ままかり さん プロフィール

  •  
ままかりさん: 母が認知症になりました
ハンドル名ままかり さん
ブログタイトル母が認知症になりました
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mamakari2018/
サイト紹介文母が認知症と診断され試行錯誤しながら認知症改善・予防に効果があったこと・良かったものをご紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 104日(平均3.2回/週) - 参加 2018/04/30 20:32

ままかり さんのブログ記事

  • 高齢者こそ、時にはお化粧で気分を明るく!
  • 【お化粧の効果】若い頃から、あまり化粧っけのなかった母。年齢を重ねるうちに、いっそうお化粧に興味を失くしてしまいました。しかし、だからといってお化粧が嫌いという訳ではなく、一緒に買い物に行き、美容部員さんからお化粧してもらう機会があると、非常に嬉しそうです。以前、認知症対策(お化粧・おしゃれ)という記事で、「お化粧やおしゃれは認知症に効果的」ということを述べました。どんなに高齢のおばあちゃんでも認 [続きを読む]
  • そろそろ同居のことも考えつつ…
  • 母は、実家で1人暮らしをしています。私は実家から遠方に嫁ぎましたが、姉は実家の近くに住んでいます。そういう安心感もあり、母が自分で身の回りのことを出来るうちは1人暮らしで頑張ってもらおうと思っていました。しかし、最近の天災の多さに、何かと心配なことが増えてきました。母は足が悪いので、すぐに避難という事態になったら、きっと対応できないことでしょう。そういう時にサポートするためにも、そろそろ同居のこと [続きを読む]
  • カラオケは認知症対策・ストレス発散に効果的!
  • 認知症を発症している高齢者にとって、自発的に行える娯楽は、どうしてもワンパターンになりがちです。私の母も1人暮らしで足が悪いので、娯楽といえば、せいぜい音楽を聴いたり、DVDを観ることくらい。何か母が楽しめて、さらに認知症対策になる娯楽はないだろうかと調べていると、カラオケ療法が目に留まりました。カラオケは認知症に大変効果的だそうです。主な効果を書き出してみると…【カラオケ療法の効果】1、カラオケで [続きを読む]
  • 母の宿泊用ソファーベッド
  • 私は、実家から遠方に住んでいます。なので頻繁にという訳にはいきませんが、時おり一人暮らしの母を我が家に招待しています。その際は、和室に布団で寝てもらっていましたが、母の足が悪くなるにつれ、和室で座ったり、布団から寝起きすることが辛くなってきたそうです。しかし、1〜2年に2週間ほどしか滞在しない母専用のベッドを購入するのは、スペース的にも使用頻度的にも難しいところです。何か良い方法はないかと悩んでい [続きを読む]
  • 認知症対策「高齢者向け脳活ドリル」
  • 母が認知症と診断されてから、認知症改善のため高齢者向けの「脳活ドリル」を購入しました。「高齢者向け脳活ドリル」は目移りしてしまうくらい、たくさんの種類がありますよね。どれが最も効果が高いのか分からないので、とりあえず良さそうなものを数冊購入し、「したいものだけでいいから、試してみてね」と母に渡しました。全てのドリルに目を通した母の話によると、母の場合、次の要素を満たすドリルが取り組みやすいようです [続きを読む]
  • 姉妹間での認知症に対する価値観の相違
  • 以前からのことですが、母が認知症を発症してから姉との関係が上手くいっていません。私は実家から遠方に嫁いだので、母の近くに住んでいる姉には大変感謝しています。母の通院や買い物など、姉が付き添ってくれるからこそ、私も安心して自分の生活を送ることができているのですから。しかし、認知症という病に対する認識や母への接し方については、意見の相違というか価値観の違いを痛感することが多いです。例えば、姉に連絡して [続きを読む]
  • 高齢者一人暮らしのリスク
  • 全国各地で、集中豪雨による土砂崩れや浸水の被害が拡大していますね。被害にあった高齢者の方も多く、胸が痛む限りです。こういう天災・災害がある度に、高齢の母を一人暮らしさせていることに、不安や申し訳なさを感じます。うちの場合は幸い、母宅の近所に姉が住んでいるので、まだ安心と言えますが…。高齢者が走って逃げることは不可能ですし、避難しようにも車などの移動手段を持っていません。その上ネットをしない情報弱者 [続きを読む]
  • 高齢者の雨の日の注意点と過ごし方
  • 梅雨明け間近になったものの、連日の大雨続きですね。豪雨による被害が、これ以上拡大しないことを願うばかりです。【雨の日の注意点】高齢者の場合、雨が続くと気を付けなければならないことばかり。雨の日は転倒しやすいので、母にはなるべく外出しないようにしてもらっています。その為にも、普段の買い置きは非常に大切で、トイレットペーパーや飲料水、カップラーメンや冷凍食品など長期保存できる食料は、私が帰省した時に買 [続きを読む]
  • 認知症対策「塗り絵」
  • 【楽しく続けられる大人の塗り絵】前回、認知症対策は継続が大切であるとお話ししました。認知症対策は継続が大切母が、楽しみながら続けられている認知症対策に、「大人の塗り絵」があります。画像で上げているのは、あの百円ショップ「ダイソー」のもので、百円とは思えないクオリティーです!ちなみに、色鉛筆とクレヨンもダイソーで揃えました。塗り絵4冊に色鉛筆とクレヨン揃えても、1,000円でお釣りがくるのですから本当に [続きを読む]
  • 認知症改善は継続が大切!
