むっつり親父 さん プロフィール

  •  
むっつり親父さん: トルコリラ/円スワップ日記
ハンドル名むっつり親父 さん
ブログタイトルトルコリラ/円スワップ日記
ブログURLhttps://turkeyenswap.blogspot.jp/
サイト紹介文トルコリラ/円のスワップ金利などについての日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 104日(平均8.8回/週) - 参加 2018/05/03 20:35

むっつり親父 さんのブログ記事

  • トルコショックが世界がパニックに!
  • トルコショックが随分と大事になっています。トルコのニュースなんかテレビで見たことが無かったのですがトルコショックの特集が組まれて放送されていました。トルコショックの影響は特に新興国通貨への影響が大きかったようで南アフリカ・アルゼンチン・インド等々の通貨が売り込まれているようです。アルゼンチンに至っては元々政策金利が40%と高金利だったのですが今回のトルコショックのせいで45%へ利上げすることになったよ [続きを読む]
  • 今週も気が重たい一週間が始まりました。
  • まずはご報告。先日、強制ロスカット&損切決済で戻ってきた数万円に再度自己資金を上乗せして一つだけ生き残ったトレイダーズ証券の「みんなのFX」の口座に入金してレバレッジを1倍以下にしました。これで仮に1円まで下がっても理屈の上では強制ロスカットにはならないで済みます。これ以上お金を減らしたくはないので、もうレバレッジは一切かけないことにします。まるで外貨預金のようですが手数料等を考えるとFX会社の方が [続きを読む]
  • トルコリラ/円2018年8月2週
  • 今週のトルコリラ/円は一言でいえば滅茶苦茶な大暴落でした。トルコで自宅監禁されているアメリカ人牧師の身柄をめぐってアメリカ・トルコの関係が悪化し制裁のかけあいになりトルコリラは暴落し、事態をを収拾するためにトルコの代表団が渡米し協議が行われたのですがアメリカ側は牧師の解放がされないと交渉に応じない姿勢だったのですがトルコ側はこれを拒否しまともな協議とならず交渉は決裂しトルコリラは暴落しアメリカのイ [続きを読む]
  • エルドアン大統領の発言として・・・個人的には言葉が出てこない
  • エルドアン大統領は「米ドルが我々の進路を妨げることはできない」「外貨資産をリラに換えることが国益となる」などと発言したそうです。この期に及んでなにを言っているのか理解できないのですがアメリカはEU諸国と違ってシリアの難民問題の影響が少ないので容赦がないと思うのですがそのあたりをエルドアン大統領は把握しているのか不安になります。エルドアン大統領は破滅に誘うつもりなのかな隠し玉で何か手があるのか不安で [続きを読む]
  • もう訳が分からないトルコリラ/円一時18円割れ
  • 僕は複数のFX会社でトルコリラの買いポジションを持っていた(過去形なのが悲しいところ)のですがメイン口座が強制ロスカットになってしまったので積み立て用のみんなのFX口座を残して全て損切りしました。おかげで少しだけでも資金を回収することが出来ました.先程トルコリラ/円が再び大急落し一時18円割れしドルに対してUSD/TRY=6.46と今までよりも大幅に史上最安値を更新してしまいました。損切していなければ全部強制ロ [続きを読む]
  • 弱り目に祟り目フィッチ社がトルコへ警告
  • メイン口座がロスカットになってしまったと嘆いていても仕方がないのでこのブログの更新は続けていきます。今後ともよろしくお願いします。ロイター通信によるとアメリカの格付け会社フィッチ社がトルコの経済状況は悪化していると指摘してトルコリラ安を止める必要があると警告しています。まあ今更格付け会社の受けなくても分かりきったことですね。強制ロスカットを喰らった僕は骨身に染みるほど実感しています。先月もトルコは [続きを読む]
  • トルコリラ/円ついに20円割れ。メイン口座終了のお知らせ
  • 昨晩メイン口座だったGMO 証券から証拠金維持率が50%を下回ったから強制ロスカットを執行するという内容のメールが届きました。覚悟はしていたとはいえ虚しい気分に襲われています。トルコがいずれ反発すると思っていることは今も変わらないのですが当分トルコリラをまとめて買う気はありません。僕のブログを見て下さっている方はご存知かと思いますが僕はトルコに手を出すなら低レバレッジで買うべきだと思っていたので [続きを読む]
  • トルコ政府はア〇なんでしょうか?
