hazawa_yokokoku さん プロフィール

  •  
hazawa_yokokokuさん: 羽沢横浜国大情報局
ハンドル名hazawa_yokokoku さん
ブログタイトル羽沢横浜国大情報局
ブログURLhttp://hazawa.yokohama/
サイト紹介文相鉄都心直通プロジェクトで作られる羽沢横浜国大駅の開発情報・周辺情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 167日(平均1.1回/週) - 参加 2018/05/02 13:52

hazawa_yokokoku さんのブログ記事

  • SUUMO神奈川県版の表紙が相鉄都心直通線
  • SUUMO神奈川県版の表紙が相鉄都心直通線特集 10/9発行のSUUMO神奈川県版が相鉄都心直通線特集についてでした。「横浜ネイビーブルー」色の表紙になってますね。気になる内容は・相鉄都心直通線の説明・新駅である「新横浜」「羽沢横浜国大」・その他の相鉄の再開発される駅 二俣川、海老名 など羽沢横浜国大には100M級の商業施設と30M級の商業施設ができることも記載されていました。羽沢横浜国大の物件は紹介されていませんでし [続きを読む]
  • 相鉄都心直通線を走る新型車両12000系が来年春から運転開始
  • 相鉄都心直通線を走る新型車両12000系が来年春から運転開始本日(10/3)、相鉄都心直通線を走る「12000系」を来年春に導入することが発表されました。相鉄・JR直通線用新型車両 「12000系」を来年春に導入 前方監視カメラと車内防犯カメラを初めて採用https://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/181003_01.pdf 2019年下期開業の相鉄・JR直通線用の車両この車両は、2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の [続きを読む]
  • 2018年9月 新駅開発状況
  • 2018年9月の新駅建設状況です。天気が悪く、雨の中での撮影です。 駅舎と換気塔の間の建設が開始されました。来月、再来月くらいには形ができてきそうです。 羽沢長谷公園が今月から利用できるようになりました。グリーンのシートに覆われている砂場です。この日は雨なので人はいませんでしたが、たまにベンチに座っている人も見かけます。来週2018年10月から相模鉄道の2018年度下期(10月〜19年3月)が始まります。相鉄JR都心直通 [続きを読む]
  • 相鉄が狙い目?JRおよび東急線直通のメリットとは
  • INVEST ONLINE:相鉄が狙い目?JRおよび東急線直通のメリットとは投資系情報メディア「INVEST ONLINE」にて相鉄都心直通線がもたらす、メリット・不動産価値の向上についてコラムが掲載されましたのでご紹介させていただきます。鉄道沿線の利便性については、不動産価格に大きな影響をもたらすため、路線変更や新駅設置などの情報は、不動産投資においてとても重要な要素となります。そんななか、今、不動産投資家が注目すべきは「 [続きを読む]
  • 横浜市中期4か年計画2018〜2021について
  • 横浜市は2018年から2021年までの今後の4カ年計画についてをまとめた「横浜市 中期4か年計画2018〜2021(原案)」を9月4日に発表しました。リンク:http://www.city.yokohama.lg.jp/seisaku/seisaku/chuki2018-/この計画案では、人口減少・超高齢社会やグローバル化を見据え「将来に向け、横浜をさらに飛躍させていくため」として、6つの戦略を設定。5月9日に計画素案が発表され、市民からの意見募集・検討が行われ計画原案がとりま [続きを読む]
  • 2018年8月 新駅開発状況
  • 2018年8月の新駅建設状況です。今月は夏休み期間もあり、先月投稿分とあまり変化ありません。前回からあまり変わりありませんが、駅舎はとてもかっこいいですね。こちらの駅舎と換気塔の間の建設が始まったようです。何ができるのか今後注目していきたいと思います。 来月もまた月末に状況をお届けします。 [続きを読む]
  • 羽沢横浜国大駅の路線価上昇に期待
  • タウンニュース様の路線価上昇の記事に羽沢横浜国大駅の地価上昇についての期待について記載がありましたので、紹介させていただきます。路線価上昇率鶴屋町2丁目が県内トップ横浜駅周辺の再開発でhttps://www.townnews.co.jp/0117/2018/07/19/440699.html“神奈川県不動産鑑定士協会で神奈川区担当の岩澤誠さんは「横浜駅周辺の再開発への期待感が高まっている。横浜駅きた西口の近くの再開発事業も進んでいることも変動率の上昇 [続きを読む]
  • 2018年7月 新駅開発状況
  • 2018年7月の新駅建設状況です。今月から歩道橋からの写真ではなく、駅近くを開通した市道からの写真を中心にお送りします。羽沢横浜国大 新駅横の市道が開通完全に駅舎ができてますね。 あまり前回からは変化はありませんが、駅舎の外観は完成したのでこれからは空きスペースにどのような商業施設が建設されるか楽しみですね。 [続きを読む]
  • 羽沢横浜国大 新駅横の市道が開通
  • 6月25日から羽沢横浜国大駅の周りを通る市道が開通しました。下記画像の駅舎の横の側道となります。側道をぐるっと回ってみました。右側にそびえ立つのが羽沢横浜国大駅の駅舎側道からの羽沢横浜国大駅側道の様子、出来立てホヤホヤです。未開発部分、現在は土が見えてますがここに商業施設が建設されるようです。側道からの公園今後の新駅開発進捗レポートは側道からの写真も撮っていきたいと思います。 [続きを読む]
  • 2018年6月 新駅開発状況
