統計ER さん プロフィール

  •  
統計ERさん: 統計ER
ハンドル名統計ER さん
ブログタイトル統計ER
ブログURLhttp://toukeier.net
サイト紹介文統計に関する疑問・質問・相談のEmergency Room「統計ER」やってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 113日(平均9.0回/週) - 参加 2018/04/29 09:37

統計ER さんのブログ記事

  • ダネット検定のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • ダネット Dunnett 検定のサンプルサイズ計算はどうやるか?コントロール群、統制群、非処理群などと呼ばれる比較対照グループと、複数用量の治療群、処理群を比較するダネット検定のサンプルサイズ計算は?統計ソフトRでやってみた。ダネット検定サンプルサイズ計算スクリプトの前提Liu W. 1997の論文を参照した。論文のTableの一部をtextデータにして使用している。dat.tab ダネット検定のサンプルサイズ計算スクリプトダネット検 [続きを読む]
  • 共変量で調整して平均値の多重比較をするには?
  • 三群以上の平均値を多重比較したい。でも各群の背景因子がそろっていない。背景因子を調整しながら三群以上の平均値を多重比較するにはどうすればいいか?統計ソフトRでのやり方を紹介する。共変量を調整して多重比較する方法群ごとの背景因子は、群分け変数と一緒に変わる量(変数)なので、共変量(きょうへんりょう)と呼ぶ。共変量を調整しながら多重比較してみる。共変量を調整しない多重比較はこちら→チューキーの方法 ダ [続きを読む]
  • 背景因子で調整した割合の多重比較
  • 質問ある疾患の標準治療不応例に対する追加療法の検討について。三種類の追加療法を比較検討している(A療法、B療法、C療法)。エンドポイント(割合)に差があるように見えるが、その原因としては背景因子のばらつきによると考える。そこでエンドポイントと関連する重要な背景因子を一つにまとめたスコアを使って補正することができないかと考えた。三群間の比較でそのようなことはできるか?回答ロジスティック回帰モデルで検討 [続きを読む]
  • 背景因子スコアで調整した割合の多重比較
  • 質問ある疾患の標準治療不応例に対する追加療法の検討について。三種類の追加療法を比較検討している(A療法、B療法、C療法)。エンドポイント(割合)に差があるように見えるが、その原因としては背景因子のばらつきによると考える。そこでエンドポイントと関連する重要な背景因子を一つにまとめたスコアを使って補正することができないかと考えた。三群間の比較でそのようなことはできるか?回答ロジスティック回帰モデルで検討 [続きを読む]
  • ノンパラメトリック検定の多重比較!p値調整を!
  • 三群以上の測定値を比較したいとき、測定値が正規分布しているか不明なことがある。データが正規分布しているか不明なら、ノンパラメトリック検定をおすすめする。どうやったらいいか。統計ソフトRでのやり方をご紹介。ノンパラメトリック検定とは何か?ノンパラメトリックとはパラメトリックではないという意味。パラメトリックとは、パラメーターを使うという意味だ。パラメーターとは、日本語では母数(ぼすう)と言われて、母 [続きを読む]
  • 割合のpost hoc検定ってあるの?
  • 割合の多重比較は困りポイントの一つだ。平均値の多重比較のやり方は出回っているが、割合はあまり知られていない。質問2×3の分割表分析をしたときに計算されるp値はどのように解釈したらよいのか。3群のいずれかで差があるという事だとは思うが、ANOVAのpost hocのような解析方法はあるのか。回答割合も多重比較検定が可能。二群の比較検定のp値を、Bonferroniの改良法であるHolmもしくはHochbergの方法で調整するやり方がよ [続きを読む]
  • 割合の多重比較!Bonferroni型p値調整を!
  • グループごとにランディングページのアクセスと、コンバージョン(たとえばメールアドレス登録)を競ったとする。二グループ対抗戦なら、コンバージョンの割合を割合の検定で統計処理できる。では、三グループ三つ巴だったらどうだろうか?コンバージョンYes/No x グループ1,2,3で、2 x 3の分割表になる。これを$chi^2$ カイ二乗 検定しただけでは、どのグループがコンバージョン率が高かったか不明だ。そんな時に、二グルー [続きを読む]
  • 平均値の多重比較!Bonferroni型p値調整は?
