fujio さん プロフィール

  •  
fujioさん: 損害保険会社の交通事故での極悪手法
ハンドル名fujio さん
ブログタイトル損害保険会社の交通事故での極悪手法
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/amplia
サイト紹介文日本交通事故鑑定人協会が、交通事故の調査において、損害保険会社や警察の悪質など公開。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 139日(平均2.0回/週) - 参加 2018/05/02 16:59

fujio さんのブログ記事

  • 弁護士費用特約は期待しないこと『日本交通事故鑑定人協会』
  • 任意保険に、弁護士費用特約というのがあります。交通事故に遭って、弁護士への依頼が必要になった場合、その弁護士にかかる費用を、保険会社が出してくれるものです。とても良い商品ですね。いざという時のために、弁護士費用特約に入っていると、安心です。ところが、現実には、この弁護士費用特約を使うことを断られたり、事前には弁護士費用特約を使うことを了承しておきながら、あとになって、保険会社はその費用の負担を [続きを読む]
  • 味方をしてくれるのが鑑定だと思っている弁護士『日本交通事故鑑定人協会』
  • 交通事故の鑑定とは、依頼人の都合の良いことだけを書く、御用鑑定だと、それが当然だと思っている弁護士がいます。裁判で、『真実を知る』をいうことから逸脱し、依頼人の主張することを、そのまま述べてもらうことが、鑑定だと勘違いしているのです。依頼人が嘘を言っている場合、鑑定をしましたら、バレます。それでも、体裁を保つために、鑑定書では依頼人の有利なことを書かせ、鑑定人も裁判で、一緒に応戦してくれると思 [続きを読む]
  • 交通事故の解析ができない警察の交通課『日本交通事故鑑定人協会』
  • 交通事故の実況見分調書には、事故車の写真があります。警察官が撮ったものですが、この写真を見ればわかるんです。関係のない、無駄な写真が多い肝心の傷の写真がない写真を撮る時は「どの傷が重要で、どの傷が重要でないのか」判断しながら撮影すべきです。しかし、交通事故の解析ができないのですから、どの傷が重要なのか、警察官はわかっていないので、証拠能力のない写真を撮ってしまうのも、無理もありませんね。国 [続きを読む]
  • 物理の公式を使う鑑定は、もう存在しないですよ『日本交通事故鑑定人協会』
  • 一時、物理の公式を使った鑑定をしている、元警察官や警察組織の鑑定人が多くいました。難しい物理の公式を並べたら、誰も反論できないという悪だくみのもと、わざと使っているのです。文系の弁護士や裁判官は、この物理の公式を見ると、わけがわからないでしょう。だから、反論もできず、押し黙ってきたことと思われます。わたしどもは、『物理の公式は、意味がない』ということをよくわかっていますから、反論はお手の物 [続きを読む]
  • 交渉ができない弁護士『日本交通事故鑑定人協会』
  • 一時、交通事故の裁判が多かったことがあります。弁護士費用特約で、弁護士費用を保険会社が負担してくれましたので、交通事故に遭った人は、すぐに弁護士に依頼するという状勢になったことがありました。弁護士も、「これは稼げる!」と思ったことでしょう。過払い金返還の案件のように、交通事故の案件にも群がりました。交通事故のトラブルは、普通は裁判などしないのが常識なんです。裁判なんてしたら、判例通りの結果にな [続きを読む]
  • 保険会社の調査員の無能さ『日本交通事故鑑定人協会』
  • 交通事故を起こしたら、保険会社にも連絡します。すると、保険会社から調査員、アジャスターがやってきて、事故車を調査します。そして、調査報告書というのを作成します。調査報告書は、写真だけ掲載した、単なる記録のものです。事故車の傷の部分を、写真で撮っているのですが、事故と関係のない傷も、撮影していることが多くあります。どうも、”事故車の付いている、傷という傷は、みんな事故によるもの” と思ってい [続きを読む]
  • 証人尋問でしどろもどろの保険会社の鑑定人『日本交通事故鑑定人協会』
  • とある自損事故の裁判のことです。保険会社が、自損事故を起こした保険加入者に対し、保険金を支払わないので、裁判になったのです。実は、この保険会社、悪質で有名な、保険会社です。ある保険加入者が「事故をしたので、保険金を払う手続きをして下さい。」と言いましたら、この保険会社の担当者は、「最高裁まで言っても、払ってやるか」と言った保険会社です。保険に加入して頂いているお客様に対し、この対応は、何様で [続きを読む]
  • 自称交通事故鑑定人の下劣なブログ〜日本交通事故鑑定人協会
  • 元警察関係者の、自称交通事故鑑定人が書くブログがあります。内容が、ひどいんです。痴漢女性のことを書いたり、女性の服が透ける(赤外線)画像を掲載したり、下品なエロの話題をネタにした記事を書いています。こういう低俗なネタを書く品のなさ、これが、自称交通事故鑑定人なのです。この記事を見た世間の人達(一般人、弁護士、裁判官など)、は、きっと、交通事故鑑定人とは、こんなにもアホなのか?と思うことでしょ [続きを読む]