ひなせ さん プロフィール

  •  
ひなせさん: カッコ仮
ハンドル名ひなせ さん
ブログタイトルカッコ仮
ブログURLhttps://ameblo.jp/re-vapor/
サイト紹介文夫、息子に猫2匹。2LDKのマンションで3人+2匹暮らし。いつかきっと忘れてしまう日々の記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 138日(平均2.6回/週) - 参加 2018/04/26 22:18

ひなせ さんのブログ記事

  • ひとりごと
  • 怒涛ような(というより、子どもには申し訳ないけどただただ長かった)夏休みが終わって、ようやく少しずつ通常運転…じゃなくちゃいけないんだけど、気が抜けてなーんにもする気にならない 夏休み前からやってた携帯アプリに、休み中の現実逃避でどっぷりはまって、でもなんていうか、いい年した既婚女がはまっていいもんじゃない気がして(登場人物年下ばっかり!笑)、休みがあけてからツイッターで別垢とってみたり、そんな余 [続きを読む]
  • 低用量ピル
  • (月モノの話です。苦手な方自己回避お願いします) 帰省の日程と生理日ががっつり重なりそうで、仕方なくピルを飲むことにした。月経移動のためのピルは、確かこれで3回目。生理が重いのは1日だけだから、ずらすほどのことではないのかもしれないけど、子どもの希望で大型プールやスーパー銭湯みたいな予定が多くて、その全部が生理でうんぬんとつきまとってくるのは、鬱陶しい。 人間ドックでパスした婦人科系健診もどうせいかな [続きを読む]
  • 愚痴に似たなにか
  • 頭の中に言葉があふれていた気がするのだけど、日常生活に流されるまま、だらだらと、あるいはどろどろと、書きたかったことのアウトラインまで消えてしまった。脳みそまで溶けてるのかも、なんて。 そういえばこっちも前に書いた、SNS詰んでるという話。結局インスタがばれて(というより正確にはアカウントを教えることになって)、あわてて過去の特撮だのあれだのこれだのの投稿を消しては見たけど、教えてすぐに消したわけじ [続きを読む]
  • ぱわーわーど
  • いい年して、とかおかあさんのくせに、とかもうおばさんなのに、とか とにかくこの世は(なのかあの世もなのかわかんないけど)年齢だの子どもの有無だのに付随するパワーワードが多い。気にしなければいいのかもしれないけど、気づいたらそれが常識で絶対正義な気がして、実態の見えない誰か(あるいは何か)の視線が気になって、がんじがらめ。気にしなきゃいいのに気になる。もう取り返しがつかないのに、偽る。自分をいいよう [続きを読む]
  • 気づいたら、
  • もう8月。7月はほとんど喪失したんじゃないかという勢いで過ぎたような気がする。いや、喪失の理由の半分がひさびさにゲームにどはまりして(しかもスマホアプリ!)、おかげさまで寝食忘れて3kg以上体重が落ちたとかいいんだか悪いんだかわからないようなもんだから、言い訳の欠片にすらなりはしないんだけど。 それを無理やり差し引いても、はるか遠い記憶の中でここにも書いた通り(いつだっけと思って確認したらたった3記事前 [続きを読む]
  • 母息子関係
  • 今日も暑い義母から電話がきて、週末に義弟が泊まりに来る際の注意事項などを30分ほど…年明けに体調崩して入院してて、服薬を継続してるからというのもあるんだろうけど、こまめにシャワーをあびるようにいってくれとか(実際は、でかけたあと、ちょっと汗をかいたら、家を出る前などなど具体的な声がけタイミング付き)、ごはんを食べる前にキャベツに塩昆布をあえてお酢をかけて冷やしたのを食べさせてくれとか、着替えを事前に [続きを読む]
  • 大げさにいうと、SNSで詰んでるなって話
  • 気づいたら、もう7月。先週は保護者会があったり、なんだり、ちょっとネタにしたいことはあったのだけど、それより先にtwitterでも軽めに呟いた詰み気味な話。 ”インターネットをはじめた本当の初期”をのぞいて、オンラインでの活動は基本的に秘密にしてる。秘密にしてる、というか、ごく当たり前にオフラインの生活とわけてきた。ハンドルネームも(いま思うとそこそこ痛い名前も含めて)使ってたし、知り合いには絶対に見られ [続きを読む]
  • 下手すると人生初、くらいのイメージ
  • ここしばらく、というより、たぶん今年度にはいってから。私にしては珍しくいろんな人にあって、アクティブに活動してる(※あくまで自分比。普通のリア充女子たちにすると「予定全然ない!ひま!」なレベル。たぶん) たとえばこの1ヶ月くらい。・1年生のときに同じクラスだったおかあさんとランチ×2回(夏休み前にもう一度会おうと約束した)・登下校を一緒にしてた子たちのおかあさんとランチ(予定)・委員のあつまり×6回( [続きを読む]
