とくちゃん さん プロフィール

  •  
とくちゃんさん: やんちゃで多動ぎみだけどお受験まっしぐら!
ハンドル名とくちゃん さん
ブログタイトルやんちゃで多動ぎみだけどお受験まっしぐら!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/musukolovetoku/
サイト紹介文落ち着かない子だけど、やる気は人一倍!親子で楽しみながら奮闘しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 157日(平均2.0回/週) - 参加 2018/05/08 21:11

とくちゃん さんのブログ記事

  • お受験に向けて、一歩ずつ。
  • こんにちは。息子ちゃん大好き父ちゃんです。久しぶりの投稿です。前から書いているように、うちの息子ちゃんは、小学校受験をしようとしています。まあ、ぶっちゃけ書くと、国立小を目指しています。うちの近くにある小学校と、少し離れた都心にある学校。ほかにも、いくつか受けることのできる学校は、受けるつもり。毎日、コツコツお勉強していて、ほんと、最初の頃は、どうなることやら?と思っていましたが、徐々に成長してい [続きを読む]
  • 子どもがどうして学びたいのか?を知って、応援すること。
  • こんにちは。とくちゃんです。息子ちゃんの「がんばりたい」という気持ちを、ぼくも全力で応援したいと思います!いま、ぼくら家族は、ぼくの出身地に帰省中。もともとぼくの生まれた場所ですが、今では、祖父母も親戚も、みんな亡くなりました。でも、お墓はこちらにあるので、お墓参り。そして、祖父母が残してくれた家もあるので、そちらに泊まります。でも、息子ちゃんは、小学校受験の勉強の真っ只中。なので、朝は一緒にお勉 [続きを読む]
  • 子どもと瞑想をやってみました。
  • こんにちは。とくちゃんです。最近、うちの息子ちゃんと、瞑想をやっています。うちの息子ちゃん、お勉強のとき、とにかく、そわそわ、説明しても、すぐ遮って、自分の話したいことを喋り出す、指示を出しても関係ないことやりまくり。まともにお勉強が進まないときが、しばしば。こりゃ、やっとられん!と、瞑想をすることにしました。実は、ぼくは、何年も瞑想をやり続けていて、人にも瞑想を教えていたことも、あります。ですの [続きを読む]
  • 落ち着きのない子どもに怒ったあとに、親が学ばされたこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。先日、息子ちゃんとお勉強していたら、息子ちゃんが落ち着きなさすぎて、ぼくが怒ってしまったときがありました。「線対称」について教えようとしたのだけど、息子ちゃんに興味を持ってもらおうと、折り紙を真ん中で折って、折った線に対して、左右対称の図形を書き、半分に折って、隠した半分がどんな形か?を書いてもらう、という問題。まあまあ答えられていたのはいいのだけど、面白くなって興奮し [続きを読む]
  • 諦めないことが大切!
  • こんにちは。とくちゃんです。ほんと、自分で限界を設けないことが大切だな、と感じました!うちのある場所で、条件を満たす学校は、限られています。とてもいい学校があるのですけど、人気もあって、問題もけっこう難しい学校です。でも、以前、家族みんなで外側から見学してみたのですが、とてもよさそうな学校でした。息子ちゃんに聞いたら、「受けたい!」とのこと。正直、ぼくは、息子ちゃんにはむずかしいかなあ、なんて思っ [続きを読む]
  • タイトルを変えました。
  • こんにちは。とくちゃんです。タイトルを変えました。「やんちゃで多動ぎみだけど、お受験まっしぐら!」まあ、そのまんまのタイトルです(笑)。うちの息子ちゃん、お受験真っ最中。お受験していると、ほんとうに、「お利口さん」「いい子」のタイプのお子さんを、たくさん見かけます。ほんとうに、親御さんの指示もよく通るし、まー、よくわかっていて、お返事も的確。うちの息子ちゃんなんて、座ってても、そわそわそわそわ(笑 [続きを読む]
  • カブトムシが、横を歩いていました。
  • こんにちは。とくちゃんです。昨日の夜、帰っていると、家のそばで「ぶーん」という音が。「そろそろセミが出てきたかな?」と思って、ふと見ると、なんかでっかいカブトムシがのそのそ歩いています。えっ、カブトムシ⁈これは、捕まえて息子ちゃんに見せてあげたら、喜びそうだな。そう思い、カブトムシくんのうしろから近づきます。幸い、のそのそ歩いていて、あまりこちらの気配に気づく様子もありません。ただ、素手で捕まえる [続きを読む]
  • さいきん、お勉強でそんなに怒らなくなってきた。
