つむぎ さん プロフィール

  •  
つむぎさん: 母さん、あんまり無理しちゃいけないよ
ハンドル名つむぎ さん
ブログタイトル母さん、あんまり無理しちゃいけないよ
ブログURLhttps://tsumugiblog.com/
サイト紹介文フルタイム共働きワーママのブログ。 仕事と家事の両立、家計管理や子育てに試行錯誤の日々をつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供123回 / 169日(平均5.1回/週) - 参加 2018/05/05 14:36

つむぎ さんのブログ記事

  • せんのかい、すんのかい、いやせーへんのかーい
  • 宿題って絶対やっていくものだよね?いや、私はそういう風に育ちましたよ。もしかして違うの?と思って旦那にも聞いてみましたよ。そしたらやっぱり、宿題は絶対、やっていくものだって言ってるんですよ? 目次うちの子頭がおかしいのでは将来が心配で仕方ないうちの子頭がおかしいのではその日、旦那の帰りが遅く、私も珍しく残業があり、どっぷり疲れていました。適当に夕飯を済ませて、慌ただしくお風呂に入りましたが、寝るの [続きを読む]
  • 都内高級住宅地に起きている異変と地域のブランド
  • 都内でも屈指の高級住宅地。お坊ちゃま・お嬢ちゃまの通う私立大学があり、そこに住む奥様は「○○マダム」と呼ばれ、あくせく働くワーママにはその響きにあこがれる人も多いのです。 目次街に異変が進む二極化金持ちケンカせずおしゃれで高級な街で街に異変がそんな憧れの高級住宅地にお住まいの知人がいます。おじい様の代からだそうで、広い一軒家に住んでいらっしゃるのですが、この方自身はお坊ちゃまというよりも気さくなお [続きを読む]
  • 違う、違う、そうじゃ、そうじゃない〜楽しくお酒を飲みたいだけ
  • 以前勤めていた職場の先輩。華麗な学歴を持つ才女でした。容姿もおきれいな方で。私、生まれ変わったらこんな見た目で生まれてきたかったなーと思う女性でした。目次社内での評判は彼女との会話そんなに否定しなくても違う違うそうじゃない社内での評判はとにかく仕事ができる。同期の中でも昇進が早く、順調にキャリアを重ねていました。若い時から期待され、その期待にも見事にこたえていた彼女。結構、社内の上層部の人に対して [続きを読む]
  • 今からでも間に合うだろうか?器用貧乏な母の悩み
  • 「パパ、サッカーのプロになりたい?」サッカーボールをもって出かけようとしたパパに向かって、5歳の次男が投げかけた質問です。 目次いと、ほほえまし意外と深いボーっと生きてたらこのままでいいのかいと、ほほえましただ今5歳の次男の将来の夢は、サッカー選手。休みの日には公園で、お兄ちゃんとパパとサッカーボールを蹴って遊んでいます。たいてい、途中でお兄ちゃんに「下手くそ」とか言われて、泣きながら帰ってくるんで [続きを読む]
  • 目の前が真っ暗になったときに少しでも灯りがともればいいなと思って
  • 先日、保険屋さんに来てもらって、夫婦ともども加入している保険を見直すことにしました。 目次旦那さんが心配していること改めて保障内容を確認あと何年生きるのでしょうね旦那さんが心配していること旦那さんの母方の家系はいわゆるがん家系。お義母さんを若くして亡くしています。叔父さんもがんを患いました。旦那本人、サプリメントで栄養補給したり運動したり、健康には気を遣っております。おかげさまで今のところ、健康診 [続きを読む]
  • もうすぐ帰るから、がんばって
  • 先日、帰りの電車内にて。少し控えめにささやくように話す優しい声。「もしもし?もうちょっと頑張ってね。時計の長い針がね、6になるぐらいにおうちに着くからね。うん、うん。ごめんね。今電車に乗ってるところだからお話できないんだ。あと5分したら掛け直すから、それまでちょっと待てるかな?そしたら電車降りてお話できるからね。」 で、電車が駅に着いたら、すぐに電話を折り返して「もしもし?○○ちゃん?」と言いながら [続きを読む]
  • 保育園の先生方、頑張りすぎなくていいです
