katsu さん プロフィール

  •  
katsuさん: creative aquariums
ハンドル名katsu さん
ブログタイトルcreative aquariums
ブログURLhttp://katsuyuki4813.blog62.fc2.com/
サイト紹介文プレコの飼育繁殖記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 26日(平均7.0回/週) - 参加 2018/05/03 19:15

katsu さんのブログ記事

  • 卵の黄色いL399/400記録
  • 4匹居ましたが低水温から高水温の水槽への移動が上手くゆかなく、1匹を落としてしまいました。悔やまれます・・・この年度の個体群は卵が黄色いです。ヨイ表現です。コチラのタイプの稚魚達の表現も多彩です。このタイプの稚魚も成長が遅いです。色んなタイプが居るので面白い。 [続きを読む]
  • L174繁殖行動 記録
  • 産卵が止まったかな〜と思いましたが再びの産卵行動。前回の稚魚前々回の稚魚サテライトで2?以上まで育ててからの広い場所への放流が今の所一番良い結果が得られております。しかし放流した後に餌を食べていてもどうしても落ちてしまう個体が居て、他種がピンピンしていても174のみなんですよね・・・何に弱いのかを見つけなきゃ・・・ [続きを読む]
  • ショート個体
  • 今回はショート個体について。自然界では生き残りが厳しい個体ですが、タンクブリードでは「保護」さえすれば生き残ります。我が家の少ないサンプルの中での考察なのでコレが全てでは有りません。また下記のように健康なワイルド個体同士からでもショートは産まれております。で・・・・生後半年チョイのo1lineの個体。色んな意味で賛否両論があるとは思いますが“無駄”にカワイイんですよ・・・ショートなのに“無駄”にネガティ [続きを読む]
  • o1line×L236の成長記録と特徴
  • TKP氏にヒレを切ってもらい再生中の個体達です。作業の様子を見ておりましたが、バツン!!と根元に近い部分まで大胆すぎるカットだったので焦りましたが、大丈夫みたいですね(笑)3段の最下段での育成の床面にはご注意を。結構クライます。先日の236とのクロスの考察で述べておりますが下流域に進むほどラインが太くなる傾向だと思われます。ちゅー事は236に399/400が細ラインへの近道だと思われます。自分は欲張りすぎてアルビ [続きを読む]
  • L475繁殖記録とFP400系×アルビノ333繁殖行動記録
  • 昨日の繁殖行動記録からの1日で産卵。今回はマヂで卵塊がデカイ。過去にも同じ様な事が有りましたが、完全成熟した個体から産まれてくる卵の量には驚かされます。ブリードプレコの世界では「早熟」の個体が多く、特にメスが小さめのサイズでも繁殖に参加する個体が多いですよね。メスが小さめの時に産んだ場合は成長(伸長)が極端に遅くなるか止まってしまうので、自分は極力産卵をさせないようにしております。よくよく思い出し [続きを読む]
  • L46とL174の稚魚移動記録
  • ボコボコに水が動いている水槽へインペとダップルドの稚魚を移動。奇形無し!奇形無し!あぁ〜インペ1匹顔が丸い!?遺伝じゃなくて環境!!ミスりました!!!ミクラの泣きの一腹分順調!再度環境を整えたらインペもダップルも順調に増えてきました。プレコの成魚は屈強ですが、稚魚は環境が整ってなければ育ちが悪く奇形になり易いし、落ち個体が多くなります。このシテムだとフロートボックス内の水も良く動いているのでヨイ。 [続きを読む]
  • L475 ダークエビル(2012) 個体記録と産卵行動記録
  • 我家では圧倒的な存在感で900の混泳タンクのボスキャラとなっております。我が家に来て6年以上になりますが貫禄がハンパ無い。エサを入れたら他個体を蹴散らし貪り喰い続けかなりデップリとなりました。フルアダルトサイズとなり体表のカラーも味の有る明るめの赤茶系を維持しております。髭モッサーですが千切れていているのでドンダケ暴れているのかがよく分かります。血統系キンペコの繁殖を縮小しているでスペースが空いている [続きを読む]
  • 曝気と過剰濾過
  • チューブが足りる分だけ懐古堂のスポンジを追加。当たり前の事ですがボコボコにエアレーションした方がプレコの活性が上がりますね(笑)ミクラ他の漁礁を囲む懐古堂軍団。マディラの筒の回りも常に水が動いております。厳密に言うと曝気と言うより水を動かすのが重要かと考えております。無駄じゃないと言うのがプレコの動きでよく分かります。あぁ〜楽しいぃ〜 [続きを読む]
