ななこん さん プロフィール

  •  
ななこんさん: 遠回りしてますよ
ハンドル名ななこん さん
ブログタイトル遠回りしてますよ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/nanakon33
サイト紹介文50代後半。同じ年頃の犬がいます。 ツレアイはみかんの国、私は東京でおひとりさま生活してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 148日(平均2.1回/週) - 参加 2018/05/07 13:46

ななこん さんのブログ記事

  • 秋祭り〜
  • この週末は、恒例の秋祭りがありました。私が生まれ育ったこの街には、今やちょっとばかり有名になった「戸越銀座商店街」があります。時代の流れとともに私の子供の頃とは様変わりしており、個人商店などはほとんど消えてチェーン店が多くを占めてしまってますが、それでも「〇〇銀座」の先駆けとしての活気はまだまだ健在です。戸越八幡神社。今回はここの例大祭です。狭い参道に立ち並ぶ屋台とたくさんの人。楽しそうな子供たち [続きを読む]
  • 想定外。でも予想内(笑)
  • 昨日、急に愛媛から夫が帰ってきました。解体工事がはじまってから、隣にある叔母(義父の妹)の家にお世話になってたのですが。う〜ん、それからひと月かぁ・・・。いずれはモメて帰ってくるかなとは思っていました。叔母さんはすこぉ〜し性格に問題のある人(控えめ表現)でしたし。義兄や義姉はもちろん、ご近所さんとも派手に喧嘩をやらかすうえに、最近はいよいよ痴呆もはじまっているようですからねぇ。私も昔は「感じの悪い [続きを読む]
  • とんぼ帰りの一日
  • 義父の13回忌法要があり、帰省しました。朝東京を発って、夕方戻ってくるという慌ただしい滞在でした。飛行機を利用するのは何年振りでしたかね。今は予約から搭乗まですべて機械がやってくれて便利ではありますがいちいち「へぇ〜」とか「ほぉ〜」とか思ってしまいます。バッグの底にライターが一個隠れていたのに気づかず、検査場で足止めされ中身を全部出したりして恥ずかしいやら面倒くさいやら。家の解体も始まっていました [続きを読む]
  • 今日ハ、イタイコトサレマシタ。
  • この週末の豪雨、大変な災害となってしまいましたね。夫のいる愛媛でもあちらこちらで被害が出ています。私はスマホに防災アプリを入れていて、地震や豪雨などの際には速報がくるようにしています。地域指定に夫の実家あたりも含めているので、先日などはひと晩中ピロピロと鳴っていました。幸い夫のいる地域には被害は出ていないようですが、それでも避難勧告が発令されています。(警戒水位を超えそうな川があるので)一日も早く [続きを読む]
  • 愚かだよ、人間だからね。
  • 中途半端に貯まったポイントを使って、映画を観ました。定番のビールとポテチを抱え込み、ひとりシアター♪観たのはずっと気になっていた邦画の「愚行録」。ま〜たもう、暗い映画を!と自分でも思いましたが、満島ひかりがどうしても見たくて。いやいや、彼女は凄い女優さんですなぁ!非日常感のある役どころをさせたら天下一品だと思います。満島ひかりの兄役、妻夫木聡もいい。やる気のない醒めた表情、口元のうすら笑い、本当に [続きを読む]
  • 早朝のお客様
  • 梅雨明け宣言が出た途端、東京は猛暑。なので菜々子の散歩も朝は6時前に出かけます。30分早いと、暑さが全然違うんですよ。もちろん散歩から戻ると菜々子はベランダで転がります。私が仕事に出かける日中は網戸を閉めてしまうので部屋の中で寝ていますが、外の方が気持ちいいみたいです。日当たりが悪いのも、夏場はいいことなのか・・・な?朝ごはんを食べていたら、ベランダで物音が。おやおや。余裕で羽根づくろいをするカラ [続きを読む]
  • お暑いのでひんやり話
  • いやー、関東は梅雨明けだそうですよ!はやっ!!6月の中の梅雨明けは観測史上初なのだとか。そしてその期間も23日と、1978年以来の短さですって。うー・・・猛暑がはじまるんでしょうか。今日もめちゃくちゃ暑かったですしねー。てなワケで、ちょっとヒンヤリする話でもしますかねぇ。さて私。生涯で出会いたくないものは幽霊と死体・・・と思ってました。が、半世紀も生きてますと、そういうわけにはいかないんですね。こ [続きを読む]
  • カラス好き
  • あー、ほぼ一週間ぶりのお休みです。帰省のために休んだ間のオトシマエをつけるために無理くり労働したわけですが、やっぱり長かった〜〜。昨夜、外からの変な奇声で起こされまして、酔っ払いが騒いでるのかと思ってたら、サッカーの試合があったんですね。ああいうものに熱くなれるのって羨ましいですなぁー。私はたぶんオリンピックが開幕しても、TVとか観ない気が。だいたいその頃はこの家にTVってないんですよね。(家が出来た [続きを読む]
