唯沢遥 さん プロフィール

  •  
唯沢遥さん: 言の葉街道で道草を
ハンドル名唯沢遥 さん
ブログタイトル言の葉街道で道草を
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/icedoll999
サイト紹介文詩と五行歌と写真と。自分にも誰かにも思いを伝えたくて。ほぼ毎日更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供424回 / 207日(平均14.3回/週) - 参加 2018/04/26 14:35

唯沢遥 さんのブログ記事

  • 休み明け
  • 安らいで休養したならば真っ直ぐに日常を見つめて今を生きよう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜なんやかやと出かけていたのであんまり休みっていう気はしておりませんでしたが、有給使って5連休していたこの週末。またすぐに週末になりますが気を弛めずにしっかり働いてまいります。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 温泉詣り
  • 一人静かな時間を湖の畔の宿で過ごす日常を離れのんびりと秋を眺め暮れ行く光の中で温泉に浸かり身も心もほどけたまま眠りにつく俗世の喧騒はここへは届かないぐっすりと眠って疲れがとれたなら目覚めはいっそう爽やかで軽やかな気持ちになっているさあ神に挨拶をして日常に帰ろうか [続きを読む]
  • 榛名の紅葉
  • 濃霧がゆっくり降りてくる榛名山の色づいた葉が湖に映える秋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ひさしぶりに榛名湖温泉に来ています。今回はカメラを持ってこなかったので荷物が軽い(笑)実は榛名山って紅葉しないのかと思ってました。それにしても温泉に浸かると良く寝られますね。気持ちの良い朝です。 [続きを読む]
  • 夢の交差点
  • 木霊する声を聴きながら夢でさようならを言う忘れがたい悲しみに途切れた道はもうつながらないそれでも私が私である限り道は無限に派生するものだから途切れた道と新しい道がいつかどこかで交わる日もあるかもしれないそんな夢を見るのも悪くはないさにほんブログ村 ポエムブログへ(文字を )にほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 温泉に行ってきます〜!
  • 何て健やかな秋晴れの朝旅立ちに似合いの雰囲気に心は山へと向かう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜台風に次ぐ台風で荒れ狂った風雨と暑さの先週でしたが今日は心地よい朝です。毎度おなじみ榛名湖に行く予定。山の上は涼しいかな(寒いという?)紅葉には少し早いでしょうけれど湖を眺めながらのんびり温泉に浸かってきます。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • ひとときの夢
  • 甦って溢れる青春の息吹再会をありがとう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜はみだしっ子の舞台が昨日から始まりました。去年と違い、今年は事前に話はわかっていたのだけど。改めて息づいている世界に夢をもらいました! [続きを読む]
  • 狂う季節
  • 十月も中盤にさしかかって紅葉ははては冠雪の話題も届き始めているのになにゆえだこの暑さは台風に秋雨前線が重なって大雨はまだわかるけれど秋も深まるこの季節に残暑の響き襲い来る真夏日じわじわと体力が奪われて朝晩にためいきをつく地球のためいきのようににほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 本誌10月号投稿歌その3
  • トンボが頭で一休みした周りは笑うけれどそっとしておきたくて息も潜めたんだ弱味を握ったけれど本音を言えば使わずにすめばと願うそれが揺れる願いでも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜トンボは去年の話ですね。今ぐらいだったと思うのですがお昼休みに外の喫煙所で一服していたら私の頭に止まって。周りは「遥さん、頭に〜」と笑うんだけど自分の頭の上なんて見えないじゃないですか。しばしき [続きを読む]
  • 新しい夢を夢の中で
  • 夢の中で歌を歌っていたもう戻るはずのない場所で共の時間を過ごすはずのない仲間と一緒に喜びをかみしめつつ一生懸命に声を張り上げていたああ私はどんなに好きだったのだろうか夢の中の幸せが覚めるまで喜びに満ちていたこと覚めて悲しみに満ちたこと後悔するつもりはかけらもないけれどそんなに悲しいなら新しい道を見つけても許されるだろうかにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 本誌10月号投稿歌その2
  • 今日は笑えなくても明日には雨が上がるならもう少し頑張れそうな巡る季節に古都を訪れるなら祈りを手向けに行こう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜1か月早かったですね。来月、京都に行く(というか、用があるのは大阪なのですが、足を延ばせるかなと)予定があるのでどこかお寺か神社にお参り〜。と思ってるんですが。時間的に厳しそうな。ううむ。にほんブログ村 ポエムブログ 短 [続きを読む]
  • 思いを長く
  • 愛されることが苦手だから愛することも苦手で人の思いがわからないから心を書いたお話に没頭して想像を巡らせる淋しいとは言わないでほしいもろく儚い自分をそれ以外に鍛える術を持たないのだから嫌われることは現実では悲しすぎるゆっくりゆっくり一生かけて人を見つめていくからにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 本誌10月号4投稿歌その1
  • 秋桜畑の中で子供たちの笑い声清く(巻頭歌 入選)待っていたよ心震わす舞台の続きをさあさまた夢を魅せてくれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜久しぶりに入選しました。この秋は成績いいな。また台風が来ていて、体調は微妙ですが頑張ろうと思います。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 昼と夜の世界
  • もっともっと高みを目指して心の感度を高めて生きていこうと思うけれどときには静かに眠りを携えて夜の闇に潜り込もうゆっくり暖かな布団を道連れに夢の冒険の旅に朝になれば世界はがらりと変わるからにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 地震速報
  • 寝ても寝ても寝足りない心地良い気温の夜に無粋な地震速報〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いや、無粋にしちゃいけないのですが。そして熟睡していて目が覚めなかったようなんですが💦な夕べでした。なんでこんなに眠いかな。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 秋の夜長に
  • 秋は風に乗ってやってくるのだという早くなる夕暮れ夏の熱をさらう風が吹いて夜がやってくるりりんりりんと虫が鳴いて空気を震わせる早く眠りにつこうこの夜を楽しむためににほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 朝寝坊
  • 少し肌寒いくらいの気温に朝の眠りはひたすら健やかに深く曙光を忘れる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いや、なんか夜が少し遅め(っても11時には寝ているんですが)なのもあるのか朝がなかなか起きられずにいます。やらなきゃならないこともあるんですが、ついぐ〜〜〜〜〜〜〜〜っとな。頑張れ自分。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 秋晴れの日に
  • 青い空に心浮かれて街へと繰り出してみる朝晩は少し冷えてきたけれどお天道様が高いときはまだ夏の名残があるというから羽織物は薄く体のスイッチを切り替えられるようにこんな日は日差しをたっぷり浴びて伸びやかに過ごそう心の奥深くに健やかな光が差し込むように真っ直ぐに空を仰いで風を抱きしめて笑顔が浮かんでくるまで世界に耳を傾けようにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 夢を新たに
  • 思う気持ちを新たに輝く夢を大切に慈しみたいから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜思いがけず夢がかなってしまった先日の全国大会ですが自分が上手になったとはまったく言えないので。15年もやっているんですが難しいですね〜。次なる目標は10席以内か!?道は遠いぞ〜。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字を ) [続きを読む]
  • 星落ちる
  • 秋台風が満開の金木犀を襲う囂々とうなりを立て雨も風も容赦なく花を叩く柔らかな秋の香りが地に落ちて夜が明けた道に星が落ちていた掃き集めても香りは台風とともに逝ってしまったにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 五行歌全国大会in大宮
  • これがふるさとだと胸を張ろう喧嘩ばかりの浦和と大宮今はひとつだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜昨日は五行歌全国大会in大宮でした。埼玉県では初の全国大会です。うん、でもin大宮なのねと思ってしまう旧浦和市民。そんな思いを込めて詠んだ歌ですがなんと草壁賞をいただいてしまいました。ひそかに夢だった賞です。まあ、無理だろうなと思っていたので思わず「はい!?」と言ってし [続きを読む]
  • 凪の季節に
  • 秋雨が残暑を洗い流す雫が熱を奪い布団の中が心地よいうつらうつらゆらゆらふわり意識は漂う心地良い温もりに穏やかに感情は凪いでいくつかの間の平穏だけど目一杯味わおうじゃないか日々戸惑い擦り傷だらけの人生なのだから優しくあれるときは自分を抱きしめよう今日を夢見て昨日を忘れてにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 今は遠い場所
  • 舞台の上は眩しい私はなぜあの場所にいないのか自分で選んだからだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜昨日は埼玉ゴスペル祭でした。会場が市内だったから、春までお世話になっていたサークルの歌を聴きに出かけてきました。みていて、どうして自分はあそこにいないのだろうと思ったけれど。足が一歩も前に進まなくなるほどの苦悩に選んだ道で後悔はしていないから。思い出は思い出として残 [続きを読む]
  • 金の星咲く
  • 秋風に混じりこむ甘い香りふわりと漂ってきて顔を上げれば金色の花が星を目覚めさせようとしていた今年もそんな季節金木犀がくすくすとささやく季節胸の奥深くに光を灯し甘く柔らかくゆるませて笑顔を咲かせる幸せがやってくるにほんブログ村 ポエムブログ 素直な詩へ(文字を ) [続きを読む]
  • 朝寝
  • 毛布にくるまってあと五分……とつぶやける休日の朝のちょっとした幸せに〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜のんびりし過ぎで逆に疲れた感じのある今週でした。(仕事が来るか来ないかって待つのも落ち着かない……)まあ、天気が悪かったせいもありますけどね。今朝は思わず「あともうちょっと〜」と布団にしがみついてしまいました。にほんブログ村 ポエムブログ 短詩・五行歌へ(文字 [続きを読む]