シンイチ さん プロフィール

  •  
シンイチさん: サラリーマン行政書士の日記
ハンドル名シンイチ さん
ブログタイトルサラリーマン行政書士の日記
ブログURLhttps://www.co-idealblog.com/
サイト紹介文サラリーマンと行政書士のパラレルキャリアです。ビジネスに使える知識や情報を書いていきたいと思います。
自由文中小企業の間接部門で総務、経理、法務からIT導入まで、付加価値の高い仕事を目指しつつ、兼業行政書士としてパラレルキャリアを歩み始めました。こちらではビジネスに使える知識や情報を書いていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供196回 / 227日(平均6.0回/週) - 参加 2018/04/27 19:01

シンイチ さんのブログ記事

  • 中小企業診断士2次試験の結果とこれから。
  • 12月7日金曜日。中小企業診断士2次試験、合格発表の日です。午前10時、WEBにて発表。同日、合格者には合格通知が発送されます。さて、この日を迎えるにあたり、準備を怠っておりました。自分の受験番号をスマホに控えておくこと。仕事の合間を見て合否の確認をするためです。当日は午前中に二本の会議、ミーティングが入っていたので、お昼休憩にでも、と思っておりましたが、受験番号を控え忘れており、確認できず。そ [続きを読む]
  • 「積読整理術」ブックタワーを購入しました。
  • 今月のBEST BUY 積読用本棚、ブックタワー 積読整理術-未読と読了を分ける 積読整理術-ジャンルを分ける 積読整理術-優先順位付けする 積読整理術-やはり見た目が大事 まとめ的なもの。今月のBEST BUYどうも、読書家サラリーマン行政書士の物欲ブログです。先日のエントリーで、2018年のBEST BUYを紹介させていただきました。www.co-idealblog.com今回は、まだ月初にもかかわらず今月のBEST BUY [続きを読む]
  • 今週のお題「2018年に買ってよかったもの」
  • 今週のお題「2018年に買ってよかったもの」2018年、平成30年もいよいよ残すところ一ヶ月を切りました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。今週のお題は、「2018年に買ってよかったもの」ということで…。思い返せば、物欲に正直に、今年もいろいろなものを買いました。Apple Watchを買ったのも今年です。iPhoneⅩSは予約して、発売初日に買いました。完全にハズレでしたが…。他にも、あれや、これや、こんなものまで… [続きを読む]
  • NewsPicksアカデミア、トークイベント「才能の正体」に参加しました。
  • いつも楽しく利用させていただいているニュースアプリ、NewsPicksのイベントに参加してまいりました。テーマは「才能の正体」、ビリギャルの原作を書いた新刊本のタイトルでもあります。才能の正体 (NewsPicks Book)作者: 坪田信貴出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2018/10/17メディア: 単行本この商品を含むブログを見るイベントは、通常はNewsPicksアカデミアという、アカデミア会員(有料会員)向けのもの。それを通常有 [続きを読む]
  • 2018年11月の読書、まとめ的なもの。
  • 2018年11月の読書、まとめ的なもの。これから毎月、その月に読んだ本を復習していきたいと思います。がっつりではなく、さらりとまとめる練習も兼ねて。 知ってるつもり―無知の科学 ゲーム理論はアート 社会のしくみを思いつくための繊細な哲学 2時間でおさらいできる世界史 慟哭の谷 北海道三毛別・史上最悪のヒグマ襲撃事件 新版 動的平衡: 生命はなぜそこに宿るのか LIFE SHIFT 法のデザイン-創 [続きを読む]
  • 「君主論」現代に通用する血の通ったリーダーシップ論。
  • 「君主論」、マキャベリズムって? 「君主論」、聞くと見るでは大違い マキャベリの生きた時代とは 「君主論」で再起を果たしたマキャベリ 時代に合ったリーダーシップ論 現代にも通じる「君主論」 「君主論」はマキャベリの洞察力 あとがき的なもの「君主論 - 新版」を読んだ後に、補完的に「1分間君主論 差がつく実学教養」を読みました。「君主論」、マキャベリズ [続きを読む]
  • 「乱読のセレンディピティ」大正生まれと2045年問題。
  • 「思考の整理学」を学生時代に読んで以来、十数年ぶりに外山先生の著書、「乱読のセレンディピティ」を読みました。セレンディピティとは、イギリスの政治家ウォルポールによる造語です。意味は、「思いがけない発見」。「閃き」と言ってもいいのかもしれないですが、この「セレンディピティ」という言葉の音の響きからは、より深みや広がりを感じます。造語ゆえに、辞書的なカチッといた定義がなく、ウォルポールによる童話 [続きを読む]
