宇宙世界 さん プロフィール

  •  
宇宙世界さん: スピリチュアル世界への誘い
ハンドル名宇宙世界 さん
ブログタイトルスピリチュアル世界への誘い
ブログURLhttps://ameblo.jp/ucyuusekkai/
サイト紹介文#精神世界 #スピリチュアル #お守り #パワーストーン #浄化 #開運 #オーラ #占い #風水
自由文Blog:https://tenen.site/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 61日(平均10.8回/週) - 参加 2018/05/01 14:19

宇宙世界 さんのブログ記事

  • 占い|占星術と科学
  • バビロニアでも部分的には見られたことだが、ヘレニズム時代以降に占星術の適用範囲は、自然哲学、現代では「科学」と位置づけられるもの全てに拡がった。すなわち、植物学、化学(錬金術)、動物学、鉱物学、解剖学、医学などである。 #交通安全 #受験合格 #商売繁盛 #夫婦円満 #子宝成就 #学業上達 #学芸向上 #家内安全 #心願成就 #恋愛運 #技量向上#招財 #招運 #満願成就 #祭祀 #結婚運 #良縁成就 #財運 #金運 #長寿 #風水 [続きを読む]
  • ヒンドゥーの神々|ドゥン神(虎神・獅子神)
  • ドゥン神・マナスサラ神はヒンドゥー教に伝わる虎神もしくは獅子神。ヒンドゥーの神であるドゥルガー神の乗り物(ヴァーハナ)とされる。ドゥルガー神がアスラ族の王マヒシャースラを討伐する際に数々の武器や乗り物を神々から授けられた。その中の乗り物がドゥン神であり、ドゥルガー神と共にマヒシャと戦ったとされる。虎と獅子はヒンドゥー教圏の多くで聖獣とされている。 #アセンション #お守り #お祓い #スピリチュアル #ヨー [続きを読む]
  • 代替医療|プラーナ|2018-07-27
  • サンスクリットで呼吸、息吹などを意味する言葉である。日本語では気息と訳されることが多い。宇宙にはプラナ(プラーナ)というエネルギーが充満していると考え、一切の精力と勢力はプラナ即ち生力若くは霊気の顕現。 #アセンション #オーラ #カウンセラー #カウンセリング #スピリチュアル #チャネリング #ヒーラー #ヒーリング #ヨーガ #引き寄せ #浄化 #潜在意識 #瞑想 #精神世界 #自己啓発 #霊感 #霊視 [続きを読む]
  • 精神世界|ヒンドゥーの神々|カルキ神|2018-07-26
  • ヒンドゥー教に伝わるヴィシュヌの10番目にして最後のアヴァターラ。その名は「永遠」「時間」あるいは「汚物を破壊するもの」を意味する。白い駿馬に跨った英雄、あるいは白い馬頭の巨人の姿で現される。宇宙を更新するためにカリ・ユガの終わりに登場するとされる。 #アセンション #インド #オーラ #スピリチュアル #チャネリング #パワースポット #ヒーラー #ヒーリング #ヒンドゥー教 #仏教 #前世 #浄化 #瞑想 #神話 #精神世界 [続きを読む]
  • 占い|占星医学|2018-07-25
  • ミクロコスモスとマクロコスモスに照応関係を認め、人間と星位と結びつける観点は、人体の各部位を、星々と結びつけることに繋がった。『テトラビブロス』の第三の書でも、占星医学が論じられている。学派によって、その照応関係は異なるが、概ね頭部を第1のサインである白羊宮に、足先を第12のサインである双魚宮にそれぞれ対応させ、その間に残るサインを当てはめていく。外科医学でもこうした照応関係は重視され、後には瀉血で [続きを読む]
  • お守り|ガルーダ神に乗るヴィシュヌ神の指輪|№151
  • ヒンドゥー三大神には浄化・厄払い・魔除け・厄除け・除病健康・難病治癒などの御利益があります。〜ヴィシュヌ神〜様々な化身の姿で地上に現れるとされ、ガルーダ神(神鳥)を乗り物にします。現実世界はヴィシュヌ神の夢に過ぎないともされます。日本では毘紐天として知られています。 #お守り #スピリチュアル #パワーストーン #厄払い #招福#招運 #浄化 #無病息災 #病気平癒 #瞑想 #祈祷 #精神世界 #良縁成就 #超能力 #透視 # [続きを読む]
  • 精神世界|密教|明王|2018-07-22
  • 密教における尊格及び称号で、如来の変化身ともされる。密教における最高仏尊大日如来の命を受け仏教に未だ帰依しない民衆を帰依させようとする役割を担った仏尊を指す。全ての明王は大日如来が仏教に帰依しない強情な民衆を力ずくでも帰依させる為、自ら変化した仏であるとも伝えられる。そのため仏の教えに従順でない者たちに対して恐ろしげな姿形を現して調伏しまた教化する仏として存在している。 #お祓い #スピリチュアル #ヒ [続きを読む]
  • 精神世界|ヒンドゥー教における釈迦|2018-07-21
  • ヒンドゥー教の伝統の多くに於いては、ブッダをダシャーヴァターラ(神の十化身)として知られる最も重要な10の化身の最も新しい(9番目の)化身を演じさせている。偉大なるヴェーダ聖典を悪人から遠ざけるために敢えて偽の宗教である仏教を広め人々を混乱させるために出現したとされた。 #アセンション #インド #オーラ #スピリチュアル #チャネリング #パワースポット #ヒーラー #前世 #招福 #来世 #浄化 #瞑想 #神話 #祭祀 #精 [続きを読む]
  • 精神世界|ヒンドゥーの神々|ラクシュミー神|2018-07-21
  • ヒンドゥー教の女神の一柱で、美と富と豊穣と幸運を司る。蓮華の目と蓮華の色をした肌を持ち蓮華の衣を纏っている。4本の腕を持ち持物は水蓮。一部画像は貯金箱を持ち彼女の手から金貨が溢れ出ている。紅い蓮華の上に立った姿で描かれる。幸運を司るため、移り気な性格であるともいわれる。仏教にも取り込まれて吉祥天と呼ばれている。福徳安楽を恵み仏法を護持する天女とされる。 #アセンション #インド #オーラ #チャネリング # [続きを読む]
  • 精神世界|生贄|2018-07-19
  • 神への供物として生きた動物を供えること、またその動物のことである。供えた後に殺すもの、殺してすぐに供えるもののほか殺さずに神域(神社)内で飼う場合もある。『旧約聖書』『レビ記』にある贖罪の日に捧げられるヤギは「スケープゴート」の語源となった。動物だけでなく人間を生贄として供える慣習もかつてはあり、これは特に「人身御供」と呼ぶ。 #アセンション #オーラ #お守り #スピリチュアル #チャネリング #前世 #厄払 [続きを読む]
  • 精神世界|ヒンドゥーの神々|カーマ神|2018-07-19
  • ヴィシュヌ神の娘、恋愛、性愛、和合を司る神。ヒンドゥー教における愛の神である。オウムに乗り海獣マカラを旗標としサトウキビの弓と5本の花の矢を持つ。ギリシア神話のエロース(クピードー)に相当し妃のラティや親友ヴァサンタを伴って相手に近づき、その矢で射られた者は恋情を引き起こされる。苦行者の邪魔をすることもあり、それが原因でシヴァ神に焼き殺された。 #アセンション #インド #お守り #スピリチュアル #ヒンド [続きを読む]
  • 精神世界|曼陀羅|砂曼陀羅|2018-07-19
  • 壇を作り、その壇上に、宝石などを砕いたり、彩色した様々な色彩の砂を用いて描いた曼陀羅。曼荼羅そのものだけでなく、それを描き出す行為が重視される。 #インド #スピリチュアル #パワーストーン #パワースポット #ヨーガ #仏教 #厄除け #密教 #来世 #潜在意識 #祈祷 #神秘体験 #精神世界 #護符 #透視 #除霊 #霊場 #霊能者 #霊魂不滅 #魔除け [続きを読む]
  • 精神世界|勢至菩薩
  • 仏教における菩薩の一尊。「大勢至菩薩」、「大精進菩薩」、「得大勢菩薩」の別名がある。現在日本では午年の守り本尊、十三仏の一周忌本尊として知られている。火途・血途・刀途の三途、迷いと戦いの世界の苦しみから知恵を持って救い、その亡者を仏道に引き入れ、正しい行いをさせる菩薩。法然を勢至菩薩の化身とする説が中世からあった。法然は幼名を勢至丸といい、「智慧第一の法然坊」といわれ、生前から智慧の化身として考え [続きを読む]
  • 精神世界|密教|虚空蔵菩薩
  • 「明けの明星」は虚空蔵菩薩の化身・象徴とされ、知恵の菩薩とも評され、人々に知恵を授けてくれるともいわれる。虚空蔵菩薩とは広大な宇宙のような無限の智恵と慈悲を持った菩薩、という意味である。そのため智恵や知識、記憶といった面での利益をもたらす菩薩として信仰される。その修法「虚空蔵求聞持法」は、一定の作法に則って真言を百日間かけて百万回唱えるというもので、これを修した行者は、あらゆる経典を記憶し、理解し [続きを読む]