ダイナマイト さん プロフィール

  •  
ダイナマイトさん: そうか関係者立ち入り禁止2
ハンドル名ダイナマイト さん
ブログタイトルそうか関係者立ち入り禁止2
ブログURLhttp://nukui971.blog.fc2.com/
サイト紹介文そうか関係者立ち入り禁止のパスワードが勝手に変更されたため、明日を信じてに習い、2を立ち上げる
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 154日(平均0.4回/週) - 参加 2018/04/28 04:32

ダイナマイト さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大谷選手がメジャーリーグで話題になっているが
  • 見ているとアナウンサーがメジャーリーグでは、軍事用のレーダーを使ってデータを集めていると放送していた。ニューヨークタイムズから、キューバの合衆国大使館での、大使館員の健康被害・脳の損傷や耳の聴力損傷の原因は、科学者や医師たちの原因究明の努力で電磁波が原因だったとの、記事で発表がされた。フランスのf2でもそのことが放送されていた。この集団ストーカー犯罪の被害者の方々と話をしていると、携帯の通話が途中で [続きを読む]
  • カルトと死刑執行
  • むかし、むかし、地中海は陸だった。ジブラルタルと現在言われているところが裂けて、大西洋から海の水が陸だった地中海に流れ込んだ。何十年もかけて海となった。英国の放送局BBCが制作した番組を数年前にみたが、ジブラルタルが裂けて海になるところをみてないので、そうなのかもと見ていた。これだけ多くの被害者を訴える者いる。カルト組織集団ストーカー、電磁波テロ・超音波テロなどの、テクノロジーを悪用する犯罪について [続きを読む]
  • 神の正義と親子丼
  • ありもしない従軍慰安婦がセイスレイブとか南京大虐殺とかだが、この嘘も百回言えば本当になってくるそうだ。日本の国民は、この真っ赤な嘘を嘘だと思っているのだろうか、ある博物館の学術研究員とお話をしたことがあるが、被害者がそう言っているのだから本当のことなのだと説明を受けた。一方、冬のソナタでチュンさんとユジンをめぐって恋敵だったサンヨク役俳優の自殺の原因の反日法については知らなかった。この犯罪も10個 [続きを読む]
  • サイバーテロか
  • 回転すしの魚べいで、食ってみた。シャリがうまい、回転寿司では、一番好みにあう。近くになくて残念だ。6月にはいってからのことだが、タイのインターネットカフェでは赤色画面にシナ文字でフリーズだったが、回転すしの一番で注文のディスプレイがブラックかこげ茶アウトになったので、店員に聞いて見ると、この色の画面でのフリーズは初めてだと言っていた。信号機が青のなったが、2から3秒で赤になってしまう。携帯電話で話 [続きを読む]
  • 音波・電磁波によるテクノロジー犯罪
  • 中共に駐在の合衆国大使館職員が、音響・電磁波かの攻撃で脳に損傷を受ける被害を受けたそうだ。キューバの合衆国大使館職員にも昨年同じようなことがあった。アフリカのジブチでは中共軍の攻撃で米軍のパイロットが電磁波によると思われる攻撃を受け怪我をおった。毎日被害を受け続けているのでよくわかるのだが、テクノロジー犯罪被害者は、音響・電磁波による被害を受けている。身体被害でいえば、基本的には体中の細胞をいため [続きを読む]
  • 極最近の新聞記事
  • 新聞等を見ていると、関心を引く記事が時々ある。南海の侵略した島々の中共の軍事基地増強で、米国軍艦船に脅威を及ぼすレベルにほぼたっしたもようだ。石油ショックで原発を推進してきたが、それを方向転換した日本には石油ショック以上のショックでトイレットペーパーやガソリンや電気がなくならないだろうか。映画、愛と青春の旅立ち のリチャードギアがハリウッドの大のお得意さんの中共のチベット弾圧を話してハリウッドを追 [続きを読む]
  • テクノロジー兵器(機器)
  • 目覚めよ日本国家権力犯罪糾弾 打倒監視国家から、テクノロジー犯罪は非殺傷ではなく殺傷兵器2018年5月1日記事から、合衆国政府が遠隔マインドコントロール文書 誤公開だそうです。どのくらい多くの国家や団体や組織がこの部類の兵器をすでに持ちしようしていることでしょうか。日本の対応の遅れは、インテリジェンスの遅れと同様に3周遅れということでしょうか。被害者の方々が多く亡くなられています。殺傷能力によって [続きを読む]
  • コメントありがとうございました
  • リンクありがとうございました。ご質問の件ですが、最新の記事につきましては、最新記事の により見ていただける。記事一覧 により記事を最初の方から見ていただける。また、最初のほうの記事はブログを開くと最初に表示される。という環境のことですが、最初の方の記事は本でいうところの前書きと、そうゆうこともあるのかなと比較的わかってもらえる内容で、また、記事を書くブロガーが精神的疾患を患っていないこ [続きを読む]
  • 過去の記事 …