ゆぅ さん プロフィール

  •  
ゆぅさん: 50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットの話
ハンドル名ゆぅ さん
ブログタイトル50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットの話
ブログURLhttps://petloss.hatenablog.jp/
サイト紹介文50代主婦が気になる体調や家族や仕事、そしてペットロスなんかをまったり書くブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 26日(平均7.0回/週) - 参加 2018/04/27 16:45

ゆぅ さんのブログ記事

  • 50代の主婦がうつや不安障害でデパスを服用しても肩こりが酷い
  • こんばんは、50代でデパスを断薬した主婦、ゆぅです♪うつ病や不安障害でデパスを処方されていたのですが、この辛い時期は本当に肩こりが酷く、毎日のように息子や夫に指圧してもらっていました。しかし素人が押したくらいで治る訳もなく、月に1度は整体に通っていたのですが・・・でも、デパスって筋肉の緊張を和らげる効果があるはずなのに、肩こりが酷かったんですよね(-_-;)50代の主婦がデパスを服用しても肩こりが酷 [続きを読む]
  • 50代主婦でうつ病が原因でひきこもりがちになる時の改善策とは
  • こんにちは、50代なのにひきこもりがちの主婦、ゆぅです♪私は元々引きこもりがちなのですが、うつ病やパニック障害が酷かった時は全くと言って良いほど外出する事が出来ませんでした。今から20年程前の事ですが、約5年もの間ずっと自宅にこもっていた経験があります。この時期は本当に辛くて、何もする気がおきなくて、なのに心や体が悲鳴をあげているような状態。唯一出来る事と言えば、デパスを飲み効いている間に食事 [続きを読む]
  • 50代の主婦でうつ病や不眠だと治るの?薬を飲み続ける副作用は?
  • こんばんは、50代主婦のゆぅです♪私の周りの友達も、結構な人数が軽いうつ病や不眠で悩んでいます。まぁ、年齢的に自律神経が乱れるので仕方がないのですが、辛くて心療内科や精神科に通い薬を飲み続けている事に不安を感じている人が多いんです。私もそうですが、やっぱり長年抗不安薬なんかを飲むのは嫌ですもんね(-_-;)50代の主婦でうつ病や不眠で悩んでいるならまずはリラックスできる事を見つけるのが一番なんですよね [続きを読む]
  • 50代主婦でパニック障害や過呼吸が起こるとデパスに頼る
  • こんばんは、50代主婦のゆぅです♪今では殆ど症状も出なくなっているのですが、数年前まではパニック障害や過呼吸でかなり辛い思いをした経験があります。そんな時にはデパスを服用していたのですが、これらの症状が起ると本当に辛いんですよね(;^_^A50代でデパスは卒業!そして漢方薬を服用し始めましたデパスを飲んでいる人は多いと思いますが、かなり依存してしまうんですよね(-_-;)私は20年以上もの長期に渡ってこの [続きを読む]
  • 50代主婦のうつ病とパニック障害!デパスを飲みはじめた20代
  • 50代主婦のゆぅです。実は私は20代の頃からうつ病やパニック障害を患ってきました。そして辛くなるとデパスと呼ばれる薬を飲み続けてきたのでした。まずはメンタルの病になった時の事を書いてみたいと思います。50代の主婦はうつ病とパニック障害に気を付けて!!私の場合は若い頃から精神病を患っていたのですが、40代や50代の更年期世代に増えているんですよね(-_-;)最初は仕事が辛くてウツウツしたのがキッカケだったの [続きを読む]
  • 猫の突然死から1カ月の今日は月命日。ペットロスはまだまだ続く
  • 猫の突然死から今日で1カ月。大好きだった愛猫のちぃ君の月命日です。しかし1カ月経ったのに、ペットロスはなかなか収まらず今でも毎日のように思いだしています。愛猫が突然死して1カ月経ってもペットロスは終わらないいつになったらこの悲しみが薄まるのでしょう?毎日写真を見ながら、撫でてあげたい、声が聴きたい、ギュっとしたい!!そんな思いがかなり強まってきているようです。おかしいと気づいたのは手術か [続きを読む]
  • 50代の主婦が子宮内膜症で手術!退院してから1カ月が経ちました
  • こんばんは、50代の主婦、ゆぅです♪先月の今日、子宮内膜症の手術から無事に退院する事が出来ました。退院してからの1カ月の体調を自分なりにどうだったか?を忘備録として書いてみたいと思います。50代になり子宮内膜症で手術をし退院して1カ月の間退院した当日は自分で想像していた以上に何も出来なかったんですよね(-_-;)「こうも体が動かんか?」と思う程、手術跡というか中身?がだるくて重くて・・・しかし実は [続きを読む]
  • 50代主婦で子宮内膜症で卵巣をとると閉経する可能性がある?