  • この連休中、次男の保育園の運動会がありました。年長児、最後の運動会でした。 目次子どもの成長を感じる10月は大忙しの保育園当たり前にやってるけどさだから無理しないでってば子どもの成長を感じる近くの学校の校庭を借りての運動会。かけっこや玉入れなどの競技と、一生懸命練習したダンスと。保育園に入ったばかりの頃は、かけっこのスタートラインに立たされてもワンワン泣いて立ちすくんでいたわが子も、今年は立派な年長 [続きを読む]
  • 自分の人生は自分で決めていいということに今さら気づく
  • 犬を飼うか飼わないかですったもんだしたわが家ですが、ちょっとそこで気づいたことがあります。新しい家族を迎え入れることに躊躇していたら運命の出会いを逃す本気でワンちゃんをお迎えすることを考えた1週間でした。tsumugiblog.com2018.10.05目次この感情はなに飼えばいいのに素直な気持ちを押しとどめていたものもう従わなくていい民主的な家庭にしたいこの感情はなに家族が犬を飼うぞーという方向に盛り上がっていた頃、私の [続きを読む]
  • 新しい家族を迎え入れることに躊躇していたら運命の出会いを逃す
  • 子どもたちが前々からペットを飼いたいと騒ぎ立てているわが家です。子どもにペットを飼いたいとねだられたらわが家の長男、周りのペットを飼っているお友だちを羨ましがって、「うちでも飼いたい」と言い出しました。飼い始めた後も、子どもがちゃんと飽きずにお世話ができるのか、どうやったら見極められるでしょうか。tsumugiblog.com2018.06.01こちらの記事でも書いたとおり、戸建なので飼えないことはないんですけど、子ども [続きを読む]
  • 親愛なるきょうだいよ、家を買わないでくれ
  • 先日、旦那と話をしているときに相続の話になって、ふと思ったことがあります。うちの二人の息子、いとこがいません。私のきょうだい、夫のきょうだい、いずれも独身で結婚の予定なし。もういい年ですからねー。可能性がないわけではないけれど、これから先、いとこができる確率は低いでしょう。自分たちの親世代も一人っ子か2人きょうだいしかおらず、その下に子ども、孫の代と続いているのは、今のところ、わが家の幼い2人の男の [続きを読む]
  • この15年間で一番の大いなる勘違いをしていた私
  • 先日、私のイライラが爆発して、見るに見かねた夫が旅行の計画を立ててくれました。そのときの様子はこちらの記事に。ワーママ生活に疲れてきてんのかな些細なことで子どもに怒ってしまって自己嫌悪になった話。tsumugiblog.com2018.09.27 目次こんな素敵なお宿いいんですか危なかったなぜこうも女子力がこんな素敵なお宿いいんですか台風が近づいてきていたのでお天気はイマイチでした。まぁ、天気が天気なので観光はほとんどでき [続きを読む]
  • ワーママ生活に疲れてきてんのかな
  • 5歳の坊やの、悪気のない、何気ない一言に過剰に反応してしまい、大人げなかったと反省しています。 目次次男の何気ない一言何なの、それ反省してます連休が追い打ちをかける次男の何気ない一言先日のことですけど、夕飯にフライパンでピラフを炒めてたんですね。そこへトコトコやってきた次男。彼はちょくちょく、母がご飯を作っているところをのぞきに来ます。そして一言残して去っていく。「えー、ピラフ?ぼく、普通のチャーハ [続きを読む]
  • どうしてそんなに気になるの?それは、諦めきれない夢のせい
  • 先日、家族4人、ファミリーレストランでランチをしていた時のことです。私たち家族が座っていたテーブルから、通路を挟んで斜め向かいのテーブルに、中学生ぐらいの男女グループが座っておりました。 目次気になるお父さんなぜそんなに気になるのか気になるお父さん休日だったのに学生服だったのは、部活の帰りかなんかだったのかなぁ。にぎやかにおしゃべりしています。 私の背中側だったので、ほとんど私からは見えなかったので [続きを読む]
  • 困ったぞ、さあどうする?早く探さなきゃ
  • 前回に引き続き、小5長男の教育、習い事関係の話ですけれども。小学1年生のときから週1回、ネイティブ先生の英会話教室に楽しく通っていたのですが…。 目次帰っちゃうんだって代わりの教室を探さねば子ども向け英会話教室を選ぶポイント帰っちゃうんだって先生がね、故郷に帰ることになりまして。すごーくいい先生で、楽しく授業してくれていたので、長男も嫌がることなく通い続けておりました。だからとても残念。 並行して続け [続きを読む]
  • 実をとらずに形から入りたがる男
  • 小5の長男なんですけど、先日いきなり、「塾に行きたい」と言いはじめました。 目次やっとやる気になったか理由を聞いてみるとかみ合わない父と息子それは違うやっとやる気になったか宿題は、気が向けば学校から帰ってすぐに済ませていることもあるし、だらだらとテレビを見てしまってなかなか取り掛かれないこともある、気分に波のある長男です。毎日の勉強も、進研ゼミのチャレンジタッチでサクサクとこなしていますが、学校の成 [続きを読む]
  • 早く終わればいいのにと思う番組
  • 実家にいたころ、私は大嫌いなんだけど、なぜかうちの祖母が日曜のお昼になるとチャンネルを合わせてしまう、超悪趣味な番組がありました。「○の!東京マガ○ン」。とっくに終わってると思ってたけど、まだやってるんだね。 目次何が嫌いかって考え方が古い悪意を感じるクレイジーなのはむしろ何が嫌いかって番組全体を通して感じるのは、年齢層の高い人たちが、行政や企業や団体の対応に正義感振りかざしていちゃもん付けたり、 [続きを読む]
  • 月へ飛んでいく社長ととあるベンチャー企業の薄っぺらさ
  • 何かとお騒がせなあの社長が月へ飛んで行かれる計画だそうで。初の民間人の月旅行だそうで。いよいよ「今度の年末年始は、ちょっと月の周り回ってきます」みたいなことが現実に…。 目次でも怖いよね、宇宙ってあるベンチャー企業のふわふわ加減軽すぎるにもほどがあるでも怖いよね、宇宙って宇宙へ行くのは、厳しい訓練をくぐり抜けた、体力・精神力・知識・技術を兼ね添えた宇宙飛行士だけかと思っていましたが、お金をかければ [続きを読む]
  • 子どもの夢を尊重できる?息子がウェイ系でも許容できる?
  • 以前勤めていた会社で、尊敬する上司(男性)がいました。めちゃめちゃ仕事ができて、頭がキレて、リーダーシップがあり、自分にも周りにも厳しく、常に仕事は高い水準を求められました。現在は定年退職されましたが、経験を活かしてコンサル会社を立ち上げたり、大学院で社会人向けに講義をしたりして、ご活躍されていると風の噂で聞いていました。 目次元上司の近況を聞くギャップがありすぎて思いを巡らす元上司の近況を聞くた [続きを読む]
  • その残業代とお小遣いは誰のもの?残業とは夫婦の共同作業である
  • 職場に共働きの夫婦は結構いますが、「各家庭で考え方が違うんだな」と思うことがあります。夫婦それぞれのお小遣いの決め方。私の周りの共働き夫婦、だいたいこんなパターン。 目次1.小遣いが定額制2.家計への入金が定額制3.そもそも小遣い制がない4.わが家の場合なんでそんな面倒なことを1.小遣いが定額制だんだん最近減ってきているような気がするんですよね。定額のお小遣いでやりくりしている旦那さん。でも周りにはチラ [続きを読む]
  • 俺の♪俺の♪俺の話を聞けぇぇ♪
  • わが家は戸建です。夜、寝るところはというと、主寝室と、和室があります。2階の主寝室には旦那と長男(小5)、1階の和室には私と次男(年長)。次男が生まれてから、なんとなくこの形に落ち着き、今に至ります。 目次今日は家族4人で寝てみよう母さん飽きてきたよ、しりとり逆しりとり今日は家族4人で寝てみよう先日、だれが言い出したかわかりませんが、ちょっと趣向を変えて、1階の和室に4人で寝よう、ということになり。布団を [続きを読む]
  • 仕事を辞めてやりたいこと
  • いや、辞めるっつう話ではないですよ。まだ住宅ローンも残ってるし、子どもだって教育費がかかるの、これからですから。現実には辞めたくても辞められないんですけど、今日は妄想の話。だってね、「人間が想像できることは、人間が必ず実現できる」って、フランスの作家、ジュール・ヴェルヌさんも言ってたもん。 目次ホームステイを受け入れたい民泊を経営したい不動産経営したい賢くなりたいまた学生になりたい絵も描きたいホー [続きを読む]