  • 三群以上の平均値を比較するときに、単純に二群比較を繰り返してはいけないことはご存知と思う。有意水準の調整によって簡単に処理する方法がBonferroni ボンフェローニ の方法とその進化版だ。統計ソフトRでBonferroni型のP値調整で多重比較を行ってみた。Bonferroniの方法とは?Bonferroniの方法とは、比較のペア数で有意水準を割り、統計学的有意の基準を厳しくする方法。三群を総当たりで比較すると三ペアできる。グループ1と [続きを読む]
  • チューキー検定はどうやる?
  • チューキー検定 テューキー検定 Tukey testを行うにはどうしたらいいか?チューキー検定は、三群以上のグループを総当たりで比較する方法。二群の比較を繰り返すのは不適切なので、チューキー検定が必要になる。統計ソフトRでチューキー検定をするには?aov()とTukeyHSD()という二つの関数を使う。ダネット検定のときと同じように、例としてwarpbreaksというデータを使う。ダネット検定をするには?機織りにおいて、tension(緊張 [続きを読む]
  • ダネット検定をするには?
  • ダネット検定 Dunnett testをするにはどうしたらよいか?ダネット検定は、比較対照群といくつかの実験群を多重比較する方法。比較対照群との比較を繰り返すのは不適切なので、ダネット検定が必要になる。統計ソフトRでダネット検定をやってみた。統計ソフトRでダネット検定をするには?まずmultcompパッケージをインストール。インストールは一回だけでOK。install.packages("multcomp")次にmultcompを呼び出す。library(multcomp) [続きを読む]
  • クロスオーバー試験のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • クロスオーバー試験とは、二群どちらにも二つの介入を受けてもらう試験。従来の薬と新薬とか、方法Aと方法Bとか、二つの方法を順番を変えて受けてもらう。利点は、小さいサンプルサイズで、信頼性の高いデータが取れること。ただし、一個目の影響がなくなるまでのウォッシュアウト期間をどうするか?という問題が付きまとう。クロスオーバー試験の前に並行群間比較試験のサンプルサイズ計算は?統計ソフトRでスクリプトを書いてみ [続きを読む]
  • 平均値の非劣性検定のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • 非劣性試験のエンドポイントが連続量で、各群の平均値を求める場合、サンプルサイズはどのように計算するか?統計ソフトRのスクリプトにしてみた。非劣性検定とは?どうやる?平均値の非劣性検定のサンプルサイズ計算 1:1の場合1:1、つまり、両群が同じ人数とする場合のサンプルサイズ計算が基本だ。1:1の時がもっとも検出力が高くなり、同じサンプルサイズなら統計学的有意になりやすい。Deltaは、非劣性マージン。これ以上劣っ [続きを読む]
  • 割合の非劣性検定のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • 非劣性検定は劣っていないことを証明する検定。割合の非劣性検定のサンプルサイズ計算はどうやるか?割合の非劣性検定のサンプルサイズ計算(Dunnett-Gentの方法)pAを、試験薬の有効率とする。pBを、標準薬の有効率とする。pB.barは、帰無仮説H0: pA=pB-DELTAの下で推定されたpB.starの漸近値。DELTAは、臨床的に意味のある最小の差。片側5%、検出率80%がデフォルト設定。pAがpB-DELTAよりも大きいことを証明したいので、片側検定 [続きを読む]
  • マッチドケースコントロール研究のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • 年齢、性別、など、病気に深くかかわっている因子だけど、研究対象にしたいわけでないとき、影響をなくしてしまいたい。ケースとコントロールの重要な因子を合わせて、ケースとコントロールを選ぶというデザインが、マッチドケースコントロール研究Matched Case-Control Studyだ。重要な因子をケースとコントロールで合わせることをマッチングという。マッチドケースコントロール研究のサンプルサイズ計算を統計ソフトRでやってみ [続きを読む]
  • 二群の例数が大きく差がある場合の比較は適切か?
