命チャンネル さん プロフィール

  •  
命チャンネルさん: 人間は霊である
ハンドル名命チャンネル さん
ブログタイトル人間は霊である
ブログURLhttps://muu-rin.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文人間は霊である・・このことを得心することが、次の世界を充実して生きるカギです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 254日(平均2.0回/週) - 参加 2018/05/07 16:21

命チャンネル さんのブログ記事

  • サイキック と スピリチュアル
  • サイキックは心霊的、スピリチュアルは霊的、と近藤千雄さんは翻訳していた。しかしどうもわかりにくい。私は、サイキックは身体的、スピリチュアルは生命(いのち)的と訳したいと思う。さらに換言すれば、サイキックは物(質)的 、スピリチュアルは霊的 ということができる。私たちの肉眼で見えるものは、サイキックである。そして、霊能者の霊眼で視えるものは、サイキックの延長線上であり、スピリチュアルではない。病気を治すと [続きを読む]
  • 悔いのない人生
  • 君は生まれたこの地球にそして生きている人生をもし明日死んでも君は後悔しないかい?なぜ後悔するのだろう何をやり残したのだろうもう一度地球に生まれる?残念だけど、それはできないよ君という個性・人格はこの人生、一回だけだよこの地球ではね 次にこの地球に誕生するのは同じ君という いのち の違う個性・人格だよ君という個性・人格は死後も なにも変わらずに続くそれを 魂 という魂は 霊の中の1つの個性・人格のことなん [続きを読む]
  • いのち ってな〜に?
  • 「いのち って な〜に」そう子供に聞かれたらなんと答えようか?大人は聞いてこない。なんで聞いてこないんだろう?いのち のことは いくら聞いてもわからない。聞いても 読んでも わからないんだよ。じゃあ どうすればわかるのかって?それはね、自分の内側から分かるしかないんだ。内側って 身体じゃないよ。身体じゃない 自分を 自分だと意識している自分のことだよ。その見えない 本当の自分のことを いのち って言うんだよ。 [続きを読む]
  • 霊の探求は 死後の世界を知ることに他なりません
  • 死とはなんでしょうか。死と死後の世界は、今でもなお人間にはよくわからない神秘です。死とは 肉体を置いて、霊と魂で生きていくことです。肉体は脱ぐが、肉体があるという観念はすぐには消えません。人間は死ぬと、肉体にある五感の延長線上の霊能力が出てきます。視える、聴こえる、臭う、話す、感ずる、の五感です。もちろん人によって顕われ方は千差万別であり、すぐに顕れる人もいれば、長い間眠っているような人もいます。 [続きを読む]
  • 生命(霊) と 肉体(物質)
  • 新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。さて、ここで もう一度 生命と肉体 について おさらいしたいと思います。私たちは生きています。生きているという自覚があります。この自覚は 生命(いのち) の属性である 精神の意識によるものです。精神には意識と意志があります。その生命が動かしているもの、それが肉体(カラダ)です。生命が肉体に存在している間は 肉体は生きています。しかし生命 [続きを読む]
  • 死後の世界
  • 死後の世界のことは 誰もハッキリとは 知り得ません。それは 地上で生きている人で 死後の世界に住んだことのある人は 1人もいないからです。そして 死後の世界には 無数の種類の住処が存在するからです。霊能者が知り得るのは 自分の霊性・霊格と同等の あるいはそれよりも低い階層の 霊界だけです。視える、聴こえる、臭う、話す、感ずる、という五感の延長線上の霊能力を使っている 霊能者は 地上のすぐ近くにある 霊界のこ [続きを読む]
  • 霊性が向上すれば すべてが変わります
  • 霊性が向上すれば 自分が変わります。霊性が向上すれば 環境が変わります。これは言葉ではありません。言葉ではなく 体験しなければ 絶対にわかりません。体験するしか 方法はありません。では どうすれば 体験できるのか、私の経験をお話ししましょう。私は7年半前に 霊能力が現れました。視える、聴こえる、臭う、話す、感ずる、という五感の延長線上の霊能力です。この5つの霊能力のすべてを体験しました。それから 霊 [続きを読む]
  • 病気 とは何か
  • 人間は 誰もが 1人残らず病気である ということができます。これは 物的視点ではなく、霊的視点で見たときの話です。病気とは 不完全な自分に現れてくる 不完全な部分を変えるための指標です。人間は 全員が病気です。病気でない人は 1人もいません。病気の人は 健康な人を見て ねたまないことです。健康に見える人は 表向き健康なだけで 実情は病気なのです。では 不完全な部分とは なんでしょうか?病気 それは 自 [続きを読む]
  • 霊 のことを知って いのち を生かす 生き方を・・
  • いのち を大切にしましょう ということは誰でも知っています。しかし いのちとは何か ということを 知っている人はほとんどいません。わたしは いのちとは何かを 1人でも多くの方に知っていただきたい そう思っています。そうして いのちを生かす そういう人生にしていただきたいと願っています。未来には 人間は いのちのことを知り いのちを生かす 生き方をするようになっていきます。そうして 与えられたこの地上 [続きを読む]
  • 他力に頼らない生き方とは・・
  • 私たちは日々 生きています。そして 様々なことが 自分や自分の環境に起きてきます。自分の環境というのは 家庭や職場やご近所などのことです。面倒くさい、大変なことは できれば かかわりたくない あるいは 誰かに任せてしまいたい と思うことが多いです。人間には自由意志というものが備わっていますから、思った通りにすることができます。逆にいうと、思った通りにしかならないということです。覚悟を決めて その面倒くさい [続きを読む]
  • なぜ シルバーバーチの霊訓 を読み続ける必要があるのか ?
