水絵 さん プロフィール

  •  
水絵さん: 東方の海辺
ハンドル名水絵 さん
ブログタイトル東方の海辺
ブログURLhttps://ameblo.jp/tohonoumibe/
サイト紹介文海辺で揺られましょう
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 158日(平均2.7回/週) - 参加 2018/04/26 21:14

水絵 さんのブログ記事

  • 追記【他人事というのは】
  • 人を傷つけてよいということはありません。大概にしてほしいものです。アメンバーである事の本質など、結局ネットワークを通して皆々が同じ思いでいることは難しい事は承知です。家族や夫さんのこと、自分の日々を綴ることに関して、飾る言葉はいらないと思っています。創作すること、BLは私の多岐にわたる趣味でありそれらが日常まで侵食することはほぼありません。無論、東方神起は別格の存在ではある。しかし、一方で何処か(も [続きを読む]
  • Moon
  • 自分から放つ言葉は、月しずくの如く夜の間見つめて照らす貴方への恋文。哀しみは・・・・泡沫(うたかた)の夢そして、幻。彩立つのは互いの愛を囁く甘くでもほろ苦い吐息。災う声は、夏の終わりを惜しむかの様な蝉時雨の風音、、時間の果てはやっぱりあって、冷め進む愛の温度。過ぎそして、儚いあの日の思い出を照らしてゆく・・・「逢いたい…」寄せ想うこの気持ちはそっと… 今、願いになっていく、、叶わないのが分かっている [続きを読む]
  • 雨、恋 …君しかいない 番外編… 02
  • 声をかけなければそれはそれで終わる瞬間だった。なんで声をかけられたのだろうか?そんなふうに顔に書いてある。でも、、「ありがたいっす!…でも君のは…折りたたみ傘じゃないか」「いや、俺んち近くて、、」「あ、そうなんすね」「・・・・・・」「・・・・・・」やばい沈黙。自分は、元来自ら他人に声をかけるようなことはしない上に、人見知りなのだ。沈黙されると・・・もっともっと言葉が出なくなる。「あー・・・えーっと [続きを読む]
  • 水絵やってしまった・・・&美活
  • こんにちは:-)東方の海辺/水絵です。タイトルを見て、「あぁやっぱりね。そんな予感しとったわ」という方も居るかもしれません(^_^;)先程の、君しかいない番外編 作成途中で御座います。しかしながら、いいね!をして下さった方のご厚意がありますので、これは【1話】としてそのままにしておきますm(__)mタッタラタラララ (? ∵)? (?´・J・`)?(? ∵)? (?´・J・`)?(? ∵)?(?´・J・`)?では、気を取り直し。美活話でも??我が憧れミ [続きを読む]
  • 雨、恋 …君しかいない 番外編…
  • 出会ってしまったと思った、、きっと、二人ともが互いに捕らわれた瞬間だった。危険だとも思った。ここに捕らわれたら最後だとどこかで悟ったような、そんな危なげな気持ちは、惹き付けられたら最後、、「俺、傘、もう一本あるので・・・・良ければお使いになって下さい」「あ、あぁ。傘、、あ、雨か」「いきなり降りましたね。きっと通り雨程度のものでしょうけど」「うん…」混雑する駅の改札口、四方に人々が散り散りになる午後 [続きを読む]
  • ベストパートナー 04
  • 半そでブラウスに胸下から腹にかけて黒いコルセットを巻き、スカートは何か仕込むかふわふわボリューミーで魅惑的な網タイツ、ヒールが厚く高いシューズを履き。 黒髪ツインテールの頭の中央に巨大リボンが来るカチューシャな彼女はまさに美少女。 が。(な、何この子!童顔巨乳!うわ!!) 立派な美人も顔つきは幼いのに、身体を見れば出来上がった大人。 特にコルセットのせいで余計に強調される胸はあまりにも大きく、よく [続きを読む]
  • ベストパートナー 03
  • 「んだよあの車。俺をひき殺そうとでもしてんのかよ…」 口調は冷静でも抑えた心臓はバクバクだ。暑さで流れる汗も冷や汗へと変わった。「なんか最近こういうの多くないか?運悪いのかな」 恐怖を振り払うためその場で屈伸を開始。「おいっちにー、さんしー、…あれ?ラジオ体操してね?」 いつの間にか頭の中でラジオ体操のあの曲が流れ身体もつられた。周辺に人がいないのが幸いだ。「あぁ恥ずかしい。もういいやさっさと帰ろ [続きを読む]
  • ベストパートナー 02
  • (大体なんだよ…コメディ漫画的人生ってちっとも笑わねぇヤツが言うセリフじゃないっての。まずは笑ってから言え!) もう一度足を止め勢いよく振り向く。 相変わらず距離は一定を保ったままだ。「いいか。お前が男を好きになるのは構わない。俺にはカンケーないからな。し・か・し、それに俺を巻き込まないでくれ」「気色悪いことを言うな。俺は他の男を巻き込むつもりはないし巻き込みたくもない。巻き添えにしたいのはお前だ [続きを読む]
