じん さん プロフィール

  •  
じんさん: 自分を追い込むためのブログ(司法書士)
ハンドル名じん さん
ブログタイトル自分を追い込むためのブログ(司法書士)
ブログURLhttps://yukajin.muragon.com/
サイト紹介文司法書士を目指す高校中退の間違いだらけの人生を歩んできたバカな男が自分を追い込むためのブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 12日(平均9.9回/週) - 参加 2018/05/08 02:45

じん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 通謀虚偽表示
  • 通謀虚偽表示 通謀虚偽表示とは、表意者が相手方と通謀して行う真意でない意思表示をいう。 なんじゃそりゃ?ってなりますよね。 財産隠しをイメージしてほしいです。 身内を使って財産を隠すことなんかが典型例になるかもしれませんね。 例えば、XがAに対して1000万円貸していたとします。 ??Xを債権者、Aを債務者としてXA間で金銭消費貸借契約を結ぶ。といいます。 債権者とは、権利を有するもの。 債務者と [続きを読む]
  • ノートに書く作業
  • 少し雑談にお付き合いください。 このブログ自体、ほぼ自己満足みたいなものなので付き合うもなにもないんですけどね。 独り言だと思って読んでください。 去年の4月頃から勉強を始めて1年以上が経ちました。 独学で合格できる程、司法書士試験は甘くないことはなんとなく気付いていたんです。 根拠はないんですけどね。 もちろん独学で合格される方もたくさんいると思います。 ただ自分の理解力では、難解な条文や判例、 [続きを読む]
  • 心裡留保
  • 学習記録 抵当権 根抵当権 意思主義と表示主義 意思主義とは、効果意思を重視する立場。 この立場は、私的自治の原則から、効果意思と表示行為の不一致を原則として無効とする。 表示主義とは、表示行為を重視する立場である。 この立場は、原則として表示行為通りの効果を認める。 さてさて、意思表示の本格的なスタートですよー。 心裡留保 民法第93条 意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときで [続きを読む]
  • 法律行為
  • 暑い。暑いですね。暑いのは嫌ですね。 法律行為の意義 法律行為とは、人が意思表示により法律効果を発生させる行為をいう。 法律行為とは、契約・単独行為・合同行為。 その法律行為によって、権利の発生・変更・消滅という法律効果が生じる。 単独行為は、一方的な意思表示。 単独行為とは、単独の意思表示によって成立する法律行為。 ①相手方のある単独行為。たとえば、取消しや解除など。 ②相手方のない単独行為。た [続きを読む]
  • 主物と従物
  • 学習記録 根抵当権 意思表示の学習に入ろうと思っていたのですが、物に関することを少し記載してから、民法の最初の目玉の意思表示に入っていこうと思います。 民法において「物」とは「有体物」をいう。 有体物とは、固体、液体、気体のことをいう。 電気やエネルギーなども「物」と認識する。 生きている人の身体は物とは考えないが、身体から分離した歯、毛髪、血液は公序良俗に反しない限り物として扱われる。 うーん。 [続きを読む]
  • 失踪宣告
  • 失踪宣告の制度 失踪宣告の制度は、失踪者の従来の住所を中心に、その財産関係・身分関係を清算し確定する制度である。 失踪者が長期間行方不明の状態が続くと、残された家族は失踪者の生存を諦め、失踪者の財産関係を整理したいと考えるだろうし、残された配偶者は再婚したいと考えることも普通である。 そのため失踪宣告の制度でそのような人達を保護しようとしています。 普通失踪と特別失踪 失踪は「普通失踪」と「特別失 [続きを読む]
  • 失踪宣告制度と不在者の制度
  • 学習記録 今から勉強がんばります。 抵当権…の予定 失踪の意味 失踪とは、行方不明の状態になること。 失踪宣告 失踪者を死亡したものとみなして、その法律関係を整理する。 長期間、行方不明の状態が続くと、残された家族は、その生存を諦め、また失踪者の財産関係の整理や残された配偶者の再婚の問題が出てくるからです。 不在者 不在者とは、従来の住所または居所を去って行方の明らかでない者。 不在者の制度 失踪 [続きを読む]
  • 失踪宣告と不在者制度
  • 半分以上仕上げたブログ内容が突然消える失態を犯し意気消沈。 学習記録 抵当権 まずは、不在者から説明します。 不在者とは、従来の住所または居所を去って行方の明らかでない者をいう。 蒸発とかジャンプとかいろんな言い方もありますね。 不在者の制度 失踪者の生存のもと、たとえば、財産管理人を置くなどして、不在者の財産を管理する。 財産管理人とは不在者の財産を保護する者。 家庭裁判所に選任されます。 失踪 [続きを読む]