  • 私たち人間は 霊 です。霊 とは物的視点で見たときの いのち、生命のことです。いのち、生命 というのは 霊的視点で見たときの 霊 のことです。霊とは いきているエネルギー であり、私たち 生命 の素、元、源 のことです。その 霊 のことを 私たちは いのち とか 生命 と呼んでいるのです。霊は 原子やクォークなどの物質ではありませんから、科学では 証明できません。自分が霊である ということがわかる [続きを読む]
  • いのち を大切にする生き方
  • 霊的視点で見て いのちを大切にする生き方とは、どのような生き方を言うのでしょうか?わたしは思います。いのち を大切にする生き方をすれば 人間はきっと寿命まで 元気に生きることができるようになる、わたしはそう思っています。では人間の寿命は 幾つなのでしょうか?未来の人間は 200歳まで生きるようになるでしょう。今の人間は 頑張れば 120歳まで元気に生きることができる わたしはそう思っています。した [続きを読む]
  • 宗教やセミナーではなく、日常 こそ 修行の場 です。
  • わたしは 宗教には入っていません。縁がなかったわけではありません。祖父は 仏教の住職でした。住職であった寺を捨て 宗派替えをして 新しい寺の住職も務めました。おそらく 真理を求めた結果でしょう。では 果たして祖父は真理と出会えたでしょうか?地上では 祖父は真理とは出会えなかったと思います。宗派替えまでしたのに なぜ真理と出会えなかったのでしょうか?それは 宗教というのは 組織的であり 排他的であり [続きを読む]
  • 人生は修行です
  • 人生は修行である、私はそう思って生きています。わたしにも 日々 様々なことが起きています。起きることには 必ず 原因があります。起きたことは結果です。起きることは 自分がやりたいことではない場合が多いです。ですが そのことに対して みずからの時間を使って 最善を尽くすようにします。だから 修行なのです。人生は修行である そう思って生きることが大事なのです。人生は楽しく気楽に そう思って生きていると [続きを読む]
  • 天体は 霊 である
  • 人間は 霊 です。動物、鳥、魚介類、虫、植物 も 霊 です。そして 宇宙にたくさんある天体も 霊 です。もちろん地球という天体も 霊 です。月火水木金土、太陽・・すべての天体は 霊 です。人間と同じ 霊 という 生きているエネルギー体 なのです。よく 地球は生きている という話を聞きますが、私が言っている意味は それとはまったく 違います。一つ一つの天体は それぞれが 人間と同様に 土や水などでできた [続きを読む]
  • 人間は 霊 である
  • シルバーバーチは言っています。「人間は霊である」と。霊という言葉の意味は 多岐に亘ります。見えない、科学では証明することができない 物質ではない 生きているエネルギー あるいは 生きているエネルギー体 のことを 私たちは 「霊」 と呼んでいます。人間のイノチ・生命、 動物・鳥・魚介類・虫・植物のイノチ・生命、 天体のイノチ・生命 ・・ これらすべてを 霊 と言います。これらはエネルギーの素ではなく、エネル [続きを読む]
  • 妊娠とアレルギー
  • 妊娠とは、女性の子宮に イノチが宿った時のことを言います。いまわたしは 霊的視点で お話をしています。イノチとは 霊 のことです。そして宿った 霊 は 魂 という側面を持っています。霊とは 生きているエネルギー のことです。魂とは この地上に初めて誕生した 個性です。どちらも自分です。この自分は 肉体という身体を持っています。それをシルバーバーチは 三位一体 という言葉で記しています。霊と魂と身体は お互いに [続きを読む]
  • 増税、不正直、原発稼働・・まだまだ人間は物的(肉体的)に生きています