  • ベストパートナー 01
  • 高校生設定ユノが色々小さい(しかしイケメン)設定チャンミンが変わり者(しかしイケメン)設定ユノとチャンミンが同級生設定女の子出てくる設定(絡みなし?)ガチャガチャコメディテイスト「君しかいない」と共に不定期更新─────────────────────── 「っだーっ! 付いてくんなって言ってんだろ!」 振り返ったチョン・ユンホは目を三角に叫んだ。 しかし、目の前の男は顔色ひとつ変えずこう言う。「 [続きを読む]
  • 君しかいない 09
  • 冷えきった美しいオブシディアンの瞳は、空(くう)を漂う。2月の空は、冷えれば冷える程にその煌めきを鮮明にし、見るものの髄を掴む。空漠と広がる空の様に掴み所の無い瞳は、手を伸ばせば弾いてしまいそうな程、型がくっきりと浮いた散らばる星達を一つ一つ見つめているかの様に、ちらちらと細かに揺らぐ。街灯のもと橙に照らされているユンホの肩には雪の結晶が時間をかけて解けコートに染み込んでいく。ぼんやりと立ち、でもそ [続きを読む]
  • 泪月--おぼろ--
  • あの届くはずも無い月の如く待てないこの貴方への想い 。・・・・現実には逢えるわけもない。長すぎる夜に身悶えしてしまう。愛しすぎて、、恋しすぎて。チャンミンの瞳は深い深い夜の海の様に黒く潤み、月の明かりがその水面に美しく揺蕩う。その瞳から放たれる光こそ、今宵の月なのかもしれない。何処か彼方で、愛しき人もこの空を見上げているのなら…チャンミンは夢をみる。愛しい人に誘(いざな)われるように行き着くのは、 [続きを読む]
  • 君しかいない 08
  • チャンミンは前に進めずにいた。心ごと持っていっても、恐らくは受け止めてなどもらえない。どこか確信づいてそう思っていた。ユンホへの愛しさ。それは自分をユンホを消し去ろう如く痛みとなり降り注ぐ。包み込み温めたいと思うだけじゃ足りなかった。今までがそうだったんだ。これからだって・・・ユンホが声薄く自分の名を呼んだとき、誕生日の話をした時・・・せめて振り向けば良かったのか。出来なかった事をまざまざと自己弁 [続きを読む]
  • 少し幸せすぎるんだ
  • 窓全てを埋め尽くすほど大粒大降りの雨は、眼下高規格道路を走る車のヘッドライトや街灯を乱反射させ、真暗な空の分を補うように時折目が眩むほどに輝く。---ん、チャンミン・・・夜を溶かしてどろどろにしていく程、ユンホ、あなたが輝く。ふわりと色付く肌に触れれば・・・---ふ、もう、指冷たいじゃんか。俺はまだ暑いってのに俺の指先をその色付く頬に触れ、掠れた声で言いながら微笑んで欲しくて、全神経が少しだけ震えるんだ [続きを読む]
  • 【誰も知りたくない近況的水絵…2】
  • 弁解の余地無し。????????????水絵です。ひっそーりと近況報告にやって参りました。前回のブログの日付が何月何日だったかなど、葉に溜まるツユ程も気にならないくらい間が空きました。これまでの間に、メッセージ、いいねが絶えることなく入っていた事を昨日確認しました。本当に申し訳ありません。私事ではありますが、最愛の父親が亡くなりました。急でした。ブログに立ち返る意識も、東方神起に皆様に会いに行くと [続きを読む]
  • 【誰も知りたくない近況的水絵】
  • 東方の海辺 水絵です!皆様、如何お過ごしでしょうか。しばらく、音沙汰もなく申し訳ありませんでした。体調管理が行き届いておらず不覚にも倒れてしまい、日々必要最低限をこなす事に精一杯でありました。しかしながら、最低限に削ぎ落とした生活は豊かで実りあるものでもありました。基盤である息子との生活。仕事をして、部屋かベランダで休日は本の虫。東方神起のCD&DVDをひたすらに流しつつ、ホットのほうじ茶ラテやストロベ [続きを読む]
  • コメントについて
  • 標記の件。コメントのご返信を致しました。しかしながら、、アメンバーのご申請を頂戴したときに頂きましたコメントについては、出来ておりません。全てにご返信出来ないのは、他でもない水絵の不手際が原因です。アメンバーのご申請の際に頂きましたコメントへの返信につきましては、承認の形に変えさせていただきたく思います。大変申し訳ありません。沢山のご申請、ありがとうございます。東方の海辺 水絵 [続きを読む]
  • 君しかいない 04
