のり太 さん プロフィール

  •  
のり太さん: 一緒に笑ってよ。きっと立ち上がる。
ハンドル名のり太 さん
ブログタイトル一緒に笑ってよ。きっと立ち上がる。
ブログURLhttps://norinoriandante.hatenablog.com/
サイト紹介文HIV+となり、ガンを病み、車イス生活を宣告されながら社会復帰を目指す中年リーマン日記
自由文HIV+となり、リンパ腫を病み、馬尾神経障害に悩まされ、車イス生活を宣告されながら社会復帰を目指す中年リーマンのパートナーへの思いと社会復帰への奮闘を綴ってみようと思うブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 174日(平均3.1回/週) - 参加 2018/04/30 06:52

のり太 さんのブログ記事

  • 「もういい歳なんだからさぁ…」
  • 今朝、世の中土曜日だし、緊急の用などなかろうと、のんびりして、遅くまで携帯チェックとかしてなかった。11時近くになって携帯見てみたら、前の病院の患者仲間が「11時半くらいに顔出します。」え?、何ですって?慌てて、同居人に「○○さん、11時半に顔出すって。」って言ったら、慌てて外出うる準備始めた。家にいたっていいのに、どうしてこうなんだろう、といつも思う。自分が追い出してるみたいで嫌な気持ちにさせら [続きを読む]
  • 「誕生日ケーキ」
  • 明日は同居人の誕生日。買い物なんて行けないし、大きいものは持てないし、プレゼントなんてできない身の上なので、ネットでケーキを発注。解凍に一日かかるので、今朝届くようにしておいた。「ピンポーン」同居人が対応。部屋に戻ってきて「♪Happy birthday to you?  Happy birthday to you? 」って言ったら、「あんたは、また金使って?」と若干不機嫌そう。素直にありがとうと言え、ありがとう、と。傷病手当金のおかげで [続きを読む]
  • 「歩けなくても参加したい」
  • とあるJazz Chorus Groupに属しているんだけど、元気なときはいろんな音楽イベントに出させていただいたり声をかけていただいたり、とアマチュアながらデパートだったりショッピングモールだったりそういったところに出させてもらうくらいのレベル。で、リーダー、といつの間にかその立場にされていた。2018年のクリスマスイベント直前に入院してしまい、メンバーやイベント側にも迷惑をかけてしまったが代役をお願いしてその場を [続きを読む]
  • 「朝が涼しくなりました」
  • 朝、6時になると、同居人くん、起床時の薬を飲んだか〜?と確認してくる。HIVの薬なので自分にとっては要の薬。飲み忘れが多いと、ウィルスに耐性ができちゃうんで、これだけはかかせない。まあ、大概起きてて「もう飲んだよ」って感じなんだけど。朝が弱いのに、ちょっと悪いなぁって思う。で、8時には食事の支度をしてる。食事が終わると、眠くなるのか、ゴロっと畳の部屋で横になる。半袖着てるから風邪ひかないかな。気にな [続きを読む]
  • 「繰り返しの歩行訓練」
  • 今朝は起きた時から脚の感覚がおかしくて、ちゃんと立てる気がしなくて結局午前中、ほとんどベッドで横になっていた。訪問リハビリの日だというのに。ちょっと憂鬱だった。でも復職したら調子悪いからって休んだり遅刻したりできないし、そういう時にも備えておかなくては、と、調子悪い日でもリハビリは休めない。時間になって、インストラクターのゆーた君登場。不思議なことに足底の接地感は薄いんだけど、昨日のように膝折れが [続きを読む]
  • 「え、俺ですか?」 〜 働く現役世代の孤独死(「バンキシャ!」)
  • 今日の「バンキシャ!(日テレ)」で取り上げていた孤独死が働く現役世代にも広がっているという話。よほど用がないと外に出ようとしない自分を指して同居人が言う。「ほら〜、家にばっかりいないで。」え、俺ですか?「ちゃんと積極的に社会と関わって行こうって話じゃないの?」って返したら、同居人、「え、俺ですか?」お互いに気遣ってるんだか、心配してるんだか、はたまま互いの生活志向を避難してるんだか。まぁ、健 [続きを読む]
  • 「エスカレーターを止まって乗りたい人がいる」