  • 2018年6月の新駅建設状況です。 駅舎の防音シートが剥がれ、駅舎が完全に見えるようになってきました。デザインは相鉄の新デザインコンセプト通りかっこいいですね。反対側の整備も始まってきました。ここに何ができるのかが非常に気になるところですね。早く駅に併設される商業施設の情報が出て欲しいです。 [続きを読む]
  • 相鉄 定款から買収防衛策の条項を廃止
  • 5月24日、相模鉄道から買収防衛策の廃止が発表されました。当社株式の大規模買付行為に関する対応策(買収防衛策)の非継続(廃止)及び定款一部変更に関するお知らせ<相鉄ホールディングス(株)>機関投資家をはじめとする株主の皆様の声も参考にしつつ慎重に検討した結果、金融商品取引法に よる大量取得行為に関する規制が浸透し、株主の皆様が適切な判断をするための必要な情報や時間を確 保する買収防衛策の導入目的も一定 [続きを読む]
  • 2018年5月 新駅開発状況
  • 2018年5月の新駅建設状況です。 5枚目の写真、駅舎とは別の建物はトンネル構内の換気を行う換気塔のようです。駅舎(アーチがあるもの)と換気塔が並んでおります。公園はほぼ出来上がってきてますね。今回はあまり変化はなかったので来月に期待しましょう。 [続きを読む]
  • 相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」の導入
  • 2019年度下期に開業予定の相鉄・JR直通線用の新型車両「12000系」が今年度中に導入されることが相鉄より発表されました。ニュースリリース:相模鉄道http://www.sotetsu.co.jp/news_release/pdf/180426_04.pdf今年度の導入は1編成10両とのことです。また、相鉄グループでは、2018年度に鉄道事業とバス事業において、総額126億円(鉄道事業115億円・バス 事業11億円)の設備投資が行われるようで安全性向 [続きを読む]
  • 2018年4月 新駅開発状況
  • 2018年4月の新駅建設状況です。かなり出来上がってきてますね。ページ下部に建設中の公園の写真も載せました3枚目の写真、駅舎とは別の建物が建設されているのがわかりますね。駅舎(アーチがあるもの)と別の建物が並んでおります。公園の名前は羽沢長谷公園という名称のようです。子育てに優しい街になりそうですね。 [続きを読む]
  • 羽沢横浜国大駅の周辺の人口動態について(2018年)
  • 2018年度の人口動向データが発表されましたので、前回に投稿に引き続きで2019年に開業が予定している羽沢横浜国大駅周辺の人口動態について調査してみました。調査方法対象町:羽沢南1-4丁目、三枚町、羽沢町新駅が建設予定の場所(羽沢南2丁目)から大体徒歩15分圏内を調査対象地域としました。対象期間:2010年3月〜2018年3月相鉄都心プロジェクトが公表された2010年からのデータを調査しました。横浜市神奈川区の人口動向データを [続きを読む]
  • 羽沢横浜国大駅の周辺の人口動態について(2017年)
  • 最短で来年開業が予定している羽沢横浜国大駅周辺の人口動態について調査してみました。今回は以下横浜市神奈川区の人口動向データを使用し、2017年3月までのデータを調査を行いました。http://www.city.yokohama.lg.jp/ex/stat/cyocyo-kanagawa.html2018年3月のデータはまだ公表されていないので、今後も毎年更新していこうと思います。調査方法対象町:羽沢南1-4丁目、三枚町、羽沢町新駅が建設予定の場所(羽沢南2丁目)から大体 [続きを読む]
  • 羽沢横浜国大駅の周辺の地価(2018年)
  • 3月26日国土交通省より、2018年の全国公示価格が発表されました。相鉄都心直通プロジェクトの効果として見込まれる「沿線価値の向上」に関して、新駅建設地である「羽沢南」を新駅周辺と定義し、土地の価値を毎年レポートします。基準地価はこちらから確認できます。2018年の新駅周辺の地価2018年の新駅周辺の地価は17万8000円/m2でした。坪単価にすると58万8400円/坪となります。前年の2017年が17万3000円/m2なので2.9%の地価上 [続きを読む]
  • 【速報】羽沢横浜国大駅の周辺の地価(2018年)
  • 3月26日国土交通省より、2018年の全国公示価格が発表されました。相鉄都心直通プロジェクトの効果として見込まれる「沿線価値の向上」に関して、新駅建設地である「羽沢南」を新駅周辺と定義し、土地の価値を毎年レポートします。2018年の新駅周辺の地価 2018年の新駅周辺の地価は17万8000円/m2でした。坪単価にすると58万8400円/坪となります。前年の2017年が17万3000円/m2なので2.9%の地価上昇となります。次回は詳細と2016年か [続きを読む]
  • 2018年3月 新駅開発状況
  • 2018年3月の新駅建設状況です。来週は2018年度の公示地価の発表がありますね。2月末の状況からはそこまで変化はありませんね。(最近が変化ありすぎただけかもですね。。)公示地価の発表後に羽沢南の地価の動向をまたレポートします。 [続きを読む]
  • 2018年2月 新駅開発状況
  • 2018年2月の新駅建設状況です。最近ニュースサイトなどでも相鉄都心直通線についてのニュースをよく見るようになりましたね。 最後の写真に駅のホームとは別の建物ができてきているのがわかりますね。商業施設とかなのかもしれないですね、引き続き進捗あり次第、レポートしようと思います。 [続きを読む]
  • 相鉄都心直通線を走る新型車両が運転開始
  • 本日(2/11)、相鉄都心直通線を走る新型車両20000系が運転開始されました。なお、新型車両の20000系は現在は海老名〜横浜間の特急に利用され、今後、相鉄・東急直通線の車両として利用される予定です。(2020年開業の相鉄・JR直通線には利用されません)テレビニュースでも報道されてましたので、羽沢横浜国大駅の注目が高まることを期待します! [続きを読む]