  • こんにちは。とくちゃんです。ぼくは、毎朝、息子ちゃんにお勉強を教えています。前は、ちょっとしたことでぼくがすぐ怒っていたように思いますが、最近は、あまり怒らなくなってきました。丁寧に教えていても、そのすぐあとに、同じ間違いをしたりすることが、あります。そうすると、すぐ怒鳴っちゃっていました(汗)。「今言ったばかりだろう!」「なんで分からないんだ!」みたいな感じ。一生懸命頑張って、分かりやすいように [続きを読む]
  • 「できない」と言っていたことが乗り越えられて、見せてくれた子どもの表情。
  • こんにちは。とくちゃんです。息子ちゃんは、お勉強をしていると、うまくできないと、急に自信をなくしてやろうとしなくなるところが、あります。最近だと、マス目を使った位置移動のお勉強をしていて。最初、「上に3つ進んで」とか、「左に2つ進んで」のように、一つずつの指示なら、出来るようになりました。息子ちゃんも、自信を持って、楽しそうな様子。次のステップとして、「上に3つ、左に2つ進んで。」と組み合わせて指示を [続きを読む]
  • いくら教えても子どもが分からず、ムキーッとなりましたが・・・
  • こんにちは。とくちゃんです。最近、息子ちゃんとのお勉強で、位置を表現する問題をやっています。たとえば、3×3のマンションがあって、ちょうど真ん中に犬さんが住んでいるとします。そのとき、犬さんの場所を表すのですが、「上から2番目、右から2番目」とも言えるし、「下から2番目、左から2番目」とも言えます。こうして、位置を左右、上下、どちらでも表現することを学びます。でも、息子ちゃんは、この問題が、超ニガテ。前 [続きを読む]
  • お父さんロボットを操作した息子ちゃん(笑)
  • こんにちは。とくちゃんです。昨日は、お勉強でも一工夫してみました。「位置表象」という問題があるのですが、要は、上下、左右、どの場所にあるのか?を表現できるか?を問われます。子どもって、上下とか、前後は、わりとよく分かります。でも、「左右」は、意外とよく間違えます。上下は、重力を感じる方が下です。前後は、体の正面向きが前。でも、右って、利き手で多い方を「右」と決めているだけなので、まだ慣れていない小 [続きを読む]
  • 子どもについカッとなって、振り返って、気づいたこと。
  • こんにちは。とくちゃんです。おととい、臨時収入が入ったので、妻が息子ちゃんにレゴを買ってあげました。買ってから、改めて驚きましたが、ほんとうに箱のサイズが大きくて、部品数も多いです。まあ、大人なら、組み立てられますけど、6歳の子どもに、こんなたくさんの部品のレゴを、組み立てられるかなあ?と、心配になりました。でも、まずは少ない部品で済むものから、一緒に作っていきます。一つ一つ作っていったら、「自分 [続きを読む]
  • ご縁があるところが、必ずある、と信じる。
  • こんにちは。とくちゃんです。今日は、お教室の日。いつものように準備していこうとしたら、思ったよりも雨が降っていました。いつも、自転車で息子ちゃんを後ろに乗せて、駅まで行くのですが、雨の振り始めとはいえ、やはり万一のことがあると、怖い。自転車はやめて、歩きで行くことにしました。「ぼく、自転車で行きたかったなー」と言う、息子ちゃん。やや後ろ髪引かれる思いでしたが、やはり、坂道もけっこうありますし、危な [続きを読む]
  • スペインのサッカー教育に学ぶ、小さな子どもへの教え方。
  • こんにちは。とくちゃんです。小さな子どもの場合、気づきを待つよりも、やり方を教えちゃうのもありだな、と思いました。ぼくは、人にものを教えるとき、基本的に答えを言わずに、相手に気づかせるスタイルが好きです。答えを言っちゃうと、相手が考えなくなると、答えを導き出す力を奪ってしまうのが、いやだし。ぼく自身も自分の頭で考えたい方だし。それで、息子ちゃんにお勉強で問題を解いてもらうときも、はじめはヒントを出 [続きを読む]
  • お勉強中の姿勢がフラフラするのを、どうしたら?と思っていたら・・・
  • こんにちは。とくちゃんです。以前、息子ちゃんの姿勢がなかなか整わない、という話を書きました。前に月一で見ていただいていた先生から、「この子は姿勢が整っていない」「お受験では、姿勢を見られる」「姿勢が整えば、もっと勉強もできるようになる」と言われて、ぼくもけっこう気にするようになりました。その先生からは、「1週間、姿勢だけを整える週を作ってみたら?」と言われて、その通りやってみました。たしかに、その [続きを読む]
  • 「未測量」で、まずは大きく物事を把握する。
  • こんにちは。とくちゃんです。先日、お教室の先生に面談していただきましたが、その際に言われたことの一つが、「未測量」の考え方。未測量自体は、数値化されていない大きさ、小ささ、多い、少ないなどを比べたり、順序づけることを指します。数の問題が得意な子は、この未測量の問題を、数えないで解ける、とおっしゃっていました。たとえば、長靴がぐちゃぐちゃに置いてある絵があって、これと同じ数の長靴の絵が描いてある図は [続きを読む]
  • 休日に、お寺と植物園へ。
