相続行政書士 さん プロフィール

  •  
相続行政書士さん: 最幸な相続を福井から始めませんか
ハンドル名相続行政書士 さん
ブログタイトル最幸な相続を福井から始めませんか
ブログURLhttp://office-hnakayama.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文福井の相続、遺言、終活エンディングノートに役立つ情報を欠いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 18日(平均27.6回/週) - 参加 2018/05/05 16:39

相続行政書士 さんのブログ記事

  • 自動車を相続する場合
  • 自動車を相続した場合は住所を管轄している陸運局(運輸支局か自動車検査登録事務所)に移転登録申請書を提出して名義変更する必要があります。自動車を売却するときも、一度名義変更をする必要がありますので気をつけてください。① 自動車の相続方法を決定します。② 名義人変更をします。① 自動車の相続方法を決定します。・自動車を相続する人が決まったら、遺産分割協議所に記入します。・自動車は1人だけでなく複数人で [続きを読む]
  • 遺族厚生年金に加算される給付がある場合
  • 厚生年金の保険者であった夫が亡くなられた場合、遺族厚生年金の受給用件は満たしているが、遺族基礎年金の支給要件を満たしていない妻や、遺族基礎年金の給付が終了した妻に加算される給付があります。中高齢寡婦加算を受給する場合の要件亡くなった夫について① 下記の条件に当てはまる場合a. 被保険者b. 被保険者期間中に病気や怪我が原因で初診日から5年以内に亡くなったときc. 1級・2級の障害厚生年金を受給する権利が [続きを読む]
  • 株式など有価証券の相続手続きをする場合
  • ① 証券会社へ連絡して、取引内容の確認と資料の請求をする② 相続人名義の口座を準備する③ 名義変更をする。① 証券会社へ連絡して、取引内容の確認と資料の請求をする被相続人に届いていた郵便物や銀行通帳から証券会社を調べ、電話連絡して、取引の有無の確認をしてください。取引をしていた場合は、相続手続きに必要な資料などを取り寄せてください。② 相続人名義の口座を準備する被相続人が持っていた株式を売却する場合で [続きを読む]
  • 遺留分について
  • 遺言書の内容によっては、相続財産を第三者に遺贈したり寄付することが出来ます。相続には、残された遺族の生活を守り面がありますので、相続財産が相続人以外の方にすべて遺贈されると遺族の方の生活が困難になります。そのため、相続財産の一定の割合が相続人に残されるように法律で遺留分が保障されています。この遺留分が保障されているのは、法定相続人のうち、配偶者、子、父母となっています。兄弟姉妹には保障されていませ [続きを読む]
  • 生命保険の保険金を受け取る場合
  • 生命保険の保険金は、相続財産ではありませんので、受取人が単独で手続きすることが出来ます。※ 相続税の手続きでは相続財産とみなされますので、気をつけてください。①  保険会社へ連絡します②  契約内容の開示と照会請求をします。③  保険金を受け取ります。①  保険会社連絡します。・被保険者の方が亡くなったときに保険会社に連絡します。・保険会社から届いていた郵便物や通帳の履歴で契約していたかどうかがわ [続きを読む]
  • 郵貯銀行で相続届けをする場合
  • ① 相続確認表の受け取りと提出② 必要書類のご案内の受け取り③ 必要書類の準備と手配④ 払戻金の受け取り① 相続確認表の受け取りと提出相続確認表を最寄りのゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口で受け取るか、ゆうちょ銀行のホームページからダウンロードします。? 相続確認表(PDF/233KB)(PDFファイル)? 相続確認表の記載例(PDFファイル/299KB)(PDFファイル)相続確認表に必要事項を記入して、最寄りのゆうちょ [続きを読む]
  • 遺産分割協議をしなかった場合
  • 預貯金口座の名義人が亡くなったからといって、その口座が即時凍結されるわけではありません。そのため、金融機関で相続手続きをしていない場合は、相続人が勝手に預貯金を引き出すことが出来てしまいます。遺産分割協議はいつまでしなければいけないという期限はありません。預貯金口座の名義人が亡くなってから10年間遺産分割協議をしていない場合は、今からでも遺産分割協議をすることが出来ます。民法でそれぞれの相続分が定 [続きを読む]
  • 銀行などの金融機関で相続手続きをする場合
