木村嘉代子 さん プロフィール

  •  
木村嘉代子さん: モロッコ美容あれこれ
ハンドル名木村嘉代子 さん
ブログタイトルモロッコ美容あれこれ
ブログURLhttp://bien-etre.site/
サイト紹介文天然素材を使った手作りコスメのレシピなど、美容大国モロッコの美容の情報と魅力を紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 60日(平均13.9回/週) - 参加 2018/04/25 19:35

木村嘉代子 さんのブログ記事

  • 黒オリーブの実が主原料のモロッコの黒石けん
  • モロッコへ行ったらぜひ手に入れたいのが黒石けん。オリーブオイルと黒オリーブの実を主原料としたクリーム状の石けんで、モロッコ美容の伝統的な基本アイテムです。日本での知名度はいまひとつですが、ヨーロッパではナチュラル石けんとして注目されているのです。ハマムでは、この黒石けんで垢すりします。黒石けんはスーク(市場)で購入でき、量り売りが一般的。写真の黒石けんは、やや無造作な陳列でしたが、アルガンオイル入 [続きを読む]
  • フェネグリーク:のどの痛みや吹き出物の解消に
  • フェネグリークはアラビア半島周辺の国が起源のマメ科の植物。現在ではインドからエジプト、モロッコ、そしてフランスなど広い範囲で生産されています。古代エジプトとギリシャの医学ですでに用いられていて、古代エジプトの墓からも発見されているとか。ビタミンをたっぷり含み、栄養豊富なフェネグリークは、器官の刺激強壮、血液循環促進、食欲促進したり、腸内ガス除去といった作用で知られています。声のかれを解消し、のどの [続きを読む]
  • 天然素材のお手入れで首のシワやたるみを予防
  • 夏でなくても、首やデコルテは気になる部位。シワやたるみに、「キャ〜」と悲鳴を上げないよう、日頃のケアが大切ですね。そこで、超簡単なお手入れ法を3つ。用意するのは、レモン、はちみつ、オリーブオイル、アルガンオイル。レモンとオリーブオイルのゴマージュまず、オリーブオイルを顔と首に薄く塗ります。ぬるま湯で指をしめらせ、その指で肌をポンポンと軽くたたきます。次に、レモンを絞り、オリーブオイルの上にレモン汁 [続きを読む]
  • イチジク:紫外線から肌を保護して若さをキープ
  • イチジクの果実は”不老長寿”といわれ、太古の昔から珍重されてきました。地中海沿岸諸国の人々に愛されているフルーツで、若さを保つために朝の空腹時に新鮮なイチジクを食べるのが習慣の地域もあるそうです。生のイチジクはもちろん、乾燥させたものもよく食べられています。イチジクには、ポタシン、カルシウム、フォスフォール、マグネシウムといったミネラルに加え、ビタミンBとCも含まれ、肌と髪に栄養を与え、修復する働き [続きを読む]
  • イスラム庭園3:アルカサバ(マラガ)
  • マラガの小高い丘にそびえる、ひときわ目立つ巨大な建物アルカサバ。地中海を見晴らすことができるこの場所には、かなり以前から砦があったという。イベリア半島にやって来たアラブ人は、すでに存在していたローマ時代の建物を、自分たちの様式に変えていった。アルカサバも、イスラム化したローマの要塞のひとつだ。アラブ人が改装した城砦は、華やかさには欠けるが、威圧的な外観から、当時のイスラムの覇権をうかがい知ることが [続きを読む]
  • フランボワーズ(ラズベリー):果実でシワ予防