  • さてさて秋には・・・
  • やっと明日東京に戻ります。来月義父の13回忌の法要があるのでそのときは私は日帰りになりますが、夫はまた下旬にこちらにきてそのまましばらくは滞在するようです。いよいよ家も解体に入りますし、その後に地鎮祭、そして着工です。今日は工務店での本契約でした。楽しみではあるのですが、まだどこか他人事のような気がしてます。夫は家が出来たら俺、年金貰うまでは200円弁当生活だなーなどと言っております。(200円で [続きを読む]
  • 絶対にしてはいけないこと
  • これを書くのはとっても気が重いんですが。でも自分への戒めのためにも書き残しておこうと思います。家庭で犬と暮らすうえで、最もしてはいけないこと。これは迷子にさせることと、事故に合わせることだと私は思っています。これの発端はリードを離してしまうことなどからの「脱走」ですね。実は、菜々子がわが家に来た当初、首輪すっぽ抜け事件は何度か起こってしまったんですね。菜々子のように立ち耳で、頭がつるんとしたような [続きを読む]
  • 謝らないひとたち
  • またまた愛媛に帰省中です。ようやく、やーっと、家の中がガラン・・・となりました。あー、長かった!大変だった!しんどかったー!当初の予定よりも片付けがエラく長引いてしまったおかげで家の取り壊しも着工も延びてしまいました。というかねぇ。なんで協力し合わないの?どうして人の批判ばかりしているの?文句つける暇があったら、片付けましょうよ!もう何回そう思ったことか。捨てる捨てない。片付けが遅い。もーそんなこ [続きを読む]
  • 過疎の町の片隅で
  • ここ、愛媛の片隅にあるこの町でも過疎化が進んでいます。犬散歩で近場を歩いているだけでも、空き家が目に付きます。この家はもう何十年も前からこのまんま。数年前に火事を出したらしい家。でもずっとこのまんま。売り家の看板も本当に多い。100坪の家が300万ほどで売りに出されているとか。ここは田舎ではありますが、「とんでもなく田舎」という程ではなく、駅も近いし、大きな道路も通っています。スーパーもありますし [続きを読む]
  • あの素晴らしい「美しい部屋」をもう一度
  • 私の年代で、少しでもインテリアに興味のある人ならば誰でも一度は手に取ったことがあるのでは?その雑誌の名は「美しい部屋」。今だったら絶対にどこの出版社でもつけない雑誌名ですね。それでも新婚の官舎住まいの頃から、この本は私のバイブルでした。隔月発行で、いつも発売日が待ち遠しかったものです。あの頃の「美しい部屋」は個性で溢れていました。新築の豪邸から、古い賃貸アパートまでいろいろでしたが、皆、それぞれの [続きを読む]
  • おいしいシウマイ〜き〜ようけ〜ん〜♪
  • 母が渋谷のデパートに行ってきたからと、なんだかやたらに買いこんできたお惣菜をわけてくれました(わ〜い♪)。しかし日曜の渋谷に出かけていく気力のあるオバアサンというのも、なかなかたいしたものですね。私はここ何年も、渋谷に行ったことがありません。で、これ。横浜は崎陽軒のシウマイ弁当。どうしてこのチョイスなのだかよくわかりません。まあでも、丁度シュウマイが食べたいと思っていたところなので、素直に嬉しかっ [続きを読む]
  • わが愛しのテーオーシー(前)
  • せっかくの休日でも、犬に頭を叩かれるのでここ何年も朝寝坊をしたことのない私です。まだ6時にもなってない早朝、散歩に行きました。しかしまあ、この季節の緑はいいですね。(朝日が射しこんで白っぽくなってしまいました)まもなく梅雨に入れば、見上げることもできなくなるので今のうちに堪能しときましょうかね。散歩コースは常にいくつも用意しています。というのは、菜々子はトイレが外派なんですね。それも大は草の上でな [続きを読む]
  • らしく、というリスク
  • ある雑誌の特集で、「私らしく生きよう」とかいう見出しをみつけました。あまりこういうものには心惹かれるほうではないので、「ふーん」で終わってしまって中身を見もしなかったのですが。で、別の特集に「お手本にしたい、石田ゆり子さんの暮らし」とかもあって、えー、石田ゆり子さんの暮らしを真似したら、ちっとも私らしくならないじゃないかっ、と思ってしまいました。だいたい、私らしくだの、自分らしくだのってどういうこ [続きを読む]
  • 親の顔が見たい、というよりも。