  • 被相続人の遺産に預貯金がある場合、その金融奇異間所定の相続手続きをする必要があります。最初に金融機関へ連絡します。金融機関に被相続人が亡くなった旨を連絡すると、被相続人の講座が凍結されて、預貯金の入金や引き出しができなくなります。そのため、公共料金などを銀行振り替えにしている場合は、相続人名義の口座から支払うように変更する必要があります。被相続人の金融機関のカードや通帳などがある場合は、金融機関の [続きを読む]
  • 相続人の中に未成年や認知症の方がいる場合
  • 相続人の中に未成年者がいる場合は、親権者や未成年後見人が代理人となり遺産分割協議に参加します。このとき、未成年者と親権者の両方が相続人となっている場合は、親権者自身の立場と未成年者の代理人としての立場が利益相反関係となります。 そのため、利益相反関係になってしまう場合は、親権者は未成年者のために特別代理人を選任しなければいけません。この選任された特別代理人が未成年者の代理人として遺産分割協議に参加 [続きを読む]
  • 印鑑登録証明書を取得する場合
  • 相続の手続きをするときに印鑑証明書を提出しないといけないときがあります。印鑑証明書を発行してもらう前に印鑑を登録する必要があります。印鑑登録したときに使った判子のことを実印といいます。 相続手続きで提出を要求される印鑑証明書は、登録してから6ヶ月以内などの期限がついている者がほとんどです。【印鑑証明書を取得する方法】申請が出来る人・本人・代理人 (代理人船届けまたは委任状が必要)申請するところ・住 [続きを読む]
  • 成年後見制度って何
  • 認知症などにより精神上の障害によって判断能力が不十分の方々のために、本人に代わって、遺産分割協議に参加したり、介護保険利用に際しての契約や施設の入隊所、財産管理、悪徳商法から財産を守ったりする人のことを成年後見人といいます。成年後見制度には2種類あり「法定後見制度」と「任意貢献性」があります。「法定後見制度」とは判断能力が不十分になったときに、家族の方が申し立てて適応される制度です。「任意後見制度 [続きを読む]
  • 財産を分ける場合
  • 有効な遺言書があり、そこに、遺産の分け方について書いてあった場合は、原則として、遺言書に書かれているとおりに遺産が分割されます。遺言書が2通以上見つかった場合は、日付の新しい遺言書が有効となります。遺言書がないときは、相続人全員で遺産を分割する方法を話し合いで決めます。子の話し合いのことを遺産分割協議といいます。※ 相続放棄をすると、最初から相続人でなくなるため、遺産分割協議に参加することはできま [続きを読む]
  • 戸籍謄本などを習得する場合
  • 戸籍謄本などを習得する場合戸籍謄本を請求できる人は、個人情報の保護などの理由により、法律で請求できる人が制限されています。たとえば、被相続人や配偶者、子、父母、兄弟姉妹などの親族が請求することができます。それ以外のものが請求する場合は、委任状など書類を提出する必要があります。請求する場合は住所や本籍地の市区町村役場に請求します。請求する方は身分を証明するために、運転免許書などの本人の確認ができる者 [続きを読む]
  • 高額療養費の支給を申請する場合
  • ・国民健康保険や、後期高齢者医療制度、健康保険に加入している人が、病院や薬局で同じ月に支払った金額が、一定の金額を越えたときに、その越えた分の金額(高額療養費)を請求することができます。・この制度は、本人の死亡後にも請求することができます。・健康保険が適用できない治療や投薬を受けた場合や別途ダイヤ入院中の食事代は対象外となります。・自己負担額の上限額は、加入者の年齢や所得によって変わってきます。・ [続きを読む]
  • 相続財産を調査する場合
  • 相続財産の調査の手がかりとなるものに以下のような者があります。これらの者が家の中にないか探してみてください。自宅の金庫や引き出し、棚、仏壇などに保管されている場合が多いです。自宅にないときは貸金庫に保管されている場合もあります。※ 貸金庫を契約者以外のものが開けるときは、戸籍謄本などの提出が求められるときがあります。金融機関の通帳から預貯金の確認や株式や投資信託、負債の存在の確認が出来る場合があり [続きを読む]
  • 住民票の写しを取得する場合
  •  住民票の写しや印鑑証明書は相続手続きをするときに必要になる場合があります。【住民票の写しを取得する場合】・申出できる人 本人、同一世帯の人、代理人など・申出先 住所がある市区町村役場・必要なもの  判子 本人を証明できるもの(運転免許証や健康保険証など) 手数料 1部 300円  申出人が代理人の場合委任状  郵送で申出する場合は定額小為替と返信用封筒と切手マイナンバーカード(または住民基本台 [続きを読む]
  • 相続人を特定する場合