  • 【認知症対策は継続が必要】母が認知症とわかってから、認知症改善に良いと聞いたものは、アロマからサプリに至るまで全て試してきました。しかし、全てを継続することは時間的にも経済的にも無理です。なので、それらをふるいに掛けて残ったもの(だいたい1割くらい)だけ、続けるようにしています。認知症改善・認知症対策はとにかく継続が大切です。というのも、認知症対策に効果があるものでも、すぐに結果が出るというわけで [続きを読む]
  • 『万引き家族』で描かれた家族の絆
  • 先日、2ヶ月ぶりに母の元へ帰りました。以前、認知症対策のため、母と定期的に映画鑑賞していることをお話ししました。?映画鑑賞のススメ今回は、母の希望で、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞の話題作『万引き家族』を観に行ってきました。面白いとか感動したという一般的な感想が当てはまらない、非常に考えさせられる問題作といった印象を持ちました。貧困・虐待・独居老人など、現代日本の様々な問題が描かれています。その [続きを読む]
  • ハンドケアは全ての高齢者に効果的!
  • 【ハンドケアは認知症にも緩和ケアにも効果がある】母が認知症と分かってから、続けている習慣があります。それは、母にハンドマッサージをしてあげること。離れて暮らしているので、帰省したときは必ずマッサージを行っています。認知症予防や緩和ケアにハンドケアは大変有効だそうで、取り入れている高齢者施設も多いようです。施設で行う場合は、きちんと講習を受けたスタッフさんがしますが、私の場合は全然本格的なものではな [続きを読む]
  • 音楽による認知症改善
  • カラオケが認知症改善に良いことは有名ですね。しかし、高齢者がカラオケに毎日行くのは大変ですし、費用も掛かります。ですが、家での音楽鑑賞ならほぼ無料ですし、毎日手軽に行えます。今日は、音楽による認知症改善について、お話ししていきたいと思います。【音楽は記憶を呼び覚ます】「この曲を聞くと、学生時代を思い出す」とか「この歌を歌うと初恋を思い出す」といった経験はありませんか?音楽を聴くと、長期記憶を司る脳 [続きを読む]
  • 血行改善は認知症改善に繋がる
  • 認知症を発症しやすくなる原因の一つとして、血行不良があげられます。心臓から運び出される血液の20%が脳への血流 で、それを栄養として脳は機能しているんだそうです。脳への血流が低下すると 、それに比例して 脳の機能も低下していくとのこと。確かに、私の母は低血圧で冷え性です。体温も低く、決して血行が良いとは言えません。認知症のみならず、ガンなどへの免疫を考えても血行不良はよろしくないので、 様々な方法で血行 [続きを読む]
  • 怒らない介護
  • 【怒りは親だけでなく自分も追い詰める】母が認知症になってしばらくは、大好きな母が認知症という事実がショックで、母が物忘れしたり何か失敗する度に怒ってしまっていました。認知症患者を怒ってはいけないということは十分に分かっているはずなのに、つい怒ってしまうのです。母が認知症であるという事実を認められず受け入れられないストレスが原因だったのだろうと、今になって思います。怒ることで、母が認知症であることを [続きを読む]
  • 歩きやすく着脱しやすい靴で転倒リスクを減らす!
