あるごん さん プロフィール

  •  
あるごんさん: ドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン
ハンドル名あるごん さん
ブログタイトルドラムを叩くミニマリストのドラムレッスン
ブログURLhttp://www.drum-lesson.net/
サイト紹介文「難しい楽器」といわれているドラムを簡単に楽しく叩くコツを書いてます。たまにミニマリスト話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 61日(平均5.6回/週) - 参加 2018/04/25 21:11

あるごん さんのブログ記事

  • ドラムセットが変わっても安定したコンディションを保つ秘訣は…「ハイタム」にあった?
  • ■はじめにさて今回はドラムの話に戻ります。テーマは…「ハイタム」。つまりハイタムとは、ちょうどドラマーの真正面にある(大体は)12インチの太鼓のことですね。で、どうして今回のテーマがハイタムなのか?というと、自分のドラムセットを持たないドラマーにとって…備え付けのドラムセットによるコンディションのばらつきの原因が結構ハイタムだったりするのですね。まぁ詳細は追って説明しますが、今回は「ドラム [続きを読む]
  • 雨の日のドラマーの靴対策は…「VANSのスニーカー+防水スプレー」がベスト!
  • ■はじめに今回のテーマは梅雨時のドラマーのお悩みの種…「靴」の問題について書いてみようと思います。靴に関しては過去にも書きましたが、だいぶ前の記事なので今回改めて書いてみたいと思います。なので結論は依然と変わらず、「その辺の靴屋で買える靴の中では、ドラマーの靴はバンズの黒がコスパ一番」ということなのですが。ドラミングのフットワークが上手くいかないときは靴を見直すと意外と解決することもあるので [続きを読む]
  • 宣言記憶と手続き記憶を使い分けて、ドラマーが曲を効率よく覚えるには?
  • ■はじめに今回は久しぶりにドラムのテクニック的なお話でいきましょう。テーマは「曲を早くコピーするコツ」です。人によってはカンペを作ったりもしますが…カンペを作っても、すぐに自由自在に叩けるようには残念ながらならないんですね。私もこれまで何百曲コピーしてきたか知りませんが笑、凡人の記憶力ながらあれこれ試行錯誤しまして。要するに「曲を早く覚えて叩けるようになるには?」という目的を達成するために [続きを読む]
  • 【書評】ぼくたちは習慣で、できている【佐々木典士・著】
  • ■はじめに今回はミニマリストな話。テーマはこちらの本のレビュー記事です。ぼくたちは習慣で、できている。posted with ヨメレバ佐々木 典士 ワニブックス 2018-06-14Amazonで購入Kindleで購入楽天ブックスで購入この経緯としてはツイッターにて先月に申し込んだ「ぼく習レビューキャンペーン」でこちらの本をありがたいことに無料でいただいたので…昨日届きました。今読んでます! https://t.co/H4B3mZZIQb― あるごん ( [続きを読む]
  • ミニマリズムとドラムの関係について
  • ■はじめに今回はドラムの話。テーマは「楽器の断捨離」みたいな話。といのも、事の発端は最近この本を読みまして…手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法posted with ヨメレバミニマリストしぶ サンクチュアリ出版 2018-05-07Amazonで購入Kindleで購入楽天ブックスで購入このブログのメインテーマでもある「ミュージシャンとミニマリズム」について再考するきっかけとなったので。なので今回はドラムをやっ [続きを読む]
  • 西城秀樹氏の名バラード「moment」について
  • ご存じのとおり西城秀樹氏がご逝去されました。私は西城氏の活動自体を追いかけていたわけではないのですが、一曲だけ飛び切り好きな曲がありまして、それを今回はご紹介したいと思います。その曲は1997年発表のバラード「moment」。www.youtube.comプロデュースはあのYOSHIKI氏。当時の私のおぼろげな記憶をたどるとXJAPAN(以下、X)を見ようと紅白をつけていたら、この曲が。当時は音楽の仕組みもよくわからないながら [続きを読む]
  • 日本の秘境!?京都比叡山・延暦寺への行き方をご紹介
  • ■はじめに今回はミニマリストなお話(なので音楽の話は一切ありません…)。テーマは「比叡山・延暦寺への行き方」です。というのも先日京都に滞在していた時に比叡山・延暦寺に行ってきまして。私の勝手な見解ですが、お寺のあの整然とした空間って…ミニマリストの源流の様な気がしてて、以前より近所のお寺や鎌倉のお寺に行くのが趣味だったんですけど。今回はご存じ歴史の教科書でもおなじみの京都・比叡山の山頂にある [続きを読む]
  • 曲の最後に場を盛り上げる定番…いわゆる「かき回し」の意外なコツとは?
  • ■はじめに今回もドラムのお話。テーマは「かき回し」。「かき回し」というのは、曲が終わるときに、ドラムをドカドカバシバシとフリーにたたいて場を盛り上げるあれです。見てもらえばすぐ分かると思うので、こちらの動画を拝借します。www.youtube.comやっぱりレコーディングと違って「かき回し」は、ライブの醍醐味でもあるのでバンドにとって大事な見せ場ともいえます。しかし…後々ライブの映像を見返すと「なんか [続きを読む]
  • ワンパターンになりがちな「3点セット」で個性を出すには?
  • ■はじめに今回もドラムのお話。「テーマは3点セットで個性を出すには?」です。これはつまり、3点セットって太鼓とシンバルの数が必要最低限なので、なかなか「誰が叩いても同じ→自分の叩く意味ってあるの?」と悶々としているドラマーに向けて何かのヒントになればと。では本題に。■究極をいえば…ドラムの名手になることまず結論からいえば「ドラムの名手」レベルにならないと3点セットで明確な個性をだすのは難 [続きを読む]
  • 「これからドラムを始めたい」と思っている人にお伝えしたい3つのこと
  • おかげさまで先日もライブが無事終了し(詳しくはツイッターをご覧ください)、不思議と毎回ライブが終わるごとに初心に帰ったような新鮮な気持ち(悪く言えば出し尽くした感じ笑)になるのは何年やっていても変わらないものです。というわけで今回は初心に帰った記事を。テーマは「ドラムは難しいのか?」ということ。私を含めドラムを教える講師サイドは「ドラムは誰でもできます!だから気軽に始めてみましょう!」みたいなこ [続きを読む]
  • 速い2バスを踏むコツは…左足の「ある動き」にあった?
  • 今回は再びドラムの話。テーマは最近よく書いている「速い2バスの踏み方のコツ」。その中でも今回は、「速い2バスを少しの時間踏み続けていると足がもつれて…上半身と合わなくなる(もしくは合っているのか不安になってくる)」という方のためにお役に立てばと。結論を先に言えば「左足を上に挙げるタイミングを意識する」ということなんですけど。これだけだと何のことやら?なので本題に。■2バス演奏のレベルアップする [続きを読む]
  • 【書評】単調な日常に退屈している方に向けて…おススメの2冊
  • 最近ようやく暖かくなってきたので今回は久しぶりに旅ネタの書評を。結局旅ネタはこの一記事を書いたきり完全にとまっていましたが…全くドラムと関係ないことを頻繁に書くのもどうかと思っていまして止めてました笑。www.drum-lesson.netしかしこのブログはミニマリストブログでもあり、ミニマリストは旅好きが多い。毎回音楽のことばっかり書くのも息が詰まるので、今回は特にためになることはさほどありませんが、同じよう [続きを読む]