BDR529 さん プロフィール

  •  
BDR529さん: 山はかく語りき
ハンドル名BDR529 さん
ブログタイトル山はかく語りき
ブログURLhttp://bdr529.naturum.ne.jp/
サイト紹介文近所の山々を山野草を愛でながら散策した覚え書きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 88日(平均1.4回/週) - 参加 2018/05/07 12:24

BDR529 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ハクサンシャジン揺れる月山山頂
  • 山行日 2018年8月1日(水) 天候晴れ先月のクロユリ登山に引き続いて今季二回目の月山登山。この愛すべき花の山に好きなときにいつでも行けるのは近くに住んでいる者の特権かもしれない。ありがたいことだ。今回の山行はソロなので、久しぶりに月山の裏道(?)を歩いてきた。リフトを使わず姥沢小屋跡裏から雄宝清水を経て、リフト分岐の木道に出るコース。ここを登る人はあまり居ない。しかしながら、雄宝清水とかブナの雫とか [続きを読む]
  • 「ハッカ油軟膏」自作 これでいいのか?
  • 山行するときの虫はほんとうに鬱陶しいもの。ブヨなどについてはディート30のものを小さなスプレーに移し替えて携行しているが、これはこれでそれなりに効果がある。 そのほかに、ハッカ油を無水エタノールと精製水に溶かしたものをスプレーの小瓶で持って行くこともある。これもなかなか効果があって、わたし個人としては特にアブに良いような気がする。さて今回はスプレー用ではなく、ハッカ油の軟膏を自分で作ってみた。これは [続きを読む]
  • フトコロの深さを知った「一切経山」
  • 山行日:2018年7月11日(水) 2名 曇り 山頂は風強し 東北地方はいまだ梅雨が空けず、気温は高いがいまひとつスッキリしないお天気が続く。私の中の暦では、6月末から7月中旬にかけて「月山のクロユリ」と「栗駒山のサワラン」を探しに行くというのが毎年のルーチンワークとなっているのだが、おかげさまで今年もまずは、先週、月山で無事にクロユリを見ることができた。その勢いで今週は栗駒山へ行こうと考えていたのだが [続きを読む]
  • ニシパにあげよか、月山のクロユリ
  • 大雨の被害に遭われた皆様には心よりお見舞いを申しあげます。------------山行日:2018年7月4日(水) 曇り時々小雨 2名さて、先週の水曜日、台風7号が接近してきている中ではあったが、当地はまだお天気が崩れる前だったので月山までクロユリを探しに行ってきた。月山は地元の山ということもあって、クロユリの時期から紅葉の時期まで夏山シーズンに何度も訪れる身近で大好きな山だ。クロユリは6月末から7月初めにかけて咲 [続きを読む]
  • 足袋をもらった
  • なかなか渋い足袋をもらった。 「陸王」で脚光を浴びた行田の足袋だが、行田は古くから足袋の有名産地だった。昭和初期には全国生産量の八割は行田だったという。山には履いていけないが、お遊びの茶席に履いていったらどんな反応があるだろうトレッキング人気ブログ一覧へ人気トレッキングブログ・ランキングへ [続きを読む]
  • 美しきブナ林を行く
  • 山行日:2018年6月6日(水) 曇り 2名今回は山形県立自然博物園ネーチャーセンターから周海沼、首無地蔵を経て春木戸へ出て石跳川沿いを戻ってくるコース。ここは毎年何度も訪れているが春夏秋冬(流石に冬は未踏)それぞれの季節でいろいろな美しい姿を見せてくれる。それはそれは美しいブナ林のトレッキングコースだ。山形の中でも豪雪地帯であるこの辺りはようやく雪が溶けはじめているが、それでもまだまだ夏道が隠れている [続きを読む]
  • ジャガラモガラ経由 雨呼山
  • 山行日:2018年5月30日(水) 曇り 二名山形百名山巡り、今回は天童市にある雨呼山(あまよばりやま)905m。初めて登る山である。この山を通る道は古く、昔は山寺と若松寺を結ぶ信仰と修験の道だったという。なかなか由緒ある厳かな山である。さらにまた、山の中腹には通称ジャガラモガラと呼ばれる窪地がある。ここには常に冷たい風が吹き出している風穴があって、冷気が底部にたまるため植物の垂直分布が上下逆になっているとい [続きを読む]
  • ワラビ取り放題 のち 百石山
  • 釣り仲間のSKさんから、釣りのお誘いではなく、ワラビ取りのお誘いをうけた。小国町にあるSKさんの知り合いのワラビ畑で時間無制限、取り放題! もちろんタダであるワラビ畑なんて初めてだけど、出てるわ、出てるわ。一時間で段ボール箱二つ分も収穫できた。 でもこれ以上取りすぎても、ご近所や知り合いに配るにも限度があるし…。ということで、1時間半ほどで終了。 楽しい体験だった。さて、せっかく小国町まで来たので、そ [続きを読む]
