つるまる さん プロフィール

  •  
つるまるさん: 赤ら顔
ハンドル名つるまる さん
ブログタイトル赤ら顔
ブログURLhttp://akaragaonohanashi.seesaa.net/
サイト紹介文赤ら顔の原因などをご紹介し、対策や治療方法などをお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 1日(平均105.0回/週) - 参加 2018/06/07 14:39

つるまる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 赤ら顔を治す方法 化粧水
  • 赤ら顔を治す方法にも、化粧水でじっくり治す方法をとる人が多くなっているみたいですね。ほっぺが赤いことって気になりますけど、男性・女性を問わずに気にしている方って多いものなんだなぁ、と。自分だけじゃなかったって、ホッとします。血管の柔軟性を高めることで、2カ月程度で赤みが引くような化粧水も出てきていますから、最近はあまり気にしなくなりましたけど。以前にも、赤ら顔 漢方のページでお話した化粧水なら、天然 [続きを読む]
  • 赤ら顔 原因 対策
  • 赤ら顔の原因は、これまでも申し上げてきましたが、刺激を受けた皮膚の毛細血管が広がって、血液の赤さが表面からも見えることなんです。刺激を受けやすい ⇒ 敏感肌という点を考えると、敏感さを抑える対策をとれば、赤ら顔の原因に対する対策は施せるわけですよね。お薬で抑えるとすると、きっと抑えられるんだと思います。一時的には。ともあれ、お薬が刺激することもありますが。でも、恒常的に赤ら顔に対策をするには、体質面 [続きを読む]
  • 赤ら顔 薬
  • 赤ら顔が恥ずかしくて、人前に出にくい… 目線が気になる…頬にファンデを重ねてしまう…色んな悩みをお持ちの方もおられますので、治療方法もだいぶ進んできています。治療方法には、レーザー治療など医療機関に頼る方法と、体質改善などにより徐々に改善を図る方法があります。正直、一時的に治るレーザー治療を定期的に受けるよりは、地道に改善を図る方が、安心できていいと思います。赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】和漢でお [続きを読む]
  • 赤ら顔 メイク
  • 赤ら顔の方のメイクって、肌の赤みを隠そうとするあまり、チークが強めになったりと、ほほにポイントが行くことが多いですよね。⇒ 選択の幅が限られてしまうんですよね (^^)bこれ、ナチュラルな感じに仕上げたくてもしにくいわけで、メイクで上手く隠せていないとも感じているハズですよね。したいメイクにできていない訳ですし。もし、赤ら顔が治ってくれたら…好きなメイクが楽しめるわけで、きっと自分の選択の幅どころか、 [続きを読む]
  • 赤ら顔の原因
  • 赤ら顔の原因として一番に挙げられるのは、敏感なお肌の持ち主であることらしいです。寒さや刺激で広がった毛細血管の中が透けて見えて赤くなるわけですから、かなりの敏感肌だと思います。赤ら顔の原因に対して、対策を打たなければなりませんけど、結構諦めている人も多いようで、そもそも調べることすらしない人も多いようです。「 オヤジも赤ら顔だったから。」 とか、「 家系的に仕方ない。」とか。実は、赤ら顔専用の美容液 [続きを読む]
  • 赤ら顔 ulu化粧水
  • 赤ら顔に特化した化粧水に、もう一つ、ulu化粧水というものがあります。血管が透けて赤く見えることが赤ら顔の原因と言いましたが、刺激に弱いお肌の毛細血管が過剰に反応してしまうことによります。この化粧水uluは、お肌のバリア機能を高めるためにセラミドをしっかり補うことを機能として持っています。つまり、お肌の中でもコラーゲンやセラミドなどの成分が減っていく、加齢に対してもしっかり効果があるということ(^^)b体 [続きを読む]
  • 赤ら顔 治った
  • 赤ら顔が治ったという声もありますよね。寒い地方から、暖かい地方に引っ越して、少しマシになったとか、化粧水で治ったとか。なかなか根絶は難しそうですし、寒い地方から暖かい地方に転居するとかで、本当に治ったのかはちょっと疑問ですけど。確かに、雪国の人ってほっぺが赤いイメージとかありますけど。これ、寒さで血管が広がる(刺激が強い)ために赤くなったりするみたいですけど、実際は根本的に治しにくいそうです。徐々に [続きを読む]
