Hope さん プロフィール

  •  
Hopeさん: 理不尽な病 〜アルコール依存症の夫と暮らして〜
ハンドル名Hope さん
ブログタイトル理不尽な病 〜アルコール依存症の夫と暮らして〜
ブログURLhttps://rifujinnayamai.hatenablog.com/
サイト紹介文私の夫はアメリカ人で、重度のアルコール依存症。回復どころか、ゆっくりと破滅へ向かっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 19日(平均2.9回/週) - 参加 2018/05/04 11:48

Hope さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 無意味な優しさ
  • 離脱症状が出ると、初期の頃は心配で夫に付き添っていたものだが、今ではここぞとばかりに私は夫を無視している。死なないように最低限の注意は払い、あとは放置。泥酔時にあれだけ苦しめられ、離脱症状の時に助けを求められても、私にも感情があるから、夫に優しく接することができないのだ。ERに行きたいなら連れて行く。でもそうでないなら、勝手に苦しんでくれ。そんな時、夫は夫の両親に助けを求めて電話をする。それが夜中 [続きを読む]
  • 離脱症状
  • 初めて離脱症状が現れたのは、もう8年ぐらい前だろうか。原因不明の発作と震え、けいれん、それが4カ月に一度ぐらいの間隔で起きていた。初めての離脱症状から2年ほど経った時に、夫は初めてこう言った。「原因はアルコールだと思う。」離脱症状が起きると、私は懸命に夫を看病した。ERに連れて行ったまま、それから即入院になったのが4回、旅行先で警察に救急車を呼ばれてERに運ばれたのが1回、そして、職場から救急車でER [続きを読む]
  • 探し物
  • 酔った夫は、いつも探している。自分が隠したウォッカのボトルの在り処を。自分で隠したくせに、自分で隠したこと、どこに隠したかを一切覚えていない。「…どこだよ?どこに隠したんだよ?お前が隠したことは分かってる!嘘つくな!これ以上問題を大きくしたくなかったら、どこにあるのか教えろ!」ウォッカのボトルに限らず、財布、車の鍵、アルコールを手に入れるために必要なものはすべて私が隠したと責め立てる。夜中でも [続きを読む]
  • 精神的な暴力
  • 夫は酔うと、私のことを"BITCH(あばずれ)"、 "FxxKING RETARD"(ファッ〇ング知的障害者)と呼ぶ。その他、思いつく限りのありとあらゆる汚い言葉で罵声を浴びせ、"TWO NUKES WERE NOT ENOUGH!!!(原爆を2回落とされただけでは足りなかったんだろう!)"と私の心をえぐってくる。悔しいことに、私に言い放ったそれらの暴言の数々を、シラフの夫は覚えていないのだ。もともと口は悪い人なのだが、酔うと更にナイフのようにグサ [続きを読む]
  • 犠牲になる時間
  • アルコール依存症の夫と一緒に暮らす中で、犠牲になる時間は2種類ある。一つは泥酔時、そしてもう一つは離脱症状の時である。どちらも夫の迷惑極まりない行為に、私達は苦しめられる。酔っ払うと理不尽な絡まれ方をされ、それにまともに対応しているとこちらの精神がおかしくなって来る。アルコールの離脱症状が現れると、今度はすがるように助けを求めて来る。このギャップに対応するのが、アルコール依存症と一緒に暮らすもの [続きを読む]
  • ウォッカ
  • 夫はウォッカを好んで飲む。1.75リットルの大瓶を、二日で飲み干してしまう。一旦お酒が入ると、私達の生活のすべてが壊される。数々の暴言を吐かれ、無意味に絡んで来られ、就寝の邪魔をされ、夜中に何度も起こされる。一晩中寝られないことは何度もあった。一睡もせずに、翌日会社に仕事の面接に行ったこともあった。泥酔した夫から離れるために、娘と犬達を連れて親戚宅に泊めさせてもらったこともある。娘だけ親戚宅に泊めさせ [続きを読む]
  • 人格障害
  • 夫はもともと、非常に気難しい人だ。頭はいいが、友達は少なく、人を見下すところがある。プライドが高く、精神年齢が幼い。自己中心的、かつ攻撃的。優しいわけでもなく、よくこんな人間との結婚生活が続いたものだ。夫はある種の人格障害者だと思う。こんな人間と十数年も一緒に暮らしてきた私は、もともとかなり我慢強い性格なのだと思う。アルコールの問題がなかったとしても、夫との生活は常に私の苦労と我慢によって成り立 [続きを読む]
  • ねがい
  • アルコール依存症は、脳の病気である。一度飲むと、自分の意志に関係なく飲酒のコントロールが出来なくなり、離脱症状に陥るまで連続飲酒をする。病気と言っても、普通の病気とは全く違う。こんなことを書くのは不謹慎かも知れないが、どんなに重い病でも、アルコール依存症以上に肉体的に、そして精神的に打ちのめされる病気はないと思っている。本人が、ではなく、一緒に暮らす人間が、である。ただの身体的な病ではない。死 [続きを読む]
  • 過去の記事 …