ぬはり社短歌会 さん プロフィール

  •  
ぬはり社短歌会さん: ぬはり社短歌会
ハンドル名ぬはり社短歌会 さん
ブログタイトルぬはり社短歌会
ブログURLhttps://ameblo.jp/nuharitanka/
サイト紹介文ぬはり社短歌会のブログです。会員募集中!短歌や近代日本の歴史に興味のある方、ぜひごらんください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 30日(平均7.2回/週) - 参加 2018/04/25 22:59

ぬはり社短歌会 さんのブログ記事

  • 「牧水と知勇」その5〜巣鴨1493の家〜
  • ようこそぬはり社短歌会のブログへ 「巣鴨1493の家」というのは、牧水の住宅兼創作社があった場所であり、牧水が沼津へ移った後には、知勇が活躍した家でもあります。 では、牧水の手紙から当時の様子を見ていきましょう。 牧水から三浦敏夫への手紙(大正8年12月7日)「いま私の宅が、上八、三、二(フタ)間、下六、四半、三、二、四間で賃二十二圓です、が、これは法外にやすいのだ相です(ひどく古いからでせう)これで、三十 [続きを読む]
  • 「牧水と知勇」その4〜大正7年歌人番付〜
  • ようこそぬはり社短歌会のブログへ 大正7年の歌人新番付です。(『短歌雑誌』より) 創作社の方も多く見受けられます。 若山牧水は西の大関。東の大関は斎藤茂吉です。我らが菊池知勇(当時は菊池野菊)は前頭に名を連ねています。大勢の歌人たちに囲まれて知勇も着実に力をつけてきていることが分かります。 いよいよ「ぬはり」創刊の時が近づいてきました。 次回、「牧水と知勇」その5に続きます。 ランキングに参加しています [続きを読む]
  • 「牧水と知勇」その3〜創作社編〜
  • ようこそぬはり社短歌会のブログへ今回は若山牧水の創作社について、お伝えします。 『創作』は100年以上の歴史を持つ、短歌会の偉大な雑誌です。しかし牧水が主宰していた初期の頃は、資金難であったり、病気や戦争などの理由により、何度か中断を余儀なくされながらも、復刊を遂げ、短歌会における輝かしい足跡を残しました。 『創作』創刊号 (1) 第1期  1910(明治43)年3月〜11(明治44)年 10月若山牧水を主宰者に詩歌中心 [続きを読む]
  • 「牧水と知勇」その2〜「創作」の仲間たち編〜
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそ引き続き「牧水と知勇」の関係について、「創作」に参加した歌人たちから紐といていきたいと思います。 菊池知勇の事績について、水上赤鳥は追悼文の中で、「大正二年、牧水の「創作」に参加して其の幹部となり、経営に歌作に縦横の活躍をして対外的にも重きをなしていた。歌風に相通ずるものがあったとしても、其の関係は必ずしも、門下とは言い難く、「創作」一門の一人とも言うべきか。後年、 [続きを読む]
  • 「牧水と知勇」その1〜上京編〜
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそ 今回から、若山牧水と菊池知勇の関係について、おもに若山牧水の書簡から紐解きたいと思います。連載でお送りします。※敬称略でお送りします。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 知勇が亡くなった後、「ぬはり」の代表となった水上赤鳥が、次のように書いています。 「知勇師の歌歴は古い。明治二十二年に岩手県に生まれており、享年八十三であったが、 [続きを読む]
  • 2018 ぬはり全国大会⑥〜写真&書籍コーナー〜
  • ぬはり社短歌会のブログへ、ようこそお越しくださいました! 2018年5月14日(月)に東京・品川で行われた「ぬはり社短歌会 全国大会」のようすをUPしています。今回で最終回となります! 当日は、ぬはりの歴代の代表の紹介コーナー、創設者の菊池知勇先生の紹介コーナー、菊池知勇先生の歌集コーナーなどをつくりました。 知勇先生のコーナー。知勇先生の4つの歌碑の写真などがあります。知勇先生のご親戚に、当時の貴重 [続きを読む]
  • 2018 ぬはり全国大会⑤〜懇親会編〜
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそお越しくださいました! 2018年5月14日(月)に行われた全国大会のようすを順にUPしています今回は「懇親会編」です まずは北海道の会員の乾杯の挨拶で、懇親会がスタート! そして本日の懇親会の目玉となった「菊池知勇先生の足跡」のご報告がありました。このご報告については、また別の記事で詳しく述べたいと思います!発表者の方、パワポ作成の方、現地取材の方、ありがとうございま [続きを読む]
  • 2018 ぬはり社全国大会④〜グループワーク編〜
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそお越しくださいました! 2018年5月14日(月)に東京・品川で開催された「ぬはり社短歌会 全国大会」のようすを、順にUPしています今回は「グループワーク編」です 第1部が終了し、30分の休憩時間をはさんで、グループワークが行われました。6つのグループに会員が分かれて、勉強会を行いました。グループ名は花の一文字で、「椿・桜・梅・桃・藤・菊」の6グループです。 まずは各グ [続きを読む]
  • 2018 ぬはり社全国大会③ 優秀作品〜代表選〜
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそお越しくださいました!2018年5月14日(月)に開催された「ぬはり社短歌会 全国大会(東京)」のようすをUPしています 今回は、大会作品集から松本ちよこ代表が選んだ「ちよこ選」3作のご紹介です。 ちよこ選①〈木もれ陽の揺るる林を風が梳くちちと小鳥のさえずりのせて〉 大阪支社の会員の歌です。素敵な情景の短歌に思わずうなる会員多数春から初夏にかけて、きらきらと陽にすける林 [続きを読む]
  • 文芸フリマに参加します!