  • 50代の主婦、ゆぅです♪子宮内膜症で手術をしてから1カ月が経ちました。そろそろ痛みも治まりつつあるのですが、そういえばお医者さんに閉経するかもって言われていたのを思い出したんです(-_-;)年齢を考えれば更年期障害などもあるので当然と言えば当然ですが・・・50代で子宮内膜症を手術し卵巣を摘出と閉経するかも!今回、30代の時に実は片方の卵巣が摘出されていたというまさかの出来事が発覚しました。petloss.hatena [続きを読む]
  • 50代で子宮内膜症を手術後に怖いのが癒着!手術翌日から歩かされる
  • 50代で子宮内膜症を手術した後に怖いのがやっぱり癒着ですよね?まして内膜症はあっちこっちに癒着しているのをはがしているので、余計に再度ひっつきやすいんだそうで・・・私は腹腔鏡で手術したのですが、結局開腹手術になりました。が、腹腔鏡でも回復でも結局同じで、翌日導尿を抜いた直後から自力でトイレに行くという苦行が待っていました(-_-;)50代女性が子宮内膜症の手術をしたならしっかり歩いて!手術が終わった翌 [続きを読む]
  • 50代の主婦が子宮内膜症で痛かっのは生理痛と排卵痛と排便時痛
  • 50代の主婦、ゆぅです!私が子宮内膜症の最初の手術をしてから16年後に再発した内膜症の手術を行う事になったのですが、それまでに伴った数々の生理痛と排卵通と排便時痛の事を書いてみたいと思います。何よりもかなりの激痛を伴う事が一番多かったのですが、手術をする数か月前からは最悪なQOLでした(-_-;)30代から50代まで子宮内膜症に伴った生理痛(月経困難症)最初に卵巣を取ってから5年程で再発。おかしいな?と思 [続きを読む]
  • 子宮内膜症で開腹手術27日目。50代の主婦の手術跡って治りにくい
  • 子宮内膜症で開腹手術をしてから今日で27日目。元来なら腹腔鏡手術だったはずなのに、途中から開腹手術になってしまったのですが、30代の頃とは違ってどうも手術の傷跡が治りにくいような気がします(-_-;)腹腔鏡だけなら小さな傷跡が4つあっただけだったのに、お腹切ったら当然結構な傷になりますよね。「以前と同じ場所を切りました!」なんて言われても、結局縦にズバっと線が入ってるんですから・・・子宮内膜症は腹 [続きを読む]
  • 猫のペットロスで何もする気がおきなくても仕事は続けた方が良い理由
  • 猫の突然死でペットロスになってから12日。何もする気がおきず、食事もあまり喉を通らないのですが仕事だけは淡々と行っています。本音で言えば仕事なんて手につかず、辞めたい・・・しかし何もせず家に居続けてたらもっと辛い日々を過ごしていたかもしれないと考えると、何かしている方が気持ち的に少しマシかもしれないと思えるようになりました。猫のペットロスで何もする気がおきない大切な愛猫を失ったのですから、気力 [続きを読む]
  • 猫もペットロスになるの?もう一匹が急に甘えてくるようになった
  • 愛猫のちぃ君が天国に旅立って9日が過ぎました。まだまだペットロス真っ最中なのですが・・・どうも残ったもう一匹も寂しいのか、今まで以上に甘えてくるようになってしまったのです。猫もペットロスになるの?甘えん坊に変わったもう一匹我が家には2匹の猫がいました。ちぃ君とうーちゃんなのですが、この二匹、我が家に最初に来たのはうーちゃんで、その2日後に来たのがちぃ君です。兄弟ではないのですが同じスコティ [続きを読む]
  • ペットロスにだけど猫の体調不良を考え直してみる。本当に脳に問題?
  • 今日で丁度1週間が過ぎたのですが、まだまだ猫のちぃ君が天国に旅立った事が受け入れきれずペットロスで苦しんでいます。しかし少しずつ冷静さを取り戻しつつあるのか、あの時病院に行って言われた言葉を一つずつ思い出す事が出来るようになりました。思い出す事で納得出来れば良いのですが、残念な事に今回獣医さんに言われた事が納得出来ずモヤモヤと心の中で渦巻いています。ペットロスになりながらも猫の体調不良の原因を [続きを読む]
  • 猫の突然死でペットロス4日目、低体温になると冷たいところを好む
  • 猫の突然死から4日目。なかなかペットロスから立ち直れない日々が続いています。だから色々な方のブロブを読み漁り、初めて知った事がありました。それは・・・低体温になると冷たいところを好むという事。体に負担をかけないよう体温を極力下げるだからなのだそうですが、医師に言われたのは「極力温めてあげて下さいね!」だからせっせと温めてきたのですが、それがもしかすると下手に苦しい時間を長引かせてしまっ [続きを読む]
  • 猫の突然死でペットロスになってから思い出すのは苦しんでいる顔
  • 猫のちぃ君が突然死をしペットロスになって3日目。何をしていてもちぃ君の事が頭から離れず、ふと思い出すのは最後に苦しんでいた顔ばかり。まだまだ涙が溢れてとまりません。愛猫の突然死を受け入れられずペットロスになってしまうきっとあなたも同じだと思いますが、亡くなってから考えるのは後悔の方が多いのではないでしょうか?私が入院する日に「直ぐに帰ってくるから待っててね」もし待っててと言わなければも [続きを読む]