  • 【家の中のスリッパも転倒リスクに】以前、高齢者の転倒は、認知症を引き起こす原因となるので、転ばない工夫が必要という記事を書きました。「転倒防止対策」は高齢者に必要不可欠!転倒防止のためには、手すりだけでなく、履物の選び方も大切になってきます。例えば、スリッパ。以前、母は家の中でスリッパを履く習慣がありました。しかし、今はやめてもらっています。というのも、知人のお母さんが、家の中でスリッパで躓き転倒 [続きを読む]
  • 映画鑑賞のススメ
  • 【映画は表情も感情も豊かにする】10年ほど前から、私が実家に帰省した際は、一緒に映画を観に行くことが、母と私の楽しみになっていました。もともと母が映画やドラマが好きなこと、高齢者だと映画料金が安いことから、レジャーとして始めた習慣でした。帰省は年に2〜3回程度でしたが、母が認知症と診断された1年半ほど前からは、2ヶ月に一度のペースで帰るようにしています。なので、現在は帰省のたびに映画に行くのは無理で [続きを読む]
  • 日常の中に特別なことを
  • 【変化のある生活の重要性】母が認知症と診断されたとき、医師からこんなアドバイスを受けました。「毎日が日曜日という生活が認知症にはいちばん良くないので、人と会話したり町内会に参加したりと、適度な変化ある生活を心掛けて下さい」たしかに、1人暮らしの母は、同じような毎日の繰り返しで、変化のない生活をしていました。医師のアドバイスを受けてからは、デイサービスや絵手紙の習い事に通うなど、生活に変化が出るよう [続きを読む]
  • テレビも見方次第で脳のトレーニングに
  • 【テレビをボーっと眺めて過ごすようになったら要注意】1人暮らしの母は、よくテレビを見ます。認知症だと判明したとき、母の1日の過ごし方を聞くと、昼も夜もテレビを見ている時間が大半でした。1人暮らしだから、テレビを点けていないと寂しいのかなと、申し訳なく思ったものです。母の寂しさが少しでも紛れるように、週に1度程度だった電話の頻度を週2〜3回に増やしました。「今日はどんな番組を見てたの?」とか「何か面白 [続きを読む]
  • 辛いときは人の優しさに励まされ…
  • 約1年半前、母が認知症と診断され、どうすればいいのか右も左も分からず、途方に暮れた毎日。それから、あらゆる友人知人に、何か良い改善方法はないか相談してきました。認知症の家族がいる人からは試して効果が出たことなど、具体的なアドバイスをもらいました。身近に認知症患者がいなくても、親身になって話を聞いてくれた人がほとんどでした。その中には、わざわざ認知症改善に良い方法がないか調べたり、専門家に問い合わせ [続きを読む]
  • 認知症改善に朝食は大切!
  • 【栄養不足は認知症の原因に】母が認知症を発症した原因と思われるものの一つに、栄養不足があります。60歳まで母はずっと仕事をしており、忙しくて食事を簡単に済ませることが多々ありました。それに偏食もあったので、私たちと同じ食事を摂らず、自分はお茶漬けとお漬物だけということも珍しくありませんでした。ネットで認知症関連の様々な記事を読んでいると、40代50代の食生活で将来の認知症リスクが決まるとあり、それを信じ [続きを読む]
  • 認知症は決して恥ずかしい病ではない
  • 【認知症は恥ずかしいという思い込み】認知症と診断されたとき、非常にショックを受けていた母。私も、大好きな母が認知症だとわかり、大変ショックでしたが、母と話すうち、母と私が落ち込む理由が異なることに気付きました。私がショックを受けた理由は、今までずっと健康に来られたので、今後もずっと母は元気でいてくれるだろうと、ずっと根拠なく思い込んでいたからです。その思い込みがあったため、もともと母が持病を抱えて [続きを読む]
  • 「できることは自分でやる」ことが認知症改善に
  • 【認知症患者の行動制限・外出制限の是非】母が認知症になって最も困ったのは、様々な場面で姉と意見が合わないことでした。認知症とわかってから、姉は心配だからと「母の外出を制限」しようとしました。例えば、1人での買い物や友人との外食月一回のカラオケサークルなどです。それらを全て制限しても、姉が週に一度買い物に連れて行ったり、デイサービスに週2回通うことがその代わりになると、姉は言うのです。しかし、そうい [続きを読む]
  • 原因がわかれば認知症は改善する!
  • 母の認知症発症には「母独自の原因がある」と思い至った経緯は、昨日のブログでお話ししました。認知症の原因を探ることが改善の第一歩(認知症の原因は人それぞれ)複数考えられる原因の中から最も母にダメージを与えているのは何か?母の認知症が判明した当時のことや調子が悪い時の共通点をよく考えてみました。母が認知症と判明したのは、1年7ヶ月前。私が里帰りした2か月後のことでした。実家から離れた遠方に住んでいる私 [続きを読む]
  • 認知症の原因を探ることが改善の第一歩(認知症の原因は人それぞれ)
  • 【認知症の原因は人それぞれ】家族や近しい人が認知症になったら、本やネットで原因・改善法について調べる方が多いと思います。母が認知症だと分かったとき、「原因は何だったんだろう?」「いったい何が悪かったんだろう」と私自身思い悩み、「認知症 原因」などのキーワードでネット検索し、記事を読み漁る日々でした。しかし、どんなに原因について調べても、「これだ!」とぴったり腑に落ちるものが無いのです。なんとなく母 [続きを読む]