くまくまこあら さん プロフィール

  •  
くまくまこあらさん: 暮らしの顛末
ハンドル名くまくまこあら さん
ブログタイトル暮らしの顛末
ブログURLhttp://www.smilejapan.jp/
サイト紹介文40代サラリーマン、4人家族の暮らしの顛末をお届け 趣味はカメラ、観光、旅行、アウトドア、登山
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 26日(平均12.1回/週) - 参加 2018/04/26 14:09

くまくまこあら さんのブログ記事

  • 雑草手帳を購入しました。
  • 「散歩が楽しくなる 雑草手帳」2014年7月に第1刷が発売されてから、増刷、増刷でもう第12刷目らしい。かなり売れているようだ。このところAmazonで買おうかどうか悩んでいた。雑草手帳というタイトルからして、持ち運びを前提に考えているのだとは思う。だが、実際にサイズ感や手に持った時の重さなども確かめてみないと本棚の肥やしになりかねない。で、本日「MARUZEN」に行って実物を確認、購入してきた。サイズ、厚みはま [続きを読む]
  • 安芸の宮島観光一泊二日の旅に行ってきました。
  • 母の日に夫婦で旅行に行ってきました。たまには家事を離れてゆっくりと上げ膳据え膳を堪能してもらいたいと企画した旅行。行先は広島の宮島です。人口1600人ほどの島に年間400万人が訪れるという。その雰囲気がどんなものか知りたく、宮島での一泊です。また、死ぬまでに日本三景を制覇すべく(後は松浦のみ)行ってきた。 前置きが長いけど、まずはフェリー乗り場の宮島口まで 厳島神社へ 宮島名物 牡蠣屋の焼き牡蠣 [続きを読む]
  • 特に何もない一日だけど特別な一日。
  • さてさて、今日も一日仕事です。特に変わったこともない、いつもの日常ですが・・・気分的にちょっと浮かれている本日。なぜかというと明日は広島、安芸の宮島一泊二日の旅行が控えているから。旅行は行く前の数日間の高揚が楽しい。旅の工程を考えたり、撮影機材云々を考えたり。という事で明日は5時起き。土日のブログの更新は出来ませんが、後日旅の様子をブログで報告したいと思います。それでは皆さんではでは。 [続きを読む]
  • 日常の営みの気配とか暮らしの情景とか
  • 大阪生まれ、大阪育ちの私。大阪で暮らして40年以上。他府県に住んだことがないから比べようもない。なので私自身、大阪が好きなのかどうかは分からない。これまで意欲的にこの地を出ようと思うこともなかったという事は、とりあえず不満なく暮らせているということなのだろう。それは多分、ビジネス都市という側面もありつつ、そのすぐ傍らに日々の営みが感じられる暮らしメインの街並みがあるからなのかもしれない。47都道 [続きを読む]
  • 【関西珍百景】根っこが川をまたぐ丹波市の木の根橋
  • 世の中には奇妙な現象が起こることがある。たまたまなのか、それとも神のいたずらなのか・・・ここ、兵庫県丹波市柏原地域にある大きなケヤキの大木。推定樹齢1000年といわれる大木の根本で起こっている現象が世界的にも奇妙な光景となっていると聞いてやってきた。 木の根が川をまたぐ木の根橋 なぜこうなったのか 子供の危機を救うために根が伸びた?木の根が川をまたぐ木の根橋川幅約6mほどもある奥村川をまたい [続きを読む]
  • 篠山市の武家屋敷、安間家資料館に行ってきた。
  • 篠山城の城下町にある武家屋敷、安間(あんま)家資料館。この武家屋敷は1830年以降に建てられた今なお残る江戸末期の武家屋敷。全国の「美しい日本の歴史的風土100選」にも選ばれた場所です。目の前に駐車場があるので便利。ってことで、さあさあ入館料200円で中に入ってみましょう。武家屋敷、安間家資料館土間からの眺め、台所、仏間と部屋が続いています。こちらが台所。食器などを収納する食器棚があります。こちらは次 [続きを読む]
  • 九尺藤が見頃の兵庫県白毫寺へ行ってみたら残念だった。
  • ゴールデンウィークの真っ最中、毎年この時期に見頃を迎える藤の花。被写体として撮影をしている人も多く、私も人生初の藤の花の撮影に出かける事に。目指す場所は九尺藤で有名な兵庫県丹波市にあります百毫寺。ゴールデンウィーク中の混雑は想像しておりましたが・・・まさかこれほどまでとは・・・ とにかくすごい渋滞 なんだか風情がない よく見るしだれ藤の写真のようにはいかない。 さらに盛ってみる。とにか [続きを読む]
  • シャクヤクを撮影しにシャクヤク園に行ってきました。
  • ゴールデンウィーク後半の初日。薄曇りの朝となり、日差しもなく、風も強くなんだか肌寒い。ならば今日は家でゆっくり過ごすかな。なんて午前中は家事を済ませたり、ネットで買い物をしたりしておりましたが。12時頃から青空が見え始め、日差しも強くなってきた。そして天気が良くなるとカメラを持って出かけたくなる。って事で、近所のシャクヤク園が見ごろを迎えるので撮影をしに。いつものカメラにいつものレンズ。近所での撮影 [続きを読む]