  • 今日の下落の原因は何だろうとブルームバーグのサイトを見ていてびっくりしました。アメリカの当局者が匿名を条件に話したそうなんですがトルコはわざわざアメリカ・ワシントンまで出向いての協議で驚いたことにブランソン牧師の釈放を拒否したそうです。普通この状況だと牧師を解放する見返りを求めるとかそんな感じじゃないの?こんな報道がでたらそりゃぁトルコリラは売られますよ。いったい何をしにアメリカまで?意味が分かり [続きを読む]
  • トルコリラは最悪の事態だけは免れたようです。
  • トルコリラ/円はドル/円が111円割れした影響もあって上値が重く苦しい展開が続いていますがアメリカ・トルコのブランソン牧師の身柄を巡っての協議でアメリカがブランソン牧師が解放されなけらば、いかなる合意も無いとしながらも協議は継続することになったようです。交渉決裂という最悪の事態だけは免れました。もし決裂していれば僕個人はロスカットになっていたはずなのでまだ油断はできませんが一安心といったところです。ト [続きを読む]
  • アメリカ「事前合意などしていない」
  • https://ahvalnews.com/?参照元アメリカのワシントンで行われる予定のトルコとアメリカの協議ですが報道だと一部問題について事前の合意していると報道されていたんですがアメリカのナウアート次官が「何らかの合意があればブランソン牧師が帰っている」と合意報道を否定しています。注目のこの協議本日8日から行われるそうです。これが拗れてしまうと折角落ち着いたように見えるトルコリラが大変なことになるかもしれません。そ [続きを読む]
  • ロスカットまで約1円、今朝の急落は危なかった
  • 現在のメイン口座はGMO 証券のFXネオなんですが遂に証拠金維持率が約150%まで減ってしまいました。この口座の維持率が50%で強制ロスカットとなってしまうので後一円位の急落があればFXネオの口座は吹っ飛んでしまいます。レバレッジ3倍位でトルコリラを買っていたのにどうしてこうなった。最大の要因はトルコがアメリカから制裁をかけられてエルドアン大統領が強硬姿勢を崩さないために両国の関係悪化懸念が強いためだと [続きを読む]
  • トルコリラ/円まさかの一時21円割れ!何が何だか分からない
  • はっきりとした理由はまだ分からないのですがドル/トルコリラが今朝6時ごろ史上最安値を大幅に更新する5.42を記録しました。この影響でトルコリラ/円も21円割れの憂き目にあっています。一時20.40円付近まで下落。現在は何とか持ち直し21円を挟んでの値動きですがいつ下落してもおかしくない雰囲気です。昨日トルコリラは4月以降25%の下落で酷すぎると書いたのですが昨日から今朝にかけての下落率は一晩で5%以上です。もうやって [続きを読む]
  • もう無茶苦茶ドル/トルコリラまたもや史上最安値更新
  • トルコリラがドルに対してまたしても売りこまれ史上最安値をまた更新USD/TRY=5.14を記録してしまいました。まだ売り圧力が強く5.15まで届いてしまいそうな勢いです。トルコリラのチャートを見ると、もうため息しか出てきません。トルコリラは円に対しても現在21.60円付近と下落中。このブログを書いている間に5.15も越えてしまいました。リラ/も21.50円を割り込んでしまいました。今回のトルコリラ安はトルコとアメリカの関係悪化 [続きを読む]
  • エルドアン大統領がアメリカへの報復措置を発表
  • トルコで拘留されているアメリカ人のブランソン牧師の問題でアメリカからの制裁としてトルコの大臣2人がアメリカでの資産凍結等の報復としてアメリカの法相・内相の資産がトルコ国内にあれば資産を凍結すると発表しました。アメリカの高官がトルコ国内に資産を持っているのかは知りませんが明日の朝トルコリラ市場が開いた時に市場がどんな反応をするのか少し不安です。エルドアン大統領はアメリカからの制裁について非常に無礼な [続きを読む]
  • トルコリラ/円2018年8月1週
  • 今週のトルコリラはトルコ中銀のインフレ見通しの引き上げ発表と2016年のトルコクーデター未遂事件に関わったとしてトルコの自宅で軟禁中のアメリカ人のブランソン牧師巡ってのアメリカ政府がトルコの大臣2人のアメリカの資産凍結とアメリカ国民との取引きを禁止しました。この報道を受けてトルコリラはドル・円両方で史上最安値を更新。円に対しては22.80円付近、ドルに対してもUSD/TRY=5.1151まで売り込まれました。その後トルコ [続きを読む]
  • トルコ外相・アメリカ国務長官の2者会談
