HirokiGS300 さん プロフィール

  •  
HirokiGS300さん: Un museo 164.....1/64展示館
ハンドル名HirokiGS300 さん
ブログタイトルUn museo 164.....1/64展示館
ブログURLhttp://museo164.blog.fc2.com/
サイト紹介文3インチミニカーをメインに紹介、原則毎日更新を心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供199回 / 198日(平均7.0回/週) - 参加 2018/05/03 00:57

HirokiGS300 さんのブログ記事

  • スバル VAB WRX STI NBR CHALLENGE 2017 (トミカプレミアム)
  • 本日はトミカプレミアムより、スバルWRX STI NBR CHALLENGEをご紹介します。ラリーシーンからロードレースに転向したスバルが2009年より参戦している「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」で勝つ為に開発したのがこのマシン。ベースは現行のVAB型WRX STI。ギアボックスは市販車には無い6速シーケンシャルミッション、しかもパドル付です。このミニカーが発売されたのが昨年の10月、ゼッケンNo.が90番であることから2017年のレー [続きを読む]
  • ホンダ NA1 NSX タイプR (トミカプレミアム)
  • 本日はトミカプレミアムより、NSX タイプRをご紹介します。ホンダのタイプR伝説の始まりとも言える初代NSXのタイプR。タイプRというグレードは1992年にNSXのサーキット走行を想定したグレードとして登場しました。ミニカーでは伝説の始まり、初代NSXの前期型(NA1)ベースのタイプRをモデル化しています。ボディカラーはタイプR専用色「チャンピオンシップホワイト」かと思われます。しかしやたらと真っ白なので「グランプリホワイト [続きを読む]
  • '19 CHEVROLET SILVERADO LT TRAIL BOSS (Hot Wheels)
  • 本日はホットウィールより、シボレー シルバラード TRAIL BOSSをご紹介します。近年の北米で売れ筋ナンバー1の車はピックアップトラック、GMが市場のニーズに答えるべく市場に投入したのがシルバラード。この三代目シルバラードの2019年モデルにオフロード仕様として設定されたのが「LT TRAIL BOSS」です。19年モデルは顔つきが変更されたものの、シボレーのピックアップトラックの伝統である縦目4灯式ヘッドライトは未来っぽさが [続きを読む]
  • ASTON MARTIN Vantage GT8 (MAJORETTE)
  • 本日は本日はマジョレット ユーロ ホットカーズ セレクションより、アストンマーティン ヴァンテージGT8をご紹介します。ヴァンテージGT8は、2016年にアストンマーティンが150台限定で販売したサーキット走行を想定した市販車。WECに参戦したヴァンテージGTEのロードバージョン、ポルシェ911 GT3 RSのライバルと言ったところでしょうか。DBシリーズに比べるとコンパクトなボディですが、顔つきは兄貴分であるDBシリーズを継承して [続きを読む]
  • MORRIS MINI COOPER (Hot Wheels)
  • 本日はホットウィールより、モーリス ミニ・クーパーをご紹介します。1962年に登場した英国の名車ミニ(クラシックミニ)の高性能モデルとして登場したのがミニ・クーパー。ミニの開発者であるアレック・イシゴニスと、その友人であるジョン・クーパーの合作でこの小さなモンスターは生まれました。ミニカーではアメリカでは著名なイギリス出身ポルシェコレクター、マグナス・ウォーカー氏のブランド?である「URBAN OUTLAW」のロゴ [続きを読む]
  • ASTON MARTIN V8 Vantage (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカー Aston Martin Minicar Collectionより、V8ヴァンテージをご紹介します。1977年にV8シリーズの高性能モデルとして登場したV8ヴァンテージ。そのルックスから「英国のマッスルカー」と呼ばれ、当時の英国車の中では最高レベルのスペックを誇るGTカーでした。英国のマッスルカーと呼ばれる通り、フロントマスクはアストンマーティンの伝統である凸型グリルではあるものの、どことなく米国マスタングっぽい顔つ [続きを読む]
  • 2005 Ford MUSTANG 2014 SEMA SHOW (Hot Wheels)