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそ! ぬはり社短歌会は、第二十七回文芸フリマ東京に参加します実は初めての参加となります 日時:2018年11月25日(日) 11:00〜17:00会場:東京流通センター 第2展示場 当日は、短歌誌「ぬはり」の最新刊、既刊本をはじめ、当短歌会の個性的な歌人の歌集、そして歴史の古いぬはりならではの短歌の近現代史の冊子も準備する予定です 当日は、どうぞお気軽にぬはりのさまざま [続きを読む]
  • 2018ぬはり全国大会②〜優秀作品発表「佳作」編〜
  • 2018年5月14日(月)に行われた「ぬはり社短歌会 全国大会(東京)」のようすをUPしています今回は優秀作品の「佳作」発表編です 佳作は同数で4作品が選ばれました 佳作①〈晩秋の日暮れの家路シャンソンを口ずさみつつゆつたり歩む〉 東京支社長の歌が、佳作に選ばれました!優雅な雰囲気の歌に憧れます 佳作②〈君となら無理しなくても暮らせそう伴侶と決めて今日に至りぬ〉 思わず「ふふっ」と笑みの浮かぶ歌です。「 [続きを読む]
  • 2018 ぬはり社短歌会 全国大会(東京)①
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそお越しくださいました! ぬはりでは、2018年5月14日(月)に、全国大会を開催しました北は北海道から、西は岡山まで、多くの会員が集まってくださいました一般参加もふくめて、総勢39名。場所はJR品川駅前にある【品川GOOS】の1Fにある「TKPガーデンシティ品川」で行いましたv(^-^)v会場やホテルの利用では、JTBさまに大変お世話になりました!また、会場の「TKPガー [続きを読む]
  • 全国大会(東京)が無事に終了!
  • ぬはり社短歌会のブログへ、ようこそお越しくださいました!当短歌会の情報を発信しておりますので、どうぞごらんくださいませ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2018年5月14日(月)に、ぬはり社短歌会の全国大会が行われました!場所:品川グース内 TKPガーデンシティ品川にて時間:13時〜19時 北は北海道から西は岡山から、会員のみなさまが集まってくださいました [続きを読む]
  • 「ぬはり手帖」を作成?
  • ぬはり社短歌会のブログへお越しくださって、ありがとうございます!まもなく、5月14日(月)に東京において、ぬはり社短歌会の全国大会が開催されます?幹事支社である東京、神奈川支社では、全国からいらっしゃるみなさまに楽しんでいただこうと、いろいろ催しを考えています(^-^)今回、ご紹介する「ぬはり手帖」もそのひとつです。「ぬはり手帖」です。B5サイズでお作りしました。表紙は岩手山の写真をモチーフにしたものです。 [続きを読む]
  • 代表 松本ちよこのご紹介
  • ぬはり社短歌会のブログへお越しくださって、ありがとうございます 当短歌会では、短歌に興味のある方、短歌を学んでみたい方を大募集していますご興味のある方は、どうぞ下記の連絡先までメールをお願いいたします。お茶をしながら、楽しく短歌を学んでみませんか?ご連絡をくださった方には、短歌誌「ぬはり」を1冊無料でプレゼントいたします ぬはり社短歌会 メールアドレス  nuharinuhari@yahoo.co.jp 短歌を学んでみたい [続きを読む]
  • 菊池知勇でブラタモリ!?〜巣鴨今昔物語〜③
  • いつもお読みくださって、ありがとうございます! ぬはり社短歌会の創設者、菊池知勇(きくち ちゆう)の巣鴨町にあった自宅を捜索するコーナー第3回です 豊島区立郷土図書館の方のご協力により、知勇先生がぬはり社を立ち上げた「巣鴨町〇〇〇〇番地」の現在の場所がわかりましたすぐさま、その足で、現在のJR大塚駅方面へと出向いたのです。 現在のJR大塚駅のようすです。 昔の大塚駅はというと・・・・・・こんな感じだったよ [続きを読む]
  • 菊池知勇でブラタモリ!?〜巣鴨今昔物語〜②
