日々徒然*゜ さん プロフィール

  •  
日々徒然*゜さん: 日々徒然*゜
ハンドル名日々徒然*゜ さん
ブログタイトル日々徒然*゜
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/naomitan0301
サイト紹介文猫を愛で、美味いものを食し、稀に酒を呑み、頻々とホテルステイに出かけてゆく気楽な独り者の備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 175日(平均2.2回/週) - 参加 2018/05/06 08:19

日々徒然*゜ さんのブログ記事

  • 2018年10月【8】いちばん地鶏@阪急ターミナルビル17F
  • 『ワンカルビ』『きんのぶた』と同系列のお店に行ってみました。「牛」「豚」ときて、お次は「鶏」です。阪急ターミナルビル17Fにある店舗。関西にまだ3店舗しか展開していないようです。阪急三番街はともかく、ターミナルビルの上階になどほとんど行かないので、なんだか不思議な気分。開店早々にお邪魔したので、客席はまだご覧のとおり。(ですが、平日にも関わらず、19時前ごろからは混雑してきました)右向けばマルビルビュー。 [続きを読む]
  • 2018年10月【7】SHAKE SHACK@梅田阪神
  • シェイク シャックの始まりは1台のホットドッグカートでした。2001年、ニューヨークにあるマディソンスクエアパークの再生を目的としたアートイベントに1台のホットドッグカートを出店。そこから3年間、夏季限定のホットドッグカートは話題を呼び、人々が行列を作るようになりました。(公式HPより引用)…というわけで、外苑いちょう並木店の存在は知っていたものの、「行列がすごいらしい」とTVで見たときには「ふーん」程度にし [続きを読む]
  • 2018年10月【6】炭屋旅館vol.2
  • お部屋について少し。今回も「なよ竹」のお部屋でした。かすかに軋む床板の音もまた、風情があるもんです。2階には、「なよ竹」以外にもお部屋がありますが、今回の滞在ではいっさい他の宿泊客の気配は感じられませんでした。もちろん満室(3連休の中日)なのですが、とても静かです。廊下からお部屋を見るとこうなります。左手にバストイレ・右手に居室。居室に通じる和室です。襖の把手がすずめなのです。かわいらしいですねえ。冬 [続きを読む]
  • 2018年10月【5】炭屋旅館 vol.1
  • まずはお気に入りの『炭屋旅館』お食事から。9か月ぶりでしょうか。秋らしいけれど、それでもまだすずやかな1品から。お食事は19時にお願いしました。ここから2時間ほどかけて、ゆっくりといただきます。最初の1品、葉っぱをそっとよけると、こーんな。美味しいです。今回は、お猪口1杯では足りずに、冷蔵庫の中から1本追加。オリジナル日本酒『炭屋』です。結局1人で飲みきってしまいました。お椀も、お月見を意識したものになっ [続きを読む]
  • 2018年10月【4】鳥彌三 vol.2
  • 『鳥彌三』、本題の水炊きです。食前の梅酒。この日は少し暑かったので、冷たい梅酒がありがたかった。鍋もなんだか年季が入って見えます。白濁スープ、いい匂い♪お鍋はとりあえず置いておいて、まずは先付です。とこぶしや鯖寿司、湯葉のうに乗せなど。母の好きそうなものばかりで一安心です。小鉢は、鶏の肝煮か、寄せ豆腐を選ぶことができます。わたしと父は、肝煮を。安定の美味さです。母は寄せ豆腐を。ゆずの香りがして、さ [続きを読む]
  • 2018年10月【3】鳥彌三 vol.1
  • ついに行ってしまいました。水炊きのお店『鳥彌三』。坂本龍馬も愛したという老舗で、本館は築280年超の文化財。1人13,000円の水炊きです。今回は両親へのお疲れさまランチで、払いはもちろん私がもったのですが、3人で41,330円(記憶が正しければ)でした。ひょえ〜!夜などはいっそう風情があるだろうなあ、という店構えです。木屋町通を、河原町から南に下っていくとすぐ。昨日に訪れた『La Baraca』の近くです。2階に簾がかかっ [続きを読む]
  • 2018年10月【2】海蓮丸