  • NewsPicksフリーペーパー「HOPE」創刊2号、配布開始。
  • 楽しみにしていたものが届きました。経済専門ニュースアプリ、NewsPicksが発行するフリーペーパー、「HOPE」の第2号です。封筒のデザインもカッコイイですね。フリーペーパーの表紙はダビデ。本物のダビデ像はゴリアテを倒すために投石機を持っています。この表紙のダビデが持っているのはお金ですね。しかも円、ドル、ユーロ、ビットコインと、様々な通貨のマークが描かれています。投資先の狙いを定めているのでしょ [続きを読む]
  • 起こりうるディストピア、「一九八四年」の世界。
  • 色々なところで引用を見かけることがあり、長いこと気になっていましたが、ついにこの小説、ジョージ・オーウェルの「一九八四年」を読みました。この小説は特徴的な言葉が多く出てきて、脳裏に焼き付きます。憎悪週間2分間憎悪戦争は平和なり自由は隷従なり無知は力なり二重思考他にも多くありますが、これらは小説の世界を掌握する党が、小説の世界の住民を洗脳するために用いているツールのはず。ですが、この特徴的な [続きを読む]
  • 個人型確定拠出年金、iDeCo始めました。
  • iDeCo、始めました。 iDeCo口座開設完了! iDeCoってどんなもの? iDeCoは手堅い将来資金です。 どのくらいお得なの? 大前提!忘れるべからず! iDeCoは退職所得控除の対象 まとめ的なものiDeCo、始めました。もう話題一巡、目新しいものではなくなったiDeCo、個人型確定拠出年金です。書店の株や投資のコーナーでNISAと並んで関連書籍が平積みされておりますが、銀行さんが言うには、加入者は [続きを読む]
  • 人生3.0から人生5.0への「LIFE SHIFT」
  • 先日読み始めました〜と報告していた「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」ですが、ようやっと読み終えました。www.co-idealblog.com最近やたらと2.0とか3.0ってタイトルの本が出回ってますよね。「お金2.0」、「日本3.0」、「コトラーのマーケティング4.0」。バージョンがどんどんアップデートされております。今回のタイトルの3.0、5.0は、本書の中で出てくる人生のステージからきています。正確には、3ステージ、5ステー [続きを読む]
  • 「ビリギャル」坪田先生が暴く「才能の正体」。
  • 月末、NewsPicksアカデミアの講演会、「才能の招待」に参加することになりました。NewsPicksが主催する講演会は、普段ならアカデミア会員のみ参加可能です。今回は書籍連動企画ということで、プレミアム会員、無料会員も抽選で当選した人を招待してくれるようです。メールで申込の案内が来て、即スケジュール確認。講演会の日が空いているのを確かめて、メールのURLから抽選を申し込みました。そして数日後…当選の通知 [続きを読む]
  • 「日本企業の少し未来の働き方」イノベーションを興す組織作り。
  • 講演会に参加してから時間経過してしまいましたね…。www.co-idealblog.com後日、二回に分けて、などと言いながら他のエントリーにかまけておりました。頭から抜け落ちていく前に、そろそろ書き留めておこうと思います。二回に分ける、というのは、この講演会でお二人が登壇されたから。そして、お二人とも目からウロコが何枚も落ちるようなお話だったから。まずはお一人目の登壇者、埼玉大学大学院、人文社会科学研究科 [続きを読む]
  • 専門外からヒントを得るための読書「動的平衡」
  • 皆さんは普段、どんな本を読みますか?日常とは違う、自分とは違う人生を追体験したくて小説を読みますか?時代に取り残されないよう、ビジネス新書を読みますか?自分の専門性を高めるため、実用書、専門書を読みますか?きっと皆さん多くの本を読んでいると思います。でも、専門外、苦手な分野ってありますよね…。興味がないわけではないけれど、ずっと文系だったので理系は読みこなせない…とか。難しい用語が並んでる [続きを読む]
  • 行政書士こそ必読、弁護士が書いた「法のデザイン」。
  • 「法のデザインー創造性とイノベーションは法によって加速する」ちびちびと4日かけて読みました。並行して何冊か読んでいるので時間がかかりますね。こういう読み方って、マンガ週刊誌を読んでた頃を思い出します(笑)少し古いような、でもモダンでミニマルな装幀に惹かれて購入したこの書籍ですが、中身はなかなかに重厚でした。テーマはタイトルの通り、法律によって創造性とイノベーションというテクノロジーやビジ [続きを読む]
  • 話題のNewsPicksが「実質」2ヶ月無料!!