  • チャンミンはユンホを想えば思う程、自分を殴りたくて仕方なかった。それ故に、追いかけることが出来ずにいた。思いのまま、抱きしめに行けるのなら行っている。寒いのが嫌いなあの人の元にすぐにでも行って連れ戻したい。「・・・」もう三十分以上、両の手を固く握り締め暗くなりつつある空からハラハラ舞う雪を、瞳を細め見つめている。きっと、来るべくしてこの日が来たのだと思う。色んなタイミングで散りばめられた火種に、着 [続きを読む]
  • 君しかいない 02
  • すぅ・・・肺が雪で満たされて身体も何もかも冷え固まって、このまま雪解けまで凍ってしまって、雪解けの頃に又会えたら何か変わるのかもしれない。空気を深く吸い込んで、ゆっくりと暖かな白い息を吐きながらユンホは本気でそんな事を考えていた。木々に囲まれチラホラと遊具やベンチがある、静かな公園。子供達が遊ぶには事足りず、かと言って若者たちがスポーツをするのにも手狭で、暖かな日には年配の人らのちょっとしたたまり [続きを読む]
  • 君しかいない 01
  • それとなく、いい加減な言い訳を互いに重ねてそれはどこからとも無く凝固に幾重にも重なっていた糸がほろほろとほつれていく様に、不安定な気持ちの水面をゆらゆらと泳ぎ、離れていく。「チャンミン」「・・・ん?」「2月ってさ、俺らの誕生日あんじゃん」「あ、あぁ」「しばらく出かけてないし、、次休みあう日にメシでも行くか」「・・・んー…」「まぁ。いつ休みか分かんないけど」冬の外気等気にもならない、陽が差し込み暖か [続きを読む]
  • 【甘噛み:後書き&次回】
  • 東方の海辺 水絵です。【甘噛み】お付き合い頂き、有り難う御座いました!私の中のサディストをシム様に投影しまして(〃〃)マゾヒストなユノ様はまだまだ目覚めていきます・・・という余力を残した終え方でした。黒犬白犬に勝るとも劣らず!と評して下さった読者様が沢山いらっしゃいました。有り難う。・・・livedoorブログが本家だった頃からお読み下さっていた方なのだな・・・と、感慨深くなります。アメブロにした事により、 [続きを読む]
  • 甘噛み 完
  • 「責任…って」 言葉に自分の顔色が一気に青くなったのがわかる。 これこそが、ユンホが危惧していた事だったのだ。年下で学生で、あの時、チャンミンの将来を歪めてしまうんじゃないかと思った動揺と焦り。(今こんな事になってたんじゃ、意味ないだろ!) だが、チャンミンはユンホの動揺など気にもせず、相変わらずの乏しい表情に、ほんの少しのサディスティックさの滲む笑みを浮かべた。「ユンホさん、あんたあと何年かした [続きを読む]
  • 甘噛み 22
  • 「あいつの誤解も解いたけど、もう疎遠になったから殆どユンホさんがどこでどうしてるかはわからないって言ってた。・・・ただ、雰囲気のいいお気に入りのバーがあって通ってるって事を覚えていて、大体の場所がわかったから探したら、、、あんた有名人で」「え、誰が」「だから、ユンホさんが。……いつも一人で隅の席に座るあの美人を誰が落とせるかって、結構話題になってた。誰が声かけても袖にしてたろ」「美人って…」 確か [続きを読む]
  • 甘噛み 21
  • 「……知ってた。あの日の夜、電話した後であんたが何で辞めたのか聞き出した」「えっ?」「自分が馬鹿だと思ったし、それ以上にただのガキでしかないって事が痛いぐらいわかった。だから、あんたが電話で言った通り大人になろうと思った」 一度言葉を切った後で、ぎゅっとチャンミンの眉が中央に寄る。「なのに……あんたが」 男らしい顔によぎる表情は、悲しいとか苦しいとかより、どうしたらいいのかわからない子供の顔だった [続きを読む]
  • 甘噛み 20
  • 意識は起きていたけれど、いざ目を覚まそうとすると、瞼が酷く重かった。寝不足だからか、とか、とめどない事を半覚醒の頭で考えて、ああ、泣いたせいだと気づき、どうにか瞼を持ち上げた。 薄暗い部屋は見慣れたユンホの寝室だ。ひどい責めにあって意識を失ったらしい体は、どうやらいつの間にかベッドの上に運び込まれていたらしい。「い……って」 身を起こそうとほんの少し身を捩っただけで、全身のあちこちが痛む。 何より [続きを読む]
  • 【パスワードの海辺】-- アメンバー承認後有効記事 --
  • 東方の海辺 水絵です。livedoorブログのパスワードはこちら也。コピーしてリンク(リンク有)から飛べます。・パスワードの転載NGたかが水絵のブログ如きに・・・とお思いでしょうか(^_^;)そこをなんとかクリアした方のみ来てくださっていると思っております。はい。では。どれどれ…(⊃∵(・J・`⊂)…人生はどちらかです。勇気をもって挑むか。棒にふるか。 ↑あ。コレ↑がパスワードです(笑)嘘やん!とお思いの方!間違いな [続きを読む]