  • 同僚と、ちょこっと『海蓮丸』へ。話に夢中になって、あまり写真を撮っていませんが…。お通しは生しらす。しょっぱなから『奥丹波』で…。旬菜盛り合わせ。牡蠣フライが出ました。安定の美味しさ、この盛り合わせが1000円しないのは嬉しいことです。お造り5種盛りもオーダーしましたが、写真は撮っていません。でも1600円程度のわりにはボリュームあるし、人数にあわせてうまいことしてくれるので、助かります。ポン酢三点盛り。 [続きを読む]
  • 2018年10月【1】モロッコ料理La Baraka
  • モロッコに行きたくてたまらなかったので、京都1泊するついでに、モロッコ料理店に行ってきました。河原町の高島屋を南に下ってすぐです。私はわりとgoogleマップを片端からチェックするのが好きで、ここのお店もそうして見つけたうちのひとつでした。昨年の冬に行った『メキシコ食堂オラレー』もそうですし、未訪ではありますが、『イスタンブールサライ』や『キエフ』もgoogleマップ総ざらい作戦でチェックしているお店です。ビ [続きを読む]
  • 2018年9月【9】WITH THE STYLE FUKUOKA vol.2
  • まずはルームサービスから。25時までルームサービスオーダー可能です。ドリンクには事欠かないので助かる〜。チーズ盛り合わせ。これがいちばん高価格…(1800円くらいだったかな)なので、そう考えるとホテルのルームサービスのわりには味もいいし、値段もリーズナブルなほうだと思います。シャンパンのおともに…と思って頼んだチーズケーキ、これがとろっとろで美味しかったです。なぜかおにぎりセット。むすびかたにうっすら疑問 [続きを読む]
  • 2018年9月【8】WITH THE STYLE FUKUOKA vol.1
  • 今回のステイ先は『WITH THE STYLE FUKUOKA』。博多駅の筑紫口を出て、徒歩10分弱のところにあります。神戸にある旧居留地オリエンタルホテルと同系列のようです。入るなり、フロントからレストランからとんでもなく暗くって、写真を撮るどころの話ではない…。照明落としすぎです(笑)今回は暑すぎてテラスでのんびり…とはしませんでしたが、こんなテラスがあります。しかもよその部屋と行き来が出来てしまうフリーなテラス。その [続きを読む]
  • 2018年9月【7】ふとっぱら
  • 福岡に行くと、必ず滞在中に1度は行く店、『ふとっぱら』。美味しくないし、店員も外国人ばかりで接客も微妙。ですが、18:00〜6:00まで営業しているので、飲みのシメなんかには重宝するんですよねえ。なので、19:00ごろに行ってもまったく客がいません。お通しも美味しくなくって、厨房のほうでは外国語でおしゃべりに興じる笑い声が聞こえてきます。ふつうだったら絶対リピなしなんですけどねえ。ごまカンパチ。もっと新鮮でいい [続きを読む]
  • 2018年9月【6】魚屋スタンドふじ子
  • LUCUA1100の地下、いわゆる『バルチカ』に店舗があります。ホテルのカクテルタイムを終えて、それでも18時半ごろには店に行ったのですが、すでに行列でした。(平日にも関わらず)30分ほど待ったので、もう少し早めに行くほうがいいのかも。お通しが出てきます。店員さんは元気で感じよく、わりと回転のはやい店かと思います。ほかにもメニューは2枚ほどありましたが、とりあえずこれだけ。安いです。残念ながらボトルは出てこないの [続きを読む]
  • 2018年9月【5】qu'il fait bon
  • グランフロント大阪店の『キルフェボン』は、一度だけカフェ利用したことがあります。そのときは1p1500円もする白いちごのタルトをオーダーして、「酸っぱい!べつに全然美味しくない!」と。2人で4000円以上(ドリンク込)使って、まったく満足感がなかったので、しばらく敬遠していたのですが。インターコンチネンタルに泊まった夜、まだちょっとお腹に余裕があったので、スイーツを食べたいねと。ホテルへの帰り道に『キルフェボ [続きを読む]
  • 2018年9月【4】インターコンチネンタルホテル大阪 vol.2
  • 今回のステイでは、アフタヌーンティーはお断りしました。7月とは違うメニューだったので食べてみたい気持ちはあったのですが、特にお腹もすいていなかったので。で、カクテルタイムになって、ちょこっとお邪魔。平日なので空いています。窓際もちゃんと空いていました。わりと頻繁に飛行機が伊丹空港に向かって降りていきます。ゆずフィズ。お決まりの3品プレートです。ステーキは少し硬かったなあ。左上のトマトソースはあっさり [続きを読む]
  • 2018年8月【11】美瑛・富良野散策vol.2