  • トルコのチャウショール外務相がアセアンの外相会議が行われているシンガポールでアメリカのポンペオ国務長官と二者会談を行い両国の関係悪化やシリア問題、先週アメリカがトルコの大臣二人に制裁をかけたことについて話し合われたそうです。チャウショール外相は今回のアメリカの制裁を恥ずかしい決定とした上で「脅迫発言で結果にたどりつくことはできないと言った」とポンペオ国務長官に対して発言したそうです。詳しい会談内容 [続きを読む]
  • やけを起こしてナンピンしたら・・・
  • 先程19時前に死なばもろともという思いでメイン口座のGMO 証券のFXネオの口座でトルコリラ/円を10000通貨21,88円でナンピン買いしたところ株式だと下手なナンピン素寒貧などと揶揄されますが今回は運よく22円台を回復したので逆指値22円で買った10000通貨の売り注文を出しておきました。これで再び22円割れをしても1000円程度の利益は出そうです(あまりに急変すれば話は変わりますが)22円台を維持してくれれば儲けもの決 [続きを読む]
  • トルコへの制裁の手始めに
  • https://www.sankei.com/world/news?参照元アメリカはトルコへの制裁の手始めにブランソン牧師の拘束に関わったとしてトルコのギュル法務相とソイル内務相をターゲットとしてアメリカでの資産を凍結しアメリカ国民との取引を禁止しました。アメリカのペンス副大統領は「トルコのエルドアン大統領や同国政府がブランソン牧師を釈放するまで厳しい制裁を科す」とツイッターで呟いているそうです。トルコ側は解除を求めて抗議してい [続きを読む]
  • トルコリラ・対円,対ドル史上最安値更新、恐れていたUSD/TRY=5を突破
  • トルコ・アメリカ間で起こっているアメリカ人牧師のブランソン氏の身柄を巡るやり取りでの両国間の関係悪化懸念からトルコリラが売られて、とうとうUSD/TRY=5突破し一時5.008と市場最安値を更新。トルコリラ/円も一時22.20円付近まで下落しました。トルコ政府は今回のアメリカによる制裁措置について「アメリカは、攻撃的な態度の代償を払うことになる」と徹底抗戦の構えを見せています。トルコのチャウショール外務相がアメリカの [続きを読む]
  • トルコ、インフレ見通し上方修正&アメリカ制裁に対抗予定
  • トルコ中銀が2018年のインフレ率の見通しを8.4%から13.4%へ引き上げ、来年2019年も6.5%から9.3%と発表しました。昨日のドル・トルコリラで4.93辺りまでトルコリラが売られたのですがトルコリラ売りの原因はこれだったようです。インフレが進むのが分かっていて利上げをしないトルコ中銀の独立性に市場が懸念を持つのも仕方がないですね。トルコ・アメリカの関係悪化の原因になっているアメリカ人のブランソン牧師ですがトルコ [続きを読む]
  • エルドアン大統領はトランプ大統領の制裁措置に反発?
  • トルコで拘留されているアメリカ人牧師のブランソン氏を解放しなければトルコに対して制裁措置を取るとのアメリカに警告されているエルドアン大統領ですが制裁によって譲歩することは無いと反発しています。制裁をかけることで「トルコのような強くて親しいパートナー国を失うことを忘れてはならない」と述べています。http://www.hurriyetdailynews.com?参照元エルドアン大統領はロシアからの防空システムの購入を止めない限りア [続きを読む]
  • トルコリラ/円2018年7月4週
  • 今週のトルコリラはトルコ中銀の政策金利を据え置くという発表からの失望売りによる下落から始まりアメリカが解放するように要求していたブランソン牧師の一時解放にそれを不十分だとしアメリカがトルコに対して制裁措置を取るとの脅しをかけるなどトルコリラ保有者にとって非常に苦しい一週間でした。トルコリラ/円は市場クローズ時22.80円台でしたがドルに対してはUSD/TRY=4.85付近でいつ市場最安値を更新してもおかしくない雰囲 [続きを読む]
  • アメリカからのプレッシャー!トルコに大規模制裁も!
  • 昨日のブランソン牧師の一時解放の報道(ブログ内関連記事)を聞いてアメリカとトルコの関係悪化懸念が緩和されたかと思っていたらアメリカのトランプ大統領はトルコが牧師を解放しなければトルコへ大規模な制裁措置を発動すると圧力を強めてきました。今のところトルコ側はチャブシオール外務大臣が「誰からの脅迫も決して容認しない」と対決姿勢を見せているようです。トルコリラを持っていなければエルドアン大統領のお手並み拝 [続きを読む]