  • 赤ら顔 漢方
  • 赤ら顔の治療に、漢方のような天然由来の治療の効果は高そうです。西洋医学の投薬では、一時的な対処が中心となりますが、漢方は即効性は高くないかもしれませんが、体質を改善していく効果があります。⇒ 継続的な効果を期待したいですよね!今までもお話してきましたけど、赤ら顔自体は、顔の毛細血管が広がりやすく、血液の赤さが皮膚の表面から映し出される状態だそうです。敏感なお肌の状態を、徐々に改善していって、赤ら顔 [続きを読む]
  • 赤ら顔 治療
  • 赤ら顔をお悩みの人って、他の人からは分かってもらえないことが多いので、ちょっと辛いですよね。治療といっても、お医者さんは薬を処方して終わり。もちろん、効いているとも言い切れず。理解してもらえない悩みには、やっぱり悩んだ人からの知恵を借りるのが一番かなぁ、と。赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】治療する方法はいくつも言われています。でも、目の前にいる人のために作られた薬って少ないんですよね。白漢しろ彩は、 [続きを読む]
  • 赤ら顔 漢方
  • 赤ら顔の症状は、血管が開いて赤く見えていることもあって、あまりアルコールなどの刺激は良くありませんよね。だから、漢方と考える人も多いようですが、和漢の植物エキスが合うことが多いそうです。ショウガ、甘草(カンゾウ)、茯苓(ブクリョウ)、川キュウなどが効果的らしいです。それらにセラミドやヒアルロン酸など、お肌にイイ成分を加えた化粧水なんかも発売されれているようで、今は健康そのものだけでなく、お肌の悩みにつ [続きを読む]
  • 赤ら顔 皮膚科
  • 先日も少しお話しましたけど、赤ら顔の治療に皮膚科に診療した場合。皮膚科の場合だと、どうしても投薬に頼ることになります。⇒ 対処療法。 体質の改善には至らないことが多いですよね。赤ら顔は、体質のものなので、なんらかの体質改善を図る方が長期的な改善につながります。お肌の赤みが血管の膨張だとすると、それをいかに抑えるか、ということが大事になってきます。例えば、生薬や漢方の力の方が長期的な改善に効果がありま [続きを読む]
  • 赤ら顔 化粧水
  • 赤ら顔に通院するのも、なんだか時間がもったいないような気もします。会社や学校をお休みするのって、気が引けますもんね。でも、市販品の化粧水でも十分に改善できるようになっていますので、ご安心を (^^)b赤ら顔をケアする【白漢しろ彩】赤ら顔自体は、改善できる体質ということもあって、薬品だけでなく体質を変えるような自然の材料を使うのが一番いいみたいです。⇒ お医者さんって、製薬会社の作った薬剤だけでできたお [続きを読む]
  • 赤ら顔 原因
  • 赤ら顔にも色んな原因があるそうですが、一番多い原因は毛細血管が細くて温度変化などで広がりやすい体質である場合が多いそうです。これ、血管が広がることで、皮膚が赤みを帯びて赤ら顔になるんだとか。血管の拡張を穏やかにすることで、赤ら顔になる体質を抑えることができるのだとか。レーザーとかの治療と違って、体質を変えていくと、将来的にも赤ら顔に戻りにくいとか。そう、体質、皮膚の性質を変えていくことが、一番の近 [続きを読む]
  • 赤ら顔を治す方法
  • 赤ら顔を治す方法でも、刺激に弱いお肌で血管が広がりやすい人には、化粧水なんかがおすすめです。一時的にレーザーとかで封じ込めるよりも、血管や体質を徐々に改善していく方が長期的に効果を持続させられて、負担も少なくイイと思います。即効性のある治療方法は、お肌組織の入れ替わり(約2カ月)後には徐々に効果を無くします。お肌ケアのポイントは持続性。これは、年齢肌なんかにも言えることですよね。 [続きを読む]
  • 赤ら顔 ファンデーション
  • 赤ら顔自体は、ファンデーションで隠せるといえば隠せますよね。ただ、ぼんやり分かるのも事実ですし、そのためのファンデーションの厚みが出てしまうのも事実。⇒ 結果、納得いかない人、気になる方が多いんでしょうね。赤ら顔と言えば、聞こえが悪い気がしますが、色白の方に多いことからも、キレイな肌の方が多いんですよね。ちょっと、赤ら顔の原因を知ってみると、簡単な対処方法がありそうにも思います。次回以降、原因につ [続きを読む]
  • 過去の記事 …