  • フランボワーズの葉は、収れん作用の他、肌の水分を補給し、栄養を与える効果があり、スキンケアに用いられます。葉の煎じ液のローションは、皮膚を引き締め、浄化します。フランボワーズの実もスキンケアに適していて、シワを予防し、老化の進行を遅らせ、肌をリフレッシュさせます。荒れた肌を鎮めてなめらかにし、血行を促進してピンクがかった明るい顔色にします。フランボワーズの実は、特に、フェイスパックに向いています。 [続きを読む]
  • 赤い頬紅からみるアラブとアジアの美容情報交換
  • 「樹下美人屏風絵」や「鳥毛立女屏風絵」などに描かれた女性のメイクを見ると、奈良・平安朝時代の化粧法が大陸の唐朝文化の影響を受けていることがわかります。特徴的なのは、赤く大きく塗られた頬紅。日本に紅が渡来した当初は、大陸風に、額、目元、口の両側などに紅い点をつけたそうです。それがやがて、頬だけになりました。モロッコの伝統的な頬紅のさし方にも、これとよく似た化粧法があります。赤い点をつけたり、頬全体を [続きを読む]
  • オーク:気になる足汗とひび割れのケアに
  • オークには収れんと殺菌作用があり、ニキビ、湿疹、赤い発疹など皮膚トラブルに効果があります。オークの足浴は、過剰な発汗を抑え、ひび割れを治します。同じ煎じ液をお風呂の湯に加えると、身体の器官に活力と刺激を与えます。この煎じ液は、一般的な衰弱に適しています。昔からの伝説で、オークの樹皮をなでると、エネルギーとパワーが伝わり、身体にしみこむといわれています。美容業界では、鎮静および細胞再生の入浴製品、デ [続きを読む]
  • ガスールや食材のパックで乾燥肌をしっかり保湿
  • 乾燥肌をしっとり潤すには、ガスールや食材のパックがおすすめです。ガスールのパックは、牛乳を使うのが効果的。肌の汚れも落とし、なめらかにするパックです。牛乳とアルガンオイルのパックガスール(大さじ2)を少量の水でしめらせ、牛乳とアルガンオイル(各大さじ2)を加え、よく混ぜ合わせます。これを洗顔後の顔につけ、15〜20分そのままにします。ぬるま湯で流し、後は化粧水などいつものお手入れを。牛乳とローズウォータ [続きを読む]
  • クローブ:乾燥を防いで肌を潤し髪を元気に
  • 甘っぽいスパイシーな香りのクローブは、モロッコでおなじみのスパイスです。開花前の花つぼみを乾燥させたもので、釘の形に似ていることから、中国では「丁子」といわれるようになったそうです。中国では、紀元前から薬草として使用されていたといわれています。クローブには強力な殺菌力があり、鎮痛作用もすぐれ、特に歯痛薬として昔から使われていました。口臭防止にも使われ、クローブの煎じ液のうがいは、口腔の炎症や口内炎 [続きを読む]
  • ミョウバンで恋愛運アップのデオドラント作り
  • モロッコの市場(スーク)で見つけた氷砂糖のような、岩塩のような塊。「何に使うの?」の問いに、「止血作用があるから、髭剃り後に擦りつける」と店番の男性。さらに、わきの下につけるジェスチャーをしながら、「デオドラントにもなる」と教えてくれました。この「塩味の鉱物」はミョウバン石。日本では、「焼きミョウバン」の粉末が食品として市販されていますね。ミョウバンを熱して脱水し、吸湿性の高い軽い粉末にしたのが焼 [続きを読む]
  • ヤグルマギク(コーンフラワー):目のむくみに
  • 青紫色の花をつけるヤグルマギクは、コーンフラワーとも呼ばれ、マリー・アントワネットが好んだ花として知られています。ヤグルマギクには、ブルーベリーなどのようにアントシアニンが含まれ、眼精疲労といった目のトラブルを緩和します。ヤギルマギクの煎じ液での目の洗浄や湿布は、目の赤みやまぶたの腫れを減少させます。また、抗炎症と収れん作用にすぐれ、目の下のクマを解消するのに適しています。保湿効果もあり、この煎じ [続きを読む]
