唯沢遥 さん プロフィール

  •  
唯沢遥さん: 言の葉街道で道草を
ハンドル名唯沢遥 さん
ブログタイトル言の葉街道で道草を
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/icedoll999
サイト紹介文詩と五行歌と写真と。自分にも誰かにも思いを伝えたくて。ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 176日(平均14.5回/週) - 参加 2018/04/26 14:35

唯沢遥 さんのブログ記事

  • 栄養ドリンク
  • なんとなく疲れた気がして栄養ドリンクを飲んでみた興奮して元気になった気がするだけそう聞いていたけれどなんだか不思議体は軽く気も軽く明日を夢見ての眠りは優しく朝の挨拶もはつらつとこんなにいいならたまに頼るならいいんじゃないかいつもじゃ余計に疲れちゃうけどねにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 公園散歩
  • 秋の錦を抱きに公園散歩サクサク、サクサク足元で笑い声が〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜まだちょっと早いかもですが。会社の目の前にある広場には欅がたくさん植えられているので秋になると落ち葉がすごいです。よく会社の中にも迷い込んできますwにほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 夢を糧に
  • 空は曇って地面は夜中に降った雨でしっとりとしているけれどぐっすり眠って顔を洗えば全身に元気が湧いてくる観た夢の喜びがひたひたと全身を満たし笑顔さえ浮かんでくる夢をありがとう喜びをありがとう幸せをかみしめて今日も生きていくまだ幸せ感じる力があるから私は今日も生きていくにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 旅の途中
  • 悲しみの昨日が終り夢の明日がやってくる今はそう旅の途中〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜舞台「はみだしっ子」のサブタイトルです。正確には英語なんですが、長くて書けない英語音痴……。てなわけでハッシュタグにもした方で。生きている限りきっとみんな人生という旅の途中。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 私らしい日
  • ゆっくり眠って夢の海を泳ぎ朝の光に目覚めたらそこにあるのはどんな現実だろう力に満ち溢れて走り出したくなるような健やかな日か雨の音にもう少しと眠りに逃避したくなるようなのんびりした日かいずれにせよ私が私らしくあれる日それが一番にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 夢の舞台
  • 夢が形になって音とともに五感に染みる懐かしさが目の前にある〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜舞台のことを歌にしたいのですがなかなか難しい……。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 生きていたいなら
  • 涙雨が降る心の中にしとしとしとしと潤うことすらなく砂漠が水を吸いこむ様にひび割れた心に涙雨そんな時は精一杯の力を出して笑おう花が咲くような勢いで声を立てて笑ってみよう柔らかく力強く土をこねるように生きていたいなら[[img(https://poem.blogmura.com/gentlepoem/img/gentlepoem88_31.gif)]][https://poem.blogmura.com/gentlepoem/ranking.html にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を )] [続きを読む]
  • 小江戸歌会提出歌
  • 笑って泣いた青春の思い出が色を音を成して舞台の上に甦った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜舞台の歌は難しいなぁと思うのですが。去年もやはり惨敗した気が。それでも詠みたくなってしまうんですよね。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 幸せな夢は
  • 夢の中で夢を見る夢と分かっていて幸せな夢を見るあるはずのない未来消えたはずの未来取り返せない過去消え失せない悲しみないまぜになって夜の闇に忍び寄る夢と分かっているならいっそ楽しもう覚めてしまうまでのわずかな時間でも心癒す安らぎの時間だから得られなかった喜びをそっと抱き締めて泡となって消えるまで花のシャワーを浴びるように笑顔をたくさん開かせようにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を )に [続きを読む]
  • 花火
  • まあるく大きく空に咲く記念の花火色華やかに音厳かに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜さいたま市制15周年記念の花火が夕べありました。花火自体はちょっと離れたところで毎年やっているんですが記念花火だからなのか夕べのは私の地元の方の河川敷ででした。私は映画を見に行っていて河川敷までは行かなかったのですが(母親は友達と行っていました)ちょうど家に帰った時間に始ま [続きを読む]
  • 猫の親子
  • おチビはお母さんっ子匂いを温もりを毛並みを求めて寄り添い鼻を寄せるそこは気持ちいいかいほっと出来るかいお母さんはおチビを守ろうと警戒心あらわ眼光鋭く辺りを見つめている仲の良い親子はいじらしい [続きを読む]
  • また参ります
