琥珀 さん プロフィール

  •  
琥珀さん: がんをやっつける!諦めない腹膜播種!!
ハンドル名琥珀 さん
ブログタイトルがんをやっつける!諦めない腹膜播種!!
ブログURLhttp://ganhuku.net/
サイト紹介文腹膜播種に関する情報を発信します。 また腹膜播種だけでなく、がんの情報も発信していきます。
自由文腹膜播種に関する情報を発信します。
また腹膜播種だけでなく、がんに関する情報を些細なことでも結構です。
情報をお待ちしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 43日(平均3.7回/週) - 参加 2018/05/06 12:58

琥珀 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 三井温熱療法
  • 情報提供 らら様がんには温熱療法(ハイパーサーミア)という治療法があります。しかし中々温熱療法が受けれる病院は少なく、また保険適用の条件とかもあり、継続して受けるのが難しいのが現状です。その温熱療法を自宅でできるのが三井温熱療法です。三井温熱療法とは?温熱療法とは、全身や患部を温めることにより、新陳代謝を促進して老廃物を除去し、血液やリンパの流れをよくする治療法のことです。温熱療法はもぐさ・びわの [続きを読む]
  • プロポリス
  • 情報提供 マサアキ様プロポリスの効果、効能はとても多いです。プロポリスが有効な症状や病気まとめ口・喉口臭、口内炎、歯周炎、歯肉炎、咽頭炎鼻鼻炎、花粉症目結膜炎、眼精疲労、ものもらい外傷化膿、火傷、切り傷、あかぎれ、しもやけ皮膚湿疹、水虫、乾癬、いぼ、まめ、あせも、蕁麻疹、うおのめ、円形脱毛症、神経性皮膚炎、アトピー性皮膚炎関節等腰痛、腱鞘炎、関節炎、リウマチ消火器系胃炎、肝炎、便秘、胃潰瘍、肝硬変 [続きを読む]
  • パクリタキセル腹腔内投与
  • 情報提供 彩様パクリタキセル腹腔内投与とは、経口や静脈注射の全身的な化学療法に加えて、抗がん薬のパクリタキセルを腹腔内に直接投与します。腫瘍の縮小効果を増強させ、患者さんのQOL(生活の質)改善や生存期間の延長につなげることが期待できます。局所麻酔により腹部を小さく切開し、腹腔ポート(治療のための器具を出し入れする筒)を留置し、パクリタキセルを直接腹腔に投与し、並行して経口薬(S-1)の服用とパクリタキ [続きを読む]
  • 放射線治療の実際
  • 放射線治療を行う目的放射線治療には、大きく、根治を目指すものと、症状を緩和するものがあります。根治を目指す治療①放射線治療単独がんのある部位に放射線治療単独で行う治療法です。転移・再発したがんでも、局所にとどまっていれば、放射線で治療する場合があります。②化学放射線療法放射線治療と薬物療法(抗がん剤治療)を併用する治療法です。がんの種類によっては、化学放射線療法が標準治療として推奨されているものも [続きを読む]
  • 放射線治療の基礎知識
  • 放射線とがん医療の関係放射線は自然界にも存在するものですが、医療においては人工的にある種の放射線をつくり出して、診断や治療に利用します。がんの治療では、患部に放射線をあてることにより、細胞のDNAに損傷を与え、がん細胞を死に至らしめます。図1 放射線治療の仕組みがんの3大治療法の1つ放射線治療は、手術、薬物療法(抗がん剤治療)と並ぶがんの3大治療法の1つです。単独で行われることもありますが、薬物療法や手術 [続きを読む]
  • 免疫療法
  • 私たちの体は免疫によって発生したがん細胞を排除しています私たちの体は免疫(めんえき)によって発生したがん細胞を排除しています。 しかし、下の図のように免疫が弱かったり、がん細胞が免疫にブレーキをかけたりすることにより、私たちの体ががん細胞を異物として排除しきれないことがあります。免疫療法は、免疫本来の力を回復させてがんを治療する方法です免疫療法は、免疫本来の力を回復させることによってがんを治療する [続きを読む]