  • 人気のベリーダンスは便秘や肩こりの解消にも
  • 少し前の話になりますが、名古屋のモロッコ料理レストランで、ベリーダンスを観賞しました。妖艶な踊りもさることながら、名古屋の人たちの乗りのよさに驚き。余談ですが、「東京よりモロッコへ行ったときのほうが、カルチャーショックが少なかった」と大阪出身の女性も言っていたので、モロッコはじめアラブ文化は、西日本でのほうが受けるのかもしれません。ところで、モロッコではベリーダンスはあまり盛んではなく、本場はエジ [続きを読む]
  • クマツヅラ:デトックス効果でたるみのない肌に
  • レモンに似た香りのするクマツヅラは、英語ではバーベナ、フランス語ではヴェルヴェンヌといいます。モロッコでは、ルイーザと呼よばれ、お茶としてよく飲まれるなど、とても親しまれている植物のひとつです。クマツヅラは、悪魔を追い払い、あらゆる病気を治す魔法の力を持つと信じられていて、太古の昔から、神聖なハーブとして珍重されてきました。クマツヅラには消化促進や鎮静作用、デトックス効果があるといわれています。美 [続きを読む]
  • モロッコの白ガスールのパックで敏感肌に潤いを
  • 日本でもガスールを使う人が増えているようです。グレーが一般的ですが、モロッコでは、顔のお手入れに白いガスールを用います。白ガスールはきめ細かでパウダーのよう。ローズウォーターなどを加えると、なめらかクリーミーなパックになります。フェズ南部アトラス山脈の麓で採掘されるガスールは、スメクタイトと呼ばれる粘土の一種で、マグネシウムの比率が高いのが特徴です。白いガスールは、粒子が細やかで、肌を傷つけず、敏 [続きを読む]
  • ホップ:花の効能でなめらか肌とつややか髪に
  • ホップはビールの原料としての栽培が一番多いのですが、刺激、食欲増進、消化増進、利尿の作用で知られています。ホップの抽出液は、フェイスクリームやローション、ヘアローション、クレンジング、シャンプー、バスムース、石けんなど、、美容業界でも使用されています。スキンケアに適し、細胞を再生する働きがあり、キメを整え、肌をなめらかにします。ヘアケアにも向いていて、ホップの花の煎じ液のリンスは、育毛効果があり、 [続きを読む]
  • 『千一夜物語』で読み解く“美容”(2)
  • 前回「荷かつぎ人足と乙女たちとの物語」のつづきです。女性が果物屋で買った品物を籠に入れ、荷かつぎ男は後をついていきます。次に肉屋に立ち寄り、買った肉をバナナの葉に包んで籠に入れました。男性はそれを持って、女性についていきます。今度は、アーモンド売りの前で立ち止まり、あらゆる種類のアーモンドを買います。そして、お菓子屋で、レモン風味のパイやジャム、クッキーや焼き菓子など、さまざまなお菓子を購入します [続きを読む]
  • ローズマリー:抗酸化作用にすぐれ肌に潤いを
  • ローズマリーにはさまざまな効能があり、爽やかな香りも好まれ、スキンケアをはじめ美容面で幅広く用いられています。なかでも、ローズマリーは抗酸化作用にすぐれているハーブのひとつといわれ、シワ予防、保湿、引き締め効果があることで知られています。ローズマリーはまた、ニキビや赤い吹き出物、傷を治す働きがあるといわれています。洗浄効果にすぐれたローズマリーは、オイリー肌やオイリーヘアのケアに適しています。ヘア [続きを読む]
  • ウチワサボテンは美容マニア注目のモロッコ植物