  • 依存先
  • 前にかいた記事の(たぶん)続き。 ツイッターでもブログ(ここより前にやっていたところ)でも、子どもの特撮卒業を、楽しみなような寂しいようなそのあとの自分の身の振り方を迷うような、とにかくなんだかごちゃまぜな気持ちの中で、「そのときがくる」という覚悟だけはしながら待っていたから、いざそのときをむかえたときも「ああ、ついにきたか」という、やっぱり複雑な感情と共に受け止めた。ような気がする。正確には、現 [続きを読む]
  • しんゆう、といえるひと
  • 結婚以来(というよりもしかするともっとうんと前から)めったにないことなんだけど、夫が休みの日曜日、子どもを夫に任せて、大学時代の友だちと会ってきた。 といっても、このあいだブログに書いたYちゃんではなくて、そこにちらっと出ていたKのほう。Kは大学の入学式の日、隣の席に座って以来の付き合いで、たぶんきっと、親友って書いても大丈夫なような、そんな存在で(お互いにちゃんとそう思えてるっていう意味で) 彼女は [続きを読む]
  • ひとりの土曜日
  • 夫は休日出勤、子どもが学校のイベント。ぽつんと空いた土曜日。本当はこのすきに、ずっしり重くなった髪にパーマでもかけにいけばいいんだけど、子どもが途中で帰ってくるかもしれないから、家から出られない。 お天気もいまひとつで、午前中に子どもとでかけたついでに買いものも済ませたから、近所のパン屋に行くのも…正直、ちょっと面倒くさい。 こういうときこそ、片づけ日和!っておもーい腰をあげるべきだよなぁ…(ってこ [続きを読む]
  • 成長のための卒業
  • わりと早い段階でウルトラマンだのレスキューファイヤー(戦隊枠。知らない人多そう。笑)を見せたので、子どもが特撮にはまったのは周りより少し早かった。ちなみにどっちも最初に見せたのは私のほうの親=子どもにとっては祖父母で、預けていたときにさらっと見せててひっくり返りそうになった(きっかけについて、なんかいろいろ言い訳らしき言葉を聞いた気がするけど、正直もう覚えてない) それでも数えてみると、6年くらいか [続きを読む]
  • 13年
  • 13年前だ。指折り数えないとわからなくなってしまったくらい、あの日は遠い。 シベリアンハスキーを飼っていた。生まれたときから猫がいる生活をしていたけれど、どうしても犬が欲しいと主張したのは私だ。プードルとかラブラドールとか(大きさにだいぶ差があるけど。笑)、その手の犬を飼おうと思って見て回っていたペットショップで、「契約済み」のケースにはいっていたあの子に会った。ガラスに背中を向けて、眠ってる姿はナ [続きを読む]
  • 父の日
  • 先月母の日の話を書いた気がするから、なんとなく平等に父の日のネタも残しておいた方がいいのかしら、と思ってタイトルだけ書いてみた。…みた、けど。うーん。 両家の父親には、一応プレゼントを贈った。義父には、マットレス。義母から「テレビで見てから欲しいみたいで」と相談をうけて、高いものだったので義母・義弟・うちでシェアして。欲しいものが決まってるのだから、支払いだけ…と思ったら自分たちでは手配できないか [続きを読む]
  • 担任の先生のこと
  • 学校公開(授業参観)のときに知ってるおかあさんと会って、ちょっと立ち話。彼女とは(というか、彼女の子とは)1年生のときも同じクラスだったんだけど、今年はやっぱり雰囲気違うね、と。 クラスメイトが変わってるし、見に行ったのが主要科目(国語とか算数とか)じゃなかったから一概には言えないものの、なんていうか、昨年に比べてクラスがわちゃわちゃしてる感じ。先生も怒ってはいるんだけど、あんまり効果がないというか [続きを読む]
  • あこがれ
  • ビールのCMを見ていて、ふと、20代のころにひとり焼肉とかしてみたかったなあ、と思う。たとえば、学生に毛の生えたレベルのOLをしてたころ。あるいは、もう少し仕事に慣れてきて「社会人です」と自分のことを評するのに躊躇いが無くなったころ。 当時の私はチェーンのカフェにはいるのがせいぜいで、そういう度胸はいまひとつなくて。でも、あのころだ。あの時期に、そういうことをしてみたかったなあ、と妙な執着と共に思う。 社 [続きを読む]
  • メラノCC 集中対策マスク
  • お風呂のあとは、とりあえずシートマスク→ドライヤーというケア(といっていいのかわからないレベルのさぼり具合!)に落ち着いてる。義母から大容量入りのシートマスクをもらったのをきっかけにはじめて、以降ネットで容量が多いのを適当に。 一時期読んだ本の影響で「お風呂からあがったらいっこくも早くスプレー式化粧水→化粧水をたっぷり丁寧に→美容液をいれこむ→クリームでふた」という行程をやってみたことがあるんだけ [続きを読む]
  • 以前より楽になってる!