  • クマバチが飛ぶ
  • 我が家の土蔵は建ててから100年以上経つ老屋だ。本来なら侘びた風情をかもし出しているところなのだろうが、残念ながらそんな趣きはあまりない。その土蔵の軒先の垂木に五円玉ほどの穴が何個かあいている。(一番下に写真あり) 実はこれ、蜂の巣なのだ。とは云っても、スズメバチとかの怖い蜂ではない。四月末から五月にかけて花々が咲きだす時期に合わせて活動を始める花蜂の一種「クマンバチ(熊蜂)」である(詳しい種類は不 [続きを読む]
  • クロモジの深い話
  • クロモジの木。里山を歩いているとよく目にするポピュラーな木だ。爽やかな芳香を持つため古くから楊枝や箸などに用いられてきたことはみなさんもよくご存じのことと思う。しかし、それを実際に使ったことがある方はどれくらいおられるだろう。もしかすると、今の時代、そんなものを使っているのは私らのような茶数寄くらいかも知れない。さて、なんでも値上げのご時世であるが、このクロモジの楊枝や箸もその例に漏れない。需要が [続きを読む]
  • 甑岳で腰砕け…(汗)
  • 山行日:2018年5月16日 晴れ山形百名山めぐり、今回は甑岳(1016m・村山市)。 村山市のシンボル的な山であり東北百名山の一つでもある。私にとっては初めて登る山。今回は幕井コースを登り、下りは岩神コースという予定で入山。幕井貯水池のちょっと先の新しい橋のたもとに7〜8台ほど駐められる駐車スペースがある。その先もまだ林道を車で行けるが、帰りは岩神コースなのでそれを考慮してここに車を駐める。橋の横に岩神コ [続きを読む]
  • 雨の藤倉山
  • 山行日:2018年5月9日(水)曇り時々小雨近年、山形県は山形百名山を選定した。 鳥海山、月山、朝日連峰、飯豊山といった名だたる山々とともに、地域の人々から愛されている里山も数多く含まれている。おかげでいままで知らなかった山を知ることができてありがたい限りだ。「やまがた百名山」の紹介はこちら今回の山歩きはそんな一つである鶴岡市の藤倉山(標高654m)。この近くの熊野長峰や虚空蔵山には登ったことがあるが藤倉 [続きを読む]
  • シロキツネノサカズキ(モドキ)
  • ご覧の通り、このブログのプロフィールアイコンはキノコだ・・・が、実はキノコは全然詳しくない。 たまたま春の野山に出かけたとき、スプリングエフェメラルたちの合間にポツンと生えていたキノコである。見た目が珍しくて写真を撮ってはみたものの、なんというキノコか全くわからない。わからないものをそのままにしておくのも癪なので、帰宅後さっそく調べてみた。「シロキツネノサカズキ」か「シロキツネノサカズキモドキ」と [続きを読む]
  • シロキツネノサカズキ(モドキ)
  • ご覧の通り、このブログのプロフィールアイコンはキノコだ・・・が、実はキノコは全然詳しくない。 たまたま春の野山に出かけたとき、スプリングエフェメラルたちの合間にポツンと生えていたキノコである。見た目が珍しくて写真を撮ってはみたものの、なんというキノコか全くわからない。わからないものをそのままにしておくのも癪なので、帰宅後さっそく調べてみた。「シロキツネノサカズキ」か「シロキツネノサカズキモドキ」と [続きを読む]
  • 緑のニリンソウ
  • 5月2日(水)曇り青麻山(あおそさん)に行ってきた。昨年、初めてこの山を訪れた際に、ゴールデンウィークの頃に緑色のニリンソウが咲くという情報を得ていたので、今年はぜひ見てみたいと思っていたのだ。今回も昨年と同様、下別当登山口から山頂に至り、そこから電波塔側に下り、送電線巡視路を通って登山口に戻るコース。登山口には数台の車が駐車できるスペースがあるが、GWの谷間ということもあってか、まだ一台も駐まって [続きを読む]
  • スプリングエフェメラル
  • 4月11日(水)曇り一時雨 高舘山今年度もノンビリ山歩きスタート。まずはお約束でスプリングエフェメラルたちに逢いに高舘山へ。春の妖精 その儚きもの達との一年ぶりの再会である。麗しき高館山のエフェメラル達今年の1・2月は寒い日が続き、雪もなかなか消えなかったために、春の花たちの咲き具合も遅いかと思っていたのだが、3月に入ってからはうって変わって毎日のように暖かい日が続いたおかげであんなにあった雪もあっ [続きを読む]
  • スノーシューイング初体験
  • この冬、生まれて初めてスノーシューイングに挑戦してみたがこれがなんとも面白い。 こんなに楽しいとは思わなかった。 食わず嫌いだったようだ。でも、スノーシューって、まともなヤツを買おうと思うとなにげに高い…幸いご近所で一回500円でスノーシューをレンタルしてくれるので(今冬は三回行ったが1500円で済んだ)私のような貧乏人にはそれで十分だ(でも これ以上ハマったら買ってしまうかも) 道路標識直下までの積雪 [続きを読む]
  • 過去の記事 …