  • 最近通信業界隈で話題の「実質」無料ですが、NewsPicksも実質無料キャンペーン中です。私はNewsPicksの有料会員、プレミアムプランに加入しております。プレミアムプランは、有料会員のみ閲覧できる特集記事や動画コンテンツがあり、日々楽しんでいます。今回、そのNewsPicksよりメールが届きました。なんと、有料のプレミアムプランを1ヶ月無料でお試し可能なキャンペーンを始めたとのこと。申込期限は11月30日。そして、 [続きを読む]
  • 「ゲーム理論はアート」、経済学は芸術である。
  • 本日紹介するのは、「ゲーム理論はアート」という経済学の本。ゲーム理論をいかにして社会実装するか、という試みについて書かれています。ゲーム理論はご存知の通り、経済学の一分野です。それが、なぜアートなのか?気になるところです。みなさん、アートというと何を思い浮かべるでしょうか。まず最初に頭に浮かぶのは絵画でしょうか。ピカソの「ゲルニカ」、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」、レオナルド・ダ・ヴ [続きを読む]
  • 行政書士試験、お疲れ様でした!
  • 今日は11月11日、ポッキーの日であり、ガッキーを思い浮かべながら、行政書士試験で3時間座りっぱなす日です。行政書士試験を受験された皆様、お疲れ様でした。長い戦いを終えて、取り敢えず今はしばしのご休息を。振り返れば私が試験を受けたのは二年前。なんとか頑張りが実って一発合格することが出来、一月末、自信のなかった私は会社の個室で結果を見て、二度見して、複雑な気持ちになったのを今でも覚えています。落ち [続きを読む]
  • 「慟哭の谷」三毛別熊害事件
  • 本日ご紹介する本は、いつもと大分毛色が違います。「慟哭の谷」おそらく多くの方が知らない、読んだことがない本だと思います。とある事件を描いたノンフィクション小説です。この事件は、第一次世界大戦まっただ中の1915年12月、北海道苫前村の三毛別という集落で起きた、日本史上最悪の羆事件です。最初の襲撃が12月9日、羆が射殺されたのが12月14日。この6日間に死者8名、重傷者2名という被害をもたらしました。こ [続きを読む]
  • UNIQLO、ヒートテックストレッチパンツが最強だった。
  • 10月も半ばまで気温が下がらず、下旬になってやっと秋が来たと思ったら、またちょくちょく暖かい日があって。11月に入ってやっとこさ本格的に秋だなと思えるようになってきました。さて、世間では10月から衣替え。街中では、しっかり上着とネクタイを締めた暑苦しいサラリーマンを見かけましたが、暑がりな私は10月半ばまで引き続き半袖でおりました。そして11月、そんな私もついに上着を着るようになりました。世間に遅れるこ [続きを読む]
  • Sansan主催講演会、「日本企業の少し未来の働き方」に参加しました。
  • 昨日は会社にお休みをいただき、講演会に参加してきました。ここのところ有給休暇を存分に活用しているのですが、このペースですと今年得た有給休暇はすべて使い切ってしまいそうです。働き方改革関連の法改正で、有給取得5日が起業に義務付けられますが、私には無関係ですね。そんな規定よりも有給取得日数を7年を超えてからも2日ずつ増えるように法定してもらいたいですね。さて、今回の講演はとても楽しみにしておりま [続きを読む]