フミレム さん プロフィール

  •  
フミレムさん: フミレム
ハンドル名フミレム さん
ブログタイトルフミレム
ブログURLhttp://humilem.net/
サイト紹介文ちょっとしたネタをお届けするブログメディア
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 30日(平均5.1回/週) - 参加 2018/04/27 12:11

フミレム さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 美術館めぐり- オススメ2018年6月
  • 6月といえば梅雨、紫陽花。日がさすと新緑の木々が雨露にぬれて、キラキラしているイメージ。という事で、季節の花・菖蒲(琳派)や、キラキラしたものを見に行こうと思います!・ジョルジュ・ブラック展 絵画から立体への変容 ―メタモルフォーシス会期: 2018年4月28日(土) 〜2018年6月24日(日)パナソニック美術館ジュエリーが沢山あるそうです。キラキラ。・大名茶人・松平不昧 −お殿さまの審美眼−会期: 2018年4月21日( [続きを読む]
  • 人気ページの商品は頻繁に入れ替えよう
  • ブログを運営して半年ほど経過すると、人気のあるページ、無いページの明暗がハッキリと分かれてきます。たった数ページの人気ページがブログ全体のアクセスの大半を稼ぎ出すことは珍しくありません。人気ページはリアル店舗で言うなら催事コーナー。いちばん多く人が訪れる場所に売れ筋の商品を置かないなんてリアル店舗の店長だったら即閉店クビで路頭に迷ってのた打ち回ることになります。アナリティクスで人気ページを見つける [続きを読む]
  • 突然の胸の痛み!まさか心筋梗塞か!?
  • 先日、歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなられました。その数日前にはとある漫画家さんが55歳とまだ若いにもかかわらず心筋梗塞で亡くなられています。心筋梗塞や脳梗塞など、まだ若いと思っていても突然命に関わる症状を引き起こしかねない病気はほんと恐いですね。突然の強烈な痛みで気を失いかけた2、3ヶ月前バイクで家を出た直後、幹線道路を走行中に猛烈な胸の痛みに襲われて気を失いかけたことがあります。バイク運 [続きを読む]
  • カフェチェーン店のドリンクのカロリーを調べてみた。
  • たまたま時間があったので、今、スターバックスってどんな新商品が出ているのだろうかと、ウェブをチェックしていました。美味しそうなフラペチーノ系ドリンクが、インスタ等にアップされているのを目にすると、味だけでなくビジュアルも美しいなぁといつも思っています。で、これって何カロリーあるんだろうと、ちょっと気になりました。ウェブサイトでは、食物アレルギー・栄養成分(カロリー情報)がリスト化されており、こちら [続きを読む]
  • 5本の指に入るイタリアンレストラン ウシマル(千葉県)
  • 千葉県で採れた&育った食材で調理された、とても贅沢でマーベラスなイタリアンレストランが、千葉県のJR総武線 松尾駅から歩いて40分(タクシーで約10分)の所にあるんです。「USHIMARU(ウシマル)」まさに“千産千消”と呼ぶそうですが、ネットの情報によると、日本で5本指に入る名店だとか!東京駅から電車で約2時間20分。ウシマルは今回2度目の来店で、やばいくらい癖になりそうです!(笑)JR総武線 千葉駅で銚子行きに乗り換えて [続きを読む]
  • ヨガで身体の悪い癖をリセットする
  • ホットヨガを12年続けていると、色々な身体の癖が悪さすることもあるようです。自然と体幹が鍛えられ、肩コリ腰痛をほぐす為、色々なポーズを行っているのですが、何故だか何度やっても、何年やっても上手くいかないポーズや、逆にこってしまう箇所など、おかしいなと気づくことが出てきました。カウンセリングを受けているのに、受ける人によって言われていることが違ったりして、若干混乱。。ベテランカウンセラーの先生が見ると [続きを読む]
  • 【竹の駆除】竹害がひどいので文字通り根絶やしにしてやる
  • 僕の実家はけっこうな田舎で、かつて農家だったこともあっていくばくかの土地を所有しています。すでに耕作を止めてしまった土地が大半で、それらは荒れに荒れまくっているわけですがどうしようもないのでほぼ放置になっています。世の中にはこんな土地がいっぱいあって特に田舎のほうは過疎と高齢化のダブルパンチで、村中にいきなり背丈を超える雑草が生い茂る荒地があったりします。雑草は農薬を撒いたり草刈をしたりでなんとか [続きを読む]
  • 美術館めぐり- オススメ2018年5月