  • まれな疾患の患者さんのデータと、その疾患を持たない患者さんデータを比較しようとすると、人数が大きく異なる。まれな疾患はデータが集まりにくい。人数が小さなグループと大きなグループを比較することは問題ないのか?質問比較的まれな疾患(ある疾患の非定型例)に対する研究を考えている。サンプルサイズ計算をすると、定型例が10000例、非定型例が100例と見積もられたが、このようなnにかなり差がある二群間をそのままStude [続きを読む]
  • 先行文献のサンプルサイズを参照してもよいか?
  • 先行研究のサンプルサイズと、今回計算したサンプルサイズが大きく異なると気になる。先行研究のサンプルサイズそのものを参照して、今回の研究のサンプルサイズを決めてもいいのだろうか?質問3群比較をOne-way ANOVAで実施しようと考え、サンプルサイズ計算をしたが、先行研究(1群20例)と比較してとても大きな例数(1群200例)になってしまった。先行研究の例数を根拠に今回の計画でもサンプルサイズを1群あたり20と設定するの [続きを読む]
  • ANOVAサンプルサイズ計算の際の母分散について
  • ANOVAのサンプルサイズ計算について質問をいただいた。誤差の母分散の推定値について。質問ANOVAにおけるサンプルサイズ計算について、sigma0:誤差母分散の推定値の平方根とはどの母集団を指しているのか?また、母分散がわからない場合は、過去の文献などから仮定して、「誤差分散がわからない場合」の手順に進むという解釈でよいか?回答この場合の母分散は、それぞれの群の母分散を指している。それらすべてが等しく既知という [続きを読む]
  • ANOVAのサンプルサイズ計算はどうやる?
  • 一元配置分散分析、ANOVA(アノーバ)One-way Analysis of Varianceのサンプルサイズ計算はどのようにすればいいか?統計ソフトRでやってみた。出典は永田靖著「サンプルサイズの決め方」サンプルサイズ計算の名著だ。ANOVAのサンプルサイズ計算(誤差分散がわかっている場合)永田靖著 サンプルサイズの決め方 朝倉書店 pp.129-1649.3 (誤差分散が既知の場合の)サンプルサイズ設計方法 pp.136-139群の数をk、群間で最大の差( [続きを読む]
  • 相関係数のサンプルサイズ計算はどうやる?
  • 相関係数を求める際のサンプルサイズ計算。計算根拠は、母集団の相関係数がゼロでないことを示すためには、何例必要かというもの。ゼロじゃないというだけなら、いかに人数が少なくてよいかがわかる。極論すれば、相関係数の検定なんて意味がない。相関係数は統計学的有意であるのが当たり前。母相関係数がゼロでないのが当たり前なのだ。統計学的有意が前提で、そのうえで、サンプルでの相関係数がどのくらいのときに、どんな意味 [続きを読む]
  • 続・アンケート調査に必要なサンプルサイズの計算方法は?
  • アンケート調査は何人にとったらいいか?何度も聞かれる質問だ。そんなざっくりした質問じゃ計算できないのだが、そういう固いことは言わないのが統計ER。何とかして手当てするのが統計ER。アンケート調査は何人にとったらいいのか?をもう一度考えてみた。アンケート調査はそもそも何がしたいのか?アンケート調査に必要なサンプルサイズを考える前に、質問者は、そもそも、何をどういうふうにしたいのかを想像してみる。「アンケ [続きを読む]
  • アンケート調査は何人にとったらいいのか?
  • 本当によくある、めちゃくちゃざっくりした質問。「アンケート調査をしたいのですが、何人にとったらよいのでしょうか?」まじめに考えてみようと思う。アンケート調査は何人にとったらいいの?(無限母集団におけるサンプルサイズ計算)よくある質問。「アンケート調査は何人にとったらよいでしょうか。」これは本当に困る。「世論調査のサンプルサイズは本当に意味があるのでしょうか。」「視聴率調査のサンプルサイズはほんとう [続きを読む]