタ・オスキュラ&ペドロ・ルイス・アロンソ庭園。樹木の深い緑が、とても印 [続きを読む]
  • シバムギ:くすみをなくし透明感のあるツヤ肌に
  • シバムギは英語でコーチグラスと呼ばれ、殺菌と癒着作用にすぐれています。細胞の再生を加速促進する働きがあるといわれ、スキンケアにも効果的です。くすみをなくし、透明感のある美しい肌をよみがえらせます。また、やけどやニキビのケアにも用いられます。ヘアケアにも向いていて、抜け毛を防ぎ、育毛を促し、髪を丈夫にします。学名:Agropyron repens科名:イネ科別名:コーチグラス、ウィッチグラス使用部位:根茎、種、根開 [続きを読む]
  • イランイラン:皮脂のバランスを整え育毛促進も
  • イランイランは、“花の中の花”という意味で、カタログ語の「アランイラン」がその由来です。甘くジャスミンに似た官能的な香りで、その昔、ハーレムを快い香りに満たす”誘惑の花”といわれていたそうです。イランイランの花から抽出された精油は、香水や美容に用いられています。イランイランの精油は、心をなだめ、リラックスさせる効果があり、感情に刺激し、神経、混乱、心のトラブルを鎮めるといわれています。スキンケアでは [続きを読む]