  • ぬはり社短歌会のブログへようこそ!短歌に興味のある方、戦前戦後の近代歴史に興味のある方、ぜひお楽しみください さて次回に引き続き、当短歌会の発祥の地をめぐる旅をとりあげます。昭和初期のお話となります。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 短歌誌「ぬはり」が発行された思い出の地、「東京市外巣鴨町〇〇〇〇番地」。(番地特定を避けるため、「〇〇」表記とさせていただいており [続きを読む]
  • 菊池知勇でブラタモリ!?〜巣鴨今昔物語〜①
  • ぬはり社短歌会のブログへお越しくださって、ありがとうございます短歌に興味のある方、近代歴史に興味のある方、ぜひお楽しみくださいませ。さて、今回は、近代歴史、特に東京の巣鴨に関するお話となります 当短歌会の創設者、菊池知勇(きくち ちゆう)先生が生まれたのは、1889年(明治22)のこと。いまから129年前のことになります。そして、短歌誌「ぬはり」が誕生したのは、1927年(昭和2)。いまから91年 [続きを読む]
  • 東京の歌会会場のご紹介♪
  • ぬはり社短歌会のブログへお越しくださって、ありがとうございます当会では、広く会員を募集中です。短歌誌「ぬはり」を一冊無料で差し上げますので、ご興味のある方は、下記のアドレスまでご連絡くださいませ ぬはり社短歌会 連絡先メールアドレスniharinuhari@yahoo.co.jp ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今回は東京の歌会の会場のご紹介です 東京の歌会の会場は、神楽坂にあります。毎 [続きを読む]
  • 短歌に興味がある方、ぜひお越しください!
  • ぬはり社短歌会のブログにお越しくださって、ありがとうございます当ブログはリンクフリーとなっています。短歌仲間を増やしたいと思っていますので、どうぞご自由にリンクしてください また、「ぬはり社短歌会」では広く会員を募集しています毎月一度、短歌の歌会を行っています。お茶をしながらの楽しい勉強会です 歌会の会場は・・・・・ 北海道札幌市北海道河東郡上士幌町岩手県大船渡市宮城県仙台市東京都新宿区神楽坂(JR飯田橋 [続きを読む]
  • 菊池知勇と若山牧水
  • 閑話休題・・・・・・知勇と牧水についてお送りします。菊池知勇(左)と若山牧水(右)の若いころの写真ですとても仲が良さそうな二人ですね 菊池知勇先生は、『ぬはり』昭和9年2月号に、「若山牧水書簡」をまとめています。それが『ぬはり』菊池知勇追悼号に再度掲載されました。 ・・・・・・牧水が死んでから、はやくも7年になる。それかあらぬか、この頃しきりに牧水のことに心がはしるので、古い頃の手紙をとりだして見たが、どれを読 [続きを読む]
  • 菊池知勇について⑨岩手県水沢での死
  • ぬはり社短歌会の創設者、菊池知勇先生の人生について連載記事でお送りしています。今回が最終回です。最初からご覧になる場合は、テーマの「菊池知勇先生について」をご覧くださいませ。 1965年(昭和40)、菊池知勇全歌集続編の『落葉松林』を出版します。この本には昭和33年以降の作歌を収録してあります。『落葉松林』(ぬはり社)菊池知勇全集続編 そして同年、「日本歌人クラブ」から名誉会員に推挙されます。 19 [続きを読む]
  • 菊池知勇について⑧『ぬはり』復刊のその後
  • 当短歌会の創設者、菊池知勇(きくち ちゆう)について解説しています。詳しくはテーマ「菊池知勇先生について」をご覧ください 岩手県の疎開先から東京へ戻った知勇のその後です。知勇は東京都中野区へ転居します。 1949年(昭和24年)、中華人民共和国が成立。1950年(昭和25)、朝鮮戦争勃発。 1951年(昭和26)、『ぬはり』25周年記念大会を開催しています。この年、第1回紅白歌合戦がはじまっています [続きを読む]
  • 菊池知勇について⑦歌集『裾野』について
  • 1950年(昭和25)、菊池知勇一家は岩手県大更(おおぶけ)での疎開生活を切り上げて、東京へと戻ります。 同年、疎開生活中での短歌をまとめた歌集『裾野』を出版します。『裾野』は、岩手県大更(おおぶけ)、現在の岩手県八幡平市大更での5年間の生活を素朴かつ大胆に、そして抒情にあふれた言葉で歌われた短歌集です。416首がおさめられています。 歌集『裾野』(ぬはり社) この『裾野』には、「大更疎開覚書」とい [続きを読む]