  • 抗がん剤のことを知る
  • 抗がん剤を使ってがんを治療する方法です。副作用はある程度予想することができるので、対処の方法を知っておけば、症状を軽くすることができます。抗がん剤によってがん細胞の増殖を抑えるがんの薬物療法は、細胞の増殖を防ぐ抗がん剤を用いた治療法で、がんがふえるのを抑えたり、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだり、小さながんで転移しているかもしれないところを治療するためなどに用いられます。手術治療や放射線治療が [続きを読む]
  • 化学療法
  • 薬物療法(化学療法)は実際のところいいのか悪いのかはわかりません。私の母は抗がん剤治療で余命3か月と言われていましたが、約2年副作用はありましたが元気で暮らしておりました。私の知り合いに乳がんの方がいますが、小林麻央さんと同じくらいに乳がんがわかり、抗がん剤等の治療は一切しておりませんし、治療どころかほったらかしです。なのにものすごく元気で、もしかすると健常者よりも健康かも?と思うくらいです。身近 [続きを読む]
  • 化学療法
  • 薬物療法(化学療法)は実際のところいいのか悪いのかはわかりません。私の母は抗がん剤治療で余命3か月と言われていましたが、約2年副作用はありましたが元気で暮らしておりました。私の知り合いに乳がんの方がいますが、小林麻央さんと同じくらいに乳がんがわかり、抗がん剤等の治療は一切しておりませんし、治療どころかほったらかしです。なのにものすごく元気で、もしかすると健常者よりも健康かも?と思うくらいです。身近 [続きを読む]
  • 米村豊 医師
  • 腹膜播腫の名医米村豊医師です。テレビにも出られていて、日本が世界に誇る名医100選に記載されて腹膜播種で検索すればそれはもう米村先生で埋め尽くされるくらいの先生です。そんな名医と呼ばれる先生とお会いしたことがないので少し緊張しての診察でしたが、そういった緊張とかが吹き飛ぶくらいすごく軽い先生です(笑)しかし軽いだけでなく、どんな状況であっても常に希望が持てますし、後ろ向きな気持ちにはならない不思議な [続きを読む]
  • 無農薬人参ジュース
  • 情報提供 りん様 リンパ節摘出、その後学療法1年。無農薬人参ジュースを低速ジューサーで毎食時・ビワの種粉末・野菜メインの食事を心がけ現在も元気です。ここ2年は普通食。何が合うのか、其々で違うので強く勧めることは出来ませんが、ご参考までに。 人参ジュースの効果を調べてみました。消化促進強壮作用動脈硬化予防血糖値降下作用抗酸化作用抗がん作用すごいですね!がんが消えた方もいるそうです。負担もあんまりかから [続きを読む]
  • 岸和田徳洲会病院院内Free Wi-Fi
  • 岸和田徳洲会病院には院内Wi-Fiがあります。 Wi-Fiの設定からパスワードを入力して一度エクスプローラでインターネットに接続すると、岸和田徳洲会のページが出てインターネット接続と出てくるので、タップするとそれ以降は院内Wi-Fiでつながります。パスワードはkishitokuになります。長い待ち時間でスマホを触っていると気になるのがデータ上限ですよね?フリーWi-Fiなのでこれでデータ上限を気にせず使えますよ! [続きを読む]
  • 岸和田徳洲会病院院内Free Wi-Fi
  • 岸和田徳洲会病院には院内Wi-Fiがあります。 Wi-Fiの設定からパスワードを入力して一度エクスプローラでインターネットに接続すると、岸和田徳洲会のページが出てインターネット接続と出てくるので、タップするとそれ以降は院内Wi-Fiでつながります。パスワードはkishitokuになります。長い待ち時間でスマホを触っていると気になるのがデータ上限ですよね?フリーWi-Fiなのでこれでデータ上限を気にせず使えますよ! [続きを読む]