  • 大型連休に突入!9連休の方もいらっしゃるでしょうね。前半はお天気もよさそうで、ちょっと暑すぎるぐらいですが、美術館めぐりにとって最高の気候です。最近の傾向として、名作・名品がじゃんじゃん惜しみなく展示されているようです。1回1回がオリジナル作品との出会いですから、国宝、名品は、是非生で見たいと思います。2018年5月 訪れるつもりの企画展・百花繚乱列島会期:2018年4月6日(金)〜 5月20日(日)千葉市立美術 [続きを読む]
  • 美術館めぐり- オススメ2018年5月
  • 大型連休に突入!9連休の方もいらっしゃるでしょうね。前半はお天気もよさそうで、ちょっと暑すぎるぐらいですが、美術館めぐりにとって最高の気候です。最近の傾向として、名作・名品がじゃんじゃん惜しみなく展示されているようです。1回1回がオリジナル作品との出会いですから、国宝、名品は、是非生で見たいと思います。2018年5月 訪れた企画展・創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 ー つながる日本 [続きを読む]
  • 就職/転職のコツ(その3:相手(業界/企業等)を知ろう)
  • 相手(業界/企業等)を知ろう!“彼を知り己を知れば百選殆(危)うからず”(孫子)人口減少/少子高齢化時代おいて最も重要なことは、数少ない人材(人財)の殆ど全員が自分の意思や能力にマッチした仕事に就き、その意思と能力がフルに発揮されるような状態が実現できることです。そのためには、一人ひとりが“就職/転職のコツ”を知っておくことが重要なカギになります。 その“就職/転職のコツ”をご紹介していますが、今回 [続きを読む]
  • スマホに搭載されているセンサーの種類と役目
  • スマホ買い換えの時期がやってきました。個人的な。スマホはこの小さなデバイスの中に様々なセンサーが内蔵されており、これによって色んな機能が有効になります。APIの仕様上は30種ほどのセンサーが設定されておりセンサーの塊と言えます。格安スマホではいくつかのセンサーが省かれており機能が制限されてしまうことがよくありますが、実際、どのセンサーが何の役割を担っていて、どのセンサーがあると便利なのかをまとめま [続きを読む]
  • 買ったばかりのLED蛍光灯を5秒で爆発させた件
  • 仕事のデスクライトに27W蛍光灯のアームスタンドを利用しています。だいたい1年ちょっとで買い換えるくらいヘビーに利用していますが、今回も買い替え時期がやってきたので、気になっていた蛍光灯タイプのLED蛍光灯っていうのを購入しました。工事不要の電源内蔵タイプをチョイスLEDは直流電源で、蛍光灯は交流電源。蛍光灯の電灯器具にLEDを導入するにはこの電源の方式を変更してあげる必要があります。amazon [続きを読む]
  • 結婚式スピーチの例 エピソード8、感想2で5分以内
  • これからのブライダルシーズに向けて、結婚式スピーチの極意をお教えします。とある「話し方教室」に通っていた頃、最終テストが模擬結婚式スピーチを行うというものでした。なるほど。確かに実生活にも使えそうな、誰でも訪れる可能性のある、人前で話すチャンスですよね。私はそこでの経験がとっても役に立ち、友人代表のスピーチを4,5回程、拝命された経験があります。エピソード8割、感想2割あれも伝えよう、これも伝えよう [続きを読む]
  • 長谷川博己、「明智光秀」役で2020年大河の主役に!
  • うっひょー、嬉しいです!!思い起こせば、長谷川博己(ハセヒロ)の鮮烈テレビデビューは、2010年NHKドラマ「セカンドバージン」でした。セカンドバージン元々舞台の俳優さんで、知的な印象。そんなに有名な人ではなかった。大石静さんが大抜擢して、鈴木京香さんの相手役として、17歳年下のイケメンサラリーマンの役で、お茶の間を沸かせましたね。その次に、主演となるのが、2011年テレビ東京の「鈴木先生」です。鈴木先生 完全 [続きを読む]
  • 検索トレンドを先取り!予測キーワードを利用してバズを狙おう
  • GoogleトレンドやYahooリアルタイム検索など、いまバズってるキーワードを知る手段は以前の記事でも少し紹介しました。アクセスを稼ぐ記事の書き方 実践編今回は、「これからトレンドになりそうなキーワード」を調べて、それを狙った記事を用意周到に準備しておいてあわよくばバズを狙う記事の作り方を紹介します。トレンドはやはり強いこのサイトの記事でいま一番アクセスが多いのが奥多摩で遭難しそうになったとき持っていて助 [続きを読む]
  • ワーキングママへの仕事の指示は、瞬発力が大事。
  • webサイトのデザイン制作や、ページ更新業務や、アナリティクスのデータ集計、表作成等を、在宅作業でお願いしている女性が、何人かいます。独身時代からの付き合いで、同棲、結婚、ときて、出産というイベントが待っています。困った事が多発し始めたスキル的には、時間が経つにつれて上達し、こなす作業量もどんどんアップしてくれている事を期待してしまいますが、ワーキングママとなってからは、独身時代の頃とは状況が随分変 [続きを読む]
  • 過去の記事 …