  • 珍しい桃山時代の石庭がある粉河寺へ行ってきました。
  • ゴールデンウィークの真っ只中。和歌山県紀の川市にある西国第三番札所 粉河寺にやって来ました。この川を渡ると参拝道。昔ながらの旅館や新仏具店、饅頭屋が軒を連ねる。といいたい所ですが、もう数件しか残っていない。その昔は宿泊する行者の人で賑わっていたんだろうなぁという時代の痕跡を感じるのみ。大門を越えると参拝客用の駐車場があります。50台ぐらいは停めれるかな。午後2時頃に到着した時点で9割ほどの車の数。1 [続きを読む]
  • ブログを長く続けるコツとは。10年以上ブログを続けてきた私の感想
  • ブログの更新が面倒くさい。 なんて思うようになったのなら率直に書かなくていいと思う。ブログを更新する目的がアフェリエイトで手短に収益を得たいという事なら、尚の事そのモチベーションは早くも心折れることでしょう。そうそう簡単には儲かりません。始めた当初は儲かるお金とブログにかける時間との割が合いませんので。またアフェリエイト収益目的ではなくとも、書くネタがそれほど無いって人も多いのでは。そんな方へ、 [続きを読む]
  • 大阪市内から30分程度で行ける無人駅の景観
  • この週末は4月中旬といえども30℃近い真夏日。空もスカッと晴れて絶好のアウトドア日和です。この気候に誘われて夏っぽい景観が恋しくなりやって来たの大阪市内より約30分ほどの場所。たった3駅しかない単線の路線、近鉄道明寺線です。大阪市内からも近く、のどかな景観が眺めるのでこの路線はお気に入りです。上り下り共に1時間に3本の運行。ちなみにこちらが道明寺線。出発駅、終着駅の間には1駅しかありません。その人駅が私 [続きを読む]
  • 奈良県大和郡山市を満喫してきた。
  • 奈良県大和郡山市にやって来ました。そう金魚の産地として有名な街。金魚のあちらこちらに養殖場がある景観。大和郡山市の観光協会の窓口にも当然金魚。ブラウン管テレビが水槽になってました。公衆電話BOXの水槽が有名ですが、ここ大和郡山市ではいろいろなものを水槽にするシリーズが多い。単純に可愛らしい金魚を鑑賞してもらうのではなく、そこにボケとツッコミを求めるのは関西人のさがなのかもしれない。街を散策すると唐 [続きを読む]
  • 100均ダイソーでLED電球を売ってるって知ってた?
  • マジか!ダイソー!まさか100均のダイソーでLED電球があるとは・・・初めて知った。とはいえ残念ながら100円ではない。それでも安いけど。40Wが300円、60Wが400円家電屋で売っているLED電球の3分の1ぐらいの値段なんじゃないだろうか。LED電球もここまで価格が下がったか。今週AmazonでLED電球ポチったばかりなのに。急にAmazonで買った60WのLED2つで1450円がすごく高い気がしてきた。ダイソーなら800円ですんだのに。中身はこ [続きを読む]
  • スマホの着信音恐怖症の私が起こした電車内の珍事
  • スマホの着信音が恐ろしいのです。私がスマホで電話をするのは仕事の連絡がほとんど。スマホの着信音がなると99%が仕事の用件な訳です。そんな生活環境が10年にもなると・・・スマホの着信音が鳴る→新たなタスクが増えるスマホの着信音が鳴るだけで脳内では反射的にそのような認識になるのです。で、それが続くとTV番組のBGMで電子音が流れるだけでビクッもしくはヒヤッとなるわけで、今となっては電子音恐怖症みたいな状態 [続きを読む]
  • 清流の水の流れをただただ眺めるために東吉野へ
  • 綺麗な川の流れを眺めているとついついボケーって見入ってしまって時間だけが過ぎていく。水の流れる音や野鳥の鳴き声、風の音とともに、清流の流れを眺めるのが好きなんです。そんな訳で今日は東吉野までぶらりと行ってきたので写真で紹介いたします。綺麗な川に橋を渡る軽トラ。これぞ日本の田舎の光景ですね。場所は高見川・四郷川・日裏川が合流する地点、夢淵といわれる場所です。結構深いんですが川底まで視認出来るほど [続きを読む]
  • 新しいテントとタープを買ったので早速キャンプに行ってきました。
  • 新しいテントとタープを購入した先日、テントを買い替えました。Amazonで見つけたGEERTOPという全然名前が通っていないメーカーのもの。軽量テントが主力のメーカーで品質と価格のバランスが非常に良い。2〜3シーズンで使い潰すぐらいのテントとしてちょうどいいのかも。今回購入したのは4シーズン対応で2名用。購入の決めては収納時のサイズが16x16x46cmであり、総重量3kgと非常にコンパクトサイズであること。それでいて1万円を [続きを読む]