ぴょんぴょんがえる さん プロフィール

  •  
ぴょんぴょんがえるさん: 研修医あがりDr
ハンドル名ぴょんぴょんがえる さん
ブログタイトル研修医あがりDr
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/pyonpyonkaerusan/
サイト紹介文使ったものやほしいものを追求します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 10日(平均21.0回/週) - 参加 2018/05/04 00:26

ぴょんぴょんがえる さんのブログ記事

  • 日常診療のよろずお助けQ&A100
  • 当直中に読んでました。息抜きになるし、すぐに役立ちそうなことがたくさん書いてあって、わたしは暇なときに読んでましたおススメ度は Bランクです(A:強く勧める、B:勧める、C:持っていてもいいかも、D:役に立たなかった)こういう本好きなんです日常診療のよろずお助... [続きを読む]
  • 診察と手技が見える vol.1 第2版
  • 医師なら日常診察で行なっていますが最初はなかなか戸惑うことが多いでしょういろんなことが初学者のために書かれています。写真が多く、本当にわかりやすい改めて自分の身体診察を見直して、時代遅れにならないように必要かもしれません。おススメ度は Bランクです(A:強... [続きを読む]
  • 抗菌薬の考え方、使い方Ver.3
  • この本、良いです、お勧めです。(私はVer.2でしたが・・・)青木先生の本もいいですが、こちらはどちらかというと読み物的にどんどん読んでいく感じです。この本や青木先生の本で調べて、持ち歩ける本に書き込んだりして使うのが良いかなぁ。これ、読むのと読まないとでは医... [続きを読む]
  • 改訂第2版 JPTECガイドブック
  • 私が買ったのは改訂前の本でした。第2版になって、前よりわかりやすくなっています。JPTECのセミナーを受けるために必要な本ですよ。私は医師なので、直接JPTECは関係ないかなと思っていましたが、救急隊、救命士さんがERに来る前に何をしてきているのか、どんなことを指示... [続きを読む]
  • 研修医当直御法度 百例帖 第2版
  • これも当直室で寝転がりながら読んでました勉強というより読み物として面白く頭にすんなり入ってくる、そんな感じの本です。当直中に読むと実感がわいて良い感じです。忙しいときはぜんぜん読めませんけどね。おススメ度はAランクです(A:強く勧める、B:勧める、C:持って... [続きを読む]
  • 水・電解質と酸塩基平衡
  • この分野は、学生の時から超ニガテ。ポリクリのカンファでも散々突っ込まれまくった思い出があります。この本のいいところは、話がちょっとづつ進んでいくところ。『電解質』という言葉だけで気分が悪くなっていた私ですが、一日1項目というスローペースで行くとだんだん楽... [続きを読む]
  • 新 小児薬用量 改訂第8版
  • ついにやってきた、私のイチバン苦手な小児科。まず、子供が苦手。自分もかつては子供だったのか、本当に疑わしい。やっと大人で覚えた薬の知識が小児科には通用しない部分がある!この本、常に白衣のポケットに入れてありました。1か月の小児科研修をこれで乗り切りました... [続きを読む]
  • 当直で困らない小外科のコツ
  • 外科も麻酔科も回ったのに、当直で困ったのが、けがの人。これどうしたらいいのでしょうか。うぅ、こんな時に限ってセカンドコールは精神科の先生・・・とりあえず、デジカメで写真撮って、局所麻酔して。『麻酔が効くまでちょっと待っててくださいね〜』なんて言いながら、... [続きを読む]