  • 現在の日本は、物的に生きています。モノ、お金、既得権にしがみついています。私は今の日本の陰口を言いたいのではありません。物的なものにしがみついているために、人間の本質である「イノチ」「霊」「魂」がなおざりにされているからです。人間が地上に生まれてきたのは、物的なものに依存して生きていても幸せにはなれない、ということに人生のどこかで気づいて、そこからは自分の本質である「霊」を生かす生き方をするためで [続きを読む]
  • 人間は霊である・・これはすべての出発点です
  • 霊とは イノチ のことです。それがピンとこない人は多いでしょう。しかし、「人間は霊である」 という真理を受け入れた時 初めて見えてくるものがあります。それが 霊的視点です。霊的な真理を知れば知るほど 霊的な視野は広がって、深くなっていきます。霊的な摂理を受け入れて 自らが そう生きるほどに 視野は広がって深くなっていくのです。霊的視点は 自分の霊性 までのものしか見えないようになっているのです。私も 自分の [続きを読む]
  • 病気の原因
  • 病気はなぜ起きるのかを見ていきましょう。「あの人は一点の非の打ち所もない生活をしていたのに、ガンでなくなりました。なぜでしょうか?」という問いかけに対してシルバーバーチは 「その方の人生は 一点も非の打ち所のない人生ではなかったということです」と答えています。これは何か とんち問答のような答えに見えますが そうではありません。これは質問者と回答者の間に 大きな隔たり、カベがあるので 何かはぐらかされた [続きを読む]
  • イノチ とは何か?
  • 人間は霊である。霊とは イノチ のことです。生きているのは 私たちが イノチ 、つまり 霊だからです。私たちは自分が生きているのがわかります。しかし、なぜ生きているのかがわかりません。私たちには霊が見えません。自分という イノチが見えません。だから 見える肉体だけが自分だと思っています。見えないイノチというものがあることを想像できないのです。見える肉体も大事ですが、それよりも大事なのは見えない 霊な [続きを読む]
  • さて、あなたとはなんでしょうか?
  • シルバーバーチは言っています。「あなたとは霊、精神、肉体という三位一体の生命である」と。霊というのはあなたという大元です。素です。源です。霊は生きているエネルギーです。この生きているエネルギーは宇宙に無限に、無数にあります。絶えることは決してありません。私たち人間が生きていられるのは、この霊素という生きているエネルギーを自分に取り入れているからです。つまり私たちは霊であり、霊を取り入れているという [続きを読む]
  • 霊的視点で見た「食欲と性欲」
  • 人間は不思議です。お腹が空くとご飯が食べたくなります。ご飯を食べると性欲を満たしたくなります。性欲を満たすと睡眠欲が頭を持ち上げてきます。どうもこの3つは連鎖反応をしているようにも見えます。シルバーバーチの霊訓を読んで霊性を向上させようと思っていても、食欲(含む酒欲‥以下略)と性欲がそのままではなかなか霊性は向上しません。これは霊能者も同じです。否、むしろ霊能者こそ この最も苦しい過酷な戦いに打ち勝つ [続きを読む]
  • 男と女、結婚と離婚、魂(霊)と肉体
  • さて、今日は一歩踏み込んでみようと思う。地上には男と女がいる。男性は女性を求め、女性は男性を求める。では一体何を求めているのだろうか。若いうちは肉体を求める。もちろんそうでない人もいるだろうが、大半の人は自分の肉体に翻弄される。だから異性という肉体を求めるのである。かの偉大なるゲーテもそうであった。肉体的に合う人を求める。やがて肉体的に気に入った人と巡り合う。そしてめでたく結婚をする。しかし、やが [続きを読む]
  • 医療と霊的な真理
  • 私たちは肉体が悪くなると医者に行く。それが間違っているわけではない。間違っていないと言うのは、今の私たちが居る場所、つまりこの進化の過程という場所では間違っていないと言うことである。生命の、霊の進化には長い時間がかかる。それは永遠の時を必要とする過程である、とシルバーバーチは言っている。地球での人生は、その一瞬の時間に過ぎないのであるが、肉体という物質を持って生まれたということが重要なのである。な [続きを読む]