  • https://www.nhk.or.jp/d-navi/2020/article_7.html下肢に障害がある身になって初めて自分の身になって考えられること。確かにエスカレーターってネックになると思った。しかも、両脚ともだめな自分のような場合はハードルは高いが、右半身麻痺、左半身麻痺、それぞれ場合で寄りかかりたい側が違う。そうだ。右手摺を使いたい人も入れば、左手摺を使いたい人もいるんだ。だからエスカレーターは止まって乗ろう、という主張になる訳 [続きを読む]
  • 「障害年金申請の準備」
  • 今日、幕張本郷にある年金事務所まで出向いて話を聞いてきた。本当は船橋の相談窓口がFACEビルにあって京成線と直結しているので、そこが便利でよかったんだけど、9/27に予約を入れたら10/10過ぎでないと予約が取れないとのこと。さすが…試しに、やはり駅前にある幕張本郷で調べてもらったら10/2がOK、ということで、ひとり車椅子で行ってきた。制度のこととか、対象の病気のこととか説明を伺おうと思っていたの [続きを読む]
  • 「障害年金って何?」
  • 昼間、同居人はそそくさと外出して行くので入浴介護や訪問リハビリがなければ部屋にこもってPCに向かっている。これから機会があるであろう、ライブに使う曲のアレンジを考えたり、同じ境遇の人たちがどうやって苦境を乗り越えたりしているのかブログやツイッターを見たり。ふと、障害年金ということばに目がとまる。何だろう、障害年金って。病院からも市役所からも説明されたことがなかった。身障者手帳1級は受給している [続きを読む]
  • 「復職を目指して」
  • 昨日、会社の上司2人が様子を見に来た。現状確認と復職にあたっての打ち合わせのため。休職届は12月いっぱいまで。恐らく、車椅子生活のまま復職。ならば、そのように準備をしないといけないから、と車椅子前提の復職を考えてくださっていた。ありがたいこと。お払い箱って言われてもおかしくない、システムも戦略も自分のいた頃から随分変わってしまい、必ずしも自分の経験が活かされるという甘い世界でもない。それでも、復職 [続きを読む]
  • 「自分の度量の問題?」
  • 相変わらず家の中の雰囲気はとげとげ。同居人の誕生日は10月19日。なので、昨日彼が帰ってくる前にネットで、10月18日に届くように誕生日ケーキを注文した。(解凍1日後に召し上がれます、おのことで)それを、ひとりで食べるハメにならないことを祈る。。。どうも自分の思い通りに身動きしないことに腹立たしさを感じているように思える。寝る時間。(←夜の8時や9時には眠れない)食べ物。(←菓子やらアイスク [続きを読む]
  • 「セロリ」 ♪育ってきた環境が違うのだから…
  • 同居人が帰ってきた。風邪ひいて熱を出して横になってたんだけど、「次から次へと、まぁ・・・」凹むわぁ、その一言。晩飯食った後、部屋に入って横になっていたら「電気消して寝ろ。」「まだ眠くないし(携帯をいじっている)」「病気なんだから、目つぶって早く寝ろ。」「だから眠くなったらねるし。」「なんでそう屁理屈ばっかり言う!?」ちょっと無視して携帯をいじる。呆れたように廊下を離れていく音。きっと自分がこんなに [続きを読む]
  • 独りの通院日 with 車椅子
  • ww隣街のショッピングモールくらいはひとりで電車に乗って行ってたけど、乗換えのある1時間半の乗車は初めてだった。しかも早目とはいえ、通勤客の増えてくる時間帯。ものすごく混んで西船橋で降りられなかったらどうしよう…と不安もあったが、思いのほかスムーズに乗換え成功。次の不安は千葉から千葉大病院へのバス。列の途中になると何かとご迷惑を周りにおかけしかねないので3列のさらに横につけて4列目の先頭。つまりバ [続きを読む]
  • 退院してから「初めての一人での」車椅子通院日
  • 明日は通院日。結構早く出ないとラッシュに巻き込まれる。よりにもよって独りでの行動。今のうちから準備。保険証、よし。診察券、よし。自立支援医療受給者証、よし。重度身障者医療費助成受給者券、よし。身障者手帳、よし。財布、よし。PASMO、よし。万が一の為の紙パンツ、尿取りパッド、導尿用カテーテル、よし。あ、洗浄綿入れなくちゃ。明日、何、着て行こうかな。もうTシャツ、短パンってわけにはいかなくなる。ストレッ [続きを読む]
  • 暫く一人暮らし
  • 何となくYouTubeを流していてふと槇原敬之が聴きたくなり検索。「♪もう恋なんてしない」同居人が今朝北海道に帰省した。お母さんが震災後心配だったろう。もともと病院絡みでこのタイミングで行くことにはなっていたけどほんとはもっと早く行きたかったことだろう。それなのに、自分は飯を作ってもらい、洗濯をしてもらい、掃除をしてもらい。白血球値がなかなか上がらず抵抗力の乏しい今の自分には清潔と栄養を保ってく [続きを読む]