  • 噂の『ファーム富田』に寄りました。時期はもう終わりがけ。ですが、すっごい人・人・人!!中韓、ベトナム・タイあたりの観光客がほとんどで、しばし日本にいることを忘れる…。あー…。ノーコメントですわ。まあ、全体的に景色がぶわっと広がっている感があるので、気持ちいいことは気持ちいい…かも。でも観光客が多すぎて、落ち着きません。これくらいなら、『あわじ花さじき』でもいいです。何人もの観光客が、ブルーサルビア [続きを読む]
  • 2018年8月【10】美瑛・富良野散策vol.1
  • 朝からおでかけ。9時エスタ発の定期観光バスを利用しました。昼食付き7300円。ま、今回は運転できるのが私だけだったのでバスにしたのですが、運転できる人が2人以上いるならレンタカーでドライブのほうがいいですね。やっぱり集団行動は苦手です。中央バスのガイドさんのしゃべり方も苦手です。睡魔に負けない自信があれば、1人でも運転したのですが。岩見沢で休憩します。なかなか躍動感あふれる…。ちとタブレットのケースがか [続きを読む]
  • 2018年8月【9】小樽街歩き
  • 半年ぶりの小樽でしたが、やっぱり滞在時間が短くて不完全燃焼に終わりました。次は小樽1泊するつもりでちゃんと計画をたてよう。冬の夕暮れなんかはおおいに雰囲気がありそうです。時間がないので、散策バスで六花亭の近くまで。まさかの小樽運河さえ写真に撮っていないという…。鮨のことしか考えていないんですねえ。ほんとうに天気もいいし涼しいし、もっとずっとここにいたかった。テラス席が賑わうはずです。時間が気になっ [続きを読む]
  • 2018年8月【8】羅臼料理海味はちきょう
  • せっかくなので、テレビで大泉洋が紹介していた居酒屋に行ってみることにしました。すすきのにある『はちきょう』。これも1か月前でようやくカウンターの予約がとれたような恰好です。なかなか予約も難しいようで(…というか、全然電話が繋がらなくってとってもストレスでした笑)、何度も予約なしのお客さんが断られていました。扉を開けて入ると、かもめだか海猫だかが鳴いています。雰囲気はあります。坊主の店員さんはずいぶん [続きを読む]
  • 2018年8月【7】伊勢鮨@小樽駅ナカ
  • 小樽駅ナカの『伊勢鮨』(立食)です。小樽滞在の時間が非常に短かったので、『なると』の半身揚げや『伊勢鮨』の本店、あるいは『群来膳』、『滝波食堂』なんかも考えはしたのですが、通りすがりの駅ナカ『伊勢鮨』がちょうど2席空いたので、そこに飛びこんでみました。1300円のおまかせ6貫に、いくつか追加オーダーする格好でいきます。おまかせ1・2。赤身もねっとりとして美味しかったですが、かんぱちがなかなか良かったです。お [続きを読む]
  • 2018年8月【6】鮨処 有馬
  • 鮨2連発いきます。まず札幌すすきの『鮨処 有馬』。1か月前に予約しましたが、それでもたまたま空きがあったような感じでした。最近お酒をのむとすぐに調子を崩すので、1食事につき酒1オーダーまで、と自分ルールを決めています。なのでビールも飛ばしてしょっぱなから日本酒いきました。『北斗随想』、ちとあまめ。12,000円のコース1択。酒肴6品、握り8貫という組み立てです。どうもこちらに移転してきてから、大将ともうひとり握 [続きを読む]
  • 2018年8月【5】いきなりステーキ
  • 同僚が行きたい行きたいと騒いでいた『いきなりステーキ』に行く機会がありまして。ランチタイムのワイルドステーキを注文です。この調味料台を挟んで、2席2席向かい合わせという感じ。けっこう近距離で向かいの顔が見えます。ランチセットには、このミニサラダのほかに、牛細切れの入ったスープ、それからライスがついています。調味料台にあるペッパー等々のほかに、このホットステーキソースがスタッフのおすすめだそう。「ホッ [続きを読む]
  • 2018年8月【4】ソウルアイチャン
  • お気に入りの寿司屋は『海蓮丸』ですが、お気に入りの韓国料理屋は『ソウルアイチャン』です。まあまあ狭いし、コンロが2つしかないから、3人で行って石焼ビビンバなんて頼むと1人だけ待たされます。ので、2人で行くか1人で行くのがおすすめ。オモニが忙しいときは何やいろいろとセルフみたくなります。常連さんは、お互い常連さんどうしでお運びしたりします(笑)値付けの仕方が雑。細かい20円とか30円とかつけると、オモニがお [続きを読む]