テスト さん プロフィール

  •  
テストさん: kspz9568cのブログ
ハンドル名テスト さん
ブログタイトルkspz9568cのブログ
ブログURLhttps://kspz9568c.muragon.com/
サイト紹介文テスト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 89日(平均7.1回/週) - 参加 2018/05/06 15:17

テスト さんのブログ記事

  • 人間の知性はなにに制限されているか
  • 脳の存在に依存して知性が存在していると言って良いと思われる。 (わたしよりも優れた知性を持つ人間から、脳の働きを取り去ってしまった場合、その人がわたしよりも優れた知性を持っていると、わたしは思うことができなくなることは容易に想像がつく。) だから、知性は脳に依存していると言える。 脳は神経細胞であり、知性は神経細胞に大きく依存している。 [続きを読む]
  • 教育
  • 教育は、様々な生産や消費のエネルギーの源のひとつである。 たとえば、面白いテレビ番組があったとしよう。 面白さというのは、言語で表現されていたり、視覚的、聴覚的現象であったりすることが多いと思うが、そういうのが理解できるのは教育があったからであるといっても過言ではないだろう。 もし教育がなければ、消費者にとって無価値になってしまうものが多かったりするのである。 また、教育がなければ、生産するほうも [続きを読む]
  • 快楽について
  • マウスの報酬系に電極をさして、報酬系を刺激するスイッチを用意すると、マウスは何があろうとそのスイッチを押し続けようとするらしい。 どんなに空腹になろうと、死ぬまで続けるらしい。 [続きを読む]
  • 何に投資をするべきか
  • 人間は、幸福の追求に時間を使うべきだ。 しかし、それは知らず知らずのうちに無意識にできているものである。 わざわざ爪楊枝で自分の体に穴をあけていきその痛みによる苦痛を追求するような人はいないのだから、そういうことと比べて相対的に幸福であろうとしているものである。 幸福の追求に時間を使うこと、それこそが最も基本的かつ重要な投資である。 [続きを読む]
  • 成功例
  • チャートを見て、値上がりしてしまったようなものはあまり買わないほうがよい。 出来高が少なく、PBRも低い株があり、ここ数年か数か月ぐらいで、値上がりしたような株があり、まだまだ割安だと思って買ってしまった。 実際私が買ってからも少しは値上がりして、一度は大きく値上がりしたが、そこからは下落し始めたため、売ってしまった。一応少しは利益が出た。 そのあとも値下がりし続け、私の買値よりどんどん下がってし [続きを読む]
  • 失敗例
  • そのような失敗を生かして、値上がりしそうな株を、長期間持っているように心がけた。 結果、その株は、少しずつ値上がりし、相当な含み益がのってきた。 しかし、そこから少しずつ下がっていき、これは売ってしまったほうがよいのではないかと思うようになって、含み益が減ってしまったところで売ってしまった。 しかし、売ったすぐ後に、また相当な値上がりが起きたのである。 とてももったいない行動であった。 やはり、こ [続きを読む]
  • 失敗例
  • 一度これと決めた株を買った。 だが、値動きが少ない時期に買って、やはり値動きが少ないため、すぐにこれから値上がりするのではないかという株に乗り換えしてしまうことがあった。 しかし、乗り換える前の株の大部分が売った後に値上がりし始め、2倍にまでなったものもあった。 その時に売っていなければ、今はトータルで相当な額プラスになっていただろう。 一度決めたら、長期間持っていたほうがよいという例であった。 [続きを読む]
  • 最初に買ったのは、全くでたらめに買ったものだった。なぜか値上がりしたのでそこで売ってしまってよかった。 今は売値の2分の一以下になっている。 [続きを読む]
  • 世界はコンピュータかもしれない。
  • 全てはもしかしたら10の並びと同等かもしれないからである。 我々は色々なものが、時間によって連続的に変化していると考えるのが普通だが、実際は、飛び飛びに、デジタルに変化しているかもしれないのだ。 コンピュータというものは、ステップで変化し、前の状態(01の並び)が決定していれば次の状態も完全に決定しているようなものである。 世界も、前の状態が決定していれば、後の状態も完全に決定していると考えること [続きを読む]
  • コンピュータがやっていること
  • コンピュータができるのは、誰がが与えたものについて、決められた結果を出すということだけである。決められた以上のことをするということは断じてない。 しかし、コンピュータが暴走して人類を滅ぼそうとするということは十分にあり売る。それは、コンピュータではない誰かがそのような結果になるプログラムを作ってしまえば出来上がりなのである。その誰かがそれを意図しているか否かにかかわらず、結局できてしまったらできて [続きを読む]
  • 通信技術はすごい
  • 地球の裏側の人に文字列の情報を与えて、それに対する答えを得ようとした時、今ならパソコンがネットに繋がっていれば、メールで送って瞬時にやり取りができる。 しかし、そんなものがなければ、紙に書いてその紙をなんとかして運ぶしかないのである。 [続きを読む]
  • 画面がなぜすごいのか
  • 画面や、そこに流れる映像というのは、人間の視覚をものすごい程度までコントロールしているという点ですごいのである。 それが当たり前のように生活に入り込んでいるところまで来ているというのがさらにすごい。 今はまだ平面が多いし、視界の小さな部分しかコントロールできていないが、いつかは、視界の全てをコントロールしつつ、平面でなく立体的に見えるようなものになっていくだろう。 [続きを読む]
  • 人間が開発したものはすごいものばかりである。
  • 例えば、最近のスマートフォンなんて、とてもすごいものである。 複雑な処理を行うコンピュータや、それによる色々な結果を表示する画面、音声発生装置、周りから情報を収集するタッチパネル、カメラ、遠くから情報を受け取る電波受信装置、遠くに情報を発信する電波発生装置など。勝手に名前を考えたりしたため、正確な名称ではないかもしれない。それらのものを、多くの人が所持しているのである。 [続きを読む]
  • 出来高が異様に増えた株は買い
  • 何かの拍子に値上がりし、かつ出来高が異様に増え、これからもその出来高が長続きしそうだと考えられるような株は、長期的に見て、大きく値上がりするのではないかと思う。 そこに、しっかりとした理由があるなら、なおさらである。 そのようなことは大体年に1度あるように思われる。 [続きを読む]
  • 投資について思ったこと
  • 長期間持っているようにしたい。 誰かの思惑にはめられるのを防ぐためである。 思惑というのは、短期の値動きに大きな影響を与えるものだと思っている。 長期で持っていれば、その思惑の影響による損失は大きくならないのではないかと思う。 [続きを読む]
  • 食う肉は、生肉が良い
  • 加工された肉でなく、生肉を買って、それをなんとか調理したものの方が良いと思う。 加工肉の中には何が入っているかわからない。 また、できれば国産が良い。 外国産より格段にうまい。少しぐらい高くても、その方が良い。 牛肉は高すぎる気がするが、、、 [続きを読む]
  • 狂気
  • 人間にしかないものとして、狂気があると思う。 一見して無秩序であるように見えるが、秩序あるもの、が狂気なのではないかと思う。 [続きを読む]