  • 今日は仕事が遅番で、ゆっくり出勤なのでバタバタしない、のんびりとした朝です。なので朝食も。ポーチドエッグにチーズトースト。豆を挽くのがメンドくさくて、インスタントにしたためコーヒーが残念な模様に。(やっぱり私は・・・私ですなぁ)日課になってる朝ドラ視聴が終わると、いつもベランダで一服するのですが、そのときよく見る光景があります。通りを隔てた真向かいはこれまた大きなマンションで、独身者向けのオールワ [続きを読む]
  • ナポリタン発展話
  • さてさて、昨日夫が愛媛に帰り、一匹と一人の生活が戻ってきました。昨夜は実家で母と一緒に夕飯を食べたので、今夜は久々にひとりご飯でございます。ペンネにしてみました。本当は懐かしいナポリタンスパが食べたかったのですがパスタ切らしてました。ついでに粉チーズもなかった・・・。脇のは豆腐とベビーリーフのサラダです。醤油とごま油を入れたドレッシングがよく合いました。相変わらず映えない料理写真でしょうがないなぁ [続きを読む]
  • いつか思い出してくれるなら
  • 今日は曇り空で湿気の多い一日でしたが、夕方菜々子を散歩に連れて行く頃になって薄日が射してきました。私の影が妙に腰太になっているのは、ボテっとしたチュニックを着ているからだ、という言い訳は通りますでしょうか。犬が寸胴なのは、モタモタした抜け毛が取り切れていないからと、いうのはどうでしょうか(笑)。主に早朝でしたが、たまに出会う犬に「クリちゃん」という子がいました。年配の男性が連れていて、茶色い長めの [続きを読む]
  • 自慢話は自分のことを。
  • 世の中には「自慢話」というものをしたがる人がいます。「その他大勢の人が持っていないもの」を持っていたり「なかなか一般の人が手に入れられない暮らし」ができていたりすると、ちょっと得意になるものです。そしてそれを自分も欲しいと思っているものだったりすると、非常に羨ましい、妬ましいと感じるのもこれまた当然の人間の性分ですよね。この人の羨ましいという気持ちをかきたてることによって、自分が優位に立つという、 [続きを読む]
  • わたしの家
  • 私は実家暮らしの頃に1回、結婚してから3回、住まいをかえました。もっとも実家は建て替えをしただけで、住所は同じなんですが。結婚してから5年間は官舎で、あとの2回は中古マンションです。官舎は最初は物珍しくて面白かったんですけど、決まり事が多くて窮屈だったですねぇ。そして夫をせっついて、官舎を出たい一心で決めたのが一応都心への通勤圏ではあるものの、駅からバス利用な茨城のマンション。ビンボだったので、と [続きを読む]
  • そりゃ母ちゃんだけど。
  • フィギュアスケートのザギトワ選手に、秋田犬が贈られましたね。こちら。いやー、ザギトワもわんこもめちゃくちゃ美人さん!名前はやっぱりマサルなのね。暮らしの中に犬がいると、時々びっくりすることがあります。いや、菜々子が何かをやらかすというのではなく、(それも確かにいっぱいあるんですけどね)私と犬に対しての外部・・他人様の反応といいますか。前に、病院に併設されてるトリマーさんのところで、菜々子を洗っても [続きを読む]
  • 半分、弱い。
  • 今回のNHK朝ドラはなかなか面白いですね。私はひとりのときはほとんどTVをつけないんですが、今はそばにTVがない生活なんて、の人がいるものですからおつきあいで(くっだらない)バラエティーやドラマも観てます。夫は根が「おばさん」なので、朝ドラ大好きなんですよ。でも今回のは有名漫画家役の豊川悦司が実にいい味を出していて(モデルの漫画はあのくらもちふさこ作〜!)妙にハマってしまい、毎朝楽しみにしています。背景 [続きを読む]
  • 大人はやっぱり汚いか
  • 「大人は汚い」これはコドモ(青い春世代の)の常套句となっとりますね。考えてみれば子供だって全部が純粋で、清廉潔白というわけでは決してないのですが、まあこれは一種の逃げ道として使われるような気がします。大人には、立場というものがあり、しがらみに絡めとられたりしてかわいそうなもんなんだよ、というのを子供が理解するのは難しい。学校の窓ガラス割ったりして尾崎豊している子供に、「はいはい汚いです。アナタも1 [続きを読む]
  • 竜神大吊り橋
  • 先週は帰省していたので、遅ればせながら母の日を、ということで。久しぶりに母を連れて出かけてきました。茨城の竜神峡です。ここの目玉は、全長375メートルの大吊り橋。絶景を眺めながら歩いて渡ります。犬も通れます。人は300円通行料を払いますが。喜んでいる菜々子と母。高さは100メートルほどあります。高所恐怖症の夫は1度も欄干のそばには寄りませんでした(笑)。歩くのが速すぎる夫と犬。おーい、景色を楽しみなさいよー [続きを読む]