ジェーン さん プロフィール

  •  
ジェーンさん: いけばなのブログ
ハンドル名ジェーン さん
ブログタイトルいけばなのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/gentian-stone/
サイト紹介文古流のいけばなです。細く長く続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 170日(平均1.2回/週) - 参加 2018/04/28 08:57

ジェーン さんのブログ記事

  • 10月の花 その2
  • しのぶひば5本の本手いけ。古流の生花(せいか)は、曲がりが強く、瀟洒で粋なのが特徴です。 ひまわりをいけてから4日目、花びらがクシャクシャ縮れ、葉は黄色くなってきました。 花材は全部切り戻して、いけ替えました。 縦長から横長の形に、雰囲気も変わりました。 花ナスも傷んできましたが、実が可愛らしいので、散らして入れてみました。 盛花(もりばな)にしておいた3色の菊ですが、このまま、この姿で終わらせるの [続きを読む]
  • 10月の花 その1
  • 花材:つつうめもどき、アンスリューム、ソリダコ、ドラセナ。 花材:ヒマ、ガーベラ、モンステラ。 花材:アナスタシア、サンゴミズキ、ワックスフラワー、ドラセナ。 花材:ひまわり、花ナス、雪柳、モンステラ。 花材:菊  重陽の節句  重陽の節句は、9月9日が重陽すなわち陽数(奇数)の極である9が 重なる吉日として、五節句のうちで最も重んじられた節句です。 その日、朝廷では「重陽の宴」と呼ばれる菊花の宴 [続きを読む]
  • 9月の花 その4
  • 菊の花をいけました。その菊は、花屋さんの店頭にある時花がネットで包まれて、つぼんでいました。 大きな菊とは、思いましたが、ネットを外して、開いてみると、あまりに大きいので、びっくりしました。 サンゴミズキは、まだ、黄緑色でところどころ赤く色づいていました。クリスマスの頃には、枝が真っ赤になります。 花材:サンゴミズキ、菊、ワックスフラワー。 この黒い大きな水盤が、小さく見えます。菊を入れるスペース [続きを読む]
  • 9月の花 その3
  • 田んぼのあぜ道はに、彼岸花がたくさん咲いています。 彼岸花は、密生しているので、長い雄しべが隣の花の雄しべと絡まって分けるのが大変です。 彼岸花を取ってくると火事になるという迷信があるようです。不吉なイメージがついてしまって、かわいそうな花ですが、いけている人たちは、結構います。 色と言い、形と言い、とても優美な花です。 彼岸花には、葉がついていないので笹とススキも取ってきました。 彼岸花の葉は、花が [続きを読む]
  • 9月の花 その2
  • 今の時期、いい枝物がないということでヒマを買ってきました。 私は若い頃、このヒマが嫌いでした。 稽古の花材にこれが出てくると、あ〜、やだな〜と密かに思っていました。大体、暑い頃に出て来る花材です。 ヒマは、25年ぐらい、いけてないと思います。 ピンクの茎がきれいだったので買ってきました。好みも変わるものです。食べ物の好き嫌いと一緒でしょうか。 花材:ヒマ、ゆり、スプレー菊。 ヒマは、持ちがよくありませ [続きを読む]
  • 9月の花 その1
  • 花材:檜扇、ゆり、トルコギキョウ、弁慶草。 檜扇は、初夏の頃にオレンジ色の花を付けますが、私は、花材としての檜扇が嫌いです。 これでお生花(せいか)と言われるとがっくり来るのですが、今回は、花の終わった檜扇の実です。 いけてから2日目、ゆりは、2輪咲きました。雄しべは取っていません。 いけてから3日目。ゆりは、3輪開花し、花粉がポロポロ落ちてきたので、雄しべを取り除きました。 6日目のゆりです。1 [続きを読む]
  • 8月の花 その4
  • ドラセナとケイトウの小品です。花器が小さいので、花材はそれほど入りません。 ケイトウは茎が曲がってしまったのですが、少し力を加えて、まっすぐに伸ばしました。 最初に丸い花器にいけたので、今度は細長い花器にしました。花材:トルコキキョウ、ケイトウ、ドラセナ。 夏の花材を選ぶのは、苦労します。「枝物(えだもの)が入荷しない。」と花屋の奥さんに言われて迷った末に花ナスに決めました。 花ナスに、夏にはよく出 [続きを読む]
  • 8月の花 その3
  • 1週間前にいけた花をいけ替えました。 夏の暑さで、かなり傷んでしまったので使えそうなものだけ寄せ集めていけなおしました。 傷だらけの花材たちですが、玄関に何もないより、ずっといいです。 花屋さんの夏休みが終わったので花を買いに行ってきました。 花材:トルコキキョウ、ケイトウ、ドラセナ、カスミソウ。 トルコキキョウの花が1輪、首のところから折れてしまったのでこれを救済するために、こまごまとしたこと [続きを読む]
  • 8月の花 その2 
  • 花材:ソケイ、クルクマ、りんどう。 来週20日から、花屋さんが夏季休業に入るので適当に夏の花材を選んできました。 購入花材:花ナス1本、緑のアンスリューム3本、ひまわり3本、       ドラセナ1本、スターチス1本、ニューサイラン(葉)3枚。 まずは、ガラスの花瓶に投げ入れ。 次に、盛花(もりばな)。 ひまわりで小品にいけました。 原っぱで取って来た笹とニューサイランを加えます。 [続きを読む]