  • 本日はホットウィールより、2005年式フォード マスタングをご紹介します。こちらのマシンは2014年のSEMA SHOWにアメリカのチューナーAction Vehicle Engineering社が出展した車両。Action Vehicle EngineeringはよくHot Wheelsとコラボしているようで、このマスタングは日本のチューニングカーを意識して製作したそうな。因みにこちらは実車の写真となります。日本のチューニングカー=恐らくドリ車やスーパーラップの車両がモチー [続きを読む]
  • LOTUS 72E (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカーコレクション LOTUS Formula Minicar Collectionより、ロータス72Eをご紹介します。オイルショックに襲われた1973年シーズンを戦ったチーム・ロータスのF1マシン。このゼッケン1の72Eは名ドライバー、ロニー・ピーターソンのマシン。この年は72Eで4勝を挙げ、チーム・ロータスは73年シーズンのコンストラクターズ・チャンピオンを獲得しました。70年代のF1マシンになると、葉巻型からウェッジシェイプ(くさび [続きを読む]
  • Audi Q7 4.2FSI quattro TYPE 4L (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカーコレクション Audi Minicar Collectionより、アウディ Q7をご紹介します。トゥアレグやカイエンのアウディバージョンとして2006年に登場した初代Q7。高級SUVかつアウディということでクワトロシステム(4WD)が採用されていますが、オフロード性能はショボいらしく、あくまでも高級なクロスオーバー、アウディA8のSUV仕様といった感じでしょうか。全車4WDということで、フロントグリル右側には「quattro」のエ [続きを読む]
  • TRACK MANGA / 日産 KHC130 ローレル SGX (Hot Wheels)
  • 本日も発売されたばかりのホットウィールより、TRACK MANGAこと C130ローレルをご紹介します。こちらは一応は架空車扱いですが、ベースはC130ローレルベースのカスタムカーMAD MANGA。よくケンメリだと言われますが、実際はローレルとなります。今やプレミアモノであるC130ローレル2ドアのオープン仕様という、実車だと相当贅沢なカスタムを施したBOSOZOKU STYLEなミニカーです。1980年代に流行した街道レーサーマシンらしく、ロン [続きを読む]
  • DODGE CHALLENGER SRT DEMON (Hot Wheels)
  • 本日は発売されたばかりのホットウィールより、ダッジ チャレンジャー SRTデーモンをご紹介します。現行チャレンジャー2018年モデルに3300台限定で設定された、ハイパフォーマンスモデル「デーモン」。その馬力はレース用ガソリンを使用した際に852馬力を発生し、市販車ながら89cmウィリー走行できるというギネス記録を保持している化け物マシンです。707馬力を発生するSRTヘルキャットよりも大型のダクトが設けられたボンネット、 [続きを読む]
  • 日産 URAS RPS13 180SX (アオシマ)
  • 本日はアオシマ ドリフト天国ミニカーコレクションより、URAS 180SXをご紹介します。ドリフト専門誌ドリフト天国とアオシマのコラボ商品、ドリ車をモデル化したシリーズにラインナップされていた1台となります。マシンは福岡県出身の人気D1ドライバー、「のむけん」こと野村謙氏の経営するパーツメーカー「URAS」デモカーの色違い仕様ですね。エアロは2000年代に大流行した外巻きエアロ(通称袴エアロ)であることから、TYPE-4エアロ [続きを読む]
  • 日産 Z32 フェアレディZ 300ZX ツインターボ (トミカプレミアム)
  • 今日から11月ですね!本日はトミカプレミアムより、Z32フェアレディZをご紹介します。歴代Zの中でもバブル時代に登場したZ32、コストが物凄くかかっているのがこの型でしょう。トミカプレミアムでは昨年1月の新車として登場しました。今回は前期型のツインターボをモデル化、どことなくスーパーカーを彷彿させるワイド&ローなスタイルはミニカーでも健在です。ヘッドライトはランボルギーニ ディアブロにも流用された独特なデザイ [続きを読む]
  • スバル BC5 レガシィ RS ラリー仕様 (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカーコレクション SUBARU Minicar Collectionより、BC5レガシィRSをご紹介します。倒産寸前だったスバルを救った初代レガシィ、インプレッサ登場前はWRカーとして活躍していました。ミニカーは1993年のWRCを戦ったレガシィのレーシングモディファイを施されていない仕様、恐らくグレードはRS タイプRAかと思われます。当時R32GT-Rも食えるポテンシャルを秘めていたと言われるレガシィ、ソリッドな外観とは裏腹に [続きを読む]