  • インペの水系移動とディスプレイ変更記録
  • 今日は近所のカモガワ氏が遊びに来てくれました。コーヒーご馳走様でした!!多分アソコはバイクでもUターン禁止ですよ(笑)カモガワ氏が帰った後は作業開始です。年内は原種に集中。とは言っても出来る範囲内でマッタリと飼育と繁殖を楽しむ事にはなりますが・・・懐古堂軍団でゴボゴボ仕様に。この形状の筒の座りの悪さったらナイですよね。石で挟んで固定しても一日でゴミが溜まりイライラしますし。懐古堂スポンジフィルター [続きを読む]
  • madeiraの筒の設置替えと稚魚の記録
  • 4オス3メスの繁殖水槽。繁殖用ディスプレイの変更を実行。繁殖行動までは行くけど産卵はしないのが続いております。産卵、稚魚の育成がなかなか手強い種です・・・水質はかなり気を付けておりますがイマイチ。ラミノーズテトラ、コペラ、マデイラの発色は頗るヨイ。1つ確実に言える事は「ペア単独水槽」の時に繁殖した稚魚だけが上手くいっております。コレでダメなら再び単独水系に戻す予定。続いて稚魚の育成状況。食べているけ [続きを読む]
  • エラの位置
  • 以前にFBではアップしておりましたが・・・エラはサイドではなく下に向いております。水槽底に居る場合は、常に床に向いていると言う事です。口とエラの位置が近いこの様なエラの位置では、汚れや菌や比重の重い有害物質などの影響は覿面に出るでしょうね・・・床面をいかに清潔に保つか、保たなければならないのが理解出来ます。稚魚も同じくですが小さい分一度くらったら厳しいです。成魚は屈強ですが稚魚は繊細です。んん〜 [続きを読む]
  • 卵の白いヤ〜ツのF1移動記録
  • 大きさが7cmチョイの成魚でニューインペリアルダップルドより一回り大きい位。.採れたWF1の表現も様々。なかなか稚魚が育たず苦戦しておりますが、訳の分からない天然ハイブリだからこそなんでしょうかね・・・育成段階で油断すると直ぐに痩せゆくし手間が掛かる奴らです。前投稿のL400繋がりですが、この個体群をコツコツと仔を採っていったら、いずれは面白い一匹が出てきそうな気がします。俺も一匹! [続きを読む]
  • L236とのクロスの考察
  • L236と呼ばれるオリジナル個体群は「若い」L399/400からのスタートだと広く認知されております。現在のL236は白の面積と表現の追求で交配が重ねられた改良品種となりますが、少なくとも市場に出回るまでは6年間(2〜3世代)は多くの組み合わせで色んなパターンが出たのだと思われます。どのオスとも産卵行動を取れる我が家のBig mother。で・・・・・たった数組ですが、組み合わせの相性を見てたら興味深い結果が見られました。FP4 [続きを読む]
  • L174成長記録と血統表記について
  • この数ヶ月「o1line」絡みなどブリードキンペコの投稿が多すぎたので、その他の記録が滞ってたので連投になります。チッ!!!L174はサイズ別に3水系に散らします。3cmになりたての幼魚と3〜3.5cmを越えた太くなった幼魚を分けました。これは万が一の全滅対策としてキンペコを含めて実行しております。混ざらない様に異種との混泳など色々工夫しながら育成スペースを確保しております。広々ノビノ〜ビですと成長が早いです。稚魚 [続きを読む]
  • インペダップルIMA 記録
  • L174とその稚魚約60匹と混泳中で水槽内のキャパが超えたので各水系に分散させる作業を開始しました。手始めにF2にあたる成長した仔達から移動を。インペとダップルドは自然界でも稀な交雑だと言う事が近年になり分かってきました。でも表現はL173風。この様なハイブリ同士の仔でも親の表現によく似ております。過去この組み合わせのクロスがL173スーパーインペとして流通しておりましたが、現在のL173スーパーインペの定義からは外 [続きを読む]
  • Micracanthicus vandragti “L280” 成長記録
  • 一腹目の稚魚が急成長してきました。3cm超えてきたので別水槽に散らす準備を。親個体と変わりない姿で、マサカの雌雄判断が出来る個体もチラホラと・・・生後約5ヵ月で3cm越えになりますが、生後一年未満の4cm目前で繁殖可能になりそうですね。違う水槽に入れる直前F2も一番乗りが見えてきました。 [続きを読む]