  • 週末に従兄弟家族が遊びに来る予定になっていたので、午前中に慌てて部屋を片付けて…はっと気づいた。以前より少し楽かも!? 以前の私はとにかく捨てられない女で(というか本当は現在進行形で捨てられない)、結婚前は大きなクローゼットが使ってない服でいっぱいだったり、よくわからない紙類(一枚一枚見てみると思い出のノートの切れはしとか、自分的にはいらないんだけど捨てていいのかわからないものとか)があちこちから [続きを読む]
  • 三菱扇風機「SEASONS」
  • 土曜日、子どもが1年越しで欲しがっていた扇風機を買ってきた。昨年の夏に買おうと計画したのだけど、時期を外して結局買わずじまい。今年は早々に、と近くの家電量販店へ。 もともと私が欲しかったのは、ド定番のバルミューダ、それがだめなら無印良品。という、家電量販店には売ってないモデルふたつ(笑) ただやっぱりバルミューダは扇風機にしては高い(夫の感覚では扇風機は1万前後だ)から、あきらめて除外。家電量販店で見 [続きを読む]
  • 終わりのつけかた。
  • 昨日の話の続き(たぶん最終回) 前のブログを書いてるあいだもちょこちょことメッセージがきて、ひっかけようと思えばひっかけられそうな釣り針もちらほらあったのを全部スルーしながら返信してたんだけど。 同じことを、夫が独身の女の子とやってたら、イヤだなあ、と突然気がついてしまった。単純なメッセージのやりとりだけじゃなくて、夫が既婚と知っていて食事に誘ってくるような、独身女子。あ、むりだー。 私自身の気持ち [続きを読む]
  • このあたりが限界かなあ、と思う
  • ボーダーくんとは、記事を書いたあともぽつぽつと(というには少し頻度が高いようなペースで)メッセージのやりとりが続いて、その内容はやっぱり他愛もないようなものばっかりで、私みたいなの相手にしてむこうは退屈じゃないのかしら、なんて思っていたら、ランチに誘われた。ボーダーくんのお仕事は、どうやら平日にも休みがあるらしい。 指が震えたけど、断った。私はどうしてもいまの生活を大切に愛おしく思っていて、そこに [続きを読む]
  • 些細なことへのこだわりが消せない
  • 大学時代の友だち(Yちゃん)から、当時入ってたサークルの同窓会?の連絡がきた。わりと日にちが近い上に日曜の夜というスケジュールで、さすがにそれは参加できなそう、と断ったのだけど、せっかく連絡とったし個別で会わない?とお誘いをもらった。 …彼女に、私はほんの少しのトラウマがある。トラウマなんていうにはずいぶん些末なことで、それでもふたりきりで会おうと言われると頭をよぎってしまうような。だからあれ以降彼 [続きを読む]
  • 梅雨入り
  • 朝からさあさあと続くゆるい雨。窓ガラス越しでは降ってるのかやんでるのかすらよくわからないけれど、空はどんより白い。先週から天気予報が繰り返してた通り、関東も今日から梅雨入りしたらしい。 外出の予定とか、洗濯とか、室内のしめっぽさとか、かびとか。日常に付帯しているあれやこれやを除けば、雨は嫌いじゃない。世界を切り離すみたいにざあざあ降ってる雨は、普段意識していない安全な場所を再確認させてくれる。 働 [続きを読む]
  • オリエント急行殺人事件
  • 昨年末に公開された、映画版のオリエント急行殺人事件。公開以降、みたいみたいと夫にねだっていたのに、冬休みもあって予定があわず、冬休みがあけたころには上映が夜の時間帯ばっかり…(さすがに子どもを置いて映画なんて見に行けない) 結局見損ねてしまったのを、ようやくDVDで見れた。 以下微妙にネタバレあったらごめんなさいの感想メモ。 オリエント急行殺人事件 (字幕版)399円Amazon ・ポアロ、かっこよすぎない?原作 [続きを読む]
  • 言語化しない方がいい記憶
  • もやもやした気持ちだとかまとまっていない感情をどこかになんとかしまいこむために、それをせっせと文章化して吐き出す作業をもう何年も(もしかすると二桁にのぼる年数で)やっているのだけど、実際の日々には文章にしていない事柄のほうがうんと多くてそういう雑多な感情は時間の経過とともにゆらゆらと記憶の彼方にほうむられていく。だから、いまわたしが抱えているこのふわふわしたなにかも本来ならそれらの雑多な記憶たちと [続きを読む]