  • 湖を眺めながら浸かる露天風呂はサイコー!その口コミは私です〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜先日行った榛名湖温泉です。何でも伊香保のすぐ近くのため、温泉が見つかっても温泉地を名乗ることが許されなかったそうで今でも榛名湖温泉の名称のつくお宿はここの本館と別館の2つだけなんだそうです。GoogleMapの口コミを投稿したらなかなか好評らしいです(笑)いや、本当に気持ちいいんですけどね。 [続きを読む]
  • 自分から幸せに
  • 幸せになろうよ誰かのためでなく自分からまず先にそして手を差し伸べられる人になろう笑って一緒に泣いて温もりを分け合って時を過ごせるような柔らかな心をもって世界の中にいようときとして嵐が渦巻く社会だからにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 一雨ごとの
  • 雨は降るだろうか長袖が温かくなった秋深し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜10月も半ばになって、やっと秋らしくなってきました。どうしても暑がりなので長袖も良く腕まくりしてしまうのですが朝晩ぐらいはほっとしていたいものです。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 錦色に染まる日のために
  • どんより灰色の空今日の予報ではにわか雨にご注意とのこと明るい花柄の傘を持っていこうかまだどこか旅の余韻が残る朝足取り軽く行こうじゃないか秋が深まる一雨ごとに里の木々もこれからは色づいていく短い華やぎの季節に追いついて心に錦を取り込もうにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を )にほんブログ村 ポエムブログへ(文字を ) [続きを読む]
  • 休み明け
  • 安らいで休養したならば真っ直ぐに日常を見つめて今を生きよう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なんやかやと出かけていたのであんまり休みっていう気はしておりませんでしたが、有給使って5連休していたこの週末。またすぐに週末になりますが気を弛めずにしっかり働いてまいります。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 温泉詣り
  • 一人静かな時間を湖の畔の宿で過ごす日常を離れのんびりと秋を眺め暮れ行く光の中で温泉に浸かり身も心もほどけたまま眠りにつく俗世の喧騒はここへは届かないぐっすりと眠って疲れがとれたなら目覚めはいっそう爽やかで軽やかな気持ちになっているさあ神に挨拶をして日常に帰ろうか [続きを読む]
  • 榛名の紅葉
  • 濃霧がゆっくり降りてくる榛名山の色づいた葉が湖に映える秋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ひさしぶりに榛名湖温泉に来ています。今回はカメラを持ってこなかったので荷物が軽い(笑)実は榛名山って紅葉しないのかと思ってました。それにしても温泉に浸かると良く寝られますね。気持ちの良い朝です。 [続きを読む]
  • 夢の交差点
  • 木霊する声を聴きながら夢でさようならを言う忘れがたい悲しみに途切れた道はもうつながらないそれでも私が私である限り道は無限に派生するものだから途切れた道と新しい道がいつかどこかで交わる日もあるかもしれないそんな夢を見るのも悪くはないさにほんブログ村 ポエムブログへ(文字を )にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 温泉に行ってきます〜!
  • 何て健やかな秋晴れの朝旅立ちに似合いの雰囲気に心は山へと向かう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜台風に次ぐ台風で荒れ狂った風雨と暑さの先週でしたが今日は心地よい朝です。毎度おなじみ榛名湖に行く予定。山の上は涼しいかな(寒いという?)紅葉には少し早いでしょうけれど湖を眺めながらのんびり温泉に浸かってきます。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • ひとときの夢
  • 甦って溢れる青春の息吹再会をありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜はみだしっ子の舞台が昨日から始まりました。去年と違い、今年は事前に話はわかっていたのだけど。改めて息づいている世界に夢をもらいました! [続きを読む]
  • 狂う季節
  • 十月も中盤にさしかかって紅葉ははては冠雪の話題も届き始めているのになにゆえだこの暑さは台風に秋雨前線が重なって大雨はまだわかるけれど秋も深まるこの季節に残暑の響き襲い来る真夏日じわじわと体力が奪われて朝晩にためいきをつく地球のためいきのようににほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 本誌10月号投稿歌その3
  • トンボが頭で一休みした周りは笑うけれどそっとしておきたくて息も潜めたんだ弱味を握ったけれど本音を言えば使わずにすめばと願うそれが揺れる願いでも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜トンボは去年の話ですね。今ぐらいだったと思うのですがお昼休みに外の喫煙所で一服していたら私の頭に止まって。周りは「遥さん、頭に〜」と笑うんだけど自分の頭の上なんて見えないじゃないですか。しばしき [続きを読む]
  • 新しい夢を夢の中で
  • 夢の中で歌を歌っていたもう戻るはずのない場所で共の時間を過ごすはずのない仲間と一緒に喜びをかみしめつつ一生懸命に声を張り上げていたああ私はどんなに好きだったのだろうか夢の中の幸せが覚めるまで喜びに満ちていたこと覚めて悲しみに満ちたこと後悔するつもりはかけらもないけれどそんなに悲しいなら新しい道を見つけても許されるだろうかにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]