  • 旧CA3(o1line×cf第二エースの仔)の記録とピンゾロ2連荘記録
  • 我家に到着した時は少しホッソリ気味でしたが、水流の有る広めのスペースでガッツリ餌を与えてムキムキな体型に。撮影ケースで収まらなくなったので少し体長も伸びましたね。2018-02-22 2018‐05-12ジュンハッピーイエローとのペアリングを開始します。昨日はHG氏とモヤシ氏が遊びに来てくれました。その後、皆の行きつけのお好み焼き屋へ。酎ハイはサイコロでサイズと価格が決まるのでHG氏も気合が入ります。HG氏の結果はアレでし [続きを読む]
  • L46“ Gーstyle Line” F1 成長記録と訂正
  • 孵化直後に取り出した稚魚。  ヨークサック吸収まではGEXのメッシュフローターで管理、吸収直前にエンビフロートへ。ヨイ感じ。L46.L174の育成ボックス(脱走コオロギが鳴く)訂正2013年9月と2013年10月に「俺の1匹直系F1」として落札。前々回では2014年となっており年が間違いでした。 [続きを読む]
  • L174 割り出し記録と水草を食べまくるプレコの記録
  • 昨日L174の割り出しを実行しました。前回は少し水質のバランスを崩し孵化した稚魚は少なかったのですが、今回は改善後で前回の倍ぐらいですかね・・・前回から孵化直後の取り出しをしております。前回の稚魚も少ないながら順調に育っているので暫くはこの方法でやって行こうかと思います。L174ではインペと同じく痩せゆき落ちる個体が出たり、ドンキや鰭縮みなど全てはスタート地点がキモだと踏んでおります。卵の段階で筒の回りや [続きを読む]
  • アンタの舌は何枚目まで有るんだ?
  • 今回は直球でいきますよ。何とかに付ける薬は無い・・・・・頭の中に消しゴム機能搭載なのか?裁判で必勝する為には「証拠」が全てです。往々にして金銭的な利益と名誉が絡めば荒れ事になるのは当たり前の事ですが、少なくとも自分の事に関しては形振り構わない「言ったもん勝ち」にはさせません。せっかく黙っていてあげたのに・・・・基本は平和を愛好する人間なんですがね・・・やられなきゃ絶対に仕掛けないのよ。職業柄しみつ [続きを読む]
  • o1line(俺の一匹×CFスーパーホワイト) ×L236(ドイツ2014)
  • FBの方では昨年9月ぐらいアップしておりましたが・・・本日今の所、双方の良さをボヤけさせておりますがポテンシャルは感じます。しかし見事にドイツ血統独特の特徴が出ている個体が多いですね。ドイツ絡みの表現の最大の特徴は幼魚期には上下のラインが繋がってない事とラインが少なく上下斜めに走り途切れるバターンとダップル模様です。ドイツ血統恐るべし。他の血統クロスでもよく特徴が出ております。83トリプル×L236オマケv [続きを読む]
  • L174産卵記録と稚魚成長記録
  • 違うメスで再びの産卵。昨年のこの時期に成魚を4匹落とし悔しく残念な思いをしてましたが残った個体が頑張ってくれております。1オス2メスで安定して繁殖をしております。優秀なオスもノリ気でない時はメスを受け付けない時が有ります。前回の繁殖後約2週間後の繁殖。その間、今回のメスが筒に入ろうとしても入れませんでしたのでオス自身で整えてたんでしょうね。前回の繁殖が4月6日で得た稚魚が7匹。産卵後から短期間で水質のバ [続きを読む]
  • L46“ Gーstyleline”繁殖記録
  • 前回の産卵から約2ヵ月経て再びの繁殖。4月19日(筒の中で行動開始〜20日に産卵)4月24日(卵の確認孵化間近)4月24〜25日孵化(当日取り出し本日取り出し4日目)孵化当日に取り出しを。今までは親任せでしたが今回は個人的に納得できる環境で人口保育に切り替え。結果出ればヨイけど・・・・飼育魚の為の試行錯誤の時間が最高です。繁殖出来りゃヨシではなく自分なりのベストの育成メソッドを確立させるのも楽しいのぉ〜 [続きを読む]
  • 83トリプル“絡み” の仔 成長記録
  • オス親は83トリプルですがメスは正直分からなくなりました。83トリプル同士確定の仔を実際に育成出来てますが400系に見える肌質の違う仔だったので違うと確信しましたが・・・当時一時的に混泳魚にインペダップルと174が居たのでどちらかではないかと踏んでおります。目の大きさや目の位置や体形見ると174匂いがしますがインペダップル自体も174入ってるし・・・分からないので、この稚魚を含め5匹(4匹)のみの打ち止め血統とな [続きを読む]