  • '70 CHEVROLET Camaro RoadRace (Hot Wheels)
  • 本日はホットウィールより、70年式カマロをご紹介します。1970年から1981年まで製造された2代目カマロ、通称「サメカマロ」の前期型です。ミニカー金型は2011年登場でこのカラバリは今年に入ってからのモノですね。サメカマロの愛称の由来でもある大型のフロントグリル、確かに凶暴そうな顔つきです。グレードは特筆されていないので不明ですが、2分割バンパーやチンスポを装着してることからスーパースポーツパッケージを装着した [続きを読む]
  • Mercedes Benz W211 E320 Estate (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカーコレクション Mercedes Benz Minicar Collectionより、E320ステーションワゴンをご紹介します。3代目Eクラス「W211型」のエステート(日本ではステーションワゴン)の3インチミニカー、この京商製が唯一です。よくセダンモデルのEクラスは1/64で見かけますが、ステーションワゴン自体が3インチ化されることが珍しいですからね。最近歩行者保護の観点から廃止されつつあるボンネットマスコットもW211世代ではま [続きを読む]
  • ホンダ FK8 シビック タイプR (MAJORETTE)
  • 本日はマジョレット ユーロ ホットカーズ セレクションより、シビック タイプRをご紹介します。やたらと3インチミニカー化に恵まれている現行シビック タイプR。マジョレットでも例外ではなく日本で発売されるとあっという間にスーパーから姿を消す程の人気っぷりです。既に3インチミニカーではトミカのシビックタイプRをご紹介済ですが、トミカに比べるとボンネットダクトがきちんと穴あきになっていたりフォグランプが塗装されて [続きを読む]
  • Volkswagen GOLF V R32 (京商CVSミニカー)
  • 本日は京商CVSミニカーコレクション Volkswagen Minicar Collectionより、ゴルフV R32をご紹介します。歴代ゴルフの中でも一番コストが掛かっていて出来がいいと評判の5代目ゴルフ。その中でもR32はCセグメントボディに247馬力を発生するV6 3.2リッターエンジンを搭載したじゃじゃ馬です。標準ゴルフやGTIとは異なる、専用のアルミ製フロントグリルが特徴的。ゴルフながらシックな雰囲気となっています。3ドアのゴルフR32は左ハン [続きを読む]
  • BMW MINI R50 COOPER (トミカくじ)
  • 本日はトミカくじ10 MINI COOPER Selectionより、R50 ミニ クーパーをご紹介します。BMW傘下となったMINIより2001年にデビューした初代BMWミニクーパー。クラシックミニより大きくなったボディは英国版VWゴルフと言った印象です。このトミカくじは11年前の2007年3月の新作、通常トミカ版のカラバリ仕様なのでヘッドライトの塗装やタンポ印刷されたナンバーは変わりません。BMW傘下になったとは言え製造はイギリス、英国リスペクト [続きを読む]
  • LANCIA STRATO'S HF 1977 MONTE-CARLO RALLY (トミカプレミアム)
  • 本日はトミカプレミアムより、ランチア ストラトス HFをご紹介します。この車はランチアがWRC参戦の為に製造したホモロゲーションマシン。ラリーカーながらフェラーリ・ディーノのエンジンを搭載するミッドシップ、短いホイールベースを生かした回頭性の高さで70年代のラリーシーンでの活躍は有名な話です。ミニカーでは当然ラリーカーをモデル化、OPEN状態のリトラクタブルヘッドライトや大型のフォグランプを別パーツにて再現し [続きを読む]
  • ホンダ SC77 CBR1000RR 初回特別仕様 (トミカ)
  • 本日は発売されたばかりのトミカより、CBR1000RR 初回特別仕様をご紹介します。ホンダのスーパースポーツバイクである現行型CBR1000RR、2017年にデビューしたSC77型をモデル化しています。トミカではマッドブラックのボディであることから標準グレードですね。スーパーカー顔負けの鋭い顔つきはトミカでも再現されていますが、シールドやヘッドライトはシール貼り付けなので綺麗に貼るのが難しいです(>_エンジン部分のクランクケー [続きを読む]
  • 陸上自衛隊 高機動車 疾風 初回特別仕様 (トミカ)
  • 本日は発売されたばかりのトミカより、陸上自衛隊 高機動車 初回特別仕様をご紹介します。陸上自衛隊の装備である人員輸送車両。通称「疾風」、ジャパニーズハマーなんて呼ばれたりもしたそうです。トミカの初回特別仕様では幌の部分が10名の自衛隊員となっています。こちらの車両はトヨタが開発・納入し製造は日野自動車製。アメリカ軍のハンヴィーにも負けないイカツイ顔です。余談ですがメガクルーザーに高機動車の顔面を移植で [続きを読む]