  • 制限行為能力者の詐術
  • 学習記録 留置権、先取特権、質権 民法過去問 制限行為能力者の詐術 制限行為能力者の詐術とは、制限行為能力者が行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いること。 未成年者が嘘をついて、成年者と思わせること。 詐術を用いた場合は、保護されません。 「行為能力者であることを信じさせる」とは、制限行為能力者であることはかくさないが、法定代理人や保佐人の同意があったと偽る場合をも含む。 詐術の相手方 [続きを読む]
  • 制限行為能力者の相手方の保護
  • 学習記録 留置権 民法過去問 今回は制限行為能力者の相手方の保護についてです。 制限行為能力者のなした法律行為は取り消しうるものとされ、取り消されれば遡って無効となり、追認されれば確定的に有効となる。 つまり、制限行為能力者の相手方は取り消されるか、追認されるかわからない不安定な状態となってしまいます。 民法はこの不安定状態を保護する必要もあると考えています。 このことから、制限行為能力者の相手方 [続きを読む]
  • 被補助人
  • 学習予定 民事訴訟法 被補助人 被補助人とは①精神上の障害により事理弁識能力が不十分。②家庭裁判所の補助開始の審判を受けた者。 ①、②の要件を満たす者を被補助人と呼びます。 被補助人だけは少し特殊で、本人以外の者の請求により補助開始の審判をする場合には本人の同意が必要です。 被補助人はかなり一般人に近いため、自己決定の尊重から認められた制度だと思われます。 保佐や後見開始の審判には、本人の同意は不 [続きを読む]
  • 被保佐人
  • 学習記録 所有権 用益物権 被保佐人 被保佐人とは①精神上の障害により事理弁識能力が著しく不十分。②家庭裁判所の保佐開始の審判を受けた者。 ①、②の両方の要件を満たす者を被保佐人という。 成年被後見人は事理弁識能力を欠く常況でした。 被保佐人は事理弁識能力が著しく不十分なので違いを意識してください。 被保佐人は事理弁識能力が0ではないということです。 被保佐人の保護者は、保佐人である。 保佐人は、 [続きを読む]
  • 成年被後見人
  • 学習記録 所有権 用益物権 憲法・刑法・民訴系・供託法・司法書士法過去問 約2カ月後に司法書士試験があります。 1年前に勉強を始めたのですがこの時は司法書士試験の大変さをまだわかってなかったですね。 では昨日の続きです。 成年被後見人 成年被後見人とは①精神上の障害により事理弁識能力を欠く常況。②家庭裁判所の後見開始の審判を受ける。 ①と②の2つが成立して成年被後見人となる。 事理弁識能力を欠く常 [続きを読む]
  • 制限行為能力者
  • 学習記録 不動産登記法 根抵当権 商業登記法分野別過去問 設立登記 制限行為能力者 ①未成年者 ②成年被後見人 ③被保佐人 ④被補助人 ①〜④までの者を制限行為能力者といいます。 ??「被」とは、〜にされると置き換える。 これらの者には保護者をつけ保護する制度です。 未成年者 未成年とは、20歳に満たない者をいう。 ??未満・超はその前の数字を含まない。 以下・以上ならその前の数字を含む。 成年擬 [続きを読む]
  • では民法から。
  • 学習記録。 不動産登記法 根抵当権。 民法総則。 民法を初めからおさらいという意味も含めて学習をし直してみます。 概論部分は割愛して権利能力から記録していきます。 権利能力とは、権利義務の主体となりうる資格をいう。 ??主体とは簡単に説明すると持ち主ということです。 例えば人は売買契約の売主・買主になることができるため、人であれば権利能力があるといえます。 語弊があるかもしれませんが民法上、動物に [続きを読む]
  • 司法書士試験の概要
  • そもそも司法書士ってなんなんだ? どんな仕事するの? ブログをする上で読者にまずこの2つの説明をするのはお決まりなのかな。 僕はブログ初心者なのでその辺が全然わかんないんですけど参考までに記載します。 司法書士とは書類作成のスペシャリストです。 会社設立、140万円以下の訴訟代理、登記実務などの仕事を行います。 やりがいはあると思います。 それぞれ複雑で細かいルールがあり、しっかり勉強していないと [続きを読む]
  • はじめまして
  • じんと申します。 司法書士を目指し勉強中です。 まだ勉強を始めて1年です。 今年は合格する気がしません。 でもあきらめません。 来年に向けて勉強頑張ってます。 1日勉強した内容をブログに記載していこうと思っています。 更新がないと勉強サボったということです。 サボらないようにブログで戒めています。 合格するまで頑張るつもりなのでよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …