たんぽぽ さん プロフィール

  •  
たんぽぽさん: 神のいつくしみ  - 心の重荷をゆだねて‐
ハンドル名たんぽぽ さん
ブログタイトル神のいつくしみ  - 心の重荷をゆだねて‐
ブログURLhttps://kaminoitukusimi.exblog.jp/
サイト紹介文私の平和と幸せを望んでくださる神のいつくしみに出会いたい
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 25日(平均1.4回/週) - 参加 2018/05/01 15:23

たんぽぽ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分を愛する
  • 自分を愛することはいけないことでしょうか。わがままな愛ならいけないことでしょう。「自分を愛するように隣人を愛しなさい」というのはキリスト教で神への愛に次ぐ大事なおきてですが、何人かの聖人は注意を促しています。隣人愛の前に必要なのは自分を愛することであると。自分を愛さなければ、自分を愛するように隣人... [続きを読む]
  • 罪人こそ私のあわれみを受けるにふさわしい
  • 聖ファウスチナに与えられたキリストからの啓示の中には、「罪人こそ私のあわれみを受けるにふさわしい」という言葉が何度も出てきます。「私は罪人を探して救うために来た」という聖書のみ言葉と呼応しています。 教皇フランシスコもよく刑務所の受刑者と関わり、「あなたたちの中にキリストがいる」ということをおっしゃいます。彼らにとって何と大きな慰めになることでしょうか。「最も小さなもののひとりにしたこ... [続きを読む]
  • 神は私たち以上に私たちの幸せを願う
  • 神が私たちの幸せを願う、という考え自体がある人々にとっては目新しいかもしれません。善人に報いを与え、悪人を罰する、という基本的な考えがあるからでしょう。 しかし神がひとり子イエスを私たちに与えてくださったということは、それほど私たちを愛してくださっている、ということの啓示でした。「神は独り子をお与えになったほどに、世を愛された。」(ヨハネ3章16節) 罪を取り去ってくださった結果、許されるだ... [続きを読む]
  • 神は私たちが幸せであることに責任を感じてくださる
  • 教皇フランシスコが神のいつくしみの聖年のときに書かれた大勅書の中にとても気に入っている箇所があります。 「神のいつくしみは、私たちに対する神の責務なのです。神は責任を感じています。私たちの幸せを望み、わたしたちが幸福で喜びと平和に満たされているのを見たいのです。」(『イエス・キリスト、神のいつくしみのみ顔』17ページ) 神は創造主として、ご自分が創造なさった人間が苦しみに打ちひしがれ... [続きを読む]
  • 私たちが幸せであることに神は責任を感じておられる
  • 教皇フランシスコが神のいつくしみの聖年のときに書かれた大勅書の中にとても気に入っている箇所があります。 「神のいつくしみは、私たちに対する神の責務なのです。神は責任を感じています。私たちの幸せを望み、わたしたちが幸福で喜びと平和に満たされているのを見たいのです。」(『イエス・キリスト、神のいつくしみのみ顔』17ページ) 神は創造主として、ご自分が創造なさった人間が苦しみに打ちひしがれているのを見るのは [続きを読む]
  • 過去の記事 …