  • こんにちは。とくちゃんです。昨日は、家族で近くの大きなお寺にお参りに行きました!息子ちゃんも、ちょっとお勉強で疲れも出てきたようですし、ここらで気分転換にみんなで行ってきました。電車やバスを乗り継いで行きましたが、近づくと、大きな樹々の中を車が走り、森の中に入ったようで、雰囲気がありました。食事も美味しく、大きな池が見えるところで、とても雰囲気があり。ぼくも、子どもの頃に、亡くなった祖父と、実家の [続きを読む]
  • 焦るよりも、その子の特徴を踏まえて進めることの大切さ。
  • こんにちは。とくちゃんです。先生との面談で希望は持てたものの、焦りから、息子ちゃんにプレッシャーをかけてしまったかも。先々週、お世話になっている仕事場で、そちらの上司に当たる方から、仕事を早く切り上げる日を設けないでほしい旨、話がありました。息子ちゃんのお勉強を見るため、仕事場で調整をして、毎週2日だけ、少し早く帰る調整をしていました。でも、今になって、方針が変わった、とのことで、そうしないでほし [続きを読む]
  • お教室の先生に面談していただきました。
  • こんにちは。とくちゃんです。先日、最近通い始めたお教室で、面談がありました。いつも見てくださっている先生が、面談してくださいました。まだ、数回見ていただいただけなのですが、うちの息子ちゃんのことをほんとうによく見てくださっていて、驚きました!先生から見ると、・とても突撃してくる感じ(笑)。勢いあるんですよね(笑)。・まだ数回なのに、ずっといるみたいに入り込んでいる。・月齢の割に、言葉を知らない。で [続きを読む]
  • 子どもに教わった、やりたいことを「諦めない」気持ち。
  • こんにちは。とくちゃんです。息子ちゃんを見てて、ほんとうにすごいなー、と感心してしまうことの一つが、「決して諦めない」こと。たとえば、折り紙とかも、なんかぐちゃぐちゃになりながら、最後まで必死で折ろうとしたりします。折れなくて、悔しくて、ぎゃーぎゃー泣き出すこともありますが(汗)。親がやらせようとしたことは、なかなかやりませんが(汗)。自分で「これをやりたい!」と思ったら、強烈にやり抜こう、としま [続きを読む]
  • 小学校受験 志望校を見に行って、びっくり!
  • こんにちは。とくちゃんです。一昨日は、息子ちゃんと妻と3人で、息子ちゃんの志望校を見に行きました。どの学校も、見学できる日もありません。ですので、外から見るだけ。なるべく下校時を狙って、様子を見に行くことにしました。一つ目の学校は、中がよく見えません。でも、下校してくる小学生のお兄さん、お姉さん方を見ると、やっぱりしっかりされている印象を受けました。次にもう一校行きました。そちらは、遠目に、外で活 [続きを読む]
  • 子どもが夢中になるものを、大事にすることの大切さ。
  • こんにちは。とくちゃんです。今日は、自宅に帰ると、息子ちゃんが走ってきて、自分の折った折り紙を見せてくれました!折り方は雑なところもありますが、なんと言っても、自分で熱心に折るのが、とてもいいところ!ぼくが、帰って着替えや片付けをしていたら、またまた熱心に折り始めて、折れたらぼくに、また見せてくれます。なんか、せっかく折ったのを、お父さんに見てもらおう、見せてあげよう、と思っているみたいで、なんだ [続きを読む]
  • 子どもが自分で興味を持って自分で見つけていくことの大切さ。
  • こんにちは。とくちゃんです。さいきんのお勉強では、「四方からの観察」をやっています。たとえば、クマのぬいぐるみを机に置いて、前から見て、絵を描きます。つぎに、クマのぬいぐるみを右から見て、絵を描きます。同じように、後ろから見たとき、左から見たとき、それぞれで絵を描きます。こうして、四方から見たときの絵を描いて、あとで並べてみると、同じ「クマのぬいぐるみ」でも、それぞれ見え方が違う、ということを学び [続きを読む]
  • 「キツネ」と「タヌキ」は、「キ」が一緒?!
  • こんにちは。とくちゃんです。今朝のお勉強の話。毎朝、話の内容理解の問題をやっています。毎朝やっている成果も出て、息子ちゃん、けっこうよく聞いて、覚えています。それで、最近は、「話の内容理解」という、絵が出てこない問題集をやり始めています。今までは、絵があったので、絵を見ながら答えることが出来ていました。ですが、この「話の内容理解」の問題集は、絵が出てこないので、頭の中で想像しながら、覚えておく必要 [続きを読む]
  • ADHDかもしれないですが、その子の特徴に合ったお受験を。
  • こんにちは。とくちゃんです。ちょっと、こういうことをブログに書くべきかどうか、やや迷いますが、ちょっと書きます。息子ちゃんと接していて、彼は、「ADHDなのでは?」と、感じます。確定診断を受けたわけでも、専門家に診察してもらったわけでもないので、単なるぼくの推察にしか過ぎませんが。とくに、お勉強しているときが、一番顕著ですが、まー、2秒とじっと座っていられない。説明していても、興味のあることはすぐに自 [続きを読む]