  • ガラ携用電池式充電器
  • 同居人が、今週末〜らい腫末、母親の様子を見に北海道に帰省する。不要なんだけど、余りに余っていたガラ携用の乾電池式充電器持って行ってもいいか、というんで即答ОK!欲しい人にあげてもらっていいけど、役に立つかなぁ・・・ [続きを読む]
  • 大阪の床屋と東京の床屋
  • 県民ショー(日テレ系)を見ていて大阪と東京の違いをクローズアップ。どっちにも長くいたからよくわかるけど、そう、大阪に住みだしたころ、散髪屋で自分で顔を洗うのに驚いた。最初何を促されているのかわからなかた。大阪はどこでも散髪1300円くらい。東京は4000円くらい。この差ってどこから来るんだろう・・・それにしても、大概の床屋は店舗前に段差はあるし椅子への移乗が大変で車椅子になってからは行けないのが [続きを読む]
  • 共感の問題? 同居人のこと
  • 今日、リハビリ病院と時の患者仲間が顔を見に来てくださった。リハビリも自主トレも進んで実践、もうすっかり杖をついて自力で歩けるんだけど、脳系由来の麻痺がまだ残っているので自分で運転できず、奥様が今日は運転してきてくださった。入院生活を通して互いに弱い一面を知っているから話も気持ちも重なるところがあって少しほっとする。奥様もご主人のご苦労を見ていらっしゃるので同じようなところで共感してくださるタイ [続きを読む]
  • シンクロニシティー
  • 日曜夜に放送されているクイズ番組『東大王』(TBS系)。パートナーと見ていた。問題「魚編のつく感じで魚の名前を表す漢字を書け。ただし他の回答者と答えがかぶっちゃだめ」ってのがあってふたりでやってみた。最初「さかな穌とか鱗とか思いついたんだけど、魚の名前じゃない…と思い書き直したものが「鮒」。二人でせーので見せ合ったらすっかりかぶってしまった。(テレビの回答者とはかぶってなかったが)性格正反対だし、 [続きを読む]
  • PC復活
  • 退院後、ずいぶん経っちゃったけど修理に出して(入院直前)戻ってきたま段ボールに入っていたPCをようやく開梱。IT機器に疎いパートナーくんを使う・・・もとい・・・に協力を仰ぐには荷が重いかな、と思ったのだが不便極まりないのでついに重い腰を上げてセッティング。5本指が使えるって便利だなぁ。スマホやいPadなんかより操作性が格段に違う。脳梗塞の患者仲間たちだと左右のどちらかに不都合があってこうはいかないんだろ [続きを読む]
  • スランプ
  • このところ、訪問リハビリでも歩行器を持ってきてもらい、部屋〜 廊下を歩いている。生憎、目覚ましい進歩が見られない。このまま、この歩行器に寄りかかって歩いているだけで歩けるよう になるのか、不安ばかりが大きくなる。それしかさせないインスト ラクターにも何となく信頼が薄れる。僅か3mの距離を移動するのにいうことを聞かない脚を引摺り、思 ったところにできるだけ足が来るように、かなり集中する。でない と、膝が [続きを読む]
  • 世の中は盆休み‥・・だった
  • これまで会社をあげて盆休みを実施する会社になんていたことなかったので迂闊に患者として知り合い仲良くなった方に「興伸」の大学芋とスイートポテトを贈った。ところか、送り先は自宅でない方で、しかも、盆休みで誰もいない、とのこと。あちゃあ、やってもーた。悪いことに興伸も盆休みらしく電話が繋がらない。まぁ、いいや、要冷凍だから品質に変化はないだろうし、と、届くまで今暫くお待ちください、とメッセージ。気が利く [続きを読む]
  • 顔面神経麻痺
  • 抗がん剤の威力で白血球や血小板の数値がなかなか元に戻って来ない。毎回、採血する度に、今度こそはと思うが横這いのまま。だから、普通だったらかからない病気にやられる。どうもリハビリに懸命になり過ぎて疲れが溜まって抵抗力が落ちたのだろうか。昨日、突然、顔左半面が動かし辛くなった。目がきつく閉じられないからシャンプーとか沁みてくる。口をゆすぐと左側から漏れてくる。顔面神経麻痺って誰もが持ってるヘルペスウィ [続きを読む]
  • 熱帯夜
  • 暑くて寝られないのかと思ったけど次第に脚の痺れが増して来てますます眠れない明日は7時前に介護タクシーが迎えに来るから早く眠りたいのに仕方ない、呑むか、鎮痛剤ごめんよ、起こしちゃうね、絶対どんなに静かに動いても車イスだと物音たててしまうんだな。。。 [続きを読む]