カッタウェイ さん プロフィール

  •  
カッタウェイさん: 昔履いたオニツカ
ハンドル名カッタウェイ さん
ブログタイトル昔履いたオニツカ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cut_away_collar
サイト紹介文トラッド服、ビスポーク、革靴、ヴィンテージ、スニーカー(アシックス、オニツカ中心)等のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 24日(平均4.4回/週) - 参加 2018/05/04 18:56

カッタウェイ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自動販売タイムマシンで50年前のシャーペンを買う(MONTBLANC NO.16)
  • ドラえもんに登場する数々のひみつ道具の中でも、とりわけ私が心惹かれるのが「自動販売タイムマシン」なる時空を超えた自動販売機です。昔の物価が安かった時代から買い物ができる&未来の物価がとんでもなく高い(おかしがひと箱で23万円!)時代からも買い物ができる、という古物愛好家には夢のような自動販売機。子供時代には単なる夢物語だったアイテムですが、最近のe-bayやETSYなどを利用してみると、ほとんどこれはもう実 [続きを読む]
  • 井上尚弥選手に圧倒され、もはや「全盛期のタイソンを彷彿」としか。
  • あの香川さんも「全盛期のタイソン」を引き合いに出すほどの圧倒的な強さ。タイソンとは、階級も時代もボクシングスタイルも全く違うのに、圧倒的な威圧感と破壊力は、もはや30年前のヘビー級の鉄人の域に達してしまったようです。確かに、ずっと前から楽しみにして、なかなか試合が始まらなくて、ようやくゴングが鳴ったらたったの91秒で試合が終わってしまったマイケル・スピンクス戦を彷彿とさせる怪物っぷりでした。ただ、 [続きを読む]
  • アルティメイト、洗濯中・・。
  • およそ35年前の靴なので、金ラインが剥離しないかとヒヤヒヤしながら洗濯中です。この間は、銀ラインの剥離に涙を流しながら青いのを洗ったっけ・・。気分だけは、ほとんど美術品の保存修復士です。直射日光には晒さないほうが良いのでしょうが、やはりこの靴には太陽の下が似合いますね。 [続きを読む]
  • 出張のお供に、オールデンのVチップ
  • 18年ほど履き続けているモディファイドラストのオールデン。出張のお供として大活躍してくれています。「疲れにくい靴」を超えて、「疲れた足を癒してくれる靴」になりつつあります。靴の真価って、時間をかけないと本当には分からない面があるなぁ、と改めて思い知らされました。 [続きを読む]
  • 戦え!"ゴールドライタン調"の4色ボールペン(モンブランNo.54)
  • タツノコプロといえばガッチャマンやマッハGoGoGo、タイムボカンシリーズなどが有名ですが、紅三四郎やキャシャーンも捨てがたく、他にも秀作・佳作が目白押しのアニメ制作会社であります。娘が一時期たまに見ていたプリパラもタツノコプロだったらしい・・。しかし、子供の頃、高級ガチャガチャで見かけた”ライターが変形する金色のロボット(ゴールドライタン)”が、タツノコプロの手になるものだったとは、この年になるまで知 [続きを読む]
  • 半・分解展が名古屋へ再びやってきます。(6/12 〜17: ギャラリー矢田)
  • おととしの秋に京都→名古屋→東京の3会場で開催された「半・分解展」。”フランス革命から第二次世界大戦の衣服を半分-分解し「標本」にする”というシュガーでマーベラスな展示会でありました。今年の6月、再び名古屋へやってきてくれるようです。それも予告を拝見すると、前回よりもさらに数段パワーアップしているようであります。以下、主催者の長谷川様のサイトより抜粋。2018 展示スケジュール東京-渋谷 5.23 〜 28 [続きを読む]
  • 「チーリンの当たりつきガム」半自動販売機の謎を闡明せよ
  • 子供の頃、近所にあった駄菓子屋には、ゴレンジャーのでかい箱に入ったガム(の半自動販売機)がありました。どうやら、お店の人に10円渡してから箱の横にあるボタンを押すと、中から色付きの丸いガムが出てきて、「当たり」の色が出ると景品がもらえる・・という仕組みであったようです。ようです、と申し上げたのは、私は生来あまり賭博行為に適していない(射幸心が強くてムキになりやすい)ため、これに手を出すことなく、そ [続きを読む]
  • シアサッカーのように爽やかなペリカン・ターコイズホワイト
  • 先日発売されたばかりのペリカンM600ターコイズホワイト。ずっと広告の写真しか見られなかったので、あちこちでツイッターやブログに登場するのを見て楽しんでおります。古物を物色してばかりで、新製品の予約などしたことがない私が飛びついたのは、万年筆好きのツボと洋服好きの経絡秘孔の一つを同時に突かれたからだと思います。シアサッカーの代表的な柄がホワイト×ブルーなので、この配色には抗えません。並べてみると・・縞 [続きを読む]
  • 懐古主義者を打ちのめしたペリカンのM600ターコイズホワイト
  • 私は懐古趣味に脳が侵食されているので、車や時計はもちろんのこと、ガムや空き缶ひとつでも、現行品より昔の製品のほうが美しいと感じることが多いのですが・・。ときには新製品のデザインや美しさに拍手喝采することもあります。このペンもそんな新製品のひとつ。惜しむらくは、限定品(このカラーは)のため、ほどなく入手できなくなりそうなこと。定番の緑縞や青縞ももちろん素晴らしいのですが、このカラー(ピンクも)は傑作 [続きを読む]
  • 穴開くドーメルのヴィンテージ生地
  • 8年ほど前、ドーメルのヴィンテージ生地を使って仕立ててもらった春夏用スーツ。陽にあたると少しギラつくのと、切れ端をあぶると少し溶けることから、勝手にウール・モヘア・化学繊維の混紡ではないかと思っています。実のところはよく分からないのですが・・。モヘアは摩擦に弱いとか、特に古いものはクリース部分から割れることがあるとか、そんな噂を聞いておりましたが、果たして、先日パンツにブラシを当てていたら、裾のた [続きを読む]
  • スニーカー用エコせっけん
  • 妻がもらってきたスニーカー用の石鹸です。ちょうど「アルティメイトを洗わなきゃ」と思っていたところでした。スニーカーの形をしています。よく見ると、二本線が入っていますね・・。 アディダス風にすることもできそうですが・・。ここはやはり・・。洗浄効果については、後日、検証のうえご報告したいと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …