桃香 さん プロフィール

  •  
桃香さん: 桃香の写真俳句ブログ
ハンドル名桃香 さん
ブログタイトル桃香の写真俳句ブログ
ブログURLhttp://momoka835.blog.fc2.com/
サイト紹介文ふと目にとまったものを写真と駄句でつづっていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 19日(平均5.2回/週) - 参加 2018/05/05 10:24

桃香 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 薔薇2
  •    日輪の光集めし黄薔薇かな   桃香    にちりんのひかりあつめしきばらかな 薔薇の花は、開ききる前の、このぐらいのときが美しいですね。 昨日も天気がよくて、陽光に映える黄色い薔薇をズームで撮ってきました。(マクロを持って行っていなかったので)   薔薇よりも淋しき色にマッチの焔   金子兜太 そういえば、金子兜太さんが亡くなって3か月あまり。 「曼殊沙華どれも腹出し秩父の子」「おおかみに蛍 [続きを読む]
  • 紫蘭
  •    光さす万葉園の紫蘭かな   桃香   ひかりさすまんようえんのしらんかな 近くの公園に「万葉園」なる場所があります。立派な名札に植物の写真と万葉集の歌が添えられていて居心地のいいところ ですが。 なんと、今やそれらの植物はなくなっていて雑草ばかり。 その「万葉園」の端っこの方にかたまって紫蘭が咲いていました。 育てやすく繁殖しやすいので、今やどこでも見かける蘭ですが、ちょうど陽の当たり具合が [続きを読む]
  • スキマ植物2
  •    十薬の微かに匂ふ排水路   桃香    じゅうやくのかすかににおうはいすいろ 「スキマ植物」のことが気になって、この頃は道路の隅っこや壁の間などを探して歩くことが多くなりました。 意外に多いのが側溝の中。雨水で種が運ばれてきたのか、それとも居心地がいいからなのか分かりませんが、 たくさんの植物が生えています。 この十薬(どくだみ)もその一つです。たまたま排水溝の中に水がありましたが、天気のい [続きを読む]
  • スキマ植物
  •    ひなげしや壁の隙間に揺れてをり   桃香  ひなげしやかべのすきまにゆれており アスファルトの割れ目や電柱の根本、ブロック塀の穴などに、よく小さな草花を見かけますよね。 逆境に耐え、我慢と根性で生きているなと思うのですが、実はこれは正反対。 この隙間は、植物にとって「楽園」なのだそうです。 植物にとって大切な光合成。 これに欠かせないのは太陽光ですが、大勢の仲間のいない隙間の環境では、この太 [続きを読む]
  • 母の日
  •    薫風や小さき母の髪を梳く   桃香   くんぷうやちいさきははのかみをすく 今日の「母の日」は、生憎の雨模様。 季語は緑雨か母の日かにすべきところですが、あえて薫風にしました。 すっかり年老いて、一回り小さくなったような気がする母の白髪の髪を梳いてあげていると、 あらためて長生きしてほしいなという感におそわれます。 せめてカーネーションを一束。   母の日のてのひらの味塩むすび   鷹羽狩行 [続きを読む]
  • 薄暑
  •       水際に足浸けてみる薄暑かな   桃香   みずぎわにあしつけてみるはくしょかな 今日は暑かったですね。毎日毎日気候の変動があるので、何を着ようか迷ってしまいます。  川を下って河口の浜までいくと、親子が川の中に。 この暑さに水に浸かってみたくなったのでしょうね。   街の上にマスト見えゐる薄暑かな   中村汀女下のコメントという文字を押すとコメント欄が現われます。 [続きを読む]
  • 杜鵑花
  •    どの垣も杜鵑花はなさく裏通り   桃香     どのかきもさつきはなさくうらどおり  五月に入って皐の花を見かけるようになりました。  同じつつじの仲間ですが、つつじが終わった頃に咲き始めたという感じです。  公園の垣根や家々の生垣が皐の花で覆われると、あぁ五月だなと思います。  つつじに比べると花が小さいのが特徴です。   満開のさつき水面に照るごとし   杉田久女コメント欄がありませんの [続きを読む]
  • つばめ
  •    燕の巣ひな鳥を待つ喫茶店   桃香   つばめのすひなどりをまつきっさてん   卵抱く眼鋭きつばくらめ   桃香   たまごだくまなこするどきつばくらめ   燕も燕の巣も春の季語ですが、どうしても気になってならないひな鳥の巣立ちを見に、今も喫茶店に通っています。 まだひな鳥が孵っていないらしく、親鳥が卵を抱いています。 いつになったら孵るのかなぁ。   来ることの嬉しき燕きたりけり   石田 [続きを読む]
  • 焼肉
  •   夏めくや三人前のロース肉   桃香 なつめくやさんにんまえのろーすにく 焼肉というと、季節はいつごろと感じられますか。 やくにちなんで8月9日が焼肉の日とされているようですが、まぁ季節には関係ないようですね。 若葉・新樹の光が夏らしい輝きを見せるこの時期、人も動物も活動期に入り、ついお腹も満たしたくなってくるようです。 ということで、近所の焼肉店に。 特上塩タン、カルビに上ロース、レバー。 特 [続きを読む]
  • 薔薇
  •   天鵞絨の花弁そよぐ紅き薔薇   桃香 びろーどのはなびらそよぐあかきばら ビロードのような光沢のある薔薇の花弁。 本当に薔薇の花は、いつ見ても優美ですね。 風があったので、手ぶれしています。これでも蕊に焦点を当てて苦労して撮ったのですよ。 紅い薔薇とくれば、この句でしょうか。  自らへ贈るくれなゐ強き薔薇   櫂未知子コメント欄がありません。下のコメントという文字を してくだされば、現わ [続きを読む]
  • 新緑2
  •   新緑やベビーカー押す若き腕   桃香 しんりょくやベビーカーおすわかきうで 最近はイクメンなる言葉もできて、男性が育児をする姿も多くみかけるようになりました。 休日の午後をのんびりと子供と過ごす若い男性。 ちょっと素敵ですね。 葉桜を撮ろうとして偶然映り込んできた人物です。  新緑の香に新緑の風を待つ   稲畑汀子 こう詠みたかったなという一句です。コメント欄がありません。下のコメントというと [続きを読む]
  • 新緑
  •    新緑の風の包みしベンチかな   桃香 しんりょくのかぜのつつみしベンチかな  爽やかな風の吹き渡る午後の公園  ひと気のない公園に並ぶベンチ 寝ころんだら気持ちがいいだろうな 新緑といえばこの句 摩天楼より新緑がパセリほど   鷹羽狩行コメント欄がありません。下のコメントという文字を押すとコメント欄が現われます。 [続きを読む]
  • こいのぼり
  •  こひのぼり風を孕みて跳躍す  桃香 こひのぼりかぜをはらみてちょうやくす 子供の成長と出世を願って立てたという鯉幟。 最近は、それぞれの家が立てるより、広い場所で多くの鯉幟を吊るすというのが主流となっていますね。 観光名所になっているところもあります。 風をいっぱいに受け、のびのびと大空を舞う鯉幟、いいものですね。 こひのぼり光る川面に尾を垂らし  桃香 気が付きませんでしたが元句?がありました [続きを読む]
  • つつじ
  •  朝の雨雫したたる躑躅かな   桃香 あさのあめしずくしたたるつつじかな つつじは、春の季語なのですが、4月の終わりごろから5月初めにかけていろいろな種類の花が咲いています。つつじと皐の違いが判らず調べたところ、皐つつじのほうが少し小さめで時期も遅く、つつじは花が大きく咲く時期も早めということでした。しべの数にも違いがありそうです。 花びらのうすしと思ふ白つつじ  高野素十 [続きを読む]
  • 過去の記事 …