  • 相続手続きを行う場合には、正確な相続関係を把握するために戸籍謄本などの提出が求められる場合が多いです。■ 亡くなられた方の戸籍謄本亡くなられた方の戸籍を収集する場合は、亡くなられたときの戸籍謄本や除籍等穂運だけでは足りません。戸籍は転籍や法改正、婚姻などによりそのつど新しく作られます。新しく作られた戸籍には以前の情報が記載されないため、相続人全員の確認が出来あせん。相続関係を証明するためには、亡く [続きを読む]
  • 相続人は誰になるの
  • 相続が発生したときに相続が発生します。このときの相続人は法律で相続人になれる人が決まっています。また、相続の割合についても基本的に法律で決まっています。子の割合のことを法定相続分といいます。■ 常に相続人になる人 配偶者配偶者がいる場合は、以下の順位の人と一緒に相続人になります。■ 第1順位 子(子がすでに亡くなっている場合は孫、孫も亡くなっている場合は曾孫)・養子と実子の相続分は同じです・配偶者 [続きを読む]
  • 相続財産とされるもの
  • プラスの財産・現金や預貯金・株式などの有価証券 株式、国際、社債、ゴルフ会員権等・不動産 土地・家屋・不動産上の権利 賃借権、抵当権など・動産  自動車、貴金属、骨董品、家財家具など・その他債権 売掛金、 貸付金、損害賠償請求権など・知的財産権 著作権など・生命保険金 故人が受取人の場合のみ・電話加入権などマイナスの財産・負債 借金・ローン など・保証債務 原則として相続する・損害賠償債務 不法行 [続きを読む]
  • 仕事中や失業給付受給中に亡くなった場合
  • 1. 仕事中に亡くなった場合遺族年金の中には遺族補償年金給付という制度があります。サラリーマンの方が働いている会社は、労働災害補償保険に加入しています。通勤中や労働中に亡くなられた場合は、労働災害補償保険で会社が保険料を支払ってくれます。仕事中に怪我をしたときも健康保険ではなく、労働災害補償保険で保険料貸しは割れます。この労働災害補償保険は仕事中の死亡事故などにも適用されます。この時支払われるのは [続きを読む]
  • 総裁日や埋葬量の申請をする場合
  • 亡くなられた方が国民健康保険や後期高齢者医療制度に加入していた場合は総裁費が、支給されます。また、会社員などで健康保険に加入していた場合は舞い少量が支給されますので申請しましょう。亡くなられた方が国民健康保険や後期高齢者慰留尾制度に加入していた場合・葬儀を行った喪主などに対して総裁費が支給されます。・通常支給金額は3万漢万円程度です。総裁費の村政方法・提出先 亡くなられた方が住んでいた市区町村役場 [続きを読む]
  • 児童扶養手当がもらえる場合
  • 配偶者が亡くなってしまって、親が1人になってしまったこのために地方自治体から児童扶養手当が支給されます。受給には一定の所得制限があります。遺族年金などを受給している場合はもらえませんが、所得が低い方や遺族年金の受給資格に該当しない方に子がいる場合は、児童扶養手当がもらえる可能性があります。児童扶養手当がもらえる人と所得制限の内、自動不要手当てがもらえる人は、日本国内に住所があり、18歳の誕生日の次 [続きを読む]
  • 遺族基礎年金がもらえない場合
  • 遺族基礎年金の要件を満たしていない場合でも、高齢寡婦に対する所得補償や、納付した保険料が掛け捨てにならに用に支給される寡婦年金と死亡一時金があります。※ 両方の要件を満たしている場合は、選択することによってどちらか一方を受給することが出来ます。※ どちらか一方を選択しなかった方は受給権がなくなります。寡婦年金を受給できる条件・被相続人が① 国民年金の第1号被保険者として保険料を納めた期間が10年以 [続きを読む]
  • 遺族年金を請求する場合
  • 被相続人が加入していた年金により、支給される遺族の範囲は違ってきます。遺族年金の趣旨は養ってくれていた大黒柱が亡くなり、残された家族が生活に困らないようにするためのお金です。そのため、亡くなった方に生計を維持されていた遺族が、遺族年金をもらえる範囲となります。生計を維持されていた方とは、被相続人が死亡した時に、被相続人と生計を同一にしていた方で、年収850万円を将来にわたって得られない方のことをい [続きを読む]
  • 亡くなられた方の事業を引き継ぐ場合
  • 故人から会社やお店などの事業を引き継ぐときは所得税の確定申告をする必要があります。税務署に青色申告承認審議所を提出して申告してください。申告方法には青色申告と白色申告の2種類がありますが、青色申告のほうが、より詳しく書くことになっているので、税金面で優遇されています。青色申告をするといいこと・青色申告特別控除が画適用され、最以降10万円または65万円の特別な経費が認められます。・家族へ支払った給与 [続きを読む]