  • ウチワサボテンは、ノパルとも呼ばれる、中央アメリカが原産のサボテン科の植物で、暑く乾燥した気候で育ちます。スペイン人が地中海地方にもたらし、乾燥した気候によく適応するウチワサボテンは、地中海地方にまたたく間に広がりました。16世紀ころに、アフリカ大陸にも輸入されたそうです。ウチワサボテンは400種ほどあり、5メートルほどの高さまで育ちます。平たい大きな葉状茎を持ち、そのウチワに似た形状をしています。葉状 [続きを読む]
  • ビルベリー:血管を元気にして傷んだ肌も改善
  • ビルベリーは、静脈瘤などの原因となる弱った血管を引き締め、血行を促進する作用があるといわれています。静脈瘤の改善には、ビルベリーの葉の煎じ液の湿布がいいそうです。また、抗酸化作用にすぐれ、皮膚細胞の質を改善する働きでも知られ、ヘアケアやボディケアの多くの製品に配合されています。肌の乾燥を防ぎ、老化を遅らせ、髪を増やして丈夫にします。赤ら顔の解消にも適した植物とのこと。葉をつぶして絞った汁は、皮膚を [続きを読む]
  • スイートオレンジ:弾力のある若々しい肌キープ
  • モロッコの名物のひとつは、オレンジの生ジュース。マラケシュのジャマ・エル・フナ広場には、たくさんのオレンジジュース屋台が並びます。ジュースだけでなく、サラダやデザートにも、オレンジはよく使われます。ビタミンCとBが豊富なスイートオレンジは、食べるだけでなく、美容にも適した食材。敏感肌用のさまざまなスキンケア製品に使用されています。抗酸化作用と皮膚の若返り作用で知られ、シワを予防し、弾力のある肌を保っ [続きを読む]
  • スパイシーなモロッコお香と手作りオードトワレ
  • アラブ地方では、乳香や没薬、安息香などを芳香樹脂を粒状にした香料ブフールを焚く習慣があります。アラブの市場では、粒状の香料を量り売りしています。モロッコの家庭には、「香炉に似た火鉢」があり、炭をおこした香炉ににブフールを入れると、パチパチという音とともに煙が立ち上り、あたりに良い香りがたちこめます。ブフールは各家庭オリジナルの調合があるそうです。国によっても香りは違うのでしょう。ドバイの市場で購入 [続きを読む]
  • キンレンカ:ビタミンCが豊富でシミの解消に
  • 英語でナスタチウムと呼ばれるキンレンカは、昔から中南米で薬草として用いられていました。キンレンカの葉や花、エキスには、ビタミンCが豊富で、肌の色を明るくしたり、シミやソバカスを薄くする効果があります。キンレンカの全草の煎じ液をお風呂の湯に加えると、血行を促進し、皮膚を再生し、肌の弾力を改善します。ヘアケアにも向いていて、シャンプー後のリンスなどに使います。頭皮を洗浄し、皮脂分泌を正常化して、弱った [続きを読む]
  • ニキビのケアにガスールのパックとハーブ化粧水
  • ニキビのお手入れのハーブを使って手作りコスメで。簡単なのは、亜麻仁油をつけるだけのケア。就寝前に毎晩、亜麻仁油を、ニキビにつけます。ガスールのパックはニキビに効果があるといわれています。バジルのガスールのパック鍋に水(250ml)とバジル(25g)を入れて沸騰させ、火を止めて10分おきます。冷めたらバジルを取り出し、こします。ガスール(大さじ3)に煎じ液を加えていき、パックのかたさにします。洗顔後の顔にぬり [続きを読む]
  • ブラックカーラント:毛穴を引き締めて輝く肌に
  • ブラックカーラントはフランス語でカシスと呼び、北部の国が原産のユキノシタ科の植物。4月〜6月に収穫される黒い実は美味で、オレンジの4倍のビタミンCが含まれるといわれ、ミネラル類も豊富です。また、葉はポリフェノールをたっぷり含んでいます。カシスは、特に抗リュウマチ(抗炎症)にすぐれ、抹消血管の循環を促進し、筋肉のコリをほぐす効用でも知られます。感染に対する抵抗力を高め、出血を補うともいわれています。カ [続きを読む]