chiharu さん プロフィール

  •  
chiharuさん: ドールとハンドメイドときどき猫
ハンドル名chiharu さん
ブログタイトルドールとハンドメイドときどき猫
ブログURLhttp://yaplog.jp/chiharu_kamo/
サイト紹介文あさきゆめみしと与謝野晶子訳の源氏物語を参考に手作りした平安調のドール衣装を主に紹介してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 21日(平均4.3回/週) - 参加 2018/05/01 16:54

chiharu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 若紫。。。Ⅱ
  • 男君の直衣風御衣裳が完成したので源氏物語”若紫”の一場面をイメージして撮影しましたまだあどけなさの残る。。。でもさすがに宮様の姫だけあって品がありまた利発さものぞかせる若紫ちゃんと源氏の君の会話が聞こえてくるようです立ち姿も。。。これまで作ってきた御衣裳の数も失敗作を入れると10枚以上になり、それなりに要領もよくなってきたようでこの直衣風の御衣裳も実質半日もかかっていませんしかし。。。にゃんぎらすの [続きを読む]
  • ちょっとお上品に。。。
  • 瑠璃姫の桜の御衣裳を作り終わって今度はよしの君の御衣裳に取り掛かってます現在、小袖と単、袴まで出来上がりましたこれはいつもの緑のロングヘアーのよしの君これは黒髪のロングヘアーのよしの君そしてこれは水色のショートヘアのよしの君水色のウイッグにすると”冴え凍る君”という呼び名が似合うなぁ御衣裳は白の綸子の小袖に古代紫の単。。。袖には白の綸子で布を重ねてます袴は白のチャイナ生地龍の刺繍風の地模様が入ってま [続きを読む]
  • ミシンLOVE。。。
  • 本日もにゃんぎらすの様子をうかがいつつ。。。そう〜っと音をたてないように出したミシンでもさすがににゃんぎらすは耳がいい脇目も振らずまっすぐにミシンにスリスリよっぽどミシンが好きらしいひとしきりスリスリした後は。。。ミシンにもたれたままウツラウツラ気持ちよさそうに目を閉じてしまいましたにほんブログ村 [続きを読む]
  • 若紫。。。
  • 修正後の型紙で作った桜の重ね風衣装が完成しましたイメージは源氏物語の”若紫”です光源氏にとって唯一無二の存在であり続けた紫の上の若かりし頃の物語紫の上のイメージカラーである紫の生地を袖口・衿・裾まわりにあしらい桜の表衣で若々しさを表現してみました瑠璃姫にもよく似合ってると思いませんか?最初の予定では打衣と小袿2枚の衣を重ね着するつもりだったんですが実際に着せてみると衣が厚くなりすぎて肩のあたりなん [続きを読む]
  • 型紙リベンジ
  • 失敗作で若干下がったモチベーションを奮い立たせ小袿の新しい型紙の製作に取り掛かりました試作。。。平面だとサイズ感や衿の抜き加減。。。袖付けの位置などがわかりずらいので、今回は型紙を張り合わせて一度試着した状態で修正することにしました(最初からヤットケ!)この型紙だと身幅がやはり足りない。。。なので1cm出して修正しましたどれだけの差があるのかわかりにくいですね瑠璃姫にも試着してもらいました衿の長さが足 [続きを読む]
  • 失敗作(;_;)/~~~
  • 一応完成はしましたが。。。どう見ても。。。寸詰まりに見えますこれは完全に失敗作ですね出品はあきらめてお蔵入りにすることにしました次はジャストサイズに仕上がりますようににほんブログ村 [続きを読む]
  • また型紙から。。。
  • 前々回の『打衣完成』の中で仕上がりの寸法がなぜか短かったと書きましたが。。。身幅も少し足らない感じなので型紙から直すことにしましたただ打衣も縫い終わり。。。小袿も裁断済みのためこれはこれで仕上げようと思います。27cmサイズの瑠璃姫に着せると短くても20〜22cmサイズのドールにはちょうど良いかもしれませんなので最初この衣装はヤフオクに出品する予定ではなかったんですが20〜22cmドール用として出品しようと [続きを読む]
  • 長袴完成
  • とっとと小袿制作に取り掛かりたいために今までになく頑張って猛スピードで袴を仕上げました瑠璃姫ちゃん。。初めての立ち姿袴は指貫袴に始まって、今回で5作目最初は直衣や小袿に比べて単純な構造に見えたので楽勝と思ってましたが。。。いざ作り始めてみると腰のタックのとり方がなかなか呑みこめず型紙制作からえらく時間がかかってしまいましたたぶん丸二日くらい悩んでたかもでも呑みこめてからはやっぱり一番単純な構造なの [続きを読む]
  • 打衣完成
  • レンガ色の綸子に梅の地紋の打衣が完成しました胴裏はアイボリーの綸子ぼかし染めで八掛は紫の綸子あられの地紋です和裁・着物についての知識がほとんどなく今まで作ってきた型紙も自己流でしたが今回はちょこっとお勉強しましてパーツも前身頃・おくみ・後ろ身頃・袖・衿に分けて裏地も胴裏と八掛・袖・衿で合計18パーツの縫い合わせとなりました丈の長さが本当は立った時裾引きする程度の長さになるはずだったんですが、着せてみると [続きを読む]
  • まだ途中ですが。。。
  • 空蝉の衣装を作った後。。。やはりタイムリーな桜の御衣裳を作りたくなって昨日一日かけて袖なしの小袖2着と単一着を作りました。直線縫いの所はほぼミシンで縫ってますが。。。ミシン掛けしているとよくにゃんぎらすのかまってちゃん攻撃が始まりますうれしいような悲しいような。。。はたまたじゃまなような今日は出来上がったものを撮ろうとすると。。。このような事態に。。。この後打衣・小袿・袴など作る予定ですが。。。か [続きを読む]
  • 空蝉。。。
  • 前作完成後すぐにとりかかった源氏物語シリーズ(?)第一弾『空蝉』やはり型紙の最終形ができるまで仮縫いと修正の繰り返しで結構時間がかかってしまった。。。それと『空蝉』は男女一対で仕上げたかったので2着分同時進行したため完成まで10日以上かかってしまった男女一対で仕上げたかった理由はこのシチュエーションを撮りたかったから源氏の君の出来心から始まった関係で。。。本当なら一夜限りの関係になるはずだったと思う [続きを読む]
  • 遠山しだれ桜の直衣風
  • 第2作目のドール服遠山しだれ桜の直衣風です中には白の綸子で作った小袖(今の肌襦袢のようなもの?)エンジ色の綸子で作った単(今の長じゅばんのようなもの?)紫色の金襴生地で作った指貫風の袴を着せてます直衣風の表衣を脱がせるとこんな感じです直衣風の表衣は藤色の綸子で総裏仕立てになってます今回は単の袖にも一部分山吹色の綸子で裏地を付けて袖口が4色のグラデーションになるようにしてみましたモデルはオビツボディの27cm [続きを読む]
  • はじめての。。。
  • はじめて作ったドール衣装薄墨の桜模様の直衣風中には白の綸子で作った小袖(今の肌襦袢のようなもの?)藤色の綸子で作った単(今の長じゅばんのようなもの?)紺色の金襴生地で作った指貫風の袴を着せてます直衣風の表衣を脱がせるとこんな感じです直衣風の表衣は桜色の綸子で総裏仕立てになってますはじめての作ったものでとても満足のいくものとは言えませんが型紙おこしから捨て布を使って何度も仮縫いをしては修正を繰り返し半 [続きを読む]
  • 過去の記事 …