  • 野菜スープ
  • 情報提供 マサ様20年ほど前立石式野菜スープで3日でガンは消滅するという内容で、実際1万人以上の人が効果があり回復に向かったと大反響があったそうですが、マスコミに記事など出ると、薬事法違反などで逮捕されてブームは消滅しました。私も何で野菜スープは体に良いと聞いたことはありますけど、生野菜のほうがビタミンや酵素が壊れないので、生野菜、ジュースのほうがいいんだと思っていました。ところが最近「最強の野菜ス [続きを読む]
  • 池田病院
  • 池田病院では特別外来(外科・消化器外科) 腹膜播種になるようです。受診日は第4土曜日のみとなっていますので、大変込み合うと思われます。 腹膜播種外来受診方法現在掛かっている病院からの紹介状、現在までの検査結果等のデータディスクを用意して予約してください。交通アクセス新幹線・JR三島駅より自動車で5分東名沼津インターより自動車で10分JR三島駅南口6番乗り場より伊豆箱根バス「大岡経由沼津駅行」で池田病院前 [続きを読む]
  • 社会医療法人誠光会 草津総合病院
  • 米村先生の患者ではありましたが、通っていたのは岸和田徳洲会病院で草津総合病院には掛かったことはありませんでした。母が地元の病院へ入院して、緊急の問い合わせで岸和田徳洲会へ米村先生宛に電話をしましたら、第1木曜日で岸和田は休みで草津総合病院にいてるという返事でした。草津総合病院へ電話をし、岸和田徳洲会病院の患者であることを伝え、現状を伝えたところ、米村先生の部署へつないでいただきました。米村先生の部 [続きを読む]
  • 医療法人徳洲会 岸和田徳洲会病院
  • 2002年静岡癌センターで日本で最初に腹膜播種科が作られました。その部長であった米村豊医師は2007年6月岸和田徳洲会病院に癌局所療法・腹膜播種センターを創設し、現在、このセンターは国内のみならず世界的にも数多くの患者様の腹膜手術を施行している治療センターです。腹膜播種外来受診方法現在掛かっている病院から予約してもらう形になります。現在の病院から岸和田徳洲会へ電話してもらい、腹膜播種外来の米村豊先生で診察 [続きを読む]
  • がごめ昆布
  • がんがわかってからずっと有機性ヨードを飲んでいますが、それに加えてフコイダンが入っているがごめ昆布を毎日飲ましています。 購入しているのは大阪木津地方卸売市場内の美濃商店のがごめ昆布です。 ネット通販でも売っていますが、まず粘りが違います。同じがごめ昆布でも違うのでしょうか?美濃商店のがごめ昆布は1袋1500円で約1ヶ月持ちます。刻んでいるがごめ昆布もあり、そちらは700円です。コップに適当に切ったがごめ昆 [続きを読む]
  • びわの葉茶
  • がんに効くものとして飲ますようになったのがびわの葉茶です。 びわの葉茶の効果と成分です。アミグダリン:抗ガン作用、鎮痛作用タンニン:腸内整腸作用、抗酸化作用サポニン:抗炎症作用、抗菌作用、抗アレルギー作用クエン酸:疲労回復、食欲増進、肝臓病予防ブドウ糖:エネルギー補給、疲労回復、動脈硬化予防びわの葉茶の効果がん予防効果ビワの葉茶は、ビワの葉に含有されるアミグダリンの働きにより、ガンの予防をするとい [続きを読む]
  • 有機性ヨード
  • 大正七〜八年頃、薬学の大家 牧野民蔵・千代蔵の両先生がヨウ素(ヨード)が人体構成上、絶対必要な成分である事に着眼し、「ヨード」の有用と製造について研究の結果、有用性の解明と製造に成功したのが、この「ヨード」剤の始まりです。当初、牧野先生達は、大量のワカメ・コンブを焼却し、その灰から「ヨード」を分離抽出していましたが、少量の「ヨード」しか生産されず、とても採算ベースになりませんでした。しかし、当時と [続きを読む]
  • 過去の記事 …