  • 8月の花 その1
  • 花材:クルクマ 葉が大きすぎるので、外周を切って小さくしてみました。 花材:クルクマ、りんどう、ソケイ。 孔雀ひば5本の片落としいけ。前回、枝を折ってしまったので、今回は失敗しないように、慎重に枝を撓めました。 (ためる=曲げる) [続きを読む]
  • 7月の花 その3
  • 孔雀ひばの本手いけ。 本来は5本でいける予定でしたが、4本折ってしまいました。何とか使える3本で、いけてあります。 花屋さんに、孔雀ひばがあったので、2本買ってきました。 5本で、本手いけ。完成です。 私のいけばな。花材:笹の葉、ゆり、アスター。 友人のいけばな。花材:イタリアンルスカス、透かしゆり、ヒペリカム、アスター。アスターは、私の分が少し残ったので、おすそ分けしました。 友人のゆりは、あっ [続きを読む]
  • 7月の花 その2
  • 花材:カラー、ヒペリカム、ソリダコ、カラテア。 ヒペリカムは赤い実、クリスマスの頃よく使います。黄色い小花がたくさん集まっているのが、ソリダコです。カラテアは、美しい模様の入った卵型の葉です。 花器を白いものに替えました。 連日の猛暑で、花はあまり持たないと思います。少々、短く切って株分けにしました。 前に突き出ているカラテアの葉を移動しました。左右の株を橋渡しするように。 長いカラーを5 [続きを読む]
  • 花菖蒲のつぼみ
  • 花菖蒲の花は、つぼみのまま腐っていきそうです。たぶん開花しないでしょう。 茎は細いし、開花する力があるか最初から心配でした。 株分けにした花菖蒲とふといは花菖蒲の方を小さくすることにしました。 元の高さの6割ぐらいにしました。 菖蒲とふといの組み合わせは、本の中の作例としては、ありませんでした。 ふといと組み合わせるのは、かきつばたが多かったです。かきつばたは女性的と言われ、小さく可愛らしくいけま [続きを読む]
  • 花菖蒲
  • 友人の花材を買いに行ったときに花屋の奥さんに「菖蒲があるわよ。」と言われて買ってきました。 花菖蒲の生花(せいか)をいけたいなあと思っていたからです。 花菖蒲が、いつも花屋さんの店頭にあるとは限りません。出会ったときに手に入れないともうその年は、できません。 花菖蒲をいけるのは、4年ぶりぐらいです。 ついでに、ふといも買ってきました。 花菖蒲とふといで生花(せいか)にいけてみましたが、果たして生花と呼 [続きを読む]
  • 虫狩りとアルストロメリア
  • 友人が、いけばなの稽古に来ました。 友人は、いけばな展にも参加したので、今月は、もう来ないかなと思っていましたが、休日に息子さん夫婦が訪れるので、お花を飾っておきたいそうです。 花材:虫狩、アルストロメリア、なでしこ。 友人のいけばな。 虫が好んで食べるので、この名前がついたそうです。山奥の植物を家の中に持ち込んで愛でることができるいけばなは、いいものです。 虫狩りの枝は、大変柔らかく撓め(ため= [続きを読む]
  • 矢車菊
  • 水盤にオアシス(吸水スポンジ)を入れて刺しておいた白いアルストロメリアとピンクの八重桜が散ってしまいました。 残ったのは紫陽花の葉だけです。 これに道端や畑で、今が盛りと咲いている矢車菊を取って来て刺しました。 近所の家からもらった小でまりも、少々加えました。 左側にやっと花びらがついている赤いアルストロメリアを入れてあります。あるものは入れようという思いです。 ない方がいいかと思い、抜いてみまし [続きを読む]
  • さんしゅゆとアルストロメリア
  • 花展で使った花で、もう少しいけてみました。 花も、だいぶ疲労しています。花びらが傷んだり、落ちてきました。 花材:さんしゅゆ、アルストロメリア、   エビデンドラム、紫陽花の葉。 玄関に置くために花器を替えました。さんしゅゆの枝が高くて写真に納まりませんでした。 そこで、さんしゅゆを抜いてみました。玄関の小品としては可愛らしいですが、さんしゅゆを抜いたという喪失感があります。 さんしゅゆを短く [続きを読む]
  • アルストロメリアと紫陽花
  • 花展で使った花と自宅に残っていた花で色々といけてみました。 花材がたくさんあって、嬉しいです。 まずは総動員で、盛花。水盤の中はオアシス(吸水スポンジ)が入っています。詰め込みました。 花材:八重桜、紫陽花の葉、    アルストロメリア(大・小)、    ヒペリカム(緑の実)、    エビデンドラム(オレンジ色の花)。 かなりの重さです。床の間に置いて写真を撮りましたが、全部抜いて、今度はガラス [続きを読む]
  • かきつばた一株
  • 15日、無事に花展が終了して、上げ花(あげばな)です。 会場作りといけ込みに、丸1日かかりましたが、片付けは1時間足らず。早いです。 道具類をすべてワゴン車に積み込み、36畳の和室に掃除機をかけてきれいにして、神社にお返しします。 花展で使った花材は、自宅に持ち帰りいけ直します。 かきつばたは、5杯分使いましたので葉がたくさん残っています。 なかなか稽古できないかきつばたを一人